内なる平和と前向きな力を得るためのマントラ・サーダナ

日々の生活において、内なる平和と前向きな力を得るためのマントラ・サーダナをご紹介します。

このシンプルで取り組みやすいマントラの詠唱は、自信や明瞭な思考を高め、憂鬱、恐怖、懸念、敵や目に見えないものに対して感じる脅威や不安など、あらゆる否定的な影響を取り除くと伝えられます。

私たちは、何らかに対して不安を感じたり、憂鬱な気分になったり、未知のものや超自然的なものに対して恐怖を抱いたりすることがあります。また、失業や愛する人の死など、人生ではさまざまなストレスに直面します。どんな儀式も必要としないこのマントラは、特にストレスを感じている人々に勧められるマントラです。

マントラに心を委ね、穏やかで落ち着いた気持ちで心地よく唱えることで、このマントラの効果はすぐに経験することができるとされています。

このマントラには、もっとも強力で効果的なシャクティのビージャ・マントラである「フリーン」が含まれています。フリーンは、自然や大気に共鳴し、常に環境に存在する調和のとれた前向きな波動を引き寄せます。

マントラは2つの部分に分かれていますが、組み合わせて1つのマントラとして唱えることができます。以下に示す最初の部分は、日々に平和と寂静を引き寄せるためのものです。


ॐ ह्रीं शान्ति देहि
om hrīṁ śānti dehi

オーム フリーン シャーンティ デーヒ

上記のマントラの最後に「強さ+自信」を意味する「バラ」という言葉を加えると、マントラを唱える者に強さと自信を与えるマントラになります。


ॐ ह्रीं शान्ति देहि बलं देहि
om hrīṁ śānti dehi balaṁ dehi

オーム フリーン シャーンティ デーヒ バラン デーヒ

このマントラは必要に応じて唱えることができます。幸運や幸福を得るために、長期的に唱えることも良いでしょう。

このマントラを唱える決められた回数は規定されていませんが、マントラの詠唱は毎日30分または1時間など、休まずに続けて唱えられる十分な時間を確保するとよいでしょう。

ストレスを感じている時、または何らかに対して恐怖や憂鬱な感情を抱いている時はいつでも、このマントラを唱えることができます。

参照:Healing Mantra for Peace and Strength

すべての環境を浄化するアグニホートラ・マントラ

アグニホートラは、火を媒介として、周囲の環境の浄化を祈願する儀式です。
アグニホートラについては、サンスクリット語のマントラを唱える効果、容器の幾何学的なピラミッド形状から放出されるエネルギー、ハーブを燃焼させる効果、日の出と日の入りに行うバイオ・リズムにしたがった自然作用などの、多くの微細な影響の相互作用があります。
アグニホートラにおける一連の行為では、このような要素を引き金として、他に類のない浄化とヒーリング作用を祈願します。

アグニホートラでは、日の出と日の入りの時刻に、火の神に供物を捧げながら、次のサンスクリットによるマントラを唱えます。


日の出:
सूर्याय स्वाहा सूर्याय इदं न मम
प्रजापतये स्वाहा प्रजापतये इदं न मम
sūryāya svāhā sūryāya idaṁ na mama
prajāpataye svāhā prajāpataye idaṁ na mama

スーリヤーヤ・スヴァーハー、スーリヤーヤ・イダン・ナ・ママ(第一マントラ)
プラジャーパタイェー・スヴァーハー、プラジャーパタイェー・イダン・ナ・ママ(第二マントラ)

日の入り:
अग्नये स्वाहा अग्नये इदं न मम
प्रजापतये स्वाहा प्रजापतये इदं न मम
agnaye svāhā agnaye idaṁ na mama
prajāpataye svāhā prajāpataye idaṁ na mama

アグナイェー・スヴァーハー、アグナイェー・イダン・ナ・ママ(第一マントラ)
プラジャーパタイェー・スヴァーハー、プラジャーパタイェー・イダン・ナ・ママ(第二マントラ)

アグニホートラは、自然サイクルのバランスをとり、生命を養う儀式です。
それによって、不浄な影響を取り除き、純粋でクリーンかつ健康によい環境を生み出すことを祈願します。

心を浄化し強化するためのマントラ・サーダナ

心を浄化し、強化するためのマントラ・サーダナ(霊性修行)をご紹介いたします。3〜5分の実践で心をリフレッシュし、前向きなエネルギーを引き寄せる方法として伝えられるサーダナです。

常に働き続ける私たちの心には、さまざまな思考がとめどなく溢れ、1日を通して心を騒つかせます。前向きに考えることを決意したとしても、およそ3時間毎に行われる思考のプロセスに中断され、心は迷い始めます。時には、後向きで好ましくない影響を生み出す思考が心に入り始めることもあります。

以下のシンプルなマントラ・サーダナは、心を浄化し、リフレッシュする効果的なサーダナであると伝えられます。

1、 午前6時から午後10時まで、3時間毎にこの心の浄化のマントラ・サーダナを実践します。およそのタイミングは、午前6時、午前9時、正午、午後3時、午後6時、午後9時です。その他の3時間毎のタイミングでも構いません。

2、 上記のタイミングに、以下のマントラを唱えます。

・हरि ॐ(10回)
・ハリ・オーム

・ॐ श्री चैतन्य गोरक्षाय नमः(27回)
・オーム・シュリー・チャイタンニャ・ゴーラクシャーヤ・ナマハ

・与えられたグル・マントラがある方は、そのマントラを27回唱えます。グル・マントラがない方は、唱える必要はありません。

このサーダナは3〜5分で実践でき、自宅でも職場でも、立位でも座位でも、または歩いていても実践できるサーダナです。声に出して唱えることも、心の中で唱えることもできます。この実践を通じて、心が浄化され、強化されることを感じることができるでしょう。

参照:Matra Sadhana to Cleanse and Strengthen Mind

痩せるためのマントラ

Chakra-Mantras

インドには、さまざまな目的に応じたマントラが存在します。
今回は、新着本「CHAKRA MANTRAS – liberate your spiritual genius through chanting」(p.124-125)より、痩せるためのマントラをご紹介いたします。

ラリター女神は、スレンダーなウエストを持つ女性らしい女神であり、ラリター女神へのマントラが美しい身体を手に入れるために有効と考えられています。
以下は、千の御力を持つラリター女神を讃美するマントラです。

Om Sato Datyei Namah
(om sato dātyai namaḥ)

またラリター女神は、力強くも、繊細で魅力的な手足を持つ女神といわれています。
次のマントラは、そのようなラリター女神の美しい特性を祈願します。

Om Koma Langyei Namah
(om komala-aṅgyai namaḥ)

エクササイズに加えて、マントラを活用することで、より魅力的な身体を手に入れてください。

オーム・カーラン ビンドゥ サンユクタン

ॐ कारं बिन्दु संयुक्तं नित्यं ध्यायन्ति योगिनः
कामदं मोक्षदं चैव ॐ काराय नमो नमः

・om kāraṁ bindu saṁyuktaṁ nityaṁ dhyāyanti yoginaḥ
kāmadaṁ mokṣadaṁ caiva om kārāya namo namaḥ
・オーム・カーラン ビンドゥ サンユクタン ニッティヤン デャーヤンティ ヨーギナハ
カーマダン モークシャダン チャイヴァ オーム・カーラーヤ ナモー ナマハ
・意味:「オーム」は、「ア」「ウ」「ム」の3音から構成される。
ヨーガ行者は日々この音を瞑想し、
この音を瞑想するならば、願望は成就する。
聖音オームに敬礼いたします。

続きを読む オーム・カーラン ビンドゥ サンユクタン

フード・マントラ

・brahmArpanam brahmahavir brahmAgnau brahmanA hutam
brahmaiva tena gantavyam brahma-karma-samAdhinA(BG 4.24)
aham vaishvAnaro bhUtvA prAninAm deham Ashritah
prAnApAna samA yuktah pachAmyannam catur vidham(BG 15.14)
・ブランマールパナム・ブランマハヴィール・ブランマーグノー・ブランマナー・フタム
ブランメーヴァ・テーナ・ガンタヴィヤム・ブランマ・カルマ・サマーディナー
アハム・ヴァイシュヴァーナロー・ブートゥヴァー・プラーニナーム・デーハマーシュリタハ
プラーナーパーナ・サマー・ユクタハ・パチャーミャンナム・チャトゥルヴィダム
・意味:ブラフマンは献供である。ブラフマンは供物である。それはブラフマンである火の中に、ブラフマンにより燃べられる。ブラフマンに捧げる行為に専心する者は、まさにブラフマンに達することができる。
私は一切人火(ヴァイシュヴァーナラ)となって、生類の身体に宿り、プラーナ気とアパーナ気に結びつき、四種の食物を消化する。(上村勝彦訳)

バガヴァッド・ギーター第4章24節と第15章14節から引用された食前の祈り(フード・プレヤー)です。食事という行為、行為者そして食物は、ブラフマンに他ならず、すべてはブラフマンの意志によって行われることであることをたたえています。そして、四種の食物(飲み込むもの、噛むもの、啜るもの、舐めるもの)は、すべての生類に宿るヴァイシュヴァーナラによって消化されます。
この祈りを通して、食事という行為を至高神に捧げることにより、食事は神聖なものとなり、速やかに消化されると信じられています。
このマントラが収録されているCDには以下のCDがあります。
・「Beginning Shlokas in Song and Chant」(トラック11)

オーム・ナモー・サッチダーナンダ・サイ・ナーターヤ・ナマハ

・Om namo satchidAnanda sai nAthaya namah
・オーム・ナモー・サッチダーナンダ・サイ・ナーターヤ・ナマハ
・意味:至高の化身であるサイナータに帰依いたします

シルディ・サイババを讃えるマントラのひとつです。
サッチダーナンダはサット(実在、善)、チット(純粋意識)、アーナンダ(至福)の三つの言葉がつながったものです。 ナータ(nAtha)は、万人の救済者、人々の拠り所を意味し、サイ・ナータは万人の救済者であるサイを意味しています。
このマントラが収録されているCDには以下のCDがあります。
・「モーニング・チャント オーム・サイ

マートゥルデーヴォー・バヴァ

・mAtrudevo bhava
pitrudevo bhava
AchAryadevo bhava
atithidevo Bhava
・マートゥルデーヴォー・バヴァ
ピトゥルデーヴォー・バヴァ
アーチャーリヤデーヴォー・バヴァ
アティティデーヴォー・バヴァ
・意味:母を神として敬いなさい
父を神として敬いなさい
師を神として敬いなさい
客を神として敬いなさい

タイッティリーヤ・ウパニシャッドによるサンスクリット語の格言です。
「母、父、師、来客を神として崇める」ことは、古くからインド伝統文化の模範的行為として称えられています。
このマントラが収録されているCDには以下のCDがあります。
・「幸せな結婚のためのマントラ」(トラック15)

心願成就のマントラ

・Om hrIm sarva manokAmanA shiddim hrIm Om
・オーム・フリーム・サルヴァ・マノーカーマナー・シッディン・フリーム・オーム
・意味:一切の心願が成就しますように

心に描いた願望が成就するように祈願するマントラです。
フリーム(hrIm):ドゥルガー女神あるいはブヴァネーシュヴァラ神(シヴァ神)をあらわすビージャ・マントラ
サルヴァ(sarva):一切、すべて
マノーカーマナー(manokAmanA):心の中の願望
シッディ(shiddi):成就
このマントラを繰り返し唱えることで、心の中に思い描いている願望が叶えられるといわれています。
このマントラが収録されているCDには以下のCDがあります。
・「幸せな結婚のためのマントラ」(トラック12)