痩せるためのマントラ

Chakra-Mantras

インドには、さまざまな目的に応じたマントラが存在します。
今回は、新着本「CHAKRA MANTRAS – liberate your spiritual genius through chanting」(p.124-125)より、痩せるためのマントラをご紹介いたします。

ラリター女神は、スレンダーなウエストを持つ女性らしい女神であり、ラリター女神へのマントラが美しい身体を手に入れるために有効と考えられています。
以下は、千の御力を持つラリター女神を讃美するマントラです。

Om Sato Datyei Namah
(om sato dātyai namaḥ)

またラリター女神は、力強くも、繊細で魅力的な手足を持つ女神といわれています。
次のマントラは、そのようなラリター女神の美しい特性を祈願します。

Om Koma Langyei Namah
(om komala-aṅgyai namaḥ)

エクササイズに加えて、マントラを活用することで、より魅力的な身体を手に入れてください。

オーム・カーラン ビンドゥ サンユクタン

ॐ कारं बिन्दु संयुक्तं नित्यं ध्यायन्ति योगिनः
कामदं मोक्षदं चैव ॐ काराय नमो नमः

・om kāraṁ bindu saṁyuktaṁ nityaṁ dhyāyanti yoginaḥ
kāmadaṁ mokṣadaṁ caiva om kārāya namo namaḥ
・オーム・カーラン ビンドゥ サンユクタン ニッティヤン デャーヤンティ ヨーギナハ
カーマダン モークシャダン チャイヴァ オーム・カーラーヤ ナモー ナマハ
・意味:「オーム」は、「ア」「ウ」「ム」の3音から構成される。
ヨーガ行者は日々この音を瞑想し、
この音を瞑想するならば、願望は成就する。
聖音オームに敬礼いたします。

続きを読む オーム・カーラン ビンドゥ サンユクタン

フード・マントラ

・brahmArpanam brahmahavir brahmAgnau brahmanA hutam
brahmaiva tena gantavyam brahma-karma-samAdhinA(BG 4.24)
aham vaishvAnaro bhUtvA prAninAm deham Ashritah
prAnApAna samA yuktah pachAmyannam catur vidham(BG 15.14)
・ブランマールパナム・ブランマハヴィール・ブランマーグノー・ブランマナー・フタム
ブランメーヴァ・テーナ・ガンタヴィヤム・ブランマ・カルマ・サマーディナー
アハム・ヴァイシュヴァーナロー・ブートゥヴァー・プラーニナーム・デーハマーシュリタハ
プラーナーパーナ・サマー・ユクタハ・パチャーミャンナム・チャトゥルヴィダム
・意味:ブラフマンは献供である。ブラフマンは供物である。それはブラフマンである火の中に、ブラフマンにより燃べられる。ブラフマンに捧げる行為に専心する者は、まさにブラフマンに達することができる。
私は一切人火(ヴァイシュヴァーナラ)となって、生類の身体に宿り、プラーナ気とアパーナ気に結びつき、四種の食物を消化する。(上村勝彦訳)

バガヴァッド・ギーター第4章24節と第15章14節から引用された食前の祈り(フード・プレヤー)です。食事という行為、行為者そして食物は、ブラフマンに他ならず、すべてはブラフマンの意志によって行われることであることをたたえています。そして、四種の食物(飲み込むもの、噛むもの、啜るもの、舐めるもの)は、すべての生類に宿るヴァイシュヴァーナラによって消化されます。
この祈りを通して、食事という行為を至高神に捧げることにより、食事は神聖なものとなり、速やかに消化されると信じられています。
このマントラが収録されているCDには以下のCDがあります。
・「Beginning Shlokas in Song and Chant」(トラック11)

オーム・ナモー・サッチダーナンダ・サイ・ナーターヤ・ナマハ

・Om namo satchidAnanda sai nAthaya namah
・オーム・ナモー・サッチダーナンダ・サイ・ナーターヤ・ナマハ
・意味:至高の化身であるサイナータに帰依いたします

シルディ・サイババを讃えるマントラのひとつです。
サッチダーナンダはサット(実在、善)、チット(純粋意識)、アーナンダ(至福)の三つの言葉がつながったものです。 ナータ(nAtha)は、万人の救済者、人々の拠り所を意味し、サイ・ナータは万人の救済者であるサイを意味しています。
このマントラが収録されているCDには以下のCDがあります。
・「モーニング・チャント オーム・サイ

マートゥルデーヴォー・バヴァ

・mAtrudevo bhava
pitrudevo bhava
AchAryadevo bhava
atithidevo Bhava
・マートゥルデーヴォー・バヴァ
ピトゥルデーヴォー・バヴァ
アーチャーリヤデーヴォー・バヴァ
アティティデーヴォー・バヴァ
・意味:母を神として敬いなさい
父を神として敬いなさい
師を神として敬いなさい
客を神として敬いなさい

タイッティリーヤ・ウパニシャッドによるサンスクリット語の格言です。
「母、父、師、来客を神として崇める」ことは、古くからインド伝統文化の模範的行為として称えられています。
このマントラが収録されているCDには以下のCDがあります。
・「幸せな結婚のためのマントラ」(トラック15)

心願成就のマントラ

・Om hrIm sarva manokAmanA shiddim hrIm Om
・オーム・フリーム・サルヴァ・マノーカーマナー・シッディン・フリーム・オーム
・意味:一切の心願が成就しますように

心に描いた願望が成就するように祈願するマントラです。
フリーム(hrIm):ドゥルガー女神あるいはブヴァネーシュヴァラ神(シヴァ神)をあらわすビージャ・マントラ
サルヴァ(sarva):一切、すべて
マノーカーマナー(manokAmanA):心の中の願望
シッディ(shiddi):成就
このマントラを繰り返し唱えることで、心の中に思い描いている願望が叶えられるといわれています。
このマントラが収録されているCDには以下のCDがあります。
・「幸せな結婚のためのマントラ」(トラック12)

トゥラシー・ストートラム

・namastulasI kalyAni
namo vishnupriye shubhe
namo mokshaprade devi
namas sampatpradAyinI
・ナマストゥラシー・カリヤーニ
ナモー・ヴィシュヌプリイェー・シュベー
ナモー・モークシャプラデー・デーヴィー
ナマス・サンパトゥプラダーイニー
・意味:ヴィシュヌ神の最愛のお方
苦難を救済されるお方
富を授けるお方
その最も吉兆であるトゥラシー女神に帰依いたします

トゥラシー(カミメボウキ)は、インドでは、古くから人々に崇められてきたもっとも神聖な植物のひとつで、この木は、ヴィシュヌの妃であるラクシュミー女神の化身であると考えられています。またインドでは聖紐式の折、ヴィシュヌ派では、グル(師匠)によってトゥラシーの数珠にガーヤトリー・マントラが唱えられ、それを首に掛けることによって正式な門徒になった証とされます。
このマントラが収録されているCDには以下のCDがあります。
・「Gods of India マルチメディア・マントラブック

スワヤンヴァラ・パールヴァティー・マントラ

・Om hrIm yoginI yoginI yogeshvari yogeshvari
yogabhayankari sakala sthA
vara jangamanasya mukham hridayam
mama vashamAkarshayAkarshana svAhA
・オーム・フリーム・ヨーギニー・ヨーギニー
ヨーゲーシュヴァリ・ヨーゲーシュヴァリ
ヨーガバヤンカリ・サカラ・スター
ヴァラジャンガマナッシャ・ムカン・フリダヤム
ママ・ヴァシャマーカルシャヤーカルシャナ・スヴァーハー
・意味:神々と結合するヨーガの主である神よ
恐ろしい顔をした、万物の心に住み給う神よ
どうか私に人々を惹きつける魅力をお与えください。

スワヤンヴァラ・パールヴァティー・マントラと呼ばれる、結婚相手に巡り会ったり、よい関係を保つために唱えられるマントラです。
このマントラは、ガーヤトリー・マントラにならんで強力なマントラといわれています。
自身の魅力を開花させ、結婚願望を実現させるために、毎日108回、必要に応じて18日間、24日間、48日間連続で唱えるとよいといわれます。また、より早く結婚を実現させるためには、10,000回唱え、ハヴァナ(護摩供養)の儀式を行うとよいともいわれます。
このマントラが収録されているCDには以下のCDがあります。
・「幸せな結婚のためのマントラ」(トラック7)

結婚のためのマントラ

・kAtyAyani mahAmAye mahAyoginyadhIshvari
nanda gopasuta devi patimem kuru te namah
・カーティヤーヤニ・マハーマーイェイ・マハーヨーギンニャディシュヴァリ
ナンダ・ゴーパスタ・デーヴィー・パティメーン・クル・テー・ナマハ
・意味:すべてのヨーギニーの主である至高の神(シヴァ神)よ
私にあなたのような力を備える夫を授けてください
あなたの性質を内に秘めている夫を。

理想的な配偶者(夫)を祈願するためのマントラです。
結婚を望んでいる女性がこのマントラを唱えることで、シヴァ神の恩寵により結婚が早期に実現するといわれています(シヴァ神はマッチメーカー(仲人)の神ともいわれています)。
このマントラは、1日に21回あるいは108回唱えるとよいといわれています。
このマントラが収録されているCDには以下のCDがあります。
・「幸せな結婚のためのマントラ」(トラック8)