格闘家と火星

7月末をピークにずっと火星が地球の近くに居ます。8月末くらいまでは大きく見えるみたいですね。
そんなこともあり、今回は火星に関する話題をお話させていただきます。

個人的に格闘技が好きでよく観戦します。
また、かつてヨーガの師の元で学んでいたときに、格闘家も集っていたことから、何人かの有名なプロ格闘家の方々にも面識があります。彼らのホロスコープにはとても興味をもっております。
チャンピオンになるような強い格闘家の方の場合、やはり火星が強く、力を持つ火星がよい配置にあったり、闘争における圧倒的な強さを表すルチャカヨーガと言うコンビネーションがあったりすることが多いように感じます。
そしてそのような方が活躍する時期は、やはり火星のダシャー(影響期)のことも多いようにも感じます。
大きな火星のダシャーは7年ほどですので、カリスマ的な格闘家の場合、その期間に大活躍して、最後に火星の時期の終わりころに試合で負けて、引退などをするケースがわりとあるように思いますし、これは肉体的なピークともうまく関連することも多いです。
運命というのは本当にうまくできているのだなぁ、と驚かされることもあります。

ところで、意外なのですが、プロの格闘家の方の中には、火星が力を失った配置の方も意外に多いのです。
あくまで今まで観た方に限った話ですが、そういう印象を持ちます。
これは弱いからこそ強くなろうとする無意識の行為で、格闘技を通じて火星の力を強化しようとしているのかもしれません。

実は、火星は強すぎても弱すぎても問題を生じることがあり、なかなか興味深い星だと感じております。
その辺はまた機会をみて掘り下げてみたいと思います。

(文章:ガネーシャ・ギリ)

‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥
ガネーシャ・ギリ氏共著 『インド占星術と運命改善法』

ガネーシャ・ギリによるインド占星術鑑定

ガネーシャ・ギリによるヨーガクラス
‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥

インド縦断ツアー 番外編

今回のインドツアーでは、バラジの寺院も参拝しました。

有名なティルパティのバラジではなく、アッサム州のバラジです。
建立が比較的新しいと思われるこの寺院は、手入れが行き届き、美しい南インド様式の寺院の建物と美しい庭がひろがる美しいところでした。
金運の神、宝くじを当てる神としても知られるバラジでしたので、私は日本から宝くじを40枚購入していきました。
日本人の方がティルパティのバラジを参拝後に高額当選したという噂(本当かどうかは存じ上げません)も耳にしたことがあったのですが、当選を熱望する、というよりは、効果があるのか試してみたい気持ちで足を運びました。
寺院では宝くじを翳し、祈りを捧げ、ツアー参加者には「高額当選したら、占星術鑑定代を無料します。」と軽口をたたきながらの参拝でしたので、真剣には祈ったものの今考えればバラジ神に失礼があったかもしれません。

ちなみに、結果は2等から2番違いでした。当選はしなかったものの、かなりいい線に行っていると感じました。
当選番号のHPと実際の宝くじの写真を並べて載せたその時の私のブログは、結構反響があったように思います。

当選はしなかったものの、失礼ともいえる参拝をしてしまった私にバラジ神は、ほんの少しだけダルシャン(一瞥)をしてくださったように思います。
今までバラジの礼拝をしたことがなかった私ですが、金運や宝くじの神様としてではなく、ヴィシュヌの最高の化身として
この神を信奉しなければならないかもしれないと感じています。そして何年か信奉したのちに(カルマの解消のため)もっと真摯な気持ちで本拠地であるティルパティのバラジを参拝しなければとも思っております。

(文章:ガネーシャ・ギリ)

‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥
ガネーシャ・ギリ氏共著 『インド占星術と運命改善法』

ガネーシャ・ギリによるインド占星術鑑定

ガネーシャ・ギリによるヨーガクラス
‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥

インド縦断ツアー7

クンダリニーの事故的覚醒のためふらふらした状態で、しかも大部分のエネルギーが頭部にとどまった危険な状態のまま、次の寺院に行きました。
どうすることもできなかったのです。
次の寺院はブラフマプトラ川の島にあるユマーナンダ寺院です。ユマーはウマーですからシヴァ(と妃)の寺院です。
美しい寺院の中から地下に降りてゆくと、数千年間祀られているご神体の古いシヴァリンガムがありました。
リンガムの横の壁には穴が開いており、ブラフマプトラ川の水位が上がると水が入ってきて、自動的にアビシェーカされるような仕組みになっています。
古い歴史を持つリンガムは、大きくぼこぼこに変形しており、まるで芸術作品のようでした。
僧侶から、リンガムに触れていい許可をいただいたので、両手で触れました。
その瞬間、突然頭部に残ったクンダリニーエネルギーが頭頂から抜けました。
突然意識のピントが合い、びっくりしました。

礼拝を終え、すっきりした心身で階段を上がり、寺院の外に出ると、「一日中降り続く」と言われていた雨はほぼ上がり雲の隙間から太陽が顔をのぞかせていました。

私は今回のクンダリニーの覚醒が偶然の事故によるものではなく、神の配剤で、この後参拝するカーマキャー女神寺院に入るためのある種の通過儀礼だったのでは、と強く確信しました。

その後のカーマキャー女神寺院での出来事は、今まで投稿させていただいた通りです。
この寺院群のツアーを思いついたのは、数年前でしたが、今回の体験が私ガネーシャギリの人生の霊的体験のクライマックスのひとつであったのは間違いないと感じております。

(文章:ガネーシャ・ギリ)

‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥
ガネーシャ・ギリ氏共著 『インド占星術と運命改善法』

ガネーシャ・ギリによるインド占星術鑑定

ガネーシャ・ギリによるヨーガクラス
‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥

インド縦断ツアー6

州都グワハティので雷雨

そもそも今回のカーマキャー女神への巡礼は、最初から普通ではありませんでした。
参拝の日は朝から土砂降りでした。あちこちで落雷も起こっているようです。雨が多いアッサム州とは言え、乾季です。車の運転手は、「夜まで止みそうにないなぁ。」 と言いながら車を出しました。カーマキャー女神の夫シヴァは暴風神ですから大雨は祝福なのでしょう。

最初はナヴァグラハ寺院の参拝でした。ナヴァグラハ(9惑星)とは言いますが、実際は9色のシヴァリンガムが惑星に見立てて祀られています。
訪れたタイミングはちょうどホーマの終わったところで、暗闇に揺れる9つの炎が幻想的でした。
実は私はこの寺院の入り口付近で、激しく尻餅をついてしまったのです。雨で濡れた寺院の床はつるつるでした。
尻餅とは言え、歯のかみ合わせが一瞬にしてずれ、あれから3か月経つ現在でも左側の歯で固いものが噛めないのですから、かなり衝撃は大きかったと思います。
皆さんが助け起こしてくれようとしていたのですが、私はその時尾てい骨を強打し、クンダリニーが覚醒してしまったのに気づいていました。

クンダリニー覚醒技法は25年ほど修行しておりますし、過去にも2度大きな覚醒を体験しているので、大丈夫と思ったのですが、まずいことに大部分のエネルギーが顎のあたりで止まってしまったのです。
古来よりヨーガ行者が修行の途中で精神に異常をきたしてしまうケースがあるのですが、そのうちの何割かはクンダリニーが頭頂から抜け切れず体内に留まってしまうことが原因と思われます。
人間の身体がスクーターだとすると完全に動き出したクンダリニーのエネルギーはロケットエンジンくらいの威力があるとも考えられます。
シヴァとその妻たちの手荒い祝福なのかもしれませんが、非常に危険な状態であるのは明らかでした。

以前クンダリニーが意図せず覚醒してしまったときに、たまたま近くにいてすぐ気づいてくださった、ヨーガ教師のMさんが今回も気づいたようで、他の方々が過干渉しないように、さりげなくサポートしてくださいました。

また、私のツアー常連参加者の医師S氏が状態をみてくださり「医学的には脳震盪です。頭は打っていないので医学的には危険はないと思います。霊的にはわかりませんが・・・」とおっしゃってくださったのですが、わざわざ「医学的には」とつけたところに、今の状態が尋常ではないことを感じざるを得ませんでした。
このクンダリニーの事故的覚醒に関しては、次回に続きます。

(文章:ガネーシャ・ギリ)

‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥
ガネーシャ・ギリ氏共著 『インド占星術と運命改善法』

ガネーシャ・ギリによるインド占星術鑑定

ガネーシャ・ギリによるヨーガクラス
‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥

インド縦断ツアー5

カーマキャー寺院

タントラの中心地であるカーマキャー寺院は、たくさんの参拝客でごった返していました。
参拝のため並んでいる人たちを見ると、女神にまみえるまでには4~5時間くらいはかかりそうです。
1日で10の女神全部を参拝するためには、カーマキャー寺院は短時間で参拝しなければなりません。

通常、こうした場合「VIPルート」が用意されていて、高額なお布施を支払えば横から入れてくれるのですがカーマキャー寺院の場合は、もうその日のVIPチケットは売り切れていました。
寺院のトップに直談判するしかない、とのことでオフィスに向かいました。
驚いたことにカーマキャー寺院の現場のトップは、サリーが似合う大変美しい清楚な女性でした。
大きな椅子にちょこんと座るその姿は、インド映画のワンシーンのようにすら見えました。
遠い異国から来た私たちの話に熱心人耳を傾けてくれた女性は、経営のトップの許可を得るためにオフィスから出て行きました。
やがて大柄な僧侶2人を従えて戻ってくると、「いいでしょう。横から入ることを許可します。」そう言ってくれました。
微笑むその姿は本当に美しくカーマキャー女神ように見えました。ツアー参加者のある女性も「美しい人ね。」とため息をついていたのが印象的でした。

この寺院群を目的を持って参拝した日本人のツアーは、私たちが初めてだったのかもしれません。
ですのでどうしても、すべてを参拝したい気持ちでいっぱいでした。
その気持ちに応えてくださったのだと思います。

10の寺院すべてを巡り終えて、寺院の池の近くで一息ついていると、池に棲む伝説の200歳のスッポンが偶然水面から顔を出しました。
スーツケースほどある甲羅は迫力と威厳に満ちていましたが、老賢者のようにも見え、まるで私たちを祝福してくれているようでした。
度重なる幸運に女神の恩寵を感じました。

(文章:ガネーシャ・ギリ)

‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥
ガネーシャ・ギリ氏共著 『インド占星術と運命改善法』

ガネーシャ・ギリによるインド占星術鑑定

ガネーシャ・ギリによるヨーガクラス
‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥

インド縦断ツアー4

カーマキャー寺院には、カーマキャ女神とそれを取り囲むように10の女神(ダシャ・マハーヴィディヤー)が祀られています。
遠い距離のもので2~3キロ、近いものでは、100mくらいの距離のところにダシャ・マハーヴィディヤーに属する女神の寺院がありますし、カーマキャー女神と数十センチ離れた位置に祀られているご神体もあります。
ところが全体の寺院を巡った後気付いたのですが、女神が1柱足りないのです。
トリプラ・スンダリー女神の寺院が見当たりません。
取りこぼすわけにはいかないので、アッサム州のガイドに尋ねると、彼のグルに電話をしてくれ、カーマキャー女神とマータンギー女神、カマラ女神を併せてトリプラ・スンダリー女神という。」という回答がありました。
その話はかなり疑問に思ったのですが、あとで思い出すと確かにカーマキャー女神のご神体に参拝した時にそのご神体のすぐ近くに隣がマータンギー女神とカマラ女神が合体したご神体がありました。
しかし、三女神を併せてトリプラ・スンダリー女神と呼ぶ、という話は初耳で相当驚かされました。
もちろんダシャ・マハーヴィディヤーが祀られているのは、インドの他の地域にもあるでしょうし、他の地域はどうであるかはわかりませんが、ここグワハティではそうなのだと解釈しました。
10の女神の巡礼は、最後は独身者のみでドゥマーヴァティー寺院を訪れましたが、参拝者はほとんどおらず、入口にアゴーリー行者(ある宗派のタントラ行者)が座ってジャパをしていたのが印象的でした。
インドの土着の神々は、本当に多種多様でその解釈も多岐にわたります。
今後もう少し調査が必要かもしれませんが、今回のツアーで新たに得た暫定情報としてご報告させていただきます。

(文章:ガネーシャ・ギリ)

‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥
ガネーシャ・ギリ氏共著 『インド占星術と運命改善法』

ガネーシャ・ギリによるインド占星術鑑定

ガネーシャ・ギリによるヨーガクラス
‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥

インド縦断ツアー3

このツアーのメインはカーマキャ寺院でした。
アッサム州に存在するこの寺院は、インドにおけるタントラの中心地として知られ、最も重要なシャクティ・ピータの1つです。
古来から、存在すると言われるこの聖地には、(他の女神の寺院でもよく見られる)動物供犠の習慣が色濃く残っています。
実際、訪れた10の寺院の一つでは、動物供犠が終わったばかりらしい雰囲気が残っていたりしました。
さらには、カーマキャ寺院の本院でも、間近で屠られたヤギをみて大いに衝撃も受けました。
動物供犠に関しては残酷なため、止めるべきだという世界的流れがあるのは知っています。
この寺院のこうした習慣も、将来は無くなっていくのかもしれません。
しかしながら、祈られてなるべく苦しまず殺されるヤギと、ベルトコンベヤーに乗せられ人目に触れることなく工場内でいつの間にか食肉にされてしまう、日本や欧米の牛や豚たちはどちらが残酷かと言えば、判断は難しいものがあると思います。
また、インドの動物供犠よりも日本の活造りの方が全然残酷ではないですよ、とも言いきれないかもしれません。
現在、一人の女性が、私たちのツアーの話を聞きインドを訪れていますが、カーマキャ寺院で知り合った僧侶一家の食事に招かれ、ヤギのカレーをご馳走になったと報告してきました。供犠されたヤギは人々の食用になるのです。
動物供犠に関しては様々な意見がありますが、ヴェジタリアン歴が26年になる私ガネーシャギリであっても、その前の過去25年間喜々として肉を食べてきたわけですから、一概に「あなたたちは残酷だ。」と言い放てないものがあるのを感じております。
この寺院を訪問して感じたことの一つが、殺生、非殺生に関する深い問題であり、それは今後の霊的修練を積んでいく上での、大きな収穫になったと感じています。

写真:犠牲になるのを免れたと思われる寺院周辺の野良ヤギ

(文章:ガネーシャ・ギリ)

‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥
ガネーシャ・ギリ氏共著 『インド占星術と運命改善法』

ガネーシャ・ギリによるインド占星術鑑定

ガネーシャ・ギリによるヨーガクラス
‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥

インド縦断ツアー2

ヒンドゥー教徒しか入れない、と言われていたプラティヤンギラー女神の寺院ですが、何も問題なく入れていただけました。寺院の門をくぐると全く気が変わります。
しかも、そのエネルギーは、今まで体験したどの神格とも違う、聖なる南の島の楽園のような感じを受けました。
寺院の入り口には、ヴァーラーヒー・デーヴィーという猪の顔をした女神が祀られていて、必ずこの女神を礼拝しなければならないようでした。しかし、僧侶がマントラを唱えだすと突然黒い犬が現れ、まるでヒンドゥー教徒のように時計回りに3度回り、私の足元に伏す、という奇跡的なことが起こり、この寺院が特別な波動に包まれていることを感じました。
寺院内には、ご本尊のプラティヤンギラー女神より遥かに大きく3階建ての建物ほどあるカーリー女神像や小ぶりなガーヤトリー女神像など、たくさんの種類のメジャーな神々が祀られていました。
中でもカール・サルプ・ドーシャに関する惑星や蛇の神々が目立ち、この女神が特にそういった方面の御利益に卓効のある神様だということを感じさせられました。
ここはプラティヤンギラー女神を中心に据えた神々の総合寺院なのでしょう。
寺院内のショップで聖なるアイテムを購入すると、ヴァーラーヒー・デーヴィーに関するものは店員が僧侶に頼み、その場で女神像に持たせるなどして入魂してくれますが、プラティヤンギラー女神に関するものは入魂などはしてくれませんでした。
ヤントラ類は、あらかじめ祈られたものだとは思いますが、現地ガイドがあらかじめ言っていたようにもしかしたらこの女神への敷居はかなり高く、本来はご縁を結ぶのは簡単ではない神様なのかもしれません。

写真:寺院内で売られていたラミネート加工された素朴なヤントラと、僧侶が入魂してくれた素朴なペンダント。

(文章:ガネーシャ・ギリ)

‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥
ガネーシャ・ギリ氏共著 『インド占星術と運命改善法』

ガネーシャ・ギリによるインド占星術鑑定

ガネーシャ・ギリによるヨーガクラス
‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥

インド縦断ツアー1

3月に、インドを縦断する(主に女神の寺院)巡礼のツアーを行ってきました。
私の主催するツアーは、日本人といいますか外国人がほとんど行かない地域を巡ることが多いため、旅のご報告を兼ねご紹介させていただきます。なお、私の個人ブログとは違った切り口で書かせていただき、ご紹介するする地域も巡礼順ではなく、興味深いものからご紹介させていただきたいと思います。何卒宜しくお願い致します。

初回と2回目ははプラティヤンギラー女神の寺院です。
マイナーな神様ながら、こちらシーターラーマでも、ヤントラや大きな神像の取り扱いがあり、マニアの方には人気なのではないでしょうか?
この寺院の門前まで訪れまず驚かされたのは、門前の店に商品としてプラティヤンギラー女神の神像をおいていないこと。
写真はおいてあるのですが、神像はないのです。
後で、宿泊していたホテルの周辺の売店などでも探しましたが、ありませんでしたし、外国人観光客の多いアルナーチャラの麓の街でも探しましたがありませんでした。(ヤントラは、質素なものが寺院内で販売されていました。)

有名な神様であれば、普通門前の店などに商品として小さなものから大きなものまで神像を置いているのはごく当たり前です。

これは、この女神がインドにおいてもマイナーであることと、ごく普通の地元の庶民たちの信仰によって支えられているからだろう、と感じました。
神像は写真に比べて一般的に高額であるため、地元の貧しい人たちには購入できないことが多く、そのためつくられないのかもしれません。

アタルヴァ・ヴェーダの中心となる神、という話も小耳にはさんだことがありますが、この庶民感には個人的に好感が持てました。

また、写真はヴァーラーヒー・デーヴィーという女神と、サラスヴァティ女神と一緒に写っている物が多くこれに関しても、日本ではあまり知られていない情報だと感じました。

さて、いよいよ寺院内に入ります。
事前情報ではヒンドゥー教徒しか入れない、と聞いていましたが、快く入れていただきました。
さらに、満月の前日だったため参拝客も少なく、ゆっくり回れました。

次回に続きます。

(文章:ガネーシャ・ギリ)

‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥
ガネーシャ・ギリ氏共著 『インド占星術と運命改善法』

ガネーシャ・ギリによるインド占星術鑑定

ガネーシャ・ギリによるヨーガクラス
‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥

寿命を知った方がいい?

インド占星術の技法を用いれば、人間のおおよその死期を知ることができます。
しかし、まともな占星術家であれば、鑑定の時尋ねられても死期を告げることは稀でしょう。
人間の運命は、おおよそ決まっていますが、多少自由意志が働く部分もあります。
ですから生き方次第で、人生の最後をいつ、どう迎えられるかには幅が出てきます。
そのため占星術師は死期を教えないのでしょう。

実は私自身は、15年ほど前にインドの凄腕占星術師に自分の死期を尋ねたことがあります。
珍しくその占星術師は死期を教えてくれたのですが、それを聞いた途端、心の中でカウントダウンが始まってしまいました。
サーダナ(霊的修練)を積んで、どうやら定まった死期を乗り越えられそうだ、と思えるようになったのはそれから10年も経った後でした。

サーダナを積めば死期を延ばせるのは本当で、かつて拝見したホロスコープの方は仏道修行に励み、死期を30年以上延ばしたと思われる方でした(その後90代で大往生されました)。

占星術でご自分の運命を知り、改善をしようとするのはいいことです。
でもご自分の死期を知ろうとまでは思わないで、運気の流れを知り、幸福を増大し、惨禍を事前に避け、幸せな生活と、安定したサーダナの環境のための指標にするのはいかがでしょうか?

(文章:ガネーシャ・ギリ)

‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥
ガネーシャ・ギリ氏共著 『インド占星術と運命改善法』

ガネーシャ・ギリによるインド占星術鑑定

ガネーシャ・ギリによるヨーガクラス
‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥