サラスワティー・ガーヤトリー・マントラ


・ॐ वाग्देव्यै च विद्महे ब्रह्मपत्न्यै च धीमहि ।
तन्नो वाणी प्रचोदयात्‌ ॥
・om vāgdevyai ca vidmahe brahmapatnyai ca dhīmahi |
tanno vāṇī pracodayāt ||

・オーム ヴァーグデーヴィヤイ チャ ヴィッドゥマヘー ブラフマパットニャイ チャ ディーマヒ
タンノー ヴァーニー プラチョーダヤートゥ
・意味:我らが言葉の女神(ヴァーグデーヴィー)を知り、ブラフマーの妃(ブラフマパトニ)を瞑想できるように
ヴァーニーよ、我らを導き給え

学問や芸術の女神として崇められる、サラスワティー女神のガーヤトリー・マントラのひとつです。
サラスワティー女神には、言葉の女神を意味するヴァーグデーヴィーという別名があります。
また、サラスワティー女神はブラフマー神の妃として崇められる存在です。
ブラフマー神は、ヒンドゥー教の三大神に数えられ、創造を司る神として崇められます。
言い伝えでは、ブラフマー神が世界を創造する際、無秩序で混沌とした状態が続いていたといわれます。
世界に平安をもたらすにはどうしたらいいかブラフマー神が考えると、それには正しい知識が必要であると女神が答え、その象徴であるサラスワティー女神が生まれたと伝えられます。
サラスワティー女神への礼拝によって、私たち自身の内なる世界には正しい知識や知性が生まれ、真に豊かな日々を築くことができると信じられます。

>

ラクシュミー・ガーヤトリー・マントラ


・ॐ महादेव्यै च विद्महे विष्णुपत्न्यै च धीमहि ।
तन्नो लक्ष्मीः प्रचोदयात्‌ ॥
・om mahādevyai ca vidmahe viṣṇupatnyai ca dhīmahi |
tanno lakṣmīḥ pracodayāt ||

・オーム マハーデーヴィヤイ チャ ヴィッドゥマヘー ヴィシュヌパトニャイ チャ ディーマヒ
タンノー ラクシュミーヒ プラチョーダヤートゥ
・意味:我らが偉大な女神(マハーデーヴィー)を知り、ヴィシュヌの妃(ヴィシュヌパトニ)を瞑想できるように
ラクシュミーよ、我らを導き給え

美と豊穣の女神として崇められる、ラクシュミー女神のガーヤトリー・マントラのひとつです。
乳海撹拌において生み出された14の宝のひとつであるラクシュミー女神は、そのあまりの美しさに、多くの神々や聖仙から求婚されたといわれます。
しかし、ラクシュミー女神は横になり眠っていたヴィシュヌ神を求めました。
働き者で努力を怠らない者を好むラクシュミー女神は、ヴィシュヌ神は世界を守り、そして維持する神であることから、大変な努力と働きを行う者と考えたからだといわれます。
働きがあるところには、豊かさが生じます。
私たちが手にするお金、宝石、家、子孫、食事、そうした豊かさは、すべてラクシュミー女神のあらわれです。
その豊かさに気づくことは、自分自身の内にラクシュミー女神を呼び覚ますことであり、その気づきが更なる豊かさを招くと信じられています。

ドゥーマーヴァティー・ガーヤトリー・マントラ


・ॐ धूमावत्यै विद्महे संहारिण्यै धीमहि ।
तन्नो धूमा प्रचोदयात्‌ ॥
・om dhūmāvatyai vidmahe saṁhāriṇyai dhīmahi |
tanno dhūmā pracodayāt ||

・オーム ドゥーマーヴァティヤイ ヴィッドゥマヘー サンハーリンニャイ  ディーマヒ
タンノー ドゥーマー プラチョーダヤートゥ
・意味:我らが煙のような方(ドゥーマーヴァティー)を知り、破壊する方(サンハーリニー)を瞑想できるように
ドゥーマーよ、我らを導き給え

ドゥーマーヴァティー女神は、ドゥルガー女神の10の化身であるダシャ・マハーヴィディヤーに数えられる女神です。
シヴァ神を飲み込むことによって自らを生みだすと信じられ、未亡人の女神として伝えられます。
ドゥーマは煙を意味し、その姿は醜くも、そこに女神としての姿を見てとれる者に、恵みを授けると信じられます。
ドゥーマーヴァティー女神は、霊性の向上のために礼拝され、特に礼拝は、夜に1人で行うことが勧められます。
ドゥーマーヴァティー女神の礼拝は、世俗から離れる感覚を引き起こすと言われ、この世を放棄し霊的な道へ進む人にとって適切なものであると伝えられます。
ドゥーマーヴァティー女神は否定性を追払い、真の知識を獲得するために煙幕を超越する恩恵を授けると信じられています。

プラティヤンギラー・ガーヤトリー・マントラ


・ॐ अपराजितायै विद्महे प्रत्यङ्गिरायै धीमहि ।
तन्नो उग्रा प्रचोदयात्‌ ॥
・om aparājitāyai vidmahe pratyaṅgirāyai dhīmahi |
tanno ugrā pracodayāt ||

・オーム アパラージターヤイ ヴィッドゥマヘー プラティヤンギラーヤイ ディーマヒ
タンノー ウグラー プラチョーダヤートゥ
・意味:我らがアパラージタ(決して打ち負かされない方)を知り、プラティヤンギラーを瞑想できるように
ウグラー(勇猛な方)よ、我らを導き給え

プラティヤンギラー女神は、シヴァ神の第3の目から生じた女神です。
女性の人間の身体に、雄のライオンの顔を持ちます。
それは、シヴァとシャクティの結合した破壊力の象徴として崇められます。
また、人間とライオンの結合は、善と悪の均衡を象徴します。
そこにはある言い伝えがあります。

悪魔ヒラニヤカシプを倒したヴィシュヌ神の化身であるナラシンハ(人獅子)は、怒りのあまり非常に獰猛で、どんな神も彼を止めることは不可能でした。
するとシヴァ神は、そんなナラシンハを鎮めようと、ライオンと鳥の2つの姿を持つシャラベーシュワラというもっとも強力な姿であらわれます。
この二人の戦いは世界を恐怖に陥れました。
この二人の戦いを鎮めたのが、プラティヤンギラー女神であると伝えられます。

それ故、プラティヤンギラー女神はヴィシュヌ神とシヴァ神の力を合わせ持ち、何よりも強力であると信じられます。
また、プラティヤンギラー女神は、シャクティ・セーナーと呼ばれるラリター・トリプラ・スンダリー女神の軍隊の戦士の一人であり、無敵の守りをもたらすと伝えられます。

プラティヤンギラー女神は、強力で凶暴ながら、聖なる母として奥深い側面を持っています。
強い保護をもたらすため、さまざまな病や苦しみ、黒魔術といったネガティブな影響を防ぐとして広く礼拝されています。

オーム シュリー ドゥルガーヤイ ナマハ

ॐ श्री दुर्गायै नमः
・om śrī durgāyai namaḥ

・オーム シュリー ドゥルガーヤイ ナマハ
・意味:栄光あるドゥルガー女神に帰依いたします。

ドゥルガー女神のもっともシンプルで唱えやすいマントラのひとつです。
ドゥルガー女神は全宇宙の母なる女神として、また、シヴァ神の妃として崇められ、パールヴァティーやチャンディーなどさまざまな神格となり姿を現します。
その唯一の目的は悪を滅ぼすことであり、ドゥルガー女神は無敵を誇る「シャクティ(神聖なエネルギー)」となりました。
力、勇気、正義、恐怖心を克服した者、英知、光輝の象徴となり、悪を打ち負かす無敵の戦士かつ女神として多くの人々を惹きつけます。
このマントラを唱え最強の女神の力を祈願することで、不安、恐怖、悲しみ、嘆きなどのネガティブな影響を払拭し、本来自身に内在している強靱な精神力と活力を呼び覚まします。

無敵の守りをもたらすプラティヤンギラー女神の千の御名

神の言語であるサンスクリット語による祈りは、精神的・肉体的な問題を癒すヒーリング・サウンドとして作用し、人々の願望や、魂の欲求を満たすことができると信じられています。その一つに、プラティヤンギラー女神を讃える千の御名があります。

プラティヤンギラー女神は、シヴァ神の第3の目から生じた女神です。女性の人間の身体に、雄のライオンの顔を持ちます。それは、シヴァとシャクティの結合した破壊力の象徴として崇められます。また、人間とライオンの結合は、善と悪の均衡を象徴します。そこにはある言い伝えがあります。

悪魔ヒラニヤカシプを倒したヴィシュヌ神の化身であるナラシンハ(人獅子)は、怒りのあまり非常に獰猛で、どんな神も彼を止めることは不可能でした。するとシヴァ神は、そんなナラシンハを鎮めようと、ライオンと鳥の2つの姿を持つシャラベーシュワラというもっとも強力な姿であらわれます。この二人の戦いは世界を恐怖に陥れました。この二人の戦いを鎮めたのが、プラティヤンギラー女神であると伝えられます。

それ故、プラティヤンギラー女神はヴィシュヌ神とシヴァ神の力を合わせ持ち、何よりも強力であると信じられます。また、プラティヤンギラー女神は、シャクティ・セーナーと呼ばれるラリター・トリプラ・スンダリー女神の軍隊の戦士の一人であり、無敵の守りをもたらすと伝えられます。

プラティヤンギラー女神は、強力で凶暴ながら、聖なる母として奥深い側面を持っています。強い保護をもたらすため、さまざまな病や苦しみ、黒魔術といったネガティブな影響を防ぐとして広く礼拝されています。真摯に心を込めてプラティヤンギラー女神への祈りに耳を傾けることで、強い保護と繁栄が授けられることでしょう。

カーリー・ガーヤトリー・マントラ


・ॐ कालिकायै च विद्महे श्मशानवासिन्यै धीमहि ।
तन्नो अघोरा प्रचोदयात्‌ ॥
・om kālikāyai ca vidmahe śmaśānavāsinyai dhīmahi |
tanno aghorā pracodayāt ||

・オーム カーリカーヤイ チャ ヴィッドゥマヘー シュマシャーナヴァーシンニャイ ディーマヒ
タンノー アゴーラー プラチョーダヤートゥ
・意味:我らが暗黒の女神を知り、火葬場に住むお方を瞑想できるように
シヴァ神にとってかけがえのないお方よ、我らを導き給え

カーリー女神のガーヤトリー・マントラのひとつです。
カーリーは、「時間」や「黒色」を意味するカーラの女性形です。
物質である肉体を持って生じた私たちは、始まりがあり終わりがある時間の中で、常に不安と恐怖に苛まれています。
暗黒の女神と称されるように、カーリー女神が見せる姿はおぞましくも、その様相とは反対に、肉体の中でもがき苦しむ魂を解放する偉大な愛を秘めています。

サラスワティー・ビージャ・マントラ


・ॐ ऐं ह्रीं श्रीं वाग्देव्यै सरस्वत्यै नमः
・om aiṁ hrīṁ śrīṁ vāgdevyai sarasvatyai namaḥ

・オーム アイン フリーン シュリーン ヴァーグデーヴィヤイ サラスヴァッテャイ ナマハ
・意味:サラスワティー女神に帰依いたします

サラスワティー女神のビージャ・マントラ(種子真言)のひとつです。
「アイン」は、知識の女神であるサラスワティーを喚起し、知性、創造性、知識を高めます。
「フリーン」は、宇宙の母であるドゥルガー女神を喚起し、これによって悲しみが払拭されると信じられます。
「シュリーン」は、幸運や富を司るラクシュミー女神を喚起し、幸せや豊かさを引き寄せると信じられます。
サラスワティー女神には、言葉の女神を意味するヴァーグデーヴィーという別名があります。
このマントラを唱えることで、学業の面においてはもちろん、仕事の面においても、困難を取り除き、成功を収めるための知性を獲得することができると伝えられます。

アシュタ・ラクシュミーを礼拝するマントラ

ラクシュミー女神は、富や幸運を司る女神です。私たちが所有するもの、例えば土地や財産、家畜や穀物など、また形ではなくとも、純粋さや忍耐と言った美徳も、私たちの富であり、栄光であります。

物質的な豊かさだけでなく、目には見えない心の豊かさを授けるラクシュミー女神には、アシュタ・ラクシュミーと呼ばれる8つの姿があります。この8つの姿すべてに祈りを捧げてはじめて、ラクシュミー女神を完全に礼拝したともいわれます。

アシュタ・ラクシュミーとして姿をあらわすラクシュミー女神を礼拝するマントラです。

・ॐ आदि लक्ष्म्यै नमः
ॐ धन लक्ष्म्यै नमः
ॐ धान्य लक्ष्म्यै नमः
ॐ गज लक्ष्म्यै नमः
ॐ संतान लक्ष्म्यै नमः
ॐ वीर लक्ष्म्यै नमः
ॐ विद्या लक्ष्म्यै नमः
ॐ विजय लक्ष्म्यै नमः
・om ādi lakṣmyai namaḥ
om dhana lakṣmyai namaḥ
om dhānya lakṣmyai namaḥ
om gaja lakṣmyai namaḥ
om saṁtāna lakṣmyai namaḥ
om vīra lakṣmyai namaḥ
om vidyā lakṣmyai namaḥ
om vijaya lakṣmyai namaḥ

・オーム アーディ ラクシュミャイ ナマハ
オーム ダナ ラクシュミャイ ナマハ
オーム ダーニャ ラクシュミャイ ナマハ
オーム ガジャ ラクシュミャイ ナマハ
オーム サンターナ ラクシュミャイ ナマハ
オーム ヴィーラ ラクシュミャイ ナマハ
オーム ヴィディヤー ラクシュミャイ ナマハ
オーム ヴィジャヤ ラクシュミャイ ナマハ
・意味:原始のラクシュミー女神に帰依いたします。
金を授けるラクシュミー女神に帰依いたします。
穀物(豊穣)を授けるラクシュミー女神に帰依いたします。
象(権力)を授けるラクシュミー女神に帰依いたします。
子孫を授けるラクシュミー女神に帰依いたします。
勇気を授けるラクシュミー女神に帰依いたします。
知識を授けるラクシュミー女神に帰依いたします。
勝利を授けるラクシュミー女神に帰依いたします。

※アシュタ・ラクシュミーの名前は地域や宗派によって異なる場合があります。

恐怖心を取り除き正しい道を歩むためのマントラ・サーダナ

日々の生活において、恐怖心を取り除き、正しい道を歩むための力を得るマントラ・サーダナをご紹介します。

守りをもたらすドゥルガー女神に身を委ねる意味のこのマントラの詠唱は、恐怖や懸念、敵や目に見えないものに対して感じる脅威や不安などを取り除くと伝えられます。そうしてあらゆる否定的な思考を取り除き、人生を正しく歩む前向きな力をもたらすと信じられます。

ドゥルガー女神を礼拝し、マントラを唱える吉日は、金曜日、アシュタミー(満月・新月からそれぞれ8日目)、ナヴァラートリーの期間などです。その他に、何らかに対して恐怖や不安を抱いている時はいつでも、このマントラを唱えることができます。マントラは、マーラーを用いて、少なくとも108回唱えることが勧められます。


ॐ दुर्गे दुर्गे रक्षिणी स्वाहा
om durge durge rakṣiṇī svāhā

オーム ドゥルゲー ドゥルゲー ラクシニー スヴァーハー

ドゥルガーはサンスクリット語で「近づき難い者」を意味し、その恐ろしい様相が礼拝される女神です。全宇宙の母であるドゥルガー女神にとって、すべての生類は我が子に等しく、常に限りない慈愛を注いでいます。その宇宙の母なる女神の怒りは、人々の正しい成長を願ってのことに他ありません。そんなドゥルガー女神を想起する時、母の愛という光輝に包まれ、私たちを襲う恐怖や不安は取り除かれると共に、正しい道を歩むための力が授けられると信じられます。