2021年マハーシヴァラートリーにおけるニシータ・カーラ・プージャー時間

2021年は3月11日に、シヴァ神を讃える1年でもっとも吉祥なマハーシヴァラートリーを迎えます。

マハーシヴァラートリーは、パールグナ月またはマーガ月(2月〜3月)のチャトゥルダシー(満月から13日夜/14日目)にあたります。この日は、1日を通じて断食を行い、夜通しバジャン(讃歌)を歌ったり、マントラを唱えたり、瞑想やプージャーを行って過ごすことが勧められています。

マハーシヴァラートリーのプージャーは、夜の4プラハラに従って行われます。プラハラは時間の単位で、1日(24時間)を約3時間単位で区切ります。日中に4プラハラ、夜に4プラハラ、1日に合計で8プラハラがあります。

そして、このマハーシヴァラートリーの夜の中でも、もっとも神聖な時間帯は、ニシータ・カーラ(निशीथ काल niśītha kāla)と呼ばれています。ニシータは「真夜中」、カーラは「時間」を意味し、このニシータ・カーラの時に、シヴァ神はシヴァリンガとして地上に顕現すると考えられています。

また、断食を終える時間はパーラナと呼ばれ、夜のプージャーを終え身を清めた後、この時間帯に断食を終えることが勧められています。断食を終える時間帯は、日の出からチャトゥルダシーが終わるまでの間、またはチャトゥルダシーが終わってからという考え方もあります。

場所によって時刻には若干差異が出ますが、2021年のマハーシヴァラートリーについて以下にご紹介します。

【インド(ニューデリー)】

・チャトゥルダシー:2021年3月11日14時39分〜3月12日15時02分
・ニシータ・カーラ:2021年3月11日24時06分(12日午前0時06分)〜24時55分(12日午前0時55分)
・パーラナ:3月12日6時34分〜15時2分

・夜の1番目のプラハラ:18時27分〜21時29分
・夜の2番目のプラハラ:21時29分〜24時31分(12日午前0時31分)
・夜の3番目のプラハラ:24時31分(12日午前0時31分)〜27時32分(12日午前3時32分)
・夜の4番目のプラハラ:27時32分(12日午前3時32分)〜30時34分(12日午前6時34分)

【日本(東京)】
・チャトゥルダシー:2021年3月11日18時09分〜3月12日18時32分
・ニシータ・カーラ:2021年3月11日23時26分〜24時15分(12日午前0時15分)
・パーラナ:3月12日5時57分〜14時48分

・夜の1番目のプラハラ:17時45分〜20時48分
・夜の2番目のプラハラ:20時48分〜23時51分
・夜の3番目のプラハラ:23時51分〜26時54分(12日午前2時54分)
・夜の4番目のプラハラ:26時54分(12日午前2時54分)〜29時57分(12日午前5時57分)

仕事のために、夜通しシヴァ神を讃えることができなくても、ニシータ・カーラの時間帯にシヴァ神に意識を向け、讃えることで、シヴァ神の大きな祝福に恵まれると考えられています。

シヴァ神の祝福に満ちたマハーシヴァラートリーを迎えられますよう、心よりお祈り申し上げます。

参照:2021 Maha Shivaratri for Tokyo

ジャーナキー・ジャヤンティー2021

sitarama6
2021年は3月6日に、インドの一部の慣習においてジャーナキー・ジャヤンティーが祝福されます。

ジャーナキー・ジャヤンティーは、シーター女神の降誕祭として祝福される祝祭です。
パールグナ月(2月〜3月)のクリシュナ・パクシャ(新月から満月へ向かう半月)のアシュタミー(8日目)がその日にあたります。

シーター女神は、ヴィシュヌ神の7番目の化身であるラーマ神の妃であり、ラクシュミー女神の化身とも言われ、高潔さや純真さの象徴として崇められます。
ジャナカ王の娘として生まれたシーター女神は、ジャーナキーという別名があります。
また、大地の女神であるブーミを母に持つシーター女神の名は、「畝(うね)」という意味があり、畑の畝の間から生まれたと信じられています。
土地の肥沃さや農作における豊穣の女神として崇められるも、ラーマ神の妃として生きたシーター女神の生涯は苦難に満ちたものでした。

ラーマ神とシーター女神の歩みが綴られたラーマーヤナは、私たちに霊性を育む多くの教えを示すとともに、さまざまな問いを投げかけます。
その壮大な物語を通じては、日々を幸せに、ダルマの中で生きる術を学ぶことができるでしょう。

※シーター女神の降誕祭は、ヴァイシャーカ月(4月〜5月)のシュクラ・パクシャ(新月から満月へ向かう半月)のナヴァミー(9日目)に祝福される慣習もあります。

参照:2021 Janaki Jayanti

ホーリー・フェスティバル2021

ホーリー・フェスティバルは、豊年祈願を祝う春の祭典で、例年パールグナ月(2〜3月)に行われます。
道行く人々に、色粉を浴びせたり、色水をかけたりして、街中カラフルに染まるお祭りです。

今年2021年は、3月28日と29日に行われます(お祭りの日程や期間は地域によって異なります)。

このお祭りの起源は、さまざまな説がありますが、もっとも有名なのは悪王ヒラニヤカシプに関するものです。

彼は、苦行により、ブラフマー神から誰からも殺されないという特権を獲得しました。その権利を得た彼は、やがておごり高ぶり、人々に神ではなく、自分を崇めるように強要するようになっていきます。
そんな傲慢なヒラニヤカシプの息子であるプラフラーダは、打ってかわって、熱心にヴィシュヌ神を信仰していました。ヒラニヤカシプは、たびたび息子にヴィシュヌを信仰するのをやめ、自分を崇めるように強要しますが、息子は一向に聞き入れようとしません。
やがて彼は、息子に殺意を抱くようになり、さまざまな手段で息子を殺そうと試みます。
ある時は、息子に毒を飲ませましたが、ヴィシュヌ神の恩寵のために、毒は彼の口の中で甘露に変わってしまいました。
ある時は、巨大な象に息子を踏みつけさせましたが、驚くことに無傷のままでした。ある時は、お腹をすかせたコブラといっしょに、牢獄の中に閉じこめましたが、何事も起こりませんでした。

さまざまな手段を試みましたが、ヒラニヤカシプは、息子を殺すことができませんでした。
そんな時、ヒラニヤカシプはプラフラーダに、薪の上に娘のホーリカーといっしょに座るように命じました。まだ小さかったプラフラーダは、ホーリカーの膝の上に座ると、ヒラニヤカシプは、彼らを殺すために薪に火を投じました。ホーリカーは、神の恩寵のため、火から身を守るショールを持っていました。しかし、このショールはひとり分しか身を守ることができません。
熱心にヴィシュヌ神に祈りを捧げていたプラフラーダは、ショールがホーリカーの身から舞い降り、火から守られました。しかし、ホーリカーは、ヒラニヤカシプの犠牲となってしまいました。
一説では、このホーリカーの犠牲を、ホーリー祭として感謝するといわれています。

また他の説では、クリシュナに関するものがあります。
いたずら好きであったクリシュナは、愛するラーダーや他のゴーピーに色粉をつけて遊んでいたといわれます。また色白のラーダーに不満を抱いた色黒のクリシュナは、母に言いつけ、母がラーダーの顔に色粉を塗ったともいわれています。
この風習が広まり、クリシュナの聖地ヴリンダーヴァンやマトゥラーでは、16日間に渡ってホーリーが祝われるようです。

その他の説では、カーマデーヴァやシヴァ、プータナーに関するものもあります。しかし、どの説でも、善が悪に打ち克った勝利を祝うことが、このお祭りの起源になっているようです。

礼節の厳しいインドでは、唯一の無礼講が許されるお祭りとして有名ですが、色粉による健康被害も少なくないようですので、何事もほどほどにした方がよいかもしれませんね。

ラリター・ジャヤンティ2021

インドでは2月27日に、マーガ月(1月〜2月)の満月を迎えます。この満月は、ラリター・ジャヤンティが祝福される時です。

ラリター・ジャヤンティは、ラリター女神の降誕祭として祝福されます。ラリター女神は、ドゥルガー女神の10の化身である女神たち、ダシャ・マハーヴィディヤーの3番目の女神です。ラリター女神は、トリプラ・スンダリー、カーメーシュヴァリー、シュリーヴィディヤー、カーマークシー、ショーダシーなど、数多くの名前で知られています。シャクティ派ではもっとも重要な女神の1柱として崇められ、母なるシャクティを崇める修行者は、トリプラ・スンダリー女神をアーディ・シャクティまたはパラ・ブラフマンとして崇拝しています。

ラリター女神は、トリプラ・スンダリーという名前でとりわけ広く崇められます。トリプラ・スンダリーという名前は、文字通り、三界でもっとも美しい女性を意味します。それは、人が自分自身の中に全宇宙を見る時に生じる、純粋な認識の究極的な美しさを意味します。

このトリプラ・スンダリー女神の降誕には、さまざまに異なる神話が伝わります。その一つは、トリプラ・スンダリー女神は世界を恐怖に陥れたバンダースラを倒すために生まれたと伝えます。

ある時、世界はシヴァ神の子ども以外には倒されないという力を持った凶悪な悪魔との戦いに直面していました。しかし、最初の妻であるサティーを亡くし深く長い瞑想を続けていたシヴァ神は、サティーがパールヴァティーとして姿を現し再び結ばれる時を迎えるも、目を閉じ瞑想に耽ったままでした。そんなシヴァ神を目覚めさせようと、愛の神であるカーマデーヴァが愛の矢を放ちます。すると、怒ったシヴァ神の第三の目が開き、そこから出た閃光によってカーマデーヴァは焼き尽くされ、灰となりました。

カーマデーヴァの妻であるラティは、カーマデーヴァを蘇らせるよう懇願すると、シヴァ神はその灰に恩寵を与えます。すると、灰からバンダースラという悪魔が生まれてしまいます。そして、バンダースラは世界を支配し始めてしまいました。世界を救うため、神々が祈りを捧げると、シャクティがトリプラ・スンダリー女神となってあらわれ、バンダースラを倒したと伝えられます。

ラリター・サハスラナーマム、トリプラ・ウパニシャッド、ブラフマンダ・プラーナなどの経典では、トリプラ・スンダリー女神は創造、維持、破壊を司どる最高意識として讃えられます。ここでトリプラ・スンダリー女神は、ジャーグリタ(目覚めている状態)、スヴァプナ(夢見の状態)、スシュプティ(夢を見ない睡眠状態)の3つの意識状態の女神と見なされています。

トリプラ・スンダリー女神は、知識、幸福、平和、繁栄、そして最終的には解放をもって帰依者を祝福すると信じられます。

参照:2021 Dasha Mahavidya Jayanti

ビーシュマ・アシュタミー2021

2021年2月20日はビーシュマ・アシュタミーです(一部地域では19日)。

ビーシュマ・アシュタミーは、沈黙の新月(マウニー・アマーヴァシャー)として知られるマーガ月(1~2月)の新月から8日目(アシュタミー)にあたり、ビーシュマを讃える吉日です。

ビーシュマは古代インドの叙事詩マハーバーラタにおける英雄として知られ、この日、ビーシュマが死を迎えたと伝えられます。

戦いで傷を負ったビーシュマは、ウッタラーヤナに肉体を去ることを望み、ウッタラーヤナが訪れるまで、矢でできた臥床で死を待ったといわれます。生涯を通じ禁欲を忠誠したビーシュマは、父より、自身の死す時を選ぶことができる恩恵を与えられていました。

ウッタラーヤナはマカラ・サンクラーンティ以降の太陽が北方への回帰を始める時にあたります。インドでは太古より、ウッタラーヤナの期間中に肉体を去ることは、成就に至るために重要であると考えられ、バガヴァッド・ギーターでは、以下のように説かれています(バガヴァッド・ギーター第8章第24節)。


अग्निर्ज्योतिरहः शुक्लः षण्मासा उत्तरायणम् ।
तत्र प्रयाता गच्छन्ति ब्रह्म ब्रह्मविदो जनाः ॥२४॥

agnirjyotirahaḥ śuklaḥ ṣaṇmāsā uttarāyaṇam |
tatra prayātā gacchanti brahma brahmavido janāḥ ||24||
祭火燃え、光明あり、昼、白月、太陽が北進する6ヶ月の間、
その時に逝去するブラフマンを知る人々は、ブラフマンに赴く。

参照:2021 Bhishma Ashtami

ナルマダー・ジャヤンティ2021

マーガ月(1~2月)の新月から7日目にあたる2月19日は、スーリヤ神(太陽神)を讃えるラタ・サプタミーが祝福される一方で、ナルマダー・ジャヤンティが祝福される慣習があります。

ナルマダー・ジャヤンティは、聖河ナルマダー川の誕生した日として崇められます。ナルマダー川は、悪神たちを倒す際に生じた神々の罪を清めるために、シヴァ神の力によって生み出されたと伝えられます。インドの七大聖地のひとつとして、多くの巡礼者が訪れる場所でもあります。

ナルマダー川は、とても神聖な川として崇められ、平安と喜びを授ける母なる川といわれます。魂の浄化のために、ガンジス河で沐浴を行うのに対して、ナルマダー川はひと目見るだけで浄化されるという言い伝えもあります。特に、このナルマダー川で採集されたリンガムは、子孫へと代々受け継がれていく貴重なものとされています。

ナルマダー・シヴァリンガムは、隠微晶質石英からできていますが、数万年前に地球に落ちた隕石からつくられたという説もあります。そして、地上に存在する鉱石の中で、もっとも高尚な波動をもつといわれています。シヴァとその妃シャクティーは、それぞれ男性性と女性性のエネルギーをあらわし、人類の発展に欠かすことのできない神々です。そして、ナルマダー・シヴァリンガムは、そのエネルギーの融合を象徴し、基質は男性(知識)をあらわし、模様は女性(英知)をあらわすといわれます。ナルマダー・シヴァリンガムは、呼吸と身体の気の流れに連動して働き、心身の気流に調和をもたらすといわれます。

ヴェーダ文献によると、ナルマダー・シヴァリンガムは双対性における調和を描いているといわれます。このシヴァリンガムは、ものごとをあるがままに受け入れる神のように広大な容認性のエネルギーをあらわすとされます。そして、この神聖な石をつねに信仰する人々には、吉兆の象徴であるシヴァ神の恩寵が与えられると信じられています。

参照:2021 Narmada Jayanti

マハー・シヴァラートリー2021

2021年3月11日は、マハー・シヴァラートリーの祭日です。

シヴァラートリーとは「シヴァの夜(ラートリー)または吉兆の夜」という意味です。シヴァラートリーは、毎月、満月から13日夜/14日目にあたります。しかし、特にパールグナ月(マーガ月となる地域もあります。2月〜3月)のシヴァラートリーは、マハー・シヴァラートリーと呼ばれ、一年の内でもっとも神聖な夜として知られています。

この夜、シヴァ神の信者たちは、断食をし、睡眠を絶ち霊性修行に励みます。シヴァラートリーは、月が満月から新月へと変化する境目です。充ち満ちた欲望(月)がやがて消滅していくように、満月から新月へと変化するシヴァラートリーの日に霊性修行に励むことで、欲望を滅し、解脱へと至る精神力が獲得できると信じられてきました。

シヴァラートリーの日は、シヴァ神を崇めるもっとも神聖な日です。この日には、シヴァリンガムを崇めたり、あるいは、シヴァ神の御名やルドラムを唱えたり、バジャンを歌ったり、瞑想を行うことがすすめられています。またルドラークシャを身に着けるのにもっとも適した日であるとも言われています。シヴァ・パンチャクシャラ・マントラ(オーム・ナマ・シヴァーヤ)も、この日に唱えることで、大きな功徳をもたらすといわれます。

シヴァラートリーの日には、さまざまな言い伝えが残されています。

この日、シヴァ神はパールヴァティー女神と結婚をしたと言われています。シヴァとシャクティとの永遠の合一である非常に吉兆な日です。シヴァ神はエネルギーの原始であり、シャクティと共に創造者として、そしてマハーカーラとしては破壊者でもあります。

またシヴァ神が保護と維持、そして破壊のダンス「タンダヴァの踊り」を舞い、宇宙を創造したのも、この日であると言われています。

猛毒ハーラーハラが世界を焼き尽くそうとしたとき、神々の願いに応え、シヴァ神はハーラーハラの猛毒を飲みほし、世界を救いました。ハーラーハラは、シヴァ神にとっても強大な猛毒であったため、シヴァ神の首が猛毒で青くなり、このためにシヴァ神は、ニーラカンタ(ニーラ[青]カンタ[首])と呼ばれるようになった話は有名です。

シヴァ神にはさまざまな特性があり、マハーヨーギーとして、チャンドラシェーカラとして、ガンジス河の始まりとして、そして彼こそがこの宇宙のタントラ(テクニック)を理解する唯一のアゴーラ(シヴァの別名)でもあるとして知られています。彼は、マハーデーヴァなのです。

深い献身と共に、このマハー・シヴァラートリーの夜にマハーデーヴァを崇拝する信者たちに、シヴァ神はその至福から信者たちが望む結果を与えます。従って、あらゆる面での障害や苦難を取り除くため、この吉兆な夜に、人々は信心深くシヴァ神を崇拝するべきだと言われています。

多くの人々はこの日、早朝に体を清め、シヴァ神に心を定め一日を過ごします。断食を行う人々も少なくありません。未婚の女性たちはシヴァ神のような夫を授けられるよう、また既婚の女性たちは夫の健康と至福を願い、断食を行います。人々は夜にはシヴァ神を祀る寺院を訪れ、夜通しで賛歌を捧げ、祈り、シヴァ神を讃え瞑想します。家庭においても、夜には家族が集まりシヴァ神を讃えるプージャーが執り行われます。

この最も吉兆な夜が、皆さまにとっても祝福に満ちたものとなりますようお祈りしております。

ラタ・サプタミー2021

2021年は2月19日に、インドではラタ・サプタミーの祝日を迎えます。

ラタ・サプタミーは、マーガ月(1~2月)の新月から7日目(サプタミー)にあたり、スーリヤ神(太陽神)を讃える吉日として祝福されます。
スーリヤ神はこの日、7頭の馬に引かれた自身の乗り物(ラタ)の向きを北方へ変えると信じられています。

スーリヤ神が乗る乗り物の御者は、アルナと呼ばれる暁の神です。
アルナとは「赤い」を意味し、暗闇を切り開く太陽が空を赤く染める輝きの神格として崇められます。
このアルナ神の誕生には、興味深い神話が伝わります。

アルナ神は、有名な聖仙の1人であるダクシャの娘、ヴィナターの卵から生まれました。
しかし、ヴィナターは偉大な息子の誕生を待ちきれず、その卵を自ら割ってしまいます。
割れた卵からは閃光としてアルナ神が飛び出すも、時期が早すぎたために、その光は太陽のように明るくなることはなかったといわれます。

そんなアルナ神は、後にスーリヤ神の乗り物の御者となり、7頭の馬を操りながら、その乗り物を導きます。
この7頭の馬は、太陽の光から生まれる7つの色を意味しているといわれます。
それは、7色とされる虹の色であり、私たちの身体に点在する7つのチャクラの色でもあります。
この7色の光を象徴する7頭の馬は、アルナ神の手綱にしっかりと収まりまっすぐ走り続け、毎朝、私たちに光をもたらします。

ラタ・サプタミーは、太陽からの光とその恵みを授かる吉祥な時です。
巡る季節の中で、この偉大な存在を中心に動いているということを認識する時、私たちの歩みは常に光のある方へ正しく導かれるでしょう。

参照:2021 Ratha Saptami

シュリー・ラーマクリシュナ・ジャヤンティ2021

2月18日(3月15日)は、シュリー・ラーマクリシュナ・ジャヤンティ(生誕祭)です。シュリー・ラーマクリシュナは、近代の代表的な聖人として世界中で崇められ、生誕祭においては盛大な祝福が行われます。

シュリー・ラーマクリシュナの生誕日は西暦では1836年2月18日となりますが、インドの暦では、パールグナ月(2月〜3月)のシュクラ・パクシャ(新月から満月へ向かう半月)のドヴィティーヤー(2日目)となり、2021年は3月15日となります。

夜空には、たくさん星が見えるが、太陽が昇ると見えない。
あなたは、日中の空には星はない、と言うことができるか。
だから、無知である日々の中に、神を見ないからと言って、
あなたは、そこには神はいない、などと言ってはいけない。
―シュリー・ラーマクリシュナ

Thou seest many stars at night in the sky, but findest them not when the sun rises.
Canst thou say that there are no stars, then, in the heaven of day?
So, O man, because thou beholdest not the Almighty in the days of thy ignorance, say not that there is no God.
-Sri Ramakrishna Paramahamsa(http://www.sacred-texts.com/hin/rls/rls25.htm)

参照:2021 Shri Ramakrishna Jayanti

マーガ・グプタ・ナヴァラートリー2021

navratri_durga_mata

インドの盛大な祝祭の一つに、女神を讃える9日間の夜「ナヴァラートリー」があります。この祝祭は春と秋の2回行われることで有名であり、春はラーマ・ナヴァミー、また秋はダシャラーと共に、盛大な祝福が行われます。

このナヴァラートリーは春と秋の2回が有名ですが、もう2回、年に計4回祝福が行われます。その一つが、2月12日より始まるマーガ・グプタ・ナヴァラートリーです。

このナヴァラートリーは、マーガ月(1月〜2月)の新月の次の日より9日間に渡り、主にシャクティ派の人々によって祝福されます。2021年は、2月12日から月21日まで行われます。

ナヴァラートリーは、ドゥルガー、ラクシュミー、サラスワティー女神を9日間に渡りお奉りする祝祭です。はじめの3日間は心の中に潜む不純物や悪徳、欠点を破壊するため、強力な戦士でもあるドゥルガー女神を礼拝します。次の3日間は、すべての帰依者に尽きることのない富と幸福を授けるといわれるラクシュミー女神を礼拝し、最後の3日間は、創造主ブラフマーの妻であり、学問と芸術、そして叡智を授ける女神であるサラスワティー女神を礼拝します。女神の9つの姿もまた、この時に讃えられます。

ナヴァラートリーの期間中、真摯な帰依者の中には、断食をしながら、健康や繁栄を願って祈りを捧げる人々もいます。季節の移り変わりに訪れるこのナヴァラートリーは、自身の日々の生活を見つめ直して、人生の向上につながる新しい習慣をはじめるこの上ない吉祥の日であるといわれています。

日本では寒さの厳しい時が続きます。皆さまもどうぞお体をご自愛の上、吉兆な時をお過ごしください。

参照:2021 Magha Gupta Navratri