マントラで深まる神々との絆

悟りを求め修行を続ける者たちの霊的修練の一つに、神々の力が宿るマントラの詠唱があります。マントラには、神々の名前や形、性質をあらわしたサグナ・マントラがあり、ある特定の神格のマントラを唱え続けると、やがてその神格の力があらわれると信じられます。また、神々の名前や形、性質を含まず、より抽象的な概念をもつニルグナ・マントラもあります。

純粋な意識である神そのものをあらわすマントラは、発声された際に神聖な音の波動として顕現します。マントラを唱える際には、正しい発音と発声で繰り返し唱える必要があります。古代から受け継がれてきたマントラには神聖な音の波動が含まれており、新たな独自の解釈では、その波動を呼び覚ますことはできず、マントラとしての力を持たないからです。神聖なサンスクリット語のマントラを正しく唱えることで、唱える者の不安定な波動が調整され、純粋な意識があらわれると信じられます。

マントラは、悟りを求め続けてきた聖者たちによって古代より伝えられてきました。例えば、サグナ・マントラとニルグナ・マントラの他に、種子真言といわれるビージャ・マントラがあり、これは神々の力が宿るマントラの真髄として、特別な力を授けると信じられます。こうしたマントラには、純粋な意識を覆い隠す障害を取り除く力が秘められています。マントラを絶え間なく繰り返し唱えることでその障害が取り除かれると、純粋な意識があらわれ、悟りに至ると信じられます。

インドではグルよりマントラが伝授される際、特別な関係を持つ神格(イシュタ・デーヴァター)とその神格のマントラが選ばれます。これは、誰もが過去世で何らかの神格を礼拝しており、その礼拝の痕跡が無意識のうちにあらわれることによります。これらは人々の心理に影響を与え、その行為を浄化するために役に立つものです。もし特定の神格があらわれない場合は、グルの洞察によって選ばれることもあります。礼拝すべき神格と適切なマントラが選ばれると、グルとの神聖な縁を結び、悟りに達するまでマントラの修行を続けます。その他、望む特定の力を得るために、他の神々のマントラを唱えることもできます。

例えば、サラスヴァティー女神のマントラである「オーム アイーン サラスヴァッテャイ ナマハ」を繰り返すと、知恵や知性、創造性が授けられると伝えられます。ガネーシャ神のマントラはあらゆる行いから障害を取り除き、マハームリティユンジャヤ神のマントラは事故を防ぎ、病気や不幸を払いのけ、健康と長寿をもたらすと信じられます。中でも、ガーヤトリー・マントラは、ヴェーダにおいて最高のマントラとして、現代においても広く唱え続けられています。

高い目標に到達するためには、自身の努力はもちろんのこと、神々の恩寵も必要不可欠な要素です。マントラや神の御名を繰り返し唱えることは、神々とのつながりを深める手段として、欠かすことができない、誰にでもできる簡単な方法です。心を込めて、繰り返し唱え続けるならば、やがて水が源泉から湧き出るように、神々の恩寵が内なる泉から湧き出ることでしょう。

(SitaRama)

2017年3月の主な祝祭

2017年3月の主な祝祭日をご紹介いたします。

3月の満月には、インドの3大祭りの一つにも数えられるホーリー祭が盛大に祝福されます。その後の新月を過ぎると、女神を讃える9日間の夜、春のナヴァラートリー祭が始まります。

3月8日 エーカーダシー
3月12日 満月/ホーリー祭
3月13日 ホーリー祭
3月14日 ミーナ(魚座)・サンクラーンティ
3月24日 エーカーダシー
3月26日 シヴァラートリー
3月28日 新月
3月29日 ナヴァラートリー祭の始まり/ウガディ/グディー・パードゥヴァー(インドでは28日となる地域もあります)
3月30日 マツシャ・ジャヤンティ

※地域や慣習によって差異が生じます。

1年を通じた祝祭、またその詳細について、インド暦カレンダーでご紹介しております。

参照:http://www.drikpanchang.com/panchang/month-panchang.html

シヴァ神のカマンダル

霊性修行を行う人々にとってこの上ない吉兆な時であるマハー・シヴァラートリーは、冬が終わり、長く暑い夏を迎える前の、束の間の心地の良い季節に祝福されます。木々が芽吹き、美しい花が咲き始めるこの時、シヴァ神は、変化の中にある一瞬の大きな喜びへ私たちを導きます。

穏やかな気候の中でシヴァ神と向き合うこの春の夜は、永遠の至福を感じる瞬間でもあります。食を断ち、自我を捨て、空っぽになった自分自身の内に、ただただ大きな幸せと平安が満ちていることに気づくからかもしれません。

シヴァ神は、不死の霊薬として知られ、永遠の至福をもたらすアムリタが満たされたカマンダルという壺をいつも所持しています。乾いた南瓜でできたこのカマンダルを作る過程には、私たちが永遠の至福を得るための霊的な深い意味が秘められています。

カマンダルを作るためには、まず熟した南瓜を収穫し、その果肉と種を取り除かねばなりません。空っぽになった南瓜の皮は、乾燥すると硬くなり、やがてアムリタを入れる器となり変わります。

果肉を取り除くことは、物質への執着を取り除くことを象徴します。執着をなくすことは、霊性修行の重要な行いの一つとして古代から捉えられてきました。そして種は、神々の存在を遠ざけ、私たちに大きな苦難を経験させる自我を象徴します。これらを取り除き、内なる世界を浄化することで、自分自身をアムリタで満たすことが可能となります。

満月から新月へと変化する境目であるシヴァラートリーは、自我が小さくなる時といわれ、霊性修行を行う最も吉兆な夜として崇められてきました。シヴァラートリーを通じ破壊神であるシヴァ神と向き合うことで、苦難を生み出す物質への執着や自我が破壊され、永遠の至福に満ちることができるに違いありません。

常にシヴァ神が所持するカマンダルのように、アムリタに満ちた存在であれるよう、シヴァ神を思う心を強く持っていたいと感じています。シヴァ神の大きな祝福がいつの時も皆様のもとにありますよう、心よりお祈りしております。

(文章:ひるま)

パンチャームリタの作り方

シヴァ神がシヴァリンガムとして初めて姿をあらわしたマハーシヴァラートリーにおいては、シヴァリンガムへのアビシェーカ(洗礼供養)が欠かせません。寺院では夜を徹しての儀式が執り行われます。

アビシェーカには以下を用いることが勧められ、それぞれを混ぜたパンチャームリタを作ります。パンチャームリタは「5つの甘露」を意味します。

・ヨーグルト:繁栄のため
・牛乳:純粋さ、信心深さのため
・蜂蜜:美しい言葉のため
・ギー:勝利のため
・砂糖:至福のため
・聖水:浄化のため

〜パンチャームリタの材料〜
・ヨーグルト:半カップ
・牛乳:1カップ
・蜂蜜:大さじ1
・ギー:大さじ1
・砂糖:20グラム

〜パンチャームリタの作り方〜
・ヨーグルトをなめらかになるまでよく混ぜます。
・なめらかになったヨーグルトに、その他の材料を入れ、さらによく混ぜます。

※上記の分量はご参考までにご覧ください。
希薄なもの、濃厚なもの、甘味の多いもの、甘味の少ないもの、お好みでお作りいただけます。
この他にも、トゥラシーの葉、ココナッツやバナナなどが加えられることもあります。

これらを用いたアビシェーカを行うことにより、自身の魂も浄化されると考えられています。

https://en.wikipedia.org/wiki/Panchamrita

至福の踊り

世界を破壊し、新たな創造を生み出すシヴァ神には、舞踏王であるナタラージャとしての姿があります。ナタラージャは、果てしない破壊と創造の躍動的なリズムで、アーナンダ・ターンダヴァム(至福の踊り)を踊ります。生と死の狭間の舞台において、さまざまな出来事に翻弄される私たちとは打って変わって、シヴァ神は喜んでそのリズムに乗り、世界を破壊し、新たな創造を生み出します。

ナタラージャとしてのシヴァ神は、小鬼である悪魔アパスマーラを踏みつぶした姿で描かれます。アパスマーラには「忘却」の意味があり、私たちが意識を失い安定を欠き、不安定な感覚的な快楽を追い求める無知と邪悪の象徴です。そこで経験する苦難は、私たちが神々を忘れた無知から生じます。

ヨーガにおいても、ナタラージャのアーサナが広く実践されます。片足で立ちバランスを取りながら、大きく胸を開き後屈を行うこのアーサナは、体と心の確かな安定と高い柔軟性を要するアーサナです。

確かな安定を得るためには、無知という悪魔を踏みつぶし、真実を理解しなければなりません。そのためには、真実である神々を常に思い、そこに身を委ね生きる術を学ぶ必要があります。そうして無知から解放された体と心には、確かな安定と、物事をあるがままに受け入れることのできる柔軟性が授けられます。

ナタラージャは、アパスマーラを踏みつぶしたままの姿に留まります。ナタラージャとしてのシヴァ神を礼拝することは、自分自身の内の無知を破壊し、その魂を解放することにも他ありません。

不可避である生と死を受け入れ、人生において自らを解放する至福の踊りを舞うためには、常にシヴァ神を思う定まった心が必要です。そうして授けられる確かな安定としなやかな体と心は、私たちを美しい踊子に育ててくれるに違いありません。

シヴァラートリーは、シヴァ神が至福の踊りを舞い、宇宙を創造した日であるといわれます。この神聖な夜、シヴァ神の大きな祝福がありますように、心よりお祈り申し上げます。

(文章:ひるま)

シュリー・ラーマクリシュナ・ジャヤンティ(生誕祭)

ramakrishna

2月18日は、シュリー・ラーマクリシュナ・ジャヤンティ(生誕祭)です。シュリー・ラーマクリシュナは近代の代表的な聖人として世界中で崇められています。

磁石の針はいつも北を指している。
それだから帆船は方向を見失わないのだ。
人の心が神に向けられている限り、世俗の海に迷うことはない。
シュリー・ラーマクリシュナ

The magnetic needle always points to the north, and hence it is that sailing vessel does not lose her direction.
So long as the heart of man is directed towards God, he cannot be lost in the ocean of worldliness.
-Ramakrishna

※シュリー・ラーマクリシュナの生誕日は西暦では1836年2月18日となりますが、インドの暦にあてると、2017年は2月28日となります。

参照:http://www.drikpanchang.com/hindu-saints/ramakrishna/ramakrishna-paramahamsa-jayanti.html?year=2017

スーリヤ・ナマスカーラの効果

ヨーガにおいて実践されるスーリヤ・ナマスカーラは、身体を大きく動かしながら行う太陽神への礼拝であり、私たちの心身に大きな恩恵を与えることが伝えられています。スーリヤ・ナマスカーラの実践により、身体の柔軟性が増し、血流や月経不順が改善し、筋力が鍛えられ、代謝が良くなるといった効果があり、7つのチャクラに深く関わりのある松果体、下垂体、甲状腺、副腎、膵臓、性線といった内分泌腺の働きにも良い影響を与えるといわれます。カロリー消費に役立つスーリヤ・ナマスカーラは、ダイエットにも効果的であり、Sinhaらによる研究【1】では、体重 62 kgの成人がスーリヤ・ナマスカーラを1度行うと、13.91カロリーを消費することがわかっています。

Bhavananiらによる研究【2】では、スーリヤ・ナマスカーラの実践によって、血圧の安定、肺機能や内臓機能の改善、筋力や握力、集中力や積極性の向上が見られることが明らかになりました。また、ゆっくりとしたペースで行う場合と速いペースで行う場合とでは効果が異なり、前者では瞑想的な効果が、後者では有酸素運動的な効果が得られると伝えられています。

スーリヤ・ナマスカーラは大人だけでなく、子どもにも多くの恩恵があります。スーリヤ・ナマスカーラを実践することで、身体の活力や持久力に加え、注意力や記憶力、さらには神経系の機能や代謝機能が向上し、睡眠の質も高まるといわれます。Javadekarらによる研究【3】では、スーリヤ・ナマスカーラを定期的に行う男児たちは、自己肯定感が高まり、何事に対しても積極的に取り組むという、心理面で大きな効果があることがわかりました。子どもたちはヨーガの指導者のもとで、体と心に見合ったスーリヤ・ナマスカーラを実践するといいでしょう。

女性は、重い月経痛や腰痛、貧血がある場合、月経中のスーリヤ・ナマスカーラの実践は控えることが勧められます。妊娠中は医師と相談の上で行う必要がありますが、スーリヤ・ナマスカーラの実践によって安産になると勧められる場合があります。また、子宮退縮不全を改善した例もあり、健康状態によっては出産後にスーリヤ・ナマスカーラを行うことも良いとされています。それだけでなく、若さが保たれ、肌に輝きが増すといった嬉しい恩恵もあります。

スーリヤ・ナマスカーラの実践は、指導者から学び、朝または夜に行うことが勧められます。持病や既往歴がある場合は、事前に医師に相談の上、実践すると良いでしょう。

(SitaRama)

参考文献:
【1】Sinha, B., et al. “Energy cost and cardiorespiratory changes during the practice of Surya Namaskar.” Indian journal of physiology and pharmacology 48.2 (2004): 184-190.
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/15521557

【2】Bhavanani, A. B., Udupa, K., & Ravindra, P. N. “A comparative study of slow and fast suryanamaskar on physiological function.” International journal of yoga 4.2 (2011): 71.
http://www.ijoy.org.in/text.asp?2011/4/2/71/85489

【3】Javadekar, P., & Manjunath, N. K. “Effect of Surya namaskar on sustained attention in school children.” J Yoga Phys Ther, 2, 110.(2012).
https://www.omicsonline.org/effect-of-surya-namaskar-on-sustained-attention-in-school-children-2157-7595.1000110.php?aid=6519

プラフラーダとホーリカー

bright Indian colors , Jaipur, Rajasthan, India

冬が終わり、春の心地よい気候の中で祝福されるホーリー祭。子どもから大人まで、カラフルな色にまみれながら、満面の笑みで喜びを分かち合う歓喜に満ちる瞬間です。大自然とともに生きる人々の喜びは、いつの時も、インドの日々の基本にあるものです。

そんな大きな喜びに溢れるホーリー祭の前夜には、街のあちこちで見上げるほどの大きな焚き火が燃え上がります。このホーリー祭の焚き火にまつわるプラフラーダとホーリカーの神話には、霊的なとても深い意味があります。改めて、その意味を見つめ直したいと思います。

魔王ヒラニヤカシプは、ヴィシュヌ神を熱心に崇める息子のプラフラーダを疎ましく思い殺害を企てると、神から炎に焼かれないという恩恵を得ていた娘ホーリカーの膝の上に座らせ、二人を炎の中に入れます。しかし、プラフラーダはヴィシュヌ神の加護によって炎に焼かれることはありませんでした。

代わりに焼かれてしまったのが、ホーリカーです。ホーリカーはプラフラーダを守るために犠牲となったと神聖視される一方で、自らに与えられた恩恵を利用しプラフラーダを焼き殺そうとしたために、神の怒りに触れ炎に焼かれたといわれます。

私たちの内には、プラフラーダとホーリカーの質があります。純質であるプラフラーダと、それを覆い隠すホーリカーです。ホーリー祭の夜に燃え上がるのは、金を精錬するように、自分自身の内のホーリカーを燃やし、プラフラーダという純質を高める神聖な炎です。プラフラーダの質が高まる時、炎に焼かれるような人生の試練にすら打ち勝つことのできる、強さと喜びが与えられるに違いありません。

この焚き火の準備は、ホーリー祭の40日前にあたるヴァサント・パンチャミー後から始まります。それは、燃やすべく薪などを集めながら、自分自身の内の浄化すべく質と向かい合う大切な期間でもあります。ホーリー祭では、悪を払うためのラークショーグナ・マントラと共に火を焚き、人々はプラフラーダを呼び覚まします。

冬が終わり、新しい季節を迎える時。心と体を清め、純粋な喜びを祝福できるよう、日々を過ごしたいと感じています。

(文章:ひるま)

ヴィシュヌ・サハスラナーマの誕生の日

vishnu_4

2017年2月7日はエーカーダシーの吉日です。月の満ち欠けのそれぞれ11日目に訪れるエーカーダシーは、ヴィシュヌ神に捧げられる日となり、断食や瞑想を行うことが勧められます。

マーガ月(1~2月)の新月から11日目にあたるこのエーカーダシーは、ジャヤ・エーカーダシー、またはビーシュマ・エーカダシーとして知られます。一説には、叙事詩マハーバーラタにおいて、闘いの後、死の床にあるビーシュマが、ヴィシュヌ神の1000の御名(ヴィシュヌ・サハスラナーマム)を伝えたのがこの日であるとされ、ヴィシュヌ・サハスラナーマムの誕生の日であると信じられています。

ヴィシュヌ・サハスラナーマムは、ヴィシュヌの千の御名(みな)という意味です。実際には、1031の御名があり、いくつかの繰り返しも含まれていますが、ヴィシュヌ派には欠かすことのできない非常に重要なサハスラナーマムです。

ヴィシュヌ・サハスラナーマムは、有名な叙事詩マハーバーラタに記述されています。その功徳は、マハーバーラタやその他の経典でも多く述べられ、厄除開運、健康長寿、必勝祈願などで知られています。その他、精神の浄化、心の平安、瞑想に適した内的バランスをもたらすと信じられています。

参照:http://www.mypanchang.com/bhishmaekadashi.php

魂の力を強める太陽神の光輝

ヒンドゥー教における信仰の中心に、太古の昔から現代にも受け継がれる太陽への礼拝があります。太陽は太陽神スーリヤとして崇められ、1日の始まりは、太陽神への礼拝から始まるといっても過言ではありません。太陽神を礼拝することでエネルギーを享受し、健康が促進され、繁栄や成功につながると信じられています。

太陽神の礼拝については、紀元前1,000年頃から紀元前500年頃にかけて編纂されたヴェーダや、プラーナ文献にも記されています。世界に存在する生きとし生けるものは、太陽の光によって育まれていると信じられることから、太陽神は宇宙全体に命を与えるもの、そして、あらゆる活動を見守る者として古代から崇められてきました。週の始まりとなる日曜日は、太陽神の日として崇められ、とりわけ多くの人々によって礼拝が行われます。

そんな太陽神は、7頭の馬に引かれた乗り物に乗って描かれます。1年をかけ12星座の軌道を移動し、各星座にはおよそ30日とどまります。メーシャ(牡羊座)において高揚し、トゥラー(天秤座)において減衰する太陽は、一説に、魚座、獅子座、射手座生まれの人に恩恵があるといわれます。

インド占星術では、ホロスコープで太陽がよい位置にある場合、知性、健康、責任、リーダーシップ、勇気、強さ、主体性、名声、成功、力、エネルギー、忠直さなどがあらわれるといわれます。一方で、太陽がよい位置にない場合、病、虚弱、短気、エネルギーの弱さ、恐れ、依存などがあらわれるといわれます。太陽の影響は、強すぎても、弱すぎても、好ましくない質をもたらします。

エネルギーを象徴する太陽神の礼拝は、さまざまな病を回復させると信じられてきました。問題に向き合うために、障害を払拭するために、困難を乗り越えるために礼拝を行う人々もいます。太陽神の恩恵を授かろうと、日曜日に太陽を拝み、塩を抜いた食事をとる習わしもあります。ナヴァグラハ(9つの惑星の神)の中心である太陽神は、金属ではゴールド、天然石ではルビーに関連するといわれ、それらを身につけることも、太陽神の恩恵を授かるための吉兆な行いであるといわれます。

太陽神は、毎年1月に祝福されるマカラ・サンクラーンティにおいて盛大に崇められます。インドには太陽神を祀った寺院が数多くあり、オリッサ州コナーラクのスーリヤ寺院、ビハール州ブッダガヤのダクシナールカ寺院、タミルナードゥ州のスーリヤナール・コイル寺院、アーンドラ・プラデーシュ州アラサヴィリのスーリヤナーラーヤナ寺院などが有名です。

太陽は、あらゆるエネルギーの源であり、太陽がなければ、生命は生きながらえることができません。そのため、人類は太古から太陽を重要な神であると考え、太陽を礼拝してきました。アーディティヤ・フリダヤム、スーリヤ・ナマスカール、そしてガーヤトリー・マントラなど、太陽神はヒンドゥー教における礼拝の中でも、常に中心に位置しています。

これからの季節、太陽の力はより強まり、生命の躍動が始まります。日々の生活において、太陽神への感謝と祈りを捧げるならば、内なる光明に照らされ、無知という暗闇はもはや存在することができません。太陽は、私たちに物質的な豊かさをもたらすとともに、私たちの知性を照らし、解脱に至る道を示してくれます。

(SitaRama)