獣の愛

前々回、猪の女神ヴァーラーヒーのお話を書かせていただきましたが、獣の姿をとる神は意外に多いものです。
またシヴァも「獣の長」ですし、眷属として獣を従える神も多いです。
さらには、実際に土着神お寺などに参拝すると、人間の姿をとったご本尊であるにも関わらず、獣のような雰囲気を感じることがあったりもします。
以前、チンナマスター女神の寺院に参拝した時に、とても獣の雰囲気を感じました。
気のせいかと思いましたが、後に知り合いになった方がチンナマスターの礼拝をした時に獣の雰囲気を感じたとおっしゃっていて、同じことを感じられたのだなと、確信しました。

インドは日本に比べ野生動物が圧倒的に多いのですが、古代インドは、現在よりさらに自然が深く、ジャングルも大きかったに違いありません。
生活をしていく中で、動物に出会うことも多く、種類も多かったでしょう。
話が飛びますが、サンスクリット語の「ムリガ」は日本で「鹿」と訳されることが多いですが実は鹿だけではなく、もっと広い範疇の動物を網羅している、とサンスクリット語の先生におうかがいしたこともあります。
そのような多種多様な動物と触れ合う中で、特殊な力を持つ獣たちを神の姿に投影していったのは想像に難くないと感じます。

特に女神においては、その獣の母性が取り入れる際の重要な要素のひとつになったのだろうと感じます。
動物の子供を育てる際の母性は、非常に強いもので、自分の命に代えても子供たちを守ろうとします。
そのような強い母性で守ってくださるよう、女神からの保護を祈願したに違いありません。
その意味で獣の姿の女神は、より母性の強い女神と言えるのかもしれません。

(文章:ガネーシャ・ギリ)

‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥
ガネーシャ・ギリ氏共著 『インド占星術と運命改善法』

ガネーシャ・ギリによるインド占星術鑑定

ガネーシャ・ギリによるヨーガクラス
‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥

プージャーの効果

個人的な話で恐縮ですが、今までの人生で数十回のプージャーやホーマを受けてきました。
(日々自分で実施するものは含みません。)
実際にインドの寺院で受けたものもありますが、大部分は日本にいてインドで専門家に実施していただきました。
日本で受けたプージャーの9割はシーターラーマのサービスです。
そんなに離れた場所で行うものに効果があるのか?と疑問におもう方もおられるかもですが、プージャーのエネルギーの作用に物理的な距離は関係ありません。
強力にエネルギー包まれる体験になります。
こちらのシーターラーマでは、皆さまにプージャー当日に断食やマントラの詠唱をお勧めしていますが、これらは万が一つにも飛んでくるエネルギーを取りこぼさないための綿密な配慮でしょう。
ちなみに個人的な感覚ですが、プージャーの効果は、半年から1年くらいは強く続き、その後は薄くずっと続くように思います。
入魂したヤントラや祈祷したルドラークシャがお供物の中に入ってくるのは(種類によっては入っていないものもあります。)ご自分でもこれらにマントラの詠唱などを続ければ、強い効果は半永久的に保ちますよ、ということなのだと思います。
インドでプージャーを受けてもヤントラやルドラークシャを貰えることはまずないので、非常に親切なサービスだと思います。
プージャーを受けた経験がない方で、解消したい問題を抱えておられる方は、個人プージャーをお受けになってみてはいかがでしょうか?驚くような体験ができるかもしれません。

(文章:ガネーシャ・ギリ)

‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥
ガネーシャ・ギリ氏共著 『インド占星術と運命改善法』

ガネーシャ・ギリによるインド占星術鑑定

ガネーシャ・ギリによるヨーガクラス
‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥

猪の女神

ヴァーラーヒーという女神をご存知でしょうか?
猪の顔をした一見ユーモラスな女神様です。
ヴィシュヌ派では、ヴァーラーハの配偶者として知られますが、シヴァ派やタントラの宗派、チベット仏教などでも祀られる神様です。
アシュタ・マートリカー(八母神)やチャウサト・ヨーギニーの中にその名をみることもできます。

高名な、チェンナイのショーリンガナルールのプラティヤンギラー寺院の入り口にはヴァーラーヒーが祀られています。
ガネーシャが祀られていてもおかしくない位置にヴァーラーヒーが祀られているのは不思議な感じもするのですが、
占星術的な惑星の働きとの関連から見れば、プラティヤンギラー女神がラーフの悪い影響を癒すのに対し、ヴァーラーヒー女神はケートゥの悪影響に効くとされているのですね。
要するに、カール・サルパ・ヨーガのように、ラーフ・ケートゥ軸そのものに問題がある場合は、セットで祀った方がよい、ということなのでしょう。

その他ヴァーラーヒーは、金運の女神や畏怖神としての側面も持つようです(宗派により異なります)。
惑星とは関係のない面で見てもとても魅力的な女神だと思います。

もし、ヤントラをご希望の方がおられたら、シーターラーマにお問い合わせしてみてはいかがでしょうか?
マニアックなヤントラですので、なかなか所有するチャンスはないと思います。

(文章:ガネーシャ・ギリ)

‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥
ガネーシャ・ギリ氏共著 『インド占星術と運命改善法』

ガネーシャ・ギリによるインド占星術鑑定

ガネーシャ・ギリによるヨーガクラス
‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥

運命改善には、複合技が効く

現在鑑定にいらしたお客様には、ヤントラや神像を礼拝する改善法や、プージャーサービスを受ける改善法、ルドラークシャを身に着ける改善法などを、その方の状況に応じてお勧めさせていただいております。
(お買い求めいただく商品が多くなればその分購入代金もあがるため)大抵お勧めするのは、絞りに絞った1~2種類なのですが、実は経験上、本当は複合技がお勧めなのです。
たとえば、金運を上げたい場合に、クベーラを礼拝すると同時に、7面ルドラークシャのマーラーを身に着けるとか、魔除けのためにスダルシャ・ヤントラを礼拝するとともに、パラドも身に着けるとか、です。
このように礼拝する神格と必ずしも同じでなくても可です。
といいますか、違う神格を組み合わせた方が、運命の弱点の穴を埋めるようなことにつながること場合もあり得ます。
伝統的にそうされてきたものではない場合も含め、単体で礼拝するよりかなり効果が大きくタイミングも早いように感じます。
私自身や知り合いの方に試してもらった結果では、特に金運系では明らかに違いが出るように感じます。
もちろん多くの方に試していただいて統計的な結果を得たものではありませんが、個人的にはきちんとマントラ等のサーダナを実践すれば間違いのない手ごたえを感じております。
もしよろしければお試しください。
(※ごく一部に相性の良くない組み合わせも存在しますが、金運や恋愛運など比較的平和的な目的の神格の相性に関しては、それほど神経質になる必要はないでしょう。)

(文章:ガネーシャ・ギリ)

‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥
ガネーシャ・ギリ氏共著 『インド占星術と運命改善法』

ガネーシャ・ギリによるインド占星術鑑定

ガネーシャ・ギリによるヨーガクラス
‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥

格闘家と火星

7月末をピークにずっと火星が地球の近くに居ます。8月末くらいまでは大きく見えるみたいですね。
そんなこともあり、今回は火星に関する話題をお話させていただきます。

個人的に格闘技が好きでよく観戦します。
また、かつてヨーガの師の元で学んでいたときに、格闘家も集っていたことから、何人かの有名なプロ格闘家の方々にも面識があります。彼らのホロスコープにはとても興味をもっております。
チャンピオンになるような強い格闘家の方の場合、やはり火星が強く、力を持つ火星がよい配置にあったり、闘争における圧倒的な強さを表すルチャカヨーガと言うコンビネーションがあったりすることが多いように感じます。
そしてそのような方が活躍する時期は、やはり火星のダシャー(影響期)のことも多いようにも感じます。
大きな火星のダシャーは7年ほどですので、カリスマ的な格闘家の場合、その期間に大活躍して、最後に火星の時期の終わりころに試合で負けて、引退などをするケースがわりとあるように思いますし、これは肉体的なピークともうまく関連することも多いです。
運命というのは本当にうまくできているのだなぁ、と驚かされることもあります。

ところで、意外なのですが、プロの格闘家の方の中には、火星が力を失った配置の方も意外に多いのです。
あくまで今まで観た方に限った話ですが、そういう印象を持ちます。
これは弱いからこそ強くなろうとする無意識の行為で、格闘技を通じて火星の力を強化しようとしているのかもしれません。

実は、火星は強すぎても弱すぎても問題を生じることがあり、なかなか興味深い星だと感じております。
その辺はまた機会をみて掘り下げてみたいと思います。

(文章:ガネーシャ・ギリ)

‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥
ガネーシャ・ギリ氏共著 『インド占星術と運命改善法』

ガネーシャ・ギリによるインド占星術鑑定

ガネーシャ・ギリによるヨーガクラス
‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥

インド縦断ツアー 番外編

今回のインドツアーでは、バラジの寺院も参拝しました。

有名なティルパティのバラジではなく、アッサム州のバラジです。
建立が比較的新しいと思われるこの寺院は、手入れが行き届き、美しい南インド様式の寺院の建物と美しい庭がひろがる美しいところでした。
金運の神、宝くじを当てる神としても知られるバラジでしたので、私は日本から宝くじを40枚購入していきました。
日本人の方がティルパティのバラジを参拝後に高額当選したという噂(本当かどうかは存じ上げません)も耳にしたことがあったのですが、当選を熱望する、というよりは、効果があるのか試してみたい気持ちで足を運びました。
寺院では宝くじを翳し、祈りを捧げ、ツアー参加者には「高額当選したら、占星術鑑定代を無料します。」と軽口をたたきながらの参拝でしたので、真剣には祈ったものの今考えればバラジ神に失礼があったかもしれません。

ちなみに、結果は2等から2番違いでした。当選はしなかったものの、かなりいい線に行っていると感じました。
当選番号のHPと実際の宝くじの写真を並べて載せたその時の私のブログは、結構反響があったように思います。

当選はしなかったものの、失礼ともいえる参拝をしてしまった私にバラジ神は、ほんの少しだけダルシャン(一瞥)をしてくださったように思います。
今までバラジの礼拝をしたことがなかった私ですが、金運や宝くじの神様としてではなく、ヴィシュヌの最高の化身として
この神を信奉しなければならないかもしれないと感じています。そして何年か信奉したのちに(カルマの解消のため)もっと真摯な気持ちで本拠地であるティルパティのバラジを参拝しなければとも思っております。

(文章:ガネーシャ・ギリ)

‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥
ガネーシャ・ギリ氏共著 『インド占星術と運命改善法』

ガネーシャ・ギリによるインド占星術鑑定

ガネーシャ・ギリによるヨーガクラス
‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥

インド縦断ツアー7

クンダリニーの事故的覚醒のためふらふらした状態で、しかも大部分のエネルギーが頭部にとどまった危険な状態のまま、次の寺院に行きました。
どうすることもできなかったのです。
次の寺院はブラフマプトラ川の島にあるユマーナンダ寺院です。ユマーはウマーですからシヴァ(と妃)の寺院です。
美しい寺院の中から地下に降りてゆくと、数千年間祀られているご神体の古いシヴァリンガムがありました。
リンガムの横の壁には穴が開いており、ブラフマプトラ川の水位が上がると水が入ってきて、自動的にアビシェーカされるような仕組みになっています。
古い歴史を持つリンガムは、大きくぼこぼこに変形しており、まるで芸術作品のようでした。
僧侶から、リンガムに触れていい許可をいただいたので、両手で触れました。
その瞬間、突然頭部に残ったクンダリニーエネルギーが頭頂から抜けました。
突然意識のピントが合い、びっくりしました。

礼拝を終え、すっきりした心身で階段を上がり、寺院の外に出ると、「一日中降り続く」と言われていた雨はほぼ上がり雲の隙間から太陽が顔をのぞかせていました。

私は今回のクンダリニーの覚醒が偶然の事故によるものではなく、神の配剤で、この後参拝するカーマキャー女神寺院に入るためのある種の通過儀礼だったのでは、と強く確信しました。

その後のカーマキャー女神寺院での出来事は、今まで投稿させていただいた通りです。
この寺院群のツアーを思いついたのは、数年前でしたが、今回の体験が私ガネーシャギリの人生の霊的体験のクライマックスのひとつであったのは間違いないと感じております。

(文章:ガネーシャ・ギリ)

‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥
ガネーシャ・ギリ氏共著 『インド占星術と運命改善法』

ガネーシャ・ギリによるインド占星術鑑定

ガネーシャ・ギリによるヨーガクラス
‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥

インド縦断ツアー6

州都グワハティので雷雨

そもそも今回のカーマキャー女神への巡礼は、最初から普通ではありませんでした。
参拝の日は朝から土砂降りでした。あちこちで落雷も起こっているようです。雨が多いアッサム州とは言え、乾季です。車の運転手は、「夜まで止みそうにないなぁ。」 と言いながら車を出しました。カーマキャー女神の夫シヴァは暴風神ですから大雨は祝福なのでしょう。

最初はナヴァグラハ寺院の参拝でした。ナヴァグラハ(9惑星)とは言いますが、実際は9色のシヴァリンガムが惑星に見立てて祀られています。
訪れたタイミングはちょうどホーマの終わったところで、暗闇に揺れる9つの炎が幻想的でした。
実は私はこの寺院の入り口付近で、激しく尻餅をついてしまったのです。雨で濡れた寺院の床はつるつるでした。
尻餅とは言え、歯のかみ合わせが一瞬にしてずれ、あれから3か月経つ現在でも左側の歯で固いものが噛めないのですから、かなり衝撃は大きかったと思います。
皆さんが助け起こしてくれようとしていたのですが、私はその時尾てい骨を強打し、クンダリニーが覚醒してしまったのに気づいていました。

クンダリニー覚醒技法は25年ほど修行しておりますし、過去にも2度大きな覚醒を体験しているので、大丈夫と思ったのですが、まずいことに大部分のエネルギーが顎のあたりで止まってしまったのです。
古来よりヨーガ行者が修行の途中で精神に異常をきたしてしまうケースがあるのですが、そのうちの何割かはクンダリニーが頭頂から抜け切れず体内に留まってしまうことが原因と思われます。
人間の身体がスクーターだとすると完全に動き出したクンダリニーのエネルギーはロケットエンジンくらいの威力があるとも考えられます。
シヴァとその妻たちの手荒い祝福なのかもしれませんが、非常に危険な状態であるのは明らかでした。

以前クンダリニーが意図せず覚醒してしまったときに、たまたま近くにいてすぐ気づいてくださった、ヨーガ教師のMさんが今回も気づいたようで、他の方々が過干渉しないように、さりげなくサポートしてくださいました。

また、私のツアー常連参加者の医師S氏が状態をみてくださり「医学的には脳震盪です。頭は打っていないので医学的には危険はないと思います。霊的にはわかりませんが・・・」とおっしゃってくださったのですが、わざわざ「医学的には」とつけたところに、今の状態が尋常ではないことを感じざるを得ませんでした。
このクンダリニーの事故的覚醒に関しては、次回に続きます。

(文章:ガネーシャ・ギリ)

‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥
ガネーシャ・ギリ氏共著 『インド占星術と運命改善法』

ガネーシャ・ギリによるインド占星術鑑定

ガネーシャ・ギリによるヨーガクラス
‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥

インド縦断ツアー5

カーマキャー寺院

タントラの中心地であるカーマキャー寺院は、たくさんの参拝客でごった返していました。
参拝のため並んでいる人たちを見ると、女神にまみえるまでには4~5時間くらいはかかりそうです。
1日で10の女神全部を参拝するためには、カーマキャー寺院は短時間で参拝しなければなりません。

通常、こうした場合「VIPルート」が用意されていて、高額なお布施を支払えば横から入れてくれるのですがカーマキャー寺院の場合は、もうその日のVIPチケットは売り切れていました。
寺院のトップに直談判するしかない、とのことでオフィスに向かいました。
驚いたことにカーマキャー寺院の現場のトップは、サリーが似合う大変美しい清楚な女性でした。
大きな椅子にちょこんと座るその姿は、インド映画のワンシーンのようにすら見えました。
遠い異国から来た私たちの話に熱心人耳を傾けてくれた女性は、経営のトップの許可を得るためにオフィスから出て行きました。
やがて大柄な僧侶2人を従えて戻ってくると、「いいでしょう。横から入ることを許可します。」そう言ってくれました。
微笑むその姿は本当に美しくカーマキャー女神ように見えました。ツアー参加者のある女性も「美しい人ね。」とため息をついていたのが印象的でした。

この寺院群を目的を持って参拝した日本人のツアーは、私たちが初めてだったのかもしれません。
ですのでどうしても、すべてを参拝したい気持ちでいっぱいでした。
その気持ちに応えてくださったのだと思います。

10の寺院すべてを巡り終えて、寺院の池の近くで一息ついていると、池に棲む伝説の200歳のスッポンが偶然水面から顔を出しました。
スーツケースほどある甲羅は迫力と威厳に満ちていましたが、老賢者のようにも見え、まるで私たちを祝福してくれているようでした。
度重なる幸運に女神の恩寵を感じました。

(文章:ガネーシャ・ギリ)

‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥
ガネーシャ・ギリ氏共著 『インド占星術と運命改善法』

ガネーシャ・ギリによるインド占星術鑑定

ガネーシャ・ギリによるヨーガクラス
‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥

インド縦断ツアー4

カーマキャー寺院には、カーマキャ女神とそれを取り囲むように10の女神(ダシャ・マハーヴィディヤー)が祀られています。
遠い距離のもので2~3キロ、近いものでは、100mくらいの距離のところにダシャ・マハーヴィディヤーに属する女神の寺院がありますし、カーマキャー女神と数十センチ離れた位置に祀られているご神体もあります。
ところが全体の寺院を巡った後気付いたのですが、女神が1柱足りないのです。
トリプラ・スンダリー女神の寺院が見当たりません。
取りこぼすわけにはいかないので、アッサム州のガイドに尋ねると、彼のグルに電話をしてくれ、カーマキャー女神とマータンギー女神、カマラ女神を併せてトリプラ・スンダリー女神という。」という回答がありました。
その話はかなり疑問に思ったのですが、あとで思い出すと確かにカーマキャー女神のご神体に参拝した時にそのご神体のすぐ近くに隣がマータンギー女神とカマラ女神が合体したご神体がありました。
しかし、三女神を併せてトリプラ・スンダリー女神と呼ぶ、という話は初耳で相当驚かされました。
もちろんダシャ・マハーヴィディヤーが祀られているのは、インドの他の地域にもあるでしょうし、他の地域はどうであるかはわかりませんが、ここグワハティではそうなのだと解釈しました。
10の女神の巡礼は、最後は独身者のみでドゥマーヴァティー寺院を訪れましたが、参拝者はほとんどおらず、入口にアゴーリー行者(ある宗派のタントラ行者)が座ってジャパをしていたのが印象的でした。
インドの土着の神々は、本当に多種多様でその解釈も多岐にわたります。
今後もう少し調査が必要かもしれませんが、今回のツアーで新たに得た暫定情報としてご報告させていただきます。

(文章:ガネーシャ・ギリ)

‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥
ガネーシャ・ギリ氏共著 『インド占星術と運命改善法』

ガネーシャ・ギリによるインド占星術鑑定

ガネーシャ・ギリによるヨーガクラス
‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥