ダス・マハーヴィディヤーは惑星をなだめる

ドゥルガー女神の10の化身であるダス・マハーヴィディヤーには、ラグナ(アセンダント)とすべての惑星をなだめる力があります。
カーリーは土星、ターラーは木星、トリプラ・スンダリーは水星、ブヴァネーシュワリーは月、チンナマスターはラーフ、バイラヴィーはラグナ、ドゥマーヴァティーはケートゥ、バガラームキーは火星、マータンギーは太陽、カマラは金星です。
これは、例えばヴィシュヌの10の化身がそれぞれの惑星に割り当てられたり、ドゥルガー女神の他の化身、ナヴァ・ドゥルガーがそれぞれ9惑星に割り当てられるのと同じようなことなのですが、例えばブヴァネーシュワリーのホーマがそのまま月のプージャーとしての側面を持つ場合もあるなど、惑星との関係は特に親密です。
また火星を支配するはずのバガラームキーがある種の心(月)の処方に使われたり、芸事(水星)の上達のために、太陽を支配するはずのマータンギーが祈られたり、なかなか複雑な作用も持ちます。
ダス・マハーヴィディヤーはインドでもそこまでポピュラーではなく、また古い神様のため、日本に住む私たちにとっては、情報が少なく、まだまだ謎に包まれた部分が多いです。
2018年3月のツアーでは、日本のツアーとしては、おそらく初めてGuwahati(アッサム州)のダス・マハーヴィディヤーの寺院を参拝することになると思います。
様々な秘密が解かれるのでは、と今から期待しております。

(文章:ガネーシャ・ギリ)

‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥
[ガネーシャ・ギリ 同行]最強厄除開運・インド縦断 – 女神と聖者とガンジス川から力を貰う旅

ガネーシャ・ギリ氏共著 『インド占星術と運命改善法』

ガネーシャ・ギリによるインド占星術鑑定

ガネーシャ・ギリによるヨーガクラス
‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥

軽視できないヴィシャ・ドーシャ

インド占星術において、土星と月が同じ部屋にあるヴィシャ・ドーシャは、例えば有名なカール・サルプ・ドーシャなどのようにあまり名前も知られておらず、一般的にはあまり重要視されていないかもしれません。
しかし、このヴィシャ・ドーシャは、月の強さや土星との距離、どの部屋に存在しているかなどの条件にもよりますが、かなり致命的な問題を与えることがあります。
例えば6室にあれば、酷い性質の敵に悩まされる可能性もありますし、8室にあれば命を削るような疾患などの可能性もあります。またこのドーシャがある方は、サターンリターン(土星が生まれた時にあった部屋に戻ってくること)とサディサティ(現在の土星の位置がホロスコープ上の月の近くにある時期:詳しくは過去の記事ご参照ください)も重なるため、軽視できないのです。
処方としては、どちらか一つではなく、月も土星もどちらもなだめる必要があります。
だだ、一般的には月の方をより多く癒すケースが多いようにも思います。
このコンビネーションをお持ちの方は自宅にシャニ(土星)とチャンドラ(月)の神像を祀り礼拝するとか、(特にその影響が強まる時期を中心に)ヴィシャ・ドーシャのプージャーを受けるなど、処方をお勧めいたします。
予め処方をして快適な人生を歩みたいものですね!

(文章:ガネーシャ・ギリ)

‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥
[ガネーシャ・ギリ 同行]最強厄除開運・インド縦断 – 女神と聖者とガンジス川から力を貰う旅

ガネーシャ・ギリ氏共著 『インド占星術と運命改善法』

ガネーシャ・ギリによるインド占星術鑑定

ガネーシャ・ギリによるヨーガクラス
‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥

インド縦断ツアーのお誘い

来年(2018年)3月に「最強厄除開運・インド縦断―女神と聖者とガンジス川から力を貰う旅」というツアーを開催いたします。
今回のツアーは、西インドのベンガル州、アッサム州、南インドのタミルナドゥ州の3つの地域を訪れ、そのすべてが、ツアーのメインという贅沢な旅です。

中でも、アッサム州のカーマキャ寺院寺院は、ダス・マハーヴィディヤーが祀られる寺院として、大変強力な寺院です。
この寺院の巡礼をツアーとして組むのはおそらく日本で初めてだと思います。
さらにこの地には、有名なバラジも祀られており、そこも訪れる予定です。インドでバラジと言えば、ティルパティのバラジが大変有名で、そこに落とされるお布施の額は、バチカンに続き、世界で2番目に多いと言われています。どんな無理な願いも叶えてくれると言われる大変強力な神様なのですが、それと同じ神様が祀られています。あまり知られていないのでゆっくり参拝できるものと思われます。
また、ガンジス川がベンガル湾に注ぐ聖地ガンガーサーガルで沐浴し、コルカタでは、ラーマクリシュナのゆかりの地と、カーリー女神の寺院、タミルナドゥではラーマナマハーリシゆかりの地と、プラティヤンギラデーヴィー寺院(ここも日本のツアーでは初めてと思われます)にも訪れます。
ここまで贅沢なツアーはなかなかないと思います。
私(ガネーシャギリ)が企画する同行ツアーは、おそらく生涯に10本ほどだと思いますが、前回に引き続きまさにクライマックスのツアーと言っていいでしょう。
この人生を本当の意味で豊かに生きるため、そしてご自身の死後や来世の本当の幸福のために強力なサポートをもたらすと思います。
よかったらご一緒しませんか?

(文章:ガネーシャ・ギリ)

ツアーの詳細は以下よりご覧いただけます。
最強厄除開運・インド縦断 – 女神と聖者とガンジス川から力を貰う旅

‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥
ガネーシャ・ギリ氏共著 『インド占星術と運命改善法』

ガネーシャ・ギリによるインド占星術鑑定

ガネーシャ・ギリによるヨーガクラス
‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥

意識を内側に向ける

神とつながるために、意識を内側に向けるという作業はとても重要ですし、事実そうおっしゃっている聖賢は多いと思います。
しかしながら、現代は外側からの多様な刺激に溢れ、意識を内側に向けるのは容易ではありません。
意識を内側に向けるために、本来であれば瞑想をするのがもっとも重要ですが、ハタヨーガの訓練を通じて意識を体に向ける習慣をつけ、そこから瞑想を実践するのもたいへんよいことです。

人間は本来、赤ちゃんの時は内側に意識が向いています。
社会生活に適応するために意識を外に向ける訓練が、結果として成長の過程で為されます。
瞑想をするということは、外に向いた意識を再び内側に向ける訓練と言っていいのかもしれません。
しかし、この訓練で得た内側への意識の向け方は、赤ん坊の時とは違い、制御され静寂と至福に満ちたものになるでしょう。

インド占星術的に見て、ホロスコープ上で、10番目の部屋に関係する星の時期や、ラーフという星が関係する時期、場合によっては金星が関係する時など複数のタイミングで、特に強く意識が外に向きがちになることがあります。
一概にそれが悪いわけではありませんが、神とつながりたい方は、留意して意識を内側に向ける訓練をするべきでしょう。
私たちの大部分は、残念ながら聖賢になれないかも知れませんが、神とつながり聖賢に近づくことはできるはずです。
毎日少しの時間でもいいので、瞑想の習慣をつけたいものですね。

(文章:ガネーシャ・ギリ)

‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥
ガネーシャ・ギリ氏共著 『インド占星術と運命改善法』

ガネーシャ・ギリによるインド占星術鑑定

ガネーシャ・ギリによるヨーガクラス
‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥

ワールドワイドな神様たち

ヒンドゥー教の神様は、仏教にも取り入れられ、日本にも結構入ってきているのは、皆さまご存知の通りです。
しかし、世界を見渡すと一見交流がなさそうな宗教・文化の中にも同じような神様がみられることがあります。
有名なところでは、キリストとクリシュナには共通点があるとか、シヴァ神と諏訪大社の神様は似ていて、リンガムと御柱は同じ象徴ではないか、とか、言われたりすることもあります。
これらはすべて有名な神様名ですので、古代になんらかの交流があった可能性はあります。
しかし、何度か書かせていただいている少々マイナーなバガラームキー女神も、日本神道の中に同じ神格を見ることができ、さらにはヨーロッパでも同じ神格が聖なる存在として祀られています。
これらは、間違いなく伝播の形跡があると、かつてそれを研究している学者の方からお話を伺ったことがあります。
(論争が巻き起こる可能性があるため、日欧のものがどのような神様かを公開する許可はいただいておりません。どうぞご了承ください。)

一方違った形で共通することもあるのかもしれません。
一部の方にはよく知られた話ですが、プラティヤンギラー女神は、エジプトのセメクト神と同じ神格だと言われています。
これは伝播した可能性も否めないのですが、両方の神様とも、それぞれの地域のその時代の賢者が深く瞑想し、意識の深淵で同じ神格を見出した可能性が高いとも言われているそうです。

時代を超えて古今東西の人間が同じ神に祈るというのは、ロマンを感じます。
いずれにしましても、ヒンドゥーパンテオンにはあらゆる性質の神様がおられます。
お気に入りの神様を見つけるのは、人生に豊さや潤いを与える一助になるかもしれません。

(文章:ガネーシャ・ギリ)

‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥
ガネーシャ・ギリ氏共著 『インド占星術と運命改善法』

ガネーシャ・ギリによるインド占星術鑑定

ガネーシャ・ギリによるヨーガクラス
‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥

幸運な人の努力

占星術のホロスコープで、よい星の配置の方はある程度自動的に幸せな人生を送り、配置のよくない方はある程度自動的に困難を伴う人生を送る・・・。
この表現は、残念ながらある意味で真理を含んでいます。
ただ・・・占星術の処方をしていて、幸運な方とそうでない方の運命の差よりも、行動の方に大きな違いを感じることもあります。
たとえば、鑑定を受けられた方に処方としてガーヤトリーマントラを唱えてください、と申し上げるとします。
「何回ですか?」と聞かれ、「毎朝、最低9回、できれば108回が望ましいです。」と申し上げます。
一般的に、幸運なホロスコープの持ち主は「108回ですね。わかりました。」とおっしゃることが多く、不幸なホロスコープをお持ちの方は、「9回ですか・・。毎日唱えなければならないのですか?唱えられるかな・・・。」のような回答をされることが多いです(もちろん個人差があります。)
ですが、実はこの傾向はかなり顕著に見受けられます。
つまり幸運な方は、(処方の実践において)その程度の努力は何とも思わず、不幸な方はそんな努力は難しいと思うことが多いのです。

昔、「天才とは才能に恵まれている人のことではなく、他の人ができないような努力を普通の顔をしてやってしまう人のことだ。」 というような話を聞いたことがありますが、占星術においても状況は似ています。

でも、大丈夫です。(私ガネーシャギリを含め)幸運でない運命の持ち主の方も、幸運な人と同じくらいの努力をすればきっと幸せになれます。
実践あるのみです。マイペースでいいと思います。コツコツと頑張りましょう。

(文章:ガネーシャ・ギリ)

‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥
ガネーシャ・ギリ氏共著 『インド占星術と運命改善法』

ガネーシャ・ギリによるインド占星術鑑定

ガネーシャ・ギリによるヨーガクラス
‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥

幸運な時期をどう過ごすか

人生には、幸運な時期があります。
この幸運な時期を、ご自身の欲の実現だけに使うか、ご自身の欲を叶えながらも多少は世のため人の為にも使うか、あるいは一心不乱神の探求に使うかで、その後の人生や未来の生は大きく変わってきます。
しかし残念なことに、良い時期を無駄に過ごしてしまう方も多いがの実情だろうと思います。
それはおそらく「現在が人生の絶頂期で、この時期は永遠に続くわけではない。」という運気の流れを理解できていないからだろうと思います。
占星術が必要な理由の一つはそこにあると思います。
幸運な時期がいつから始まりいつ終わり、その後はどのようになるかの見極めができれば、そういう失敗は少なくなるでしょう。
有名人が、その人気の絶頂でスキャンダルなどが発覚し、名声が地に落ち、その世界から消えることなどは枚挙に暇がありません。
それは幸運な時期、そしてそのあとに来るかもしれない冬の時期の見極めができず、かつ、その幸運な時期に欲望に塗れた生き方をした結果なのだろうと思います。
占星術で、自らの運気の流れを知り、サーダナや善行も積みつつ、さらには未来の苦を避ける霊的処方も講じながら、生命の輝きを謳歌し楽しく生きようではありませんか。

(文章:ガネーシャ・ギリ)

‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥
ガネーシャ・ギリ氏共著 『インド占星術と運命改善法』

ガネーシャ・ギリによるインド占星術鑑定

ガネーシャ・ギリによるヨーガクラス
‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥

マータンギー女神の隠された性質

マータンギー女神と言えば、サラスヴァティー女神のタントラ型とも言われ、芸術や言語などの分野の方に、信奉される神様です。
しかし、マータンギーには隠された性質があるのをご存知でしょうか?
マータンギー女神を信奉していたマータンガ族は、インドの歴史の中で、最下層のカーストに組み入れられた歴史があります。
そのため、人々が嫌がる死体の処理に関する仕事などを強いられました。また歌舞音曲を披露して日銭を稼がなければならないような生活もさせられたと想像されます。
そのため、彼らの信奉していたマータンギー女神は芸能の神となる一方、現代ヒンドゥー教で唯一ともいえるたいへん穢れに強い女神となったのです。
マータンガ族は、被支配者階級だったとは言え、もともと大変優秀な民族でした。
彼らの信奉していたマータンギー女神は、次第に支配者階級にも取り入れられるようになったとも考えられます。
さらに、マータンギー女神の異なった形として良く知られるラージャ・マータンギー女神は、不可能を可能にする神としても知られています。
以前、インドの某州の知事が、ラージャ・マータンギー女神の信奉者で、本当は知事になれる運命にはなかったのですが、この女神のプージャーによって知事の座につくことができた、という話も聞いたことがあります。
この女神を信奉することにより、大いなる祝福を得ようではありませんか!

(文章:ガネーシャ・ギリ)

‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥
ガネーシャ・ギリ氏共著 『インド占星術と運命改善法』

ガネーシャ・ギリによるインド占星術鑑定

ガネーシャ・ギリによるヨーガクラス
‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥

殺生と運命

身も蓋もない言い方ですが、生きていることは同時に他の生き物を殺して食べることでもあります。
普段、肉食をしている人のみならず、ヴェジタリアンであっても(植物などを)殺生して食べていることに変わりはありません。
より厳格なヴェジタリアンの実践をし、普段マスクを着用し、外出時は箒を持ち、虫など殺さぬよう、掃きながら道を歩くジャイナ教徒でさえ、まったく殺生をしないで生涯を全うすることは不可能でしょう。
では、殺生を防げないから、殺生し放題でいいのかというと、もちろんそうではありません。
同じ殺生と言っても、大型動物を殺すのと植物を殺すのでは、意味合いが全く違います。
筆者(ガネーシャ・ギリ)は、かつて世俗の仕事として警備員の仕事を10年ほどしましたが、こんな個人的体験をしたことがあります。
担当した施設(ホテル)で深夜に巡回(見回り)をするときに、魚をさばく部屋と、肉をさばく部屋では入った時の雰囲気が全く違うことをいつも感じていました。
肉をさばく部屋に入ると、殺された動物たちの残留想念が、悲鳴として聞こえるのです。いつもその声を感じるため、巡回が憂鬱になったこともありました。
しかし、魚の部屋ではそういう経験はほとんどありませんでした。

肉食はやめた方がいいですよ、と強くお勧めするわけではありません。
でも、もし食べることに選択肢があるなら、なるべく動物よりは魚、魚よりは植物、というようにお勧めしたいです。

占星術で読み解く、星に記された運命はもちろんとても重要です。
しかし、同じ運命の持ち主なら他者から恨みを買わない方(≒大きな殺生が少ない方)が、幸せな人生を歩めるでしょうし、来世もよいものになるでしょう。
運命改善法の本当の土台は、殺生の量と質をなるべく少なくすることだと思っております。

(文章:ガネーシャ・ギリ)

‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥
ガネーシャ・ギリ氏共著 『インド占星術と運命改善法』

ガネーシャ・ギリによるインド占星術鑑定

ガネーシャ・ギリによるヨーガクラス
‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥

ガネーシャ寺院群参拝

前回のツアーの最大の目的はアシュタ・ヴィナーヤカ(8体のガネーシャ)の寺院の巡礼でした。
長年暖めてきた企画です。
ガネーシャ信仰の中心であるアシュタ・ヴィナーヤカの巡礼は、インドでは有名ですが、海外ではほとんど知られていません。
日本人でも、もしかしたら個人で参拝された方はおられるかもしれませんが、8寺院すべてを巡られた方は少ないと思いますし、過去に日本人のツアーが組まれたことはたぶんないと思います。当然巡礼中に日本人はおろか他の外国人に会うこともありませんでした。
これらの寺院のご本尊の中には人間が造ったものではなく、自然にできたものもあり、信仰をあつめています。
寺院のエネルギーはどこまでもやさしく、一部畏怖の感情を抱く寺院もありましたが、ガネーシャ独特の包み込むような柔らかさも同時に存在していました。
個人的にはシッディ・ヴィナーヤカという右曲がりの鼻をもつガネーシャを10年にわたり信仰してきましたが、多くの寺院で数十分から1時間近く並んだのに対し、シッディ・ヴィナーヤカを祀る寺院では奇跡的に全く並ばずに礼拝することができました。長年信仰してくれてありがとう、と言われた気がして歓喜に満ちた気持ちになりました。
仏教に取り入れられ、日本に入って来て歓喜天となったガネーシャはとても怖い、という話はよく耳にします。確かに日本の歓喜天の寺院に参拝すると、そういう印象を持ちます。
しかし、アシュタ・ヴィナーヤカの巡礼を終えて、強い霊力をもつもののやはりガネーシャは本質的にやさしい神様なのだということを再認識しました。
そう、やはりガネーシャはどなたの信仰も許すインド精神文化を代表する神様なのです。

(文章:ガネーシャ・ギリ)

‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥
ガネーシャ・ギリ氏共著 『インド占星術と運命改善法』

ガネーシャ・ギリによるインド占星術鑑定

ガネーシャ・ギリによるヨーガクラス
‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥