失くしたものを取り戻すためのマントラ

日々の生活においては、物を落としたり忘れたりして、紛失することが少なくありません。大切なものであれば、どうにか取り戻したいと強く思うことも多くあります。インドには、そんな失くしたものを取り戻すためのマントラが伝わります。


・कार्तवीर्यार्जुनो नाम राजा बाहुसहस्रवान् ।
तस्य स्मरणमात्रेण गतं नष्टं च लभ्यते ॥ १॥
・kārtavīryārjuno nāma rājā bāhusahasravān ।
tasya smaraṇamātreṇa gataṁ naṣṭaṁ ca labhyate ॥ 1॥

・オーム カールタヴィールヤールジュノー ナーマ ラージャー バーフサハスラヴァーヌ
タスヤ スマラナマートレーナ ガタン ナシュタン チャ ラビャテー
・意味:千の腕を持つ王であるカールタヴィールヤ・アルジュナのその御名を想うことで、失くしたしたものを手にする。

このマントラは、カールタヴィールヤ・アルジュナを讃える讃歌、カールタヴィールヤ・ドヴァーダシャナーマストートラム(कार्तवीर्य द्वादशनामस्तोत्रम् )の最初の節にあたります。カールタヴィールヤ・アルジュナは、ナルマダー川のほとりにあるマーヒシュマティーに都を持つ、古代のハイハヤ王国の伝説的な王でした。ダッタートレーヤ神を崇め、千の腕を持つとされます。

カールタヴィールヤ・アルジュナを讃える讃歌では、以下のように讃えられる聖句もあることから、失くしたものを取り戻すためのマントラとしてその讃歌が唱えられるようになったとされています。一説には、ダッタートレーヤ神が失くしたものを取り戻すための力を授けたとも伝えられます。

「クリタヴィールヤの息子である偉大なアルジュナの12の御名を想う者は繁栄に恵まれる。(中略)盗難などで富や財産を失うことはなく、失ったお金を取り戻すことも可能である」

また、単に「カールタヴィールヤ・アルジュナ」とその御名を繰り返し唱えることでも、失くしたものを取り戻すことができると信じられます。いなくなってしまったペットを見つけることに役立ったという報告もされています。

参照:kArtavIrya dvAdashanAma stotram

不運を幸運に変えるためのマントラ・サーダナ

シヴァ神とチャンドラ神(月)を讃えるマントラを通じた、不運を幸運に変えるためのマントラ・サーダナをご紹介いたします。

月曜日にシヴァ神を礼拝しながらチャンドラ神のマントラを唱えることは、不運を幸運に変える力があるとされます。
シヴァ神は、乳海攪拌において生み出された猛毒を飲み込んだ際、その影響を和らげるために、三日月を頭に乗せて冷やしたと伝えられます。
満ち欠けをする月は、始まりや終わりのある「時」の巡りを象徴すると伝えられてきました。
そんな変化の象徴を頭に乗せるシヴァ神は、その移り変わりを超越した偉大な存在であり、時や心の支配者にも他ありません。
外界の世界は、常に巡り、変化を続けています。
時を超えた永遠の存在に身を委ねる時、心は穏やかに定まり、不運を幸運に変える力を得ることができると信じられます。

人生においては、どんな人も不運の時期を経験します。
この局面を克服するためには、不断の努力と心構えが必要です。
こうした修練を通じて、前向きな姿勢を保ちながら、永遠の存在を信じる人は、どんなに厳しい運も克服することができるでしょう。


・श्रीं चन्द्राय सदाराध्याय नमः
・śrīṁ candrāya sadārādhyāya namaḥ

・シュリーン チャンドラーヤ サダーラーディヤーヤ ナマハ
・意味:常に礼拝されるべきチャンドラ神に帰依いたします。

このマントラは、以下のような方法で、唱えることが勧められます。

・月曜日の夕方に身を清め、白色の服を着用します。
・シヴァ神の神像やヤントラや絵をお祀りし、月を見ながら礼拝を行います。
・供物として、白い花、聖水、チャンダン・ペースト(白檀のペースト)、お香、白色のお菓子、またはキール(ミルク粥)を捧げます。
・チャンドラ・マントラを108回唱えます。
・家族や親しい人々と、お菓子やキールを分け合います。

参照:Chandra Mantra to Change Bad Luck to Good Luck

サディサティ・ドーシャ解消のためのマントラ


・ॐ नीलाञ्जन समाभासं रविपुत्रं यमाग्रजम्‌
छाया मार्तण्ड सम्भूतं तं नमामि शनैश्चरम्‌
・om nīlāñjana samābhāsaṁ raviputraṁ yamāgrajam‌
chāyā mārtaṇḍa sambhūtaṁ taṁ namāmi śanaiścaram‌

・オーム ニーラーンジャナ サマーバーシャン ラヴィプトラン ヤマーグラジャム
チャーヤー マールターンダ サムブータン タン ナマーミ シャナイシュチャラム
・意味:色が青黒く、太陽の息子であり、ヤマ神の兄弟であり、
チャーヤーのもとに生まれた、ゆっくり動くシャニ神を礼拝します。

サディサティ・ドーシャを解消するために勧められるシャニ神のマントラのひとつです。
サディサティの影響下にある人は、サディサティの7年半以内に、このシャニ・マントラを23000回唱えることが勧められます。
シャニ・マントラの23000回の詠唱は、23日以内に終えることが勧められるため、1日に10マーラー(108×10回)を唱えると、23日間で唱え終えることができます。
幼少である場合は、両親が代わりにマントラを唱えることができます。
このシャニ神への祈りを捧げる間は、シンプルな食事を心がけます。
ベッドではなく床にシーツを敷いて寝る、禁欲生活を心がけることも勧められます。
また、シャニ・マントラの祈りは、1か所に座って、1度に行うことが勧められます。
シャニ神の礼拝方法は、こちらでご紹介しています。

清らかな心と体を得るためのヴィシュヌ・マントラ・サーダナ

ヴィシュヌ神を讃えるマントラを通じた、清らかな心と体を得るためのマントラ・サーダナをご紹介いたします。

ヒンドゥー教でもっとも頻繁に唱えられる讃歌のひとつに、ヴィシュヌ神の千の御名であるヴィシュヌ・サハスラナーマがあります。
そのヴィシュヌ神の千の御名の中に、ニルグナという御名があります。

ニルグナは、「形のない」を意味し、サットヴァ、ラジャス、タマスというグナを超越した者を意味します。
ニルグナ・ブラフマンを究極の真理と考える場合、形、属性、特性のあるものは、すべて真理ではないとされます。
その理解は、離欲(ヴァイラーギャ)の実践の象徴でもあり、それによって真の美しさを得ることが可能になるとされます。


・ॐ निर्गुणाय नमः
・om nirguṇāya namaḥ

・オーム ニルグナーヤ ナマハ

精神的にも身体的にも、真に清らかで美しくなりたいと願う人々にとって、恩恵のあるマントラです。
トゥラシーの数珠を用いて、瞑想の際にこのマントラを唱えることができす。
短期間でその恩恵を授かりたい場合は、1日に最低でも108回を唱えることが勧められます。

参照:Vishnu Mantras for Beautiful Mind and Body

困難を超越するためのルドラ・マントラ・サーダナ

ルドラとしてのシヴァ神を讃えるマントラを通じた、困難を超越するためのマントラ・サーダナをご紹介いたします。

「ルドラ」は、本質的な意味として、「困難を超越する」と解されます。
ルドラは、シヴァ(吉兆)の怒りの側面を表した神格として知られています。
ルドラは、文字通りの意味としては、「恐ろしいもの」「恐怖のもの」「暴風神」などが挙げられますが、この文字が、「ル」と「ドラ」に分割される場合、「悲哀からの脱却」「悲しみからの解放」「困難を超越した状態」を意味する言葉となります。
これらはすべてルドラ・シヴァの本質であり、サマーディすなわちサダーシヴァと呼ばれる無の境地を示し、心の束縛から解放され、かつてない吉兆(シヴァ)と光輝をもたらすものです。


・ॐ नमो भगवते रुद्राय
・om namo bhagavate rudrāya

・オーム ナモー バガヴァテー ルドラーヤ

このルドラ・シヴァのエネルギーは、アグニ(火)のエネルギーと同質と考えられています。
ルドラすなわちアグニは、地上における物質的生活を破壊し、再建する神です。
彼は本性として怒りの性質を持ち、私たちの中で、火の属性すなわち怒りとして表現されます。
過度の怒りは、病気の元となり、肉体や心を傷つけます。
しかし、自己の肉体を維持し、社会生活向上の手段として、怒りは時として必要不可欠な性質です。

このマントラは、毎日11回唱えることで、病を払拭し、健康な身体を手にすることができると信じられます。
マントラの詠唱は、シヴァ神を礼拝する吉日である月曜日、プラドーシャ、シヴァラートリーなどに開始することが勧められます。
16日間で125000回を唱え終えると、このマントラのシッディを得ることができるとも伝えられます。
健康のために唱えられることが多いこのマントラは、心願成就のために唱えることもでき、マントラ・サーダナを成功させるための可能性を高めると信じられます。

この旋律は、神々と自然のすべての要素を歓ばせるといわれます。
怒りをなだめ、心に平安をもたらし、困難を脱却した光輝の状態へと導かれるでしょう。

参照:Rudra Mantra for Fulfilling Wishes

ムリタ・サンジーヴァニー・マントラ

インドには、死者を蘇らせると信じられる強力なマントラが伝わります。
ムリタ・サンジーヴァニー・マントラと呼ばれるこのマントラは、ガーヤトリー・マントラとマハームリティユンジャヤ・マントラが交互に唱えられるマントラです。

ガーヤトリー・マントラは、万物に命を吹き込む太陽の光を讃えるマントラです。
マハームリティユンジャヤ・マントラは、死に打ち勝つマントラとして知られ、すなわち輪廻の鎖を断ち切るマントラとして崇められます。

ムリタ・サンジーヴァニー・マントラは、賢者のシュクラーチャーリヤによって見出されたと伝えられます。
シュクラーチャーリヤは、長年にわたるシヴァ神への苦行によりこのマントラを発見し、このマントラを唱えることで、死者を蘇えらせることができたと伝えられます。

ムリタ・サンジーヴァニー・マントラは次のように唱えられます。


ॐ हौं जूं सः
ॐ भूर्भुवः स्वः
ॐ त्र्यम्बकं यजामहे
तत् सवितुर् वरेण्यं
सुगन्धिं पुष्टिवर्धनम्
भर्गो देवस्य धीमहि
उर्वारुकमिव बन्धनान्
धियो यो नः प्रचोदयात्
मृत्योर्मुक्षीय मामृतात्
स्वः भुवः भूः ॐ सः जूं हौं ॐ
om hauṁ jūṁ saḥ
om bhūrbhuvaḥ svaḥ
om tryambakaṁ yajāmahe
tat savitur vareṇyaṁ
sugandhiṁ puṣṭivardhanam
bhargo devasya dhīmahi
urvārukamiva bandhanān
dhiyo yo naḥ pracodayāt
mṛtyormukṣīya māmṛtāt
svaḥ bhuvaḥ bhūḥ om saḥ jūṁ hauṁ om

オーム ハウン ジューン サハ
オーム ブールブヴァハ スヴァハ
オーム トリャムバカン ヤジャーマヘー
タット サヴィトゥル ヴァレーニャン
スガンディン プシュティヴァルダナム
バルゴー デーヴァッシャ ディーマヒ
ウルヴァールカミヴァ バンダナーン
ディヨー ヨー ナハ プラチョーダヤートゥ
ムリティヨールムクシーヤ マームリタートゥ
スヴァハ ブヴァハ ブーフ オーム サハ ジューン ハウン オーム

※このマントラは非常に強力であるため、グルの教えのもとでしか唱えてはならないとされる場合があります。

参照:Sanjeevani Mantra to bring back the life in a dead body

100年生きるためのハヌマーン・マントラ・サーダナ

ハヌマーン神を讃えるマントラを通じた、あらゆる病を取り除き100年生きるためのマントラ・サーダナをご紹介いたします。

ハヌマーン神の108の御名の中に、サルヴァローガハラという御名があります。「サルヴァローガハラ」は、あらゆる種類の病を取り除くという意味があります。このマントラは、あらゆる病を取り除くハヌマーン神を礼拝する意味のマントラです。


・ॐ सर्वरोगहराय नमः
・om sarvarogaharāya namaḥ

・オーム サルヴァローガハラーヤ ナマハ

ハヌマーン神は、戦場で瀕死の重傷にあったラーマ神の弟であるラクシュマナを救うために、あらゆる病や傷を治すサンジーヴァニーという薬草を探しにヒマーラヤへ赴きます。しかし、サンジーヴァニーを見つけることはできず、ハヌマーン神は山ごと持ち上げ、戦場に持ち帰ったという神話が伝わります。ハヌマーン神の山をも動かすこうした揺るぎない献身は、あらゆる不可能を可能にしていきます。そんなハヌマーン神は、不死を意味するチランジーヴィーとして崇められ、カリユガの時代の最後まで、今もなお、生き続けている存在であると伝えられます。

このマントラは、夜間を除き日中はいつでも唱えることができ、マントラを唱える際は、ルドラークシャ・マーラーかトゥラシー・マーラーを用います。40日間、このマントラを毎日22500回唱えることができれば、シッディを得ることができると伝えられます。その後、毎日108回このマントラを唱えることで、無病で100年間の長寿を得ることができるとも信じられます。

参照:Hanuman Mantra to Live for 100 Years

サラスワティー・ビージャ・マントラ


・ॐ ऐं ह्रीं श्रीं वाग्देव्यै सरस्वत्यै नमः
・om aiṁ hrīṁ śrīṁ vāgdevyai sarasvatyai namaḥ

・オーム アイン フリーン シュリーン ヴァーグデーヴィヤイ サラスヴァッテャイ ナマハ
・意味:サラスワティー女神に帰依いたします

サラスワティー女神のビージャ・マントラ(種子真言)のひとつです。
「アイン」は、知識の女神であるサラスワティーを喚起し、知性、創造性、知識を高めます。
「フリーン」は、宇宙の母であるドゥルガー女神を喚起し、これによって悲しみが払拭されると信じられます。
「シュリーン」は、幸運や富を司るラクシュミー女神を喚起し、幸せや豊かさを引き寄せると信じられます。
サラスワティー女神には、言葉の女神を意味するヴァーグデーヴィーという別名があります。
このマントラを唱えることで、学業の面においてはもちろん、仕事の面においても、困難を取り除き、成功を収めるための知性を獲得することができると伝えられます。

アシュタ・ラクシュミーを礼拝するマントラ

ラクシュミー女神は、富や幸運を司る女神です。私たちが所有するもの、例えば土地や財産、家畜や穀物など、また形ではなくとも、純粋さや忍耐と言った美徳も、私たちの富であり、栄光であります。

物質的な豊かさだけでなく、目には見えない心の豊かさを授けるラクシュミー女神には、アシュタ・ラクシュミーと呼ばれる8つの姿があります。この8つの姿すべてに祈りを捧げてはじめて、ラクシュミー女神を完全に礼拝したともいわれます。

アシュタ・ラクシュミーとして姿をあらわすラクシュミー女神を礼拝するマントラです。

・ॐ आदि लक्ष्म्यै नमः
ॐ धन लक्ष्म्यै नमः
ॐ धान्य लक्ष्म्यै नमः
ॐ गज लक्ष्म्यै नमः
ॐ संतान लक्ष्म्यै नमः
ॐ वीर लक्ष्म्यै नमः
ॐ विद्या लक्ष्म्यै नमः
ॐ विजय लक्ष्म्यै नमः
・om ādi lakṣmyai namaḥ
om dhana lakṣmyai namaḥ
om dhānya lakṣmyai namaḥ
om gaja lakṣmyai namaḥ
om saṁtāna lakṣmyai namaḥ
om vīra lakṣmyai namaḥ
om vidyā lakṣmyai namaḥ
om vijaya lakṣmyai namaḥ

・オーム アーディ ラクシュミャイ ナマハ
オーム ダナ ラクシュミャイ ナマハ
オーム ダーニャ ラクシュミャイ ナマハ
オーム ガジャ ラクシュミャイ ナマハ
オーム サンターナ ラクシュミャイ ナマハ
オーム ヴィーラ ラクシュミャイ ナマハ
オーム ヴィディヤー ラクシュミャイ ナマハ
オーム ヴィジャヤ ラクシュミャイ ナマハ
・意味:原始のラクシュミー女神に帰依いたします。
金を授けるラクシュミー女神に帰依いたします。
穀物(豊穣)を授けるラクシュミー女神に帰依いたします。
象(権力)を授けるラクシュミー女神に帰依いたします。
子孫を授けるラクシュミー女神に帰依いたします。
勇気を授けるラクシュミー女神に帰依いたします。
知識を授けるラクシュミー女神に帰依いたします。
勝利を授けるラクシュミー女神に帰依いたします。

※アシュタ・ラクシュミーの名前は地域や宗派によって異なる場合があります。

恐怖心を取り除き正しい道を歩むためのマントラ・サーダナ

日々の生活において、恐怖心を取り除き、正しい道を歩むための力を得るマントラ・サーダナをご紹介します。

守りをもたらすドゥルガー女神に身を委ねる意味のこのマントラの詠唱は、恐怖や懸念、敵や目に見えないものに対して感じる脅威や不安などを取り除くと伝えられます。そうしてあらゆる否定的な思考を取り除き、人生を正しく歩む前向きな力をもたらすと信じられます。

ドゥルガー女神を礼拝し、マントラを唱える吉日は、金曜日、アシュタミー(満月・新月からそれぞれ8日目)、ナヴァラートリーの期間などです。その他に、何らかに対して恐怖や不安を抱いている時はいつでも、このマントラを唱えることができます。マントラは、マーラーを用いて、少なくとも108回唱えることが勧められます。


ॐ दुर्गे दुर्गे रक्षिणी स्वाहा
om durge durge rakṣiṇī svāhā

オーム ドゥルゲー ドゥルゲー ラクシニー スヴァーハー

ドゥルガーはサンスクリット語で「近づき難い者」を意味し、その恐ろしい様相が礼拝される女神です。全宇宙の母であるドゥルガー女神にとって、すべての生類は我が子に等しく、常に限りない慈愛を注いでいます。その宇宙の母なる女神の怒りは、人々の正しい成長を願ってのことに他ありません。そんなドゥルガー女神を想起する時、母の愛という光輝に包まれ、私たちを襲う恐怖や不安は取り除かれると共に、正しい道を歩むための力が授けられると信じられます。