シヴァ神と象の悪魔

世界の安寧を願い瞑想に耽るシヴァ神は、破壊神として、大地を揺さぶるような荒々しい姿を見せることがあります。
その姿の中には、自らが倒した象の悪魔の上で舞踏する、ガジャーンタカという姿があります。
倒した象の皮を引き裂いて身にまとうシヴァ神は、カリー・チャルマームバラ(象の皮を身にまとう者)という名前で崇められることもあります。

象の悪魔を倒すシヴァ神には、さまざまな神話が伝わります。
その多くは、傲慢で横柄な態度によって世界に混乱をもたらす悪魔を、超然と倒すシヴァ神の姿を伝えています。
たとえば、ヴィシュヌ神の化身であるモーヒニーとの神話があります。

深い森に住む賢者たちは、非常に尊大になり、いつしか神のように振る舞うようになりました。
そんな賢者たちに教訓を与えようと、シヴァ神はビクシャータナ(裸の若い托鉢士)に、ヴィシュヌ神はモーヒニー(美女)になりすまし森に入ります。

賢者たちがモーヒニーに夢中になっている間、賢者の妻たちはビクシャータナに夢中になりました。
賢者たちは魔術を使い、ビクシャータナを倒そうと力強い象を生み出します。
しかし、ビクシャータナとしてのシヴァ神がこの象を倒し、賢者たちに神の力を見せつけると、賢者たちは自分たちの無知に気づいたと伝えられます。

どっしりと大きな身体を持つ象は、神々の王であるインドラ神の乗り物であり、富や力の象徴と見なされてきました。
ラクシュミー女神の両脇では、2頭の象がその鼻で、肥沃や豊穣の象徴である水をラクシュミー女神に降り注ぎます。

富や力を手にする中で、私たちはいつしか我執にとらわれ、自分自身の内に輝くシヴァ神という純粋な意識を忘れていきます。
時間に限られた富や力を追いかける私たちの心は、常に揺れ動き、休まることがありません。
偉大な時として崇められるシヴァ神は、私たちの内なる世界に混乱をもたらす、そんな象の悪魔を倒します。

象は非常に賢い動物といわれます。
シヴァ神の息子であるガネーシャ神は、英知の神として、その象の頭を持ちます。
私たちは常にその英知を用いて、富や力に溺れることなく、時を超越した永遠の幸福に気づいていなければなりません。
破壊神として、私たちの内外に潜む悪の性質を破壊するシヴァ神を礼拝することにより、その永遠の幸福の中で、世界の安寧を築く者になれるはずです。

(文章:ひるま)

2020年のサンクラーンティ

Woman meditating in sitting yoga position on the top of a mountains above clouds at sunset. Zen, meditation, peace

2020年は1月15日に、太陽の北方への回帰を祝福するマカラ・サンクラーンティを迎えます。
このマカラ・サンクラーンティは、冬の終わりを告げる祝祭です。

ヒンドゥー教の暦には、サンクラーンティと呼ばれる重要な時があります。
サンクラーンティは「変遷」を意味し、太陽がラーシ(インド占星術における12星座)からラーシへと移ることを意味します。

2020年の12のサンクラーンティ(日本時間)をご紹介いたします。

1月15日 マカラ(山羊座)・サンクラーンティ
2月13日 クンバ(水瓶座)・サンクラーンティ
3月14日 ミーナ(魚座)・サンクラーンティ
4月14日 メーシャ(牡羊座)・サンクラーンティ
5月14日 ヴリシャバ(牡牛座)・サンクラーンティ
6月15日 ミトゥナ(双子座)・サンクラーンティ
7月16日 カルカ(蟹座)・サンクラーンティ
8月16日 シンハ(獅子座)・サンクラーンティ
9月16日 カニャー(乙女座)・サンクラーンティ
10月17日 トゥラー(天秤座)・サンクラーンティ
11月16日 ヴリシュチカ(蠍座)・サンクラーンティ
12月16日 ダーヌ(射手座)・サンクラーンティ

12のサンクラーンティは、以下のように4つのカテゴリーに分けられます。

マカラ・サンクラーンティとカルカ・サンクラーンティは、アヤナ(半年)・サンクラーンティと呼ばれます。
マカラ・サンクラーンティよりウッタラーヤナ(ウッタラ・アヤナ、太陽の北回帰)が始まり、カルカ・サンクラーンティよりダクシナーヤナ(ダクシナ・アヤナ、太陽の南回帰)が始まります。

メーシャ・サンクラーンティと、トゥラー・サンクラーンティは、ヴィシュナヴァ・サンクラーンティと呼ばれます。
春分と秋分と同じ概念があります。

シンハ・サンクラーンティ、クンバ・サンクラーンティ、ヴリシャバ・サンクラーンティ、ヴリシュチカ・サンクラーンティは、ヴィシュヌパディー・サンクラーンティと呼ばれます。

ミーナ・サンクラーンティ、カニャー・サンクラーンティ、ミトゥナ・サンクラーンティ、ダーヌ・サンクラーンティは、シャドシティームキー・サンクラーンティと呼ばれます。

参照:2020 Sankranti Calendar

ガネーシャ神とネズミ

子年となる新たな一年が始まりました。
ネズミといえば、インドではガネーシャ神のヴァーハナ(乗り物)として崇められる存在です。
ガネーシャ神がネズミを乗り物とするようになった理由には、いくつかの神話が伝わります。
その一つに、ガンダルヴァと呼ばれる天上の音楽師、クラウンチャにまつわる神話があります。

ある時、クラウンチャは聖仙であるヴァーマデーヴァの足を誤って踏んでしまうと、呪いをかけられ、ネズミの姿にされてしまいました。
ネズミの姿となったクラウンチャは音楽師としての役割を忘れ、ネズミの旺盛な食欲を象徴するように巨大化し、進む道にあるすべてを破壊し始めます。
すると、ガネーシャ神が手にしていた縄でクラウンチャを縛り、その動きを制御しました。
後に許しを得たクラウンチャは、ガネーシャ神を運ぶ力として、その乗り物になったと伝えられます。

巨大化し進む道にあるすべてを破壊するクラウンチャの姿は、限りなく肥大していく欲望に比例するように大きくなる苦難の中で、右往左往する私たちに重なります。
事実、ネズミの強い繁殖力や旺盛な食欲は、人間の飽くなき欲望に例えられてきました。

世界が眠りにつく夜の暗闇の中で穀物を食い荒らすネズミは、農耕が生活の中心であった古代の人々にとっては、脅威の存在であったともいわれます。
そんなネズミが神の操る乗り物となったように、その存在を制御する天恩は、切に願われるものであったのかもしれません。

ガネーシャ神がクラウンチャを縛った縄は「パーシャ」と呼ばれ、物質世界に溺れることがないよう、私たちを引っ張る縄と信じられてきました。
パーシャは、個人を束縛する不純物としての意味もあり、それは、アーナヴァ(無知)、カルマ(行為)、マーヤー(幻力)の3種類とされます。
ガネーシャ神は手にする縄でこうした不純物を縛り付け、私たちを正しい道に導くと伝えられます。

欲望に突き動かされる私たちは、本質を忘れ、無知の暗闇の中でもがき苦しむことが少なくありません。
ガネーシャ神を礼拝する時、英知の神としてのガネーシャ神のエネルギーが私たちの内に呼び覚まされます。
その英知のエネルギーは、巨大化する欲望を制御し、正しい道を歩むための力になるはずです。

この一年の始まりに、ガネーシャ神を運ぶネズミの存在と向き合いながら、自分自身の歩みを確かめたいと感じます。
皆様にとって、この一年が光に満ちた年となりますように、心よりお祈り申し上げます。

(文章:ひるま)

2020年1月の主な祝祭

boat sailors at sunrise sunset in ganga river at allahabad indian asia

2020年1月の主な祝祭をご紹介いたします。

束の間の寒い冬を迎えている北インドも、1月15日に迎えるマカラ・サンクラーンティ以降は太陽が北方への回帰を始め、暖かくなり始めます。日本では寒さの厳しい時が続きますが、どうぞ良い年末年始をお過ごしください。

1月7日 エーカーダシー
1月8日 プラドーシャ
1月10日 シャーカンバリー・ジャヤンティ
1月11日 満月
1月12日 スワーミー・ヴィヴェーカーナンダ生誕日
1月13日 ローリー
1月14日 サンカタハラ・チャトゥルティー
1月15日 マカラ・サンクラーンティ/ポンガル
1月20日 エーカーダシー
1月22日 プラドーシャ
1月23日 シヴァラートリー
1月24日 マウニー・アマーヴァシャー
1月25日 新月/マーガ・グプタ・ナヴァラートリーの始まり
1月26日 共和国記念日
1月30日 ヴァサント・パンチャミー

*地域や慣習によって、日にちに前後の差異が生じます。

1年を通じた祝祭、またその詳細について、インド暦カレンダーでご紹介しております。

参照:Month Panchang

優美な水の流れ

うららかな光が満ち、木々が芽吹き始める時、インドではヴァサント・パンチャミーが祝福されます。
春の到来を喜ぶこの日は、学問や芸術の女神であるサラスワティー女神の降誕祭として祝福される時です。
サラスワティー女神は、あらゆるものを清める優美な水の流れであり、そのあらわれである川の神格として崇められてきました。

インドでは、サラスワティー川、ヤムナー川、ガンジス川が三大河川として崇められることがあります。
それぞれ、ブラフマー神、ヴィシュヌ神、シヴァ神の女神として讃えられる存在であり、特にサラスワティー川は、古代インドの文献において繰り返し讃えられる存在でした。

肥沃な大地をもたらしたとされるサラスワティー川は、やがて枯渇し、現在は地下を流れると信じられています。
サラスワティー川がその姿を消した理由には、さまざまな神話が伝えられるとともに、現代でもその存在を巡る探究が行われています。
そして、神格化されたサラスワティー川は、学問や芸術の女神として崇められるようになりました。

サラスワティー女神の豊かな水の流れは、現代において、物質的なレベルで私たちを養うものではないかもしれません。
しかし、サラスワティー女神の力は衰えることなく、目に見えない領域から私たちを養い続けています。
それは、知識、言葉、音楽、創作といった、限りない豊かさをもたらす形を超えたエネルギーとなり、個々の内を豊かに流れます。

川は肥沃な大地をもたらすだけでなく、あらゆるものを浄化する清らかな流れを有します。
しかし、時に荒れ狂い、破壊をもたらす存在として畏怖されてきました。
私たちは、その力をどのように用いるのかを学ばなければなりません。
知識のもとで偉大な力を崇め繁栄するのか、無知のもとで破壊の力に飲まれ衰退するのか。

少しずつ日が長くなり、光が満ち始めていく春は、サラスワティー女神を礼拝するとりわけ吉祥な時です。
サラスワティー女神への礼拝によって、生み出される言葉や思考は清らかなものとなり、より大きな豊かさを創り出すことができるはずです。
その限りのない豊かな流れの中で生きることができるように、サラスワティー女神への祈りを欠かさずにいたいと感じます。
皆様にも、女神の大きな恩寵がありますように、心よりお祈り申し上げます。

(文章:ひるま)

心の平安を手にする人

2019年も残すところあとわずかとなりました。1年の終わりには、さまざまな思いが駆け巡り、心が揺れ動くことも少なくありません。

戦場で困惑するアルジュナにクリシュナ神が説く教えが綴られた神の詩、バガヴァッド・ギーターには、私たちが日々を生きる中で直面するさまざまな問題に向き合う術が示されています。クリシュナ神は、魔力や奇術によってアルジュナが直面する問題を解決しようとしたのではなく、真理に至る道をアルジュナに理解させ、その能力を目覚めさせました。

さまざまな問題に絶えず動揺する私たち。バガヴァッド・ギーターは、私たちにそうした問題の根本を理解させ、解決するための知恵と能力を授けてくれます。1年の締めくくりに、そんな神の詩に触れ、穏やかな心で新たな1年を迎える準備をするのも良いかもしれません。


आपूर्यमाणमचलप्रतिष्ठं समुद्रमापः प्रविशन्ति यद्वत् ।
तद्वत्कामा यं प्रविशन्ति सर्वे स शान्तिमाप्नोति न कामकामी ॥ ७० ॥
āpūryamāṇamacalapratiṣṭhaṁ samudramāpaḥ praviśanti yadvat |
tadvatkāmā yaṁ praviśanti sarve sa śāntimāpnoti na kāmakāmī || 70 ||

海に水が流れ込むとき、海は満たされながらも、動じることはない。
それと同じように、あらゆる欲望が彼の中に入っても、彼の心は平安に達する。
欲望を貪り求める人はそうではない。

विहाय कामान् यः सर्वान् पुमांश्चरति निःस्पृहः ।
निर्ममो निरहंकारः स शान्तिमधिगच्छति ॥ ७१ ॥
vihāya kāmān yaḥ sarvān pumāṁścarati niḥspṛhaḥ |
nirmamo nirahaṁkāraḥ sa śāntimadhigacchati || 71 ||

すべての欲望を捨てて、愛執なく、利己心なく、
我意なく行動する人は、心の平安を手にする。

バガヴァッド・ギーター第2章第70節第71節

世を照らす光

凍てつく空気の中で、クリスマスのイルミネーションが美しく輝く季節となりました。
冬至を迎え夜が長くなるこの時、灯される光の数々は、暗闇を温かく照らします。
ヒンドゥー教徒が大多数を占めるインドでも、クリスマスには街角で煌びやかに輝く光を目にすることが少なくありません。
キリスト教徒が多く暮らす地域もあり、インドでは祝日としてクリスマスが祝福されます。

イエス・キリストの誕生は、「世を照らす光」の誕生として崇められてきました。
そんなイエス・キリストの誕生の象徴するように、クリスマスには数々のキャンドルの光が灯されます。
何よりも、キャンドルが自らの命を削りながら光を灯す姿は、人々を救うために自らを犠牲にしたイエス・キリストに重なるといわれます。

「わたしを信じる者が、だれも暗闇の中にとどまることのないように、わたしは光として世に来た」
(日本聖書協会『聖書 新共同訳』 ヨハネによる福音書 第12章46節)

光を灯す行いは、文化や宗教を超えて世界の各地で受け継がれてきました。
インドでは、ディヤーと呼ばれるオイルランプが灯されます。
器にオイルを満たし、コットンの芯を浮かべ火をつけると、少しずつ芯が燃えながら、温かく小さな光が灯ります。

ディヤーが灯される器は私たちの身体、オイルはその身体に染み込んだものであり、そこに浮かぶ芯は自我を象徴するといわれます。
光を発するために、私たちは肉体という小さな世界の中で、自分自身を燃やす必要があります。
そうして内なる世界が浄化される時、私たちは自分自身の本質を理解することができるのだといいます。

光の中で生きるのか、闇に留まるのか。
私たちはキャンドルやディヤーのように、自分自身を燃やす努力をしなければなりません。
本質を求めるその努力によって、私たちは明るい光の中で生きることができるはずです。
夕暮れが早まり、暗い夜が長くなった今、光を灯し、その尊い恵みを見つめたいと感じます。
皆様にも温かな光がありますように、心よりお祈り申し上げます。

(文章:ひるま)

2020年のサンカタハラ・チャトゥルティー

月の満ち欠けのそれぞれ4日目はチャトゥルティーと呼ばれ、ガネーシャ神に捧げられる吉兆な日として崇められます。満月からの4日目はサンカタハラ・チャトゥルティーと呼ばれ、新月からの4日目はヴィナーヤカ・チャトゥルティーと呼ばれます。

サンカタハラの「サンカタ」は「困難」、「ハラ」は「取り除く」を意味します。このサンカタハラ・チャトゥルティーにおいては、ガネーシャ神のマントラを唱えたり、祈りを捧げたり、断食を行うことが勧められます。これらのヴラタ(戒行)によって、困難を抱える人々からは障害が取り除かれ、幸せや豊かさがもたらされると信じられています。

2020年のサンカタハラ・チャトゥルティー(日本時間)をご紹介いたします。特に、ガネーシャ神に捧げられる火曜日にこのチャトゥルティーが重なることはとりわけ吉兆な時とされ、それはアンガーリカー・サンカシュティ(サンカタハラ)・チャトゥルティーと呼ばれます。

1月14日(火) ※アンガーリカー・サンカシュティ(サンカタハラ)・チャトゥルティー
2月12日(水)
3月12日(木)
4月11日(土)
5月10日(日)
6月9日(火) ※アンガーリカー・サンカシュティ(サンカタハラ)・チャトゥルティー
7月8日(水)
8月7日(金)
9月6日(日)
10月5日(月)
11月4日(水)
12月4日(金)

参照:2020 Sankashti Chaturthi Dates

2020年のシヴァラートリー

シヴァラートリーとは「シヴァの夜(ラートリー)または吉兆の夜」という意味です。シヴァラートリーは、毎月、満月から13日夜/14日目にあたります。しかし、特にパールグナ月(マーガ月となる地域もあります。2月~3月)のシヴァラートリーは、マハー・シヴァラートリーと呼ばれ、一年の内でもっとも神聖な夜として知られています。

この夜、シヴァ神の信者たちは、断食をし、睡眠を絶ち霊性修行に励みます。シヴァラートリーは、月が満月から新月へと変化する境目です。充ち満ちた欲望(月)がやがて消滅していくように、満月から新月へと変化するシヴァラートリーの日に霊性修行に励むことで、欲望を滅し、解脱へと至る精神力が獲得できると信じられてきました。

シヴァラートリーの日は、シヴァ神を崇めるもっとも神聖な日です。この日には、シヴァリンガムを崇めたり、あるいは、シヴァ神の御名やルドラムを唱えたり、バジャンを歌ったり、瞑想を行うことがすすめられています。またルドラークシャを身に着けるのにもっとも適した日であるとも言われています。シヴァ・パンチャクシャラ・マントラ(オーム・ナマ・シヴァーヤ)も、この日に唱えることで、大きな功徳をもたらすといわれます。

2020年のシヴァラートリー(日本時間)をご紹介いたします。また、2020年のマハー・シヴァラートリーは、2月21日(金)となります。

1月23日(木)
2月21日(金) ※マハー・シヴァラートリー
3月22日(日)
4月21日(火)
5月21日(木)
6月19日(金)
7月19日(日)
8月17日(月)
9月16日(水)
10月15日(木)
11月13日(金)
12月13日(日)

参照:2020 Masik Shivaratri Vrat Dates

2020年のエーカーダシー

大自然の移り変わりと密接に結びついたインドの暦の中に、エーカーダシーという吉日があります。
月の満ち欠けのそれぞれ11日目に訪れるエーカーダシーは、ヴィシュヌ神に捧げられる日となり、断食や瞑想を行うことが勧められます。

インドの暦は、こうした月のサイクルに深く結びついています。
その月は人々の心に関連すると信じられ、この月のサイクルに従った行いは、自身の心を整えるより良い機会であると、さまざまな行いが月の様相に通じて古くから伝えられてきました。
特に、この満月・新月からの11日目は、月の満ち欠けから生じる引力の影響から、感覚器官や心の働きが落ち着き、体に感じる空腹の影響も少なく、断食も行いやすいものであると伝えられます。
また、11が意味するものは、5つの感覚、器官、そして心を合わせた11のものであり、このエーカーダシーにおいては、それらを統制することが重要な行いとなります。

特に断食は、絶え間なく働き続けていた体のあらゆる部分を休ませ、忙しなくあちこちに飛び散っていた意識を落ち着かせます。
体の浄化に加え、欲から切り離されることで心の雑念までもが洗い流され、神が宿る場所としての肉体、精神が生み出されていきます。

困難を伴う感覚の統制も、瞑想やジャパなどを通じ崇高者に心を定めることで容易なものとなります。
エーカーダシーを通じ瞑想するヴィシュヌ神の本質は、時の流れにかかわらず、宇宙が生成する以前に存在し、そして消滅した後も存在し続けると言われます。
エーカーダシーは、万物の中にあまねく浸透する存在と一つとなる機会でもあります。

月の満ち欠けのそれぞれ11日目にあたるこのエーカーダシーは、年間でおよそ24回訪れます。
2020年のエーカーダシー(日本時間)について、以下にご紹介いたします。

1月7日(火) パウシャ・プトラダー・エーカーダシー:पौष पुत्रदा एकादशी
1月20日(月) シャッティラー・エーカーダシー:षट्तिला एकादशी
2月5日(水) ジャヤー・エーカーダシー:जया एकादशी
2月19日(水) ヴィジャヤー・エーカーダシー:विजया एकादशी
3月6日(金) アーマラキー・エーカーダシー:आमलकी एकादशी
3月20日(金) パーパモーチニー・エーカーダシー:पापमोचिनी एकादशी
4月4日(土) カーマダー・エーカーダシー:कामदा एकादशी
4月18日(土) ヴァルティニー・エーカーダシー:वरूथिनी एकादशी
5月4日(月) モーヒニー・エーカーダシー:मोहिनी एकादशी
5月18日(月) アパラー・エーカーダシー:अपरा एकादशी
6月2日(火) ニルジャラー・エーカーダシー:निर्जला एकादशी
6月17日(水) ヨーギニー・エーカーダシー:योगिनी एकादशी
7月1日(水) デーヴァシャヤニー・エーカーダシー:देवशयनी एकादशी
7月16日(木) カーミカー・エーカーダシー:कामिका एकादशी
7月30日(木) シュラーヴァナ・プトラダー・エーカーダシー:श्रावण पुत्रदा एकादशी
8月15日(土) アジャー・エーカーダシー:अजा एकादशी
8月29日(土) パリヴァルティニー・エーカーダシー、パールシュヴァ・エーカーダシー:परिवर्तिनी एकादशी
9月13日(日) インディラー・エーカーダシー:इन्दिरा एकादशी
9月27日(日) パドミニー・エーカーダシー:पद्मिनी एकादशी
10月13日(火) パラマ・エーカーダシー:परम एकादशी
10月27日(火) パーパーンクシャー・エーカーダシー:पापांकुशा एकादशी
11月11日(火) ラマー・エーカーダシー:रमा एकादशी
11月26日(木) プラボーディニー・エーカーダシー、デーヴッターナー・エーカーダシー:प्रबोधिनी एकादशी、देवुत्थान एकादशी
12月11日(金) ウトパンナ・エーカーダシー:उत्पन्ना एकादशी
12月25日(金) モークシャダー・エーカーダシー:मोक्षदा एकादशी

※それぞれのエーカーダシーの名称、日にちは地域や慣習によって異なる場合があります。

参照:2020 Ekadashi fasting days