祈りのツール―ジャパ・マーラー

Prayer beads at Kathmandu market

ジャパ・マーラーとして知られる数珠は、ヒンドゥー教で初めて用いられたと伝えられます。キリスト教ではロザリオとして知られるなど、数珠は宗教を超えて用いられています。数珠の使用が始まったとされるヒンドゥー教においては、一般的に108個の珠が用いられますが、仏教では宗派によって珠の数が異なることもあります。「マーラー」は、もともと「花輪」や「首飾り」を意味します。

108という数字は霊的に神聖な数字とされ、天文学や数学においても重要視されます。ヒンドゥー教の神々には108の御名があり、その御名はさまざまな儀式において唱えられます。クリシュナは108のゴーピー(牛飼いの乙女)達とダンスを踊り、16,108人の妻を持ったと伝えられます。私たち人間は108の煩悩を持つとされる仏教でも、108個の珠を用いた数珠が重要視されます。それは、人間のあらゆる煩悩を引き受けてくれると考えられるからです。チベット仏教においては、111個の珠を使用することもあります。27珠毎に1つ別の珠を入れると、合計111個となり、27珠毎に1つ別の珠があるため、数え間違いを防ぎ、唱えやすくなります。

中国や日本の仏教では、27個の珠を用いた数珠も使用されます。27個の珠を用いた数珠はリスト・マーラーとして知られ、仏や高僧を礼拝する際に使用されます。これによって感謝や崇敬の念が培かわれ、ストレスや緊張、苦悩や欲望を軽減する効果があるといわれます。

数珠にはルドラークシャやトゥラシーが多く用いられますが、仏陀が菩提樹の下で悟りを開いたとされることから、仏教では菩提樹が用いられることも多くあります。その他に、白檀をはじめとする木の実、また、天然石や樹脂などからも作られます。指でひとつひとつの珠を括りながら、祈りやマントラを唱えます。

数珠の力は、祈りと瞑想を通して呼び覚まされます。瞑想中に数珠を用い、自分自身の言葉や思考を熟考する時、一つ一つの珠は、心の中で大きな意味を持つようになります。数珠は、内在する神に近づくための優れたツールの一つです。数珠を用いてマントラや祈りに繋がることで、全ての束縛を解き放つ、強い力が与えられるでしょう。

(SitaRama)

2分間瞑想法

仕事や勉強に追われ、心のゆとりがなくなってきている現代、心の安寧を得ようと、瞑想に興味を持つ人々が次第に増えてきました。
瞑想に関する数々の効能を説いた本も、本屋に行くといたるところで見ることができます。
その中の一冊「「脳にいいこと」だけをやりなさい!」(マーシー・シャイモフ著、茂木健一郎訳、三笠書房)では、マントラ瞑想の有効性が説かれています。
「マントラを唱えるうちに、身体から力が抜けていくようです。呼吸が落ち着いてきて、息をしているのかどうかもわからなくなってきます。胸の鼓動もゆっくりと、血の流れも緩やかになっているのがわかります。(中略)
マントラの原始的な音とリズムを感じていると、言葉にできない感覚が襲ってきました。心の奥の深みへどんどん落ちていき、旧友のような懐かしい何かと再び結ばれたような感覚です。(中略)
ああ、私は幸せなのだ。
この体験こそが心からの幸せというものだったと思います。」
(「脳にいいことだけをやりなさい!」ゴールディ・ホーンの体験記p173より)
数ある瞑想法の中でも、マントラを唱える瞑想法は、もっとも取り組みやすく、そしてもっとも効果的であるといわれています。
インドの聖典では、不正が世界の4分の3を覆うカリ・ユガの時代(現代にあたる)では、神の御名を唱えることが成就にいたるためのもっとも効果的な方法であると述べられています。
このことからも、マントラ(神の御名)を唱える瞑想法は、聖典に則った理に適う方法であるといえるでしょう。
しかし、瞑想を行おうとしても、どのマントラをどのように唱えたらよいのかわからない人も多いかと思います。
そこでここでは、マントラ瞑想法の一例として、空き時間を有効に活用でき、気分転換に効果的な2分間でできるマントラ瞑想法をご紹介します。
この瞑想法で使用するマントラは、シヴァ・パンチャークシャラ・マントラとして知られる「オーム・ナマ・シヴァーヤ」です。
では、実際に「オーム・ナマ・シヴァーヤ」と唱えてみてください。
(唱え方がわからない方は、弊店で取り扱いのCDにも収録されております。)
短いマントラですので、すぐに覚えることができると思います。
はじめはゆっくりと、マントラの響きとリズム感を大切にして唱えてみます。
慣れるに従って、次第に早く唱えてみましょう。
どれくらいの早さで唱えることができたでしょうか。
おそらく、1秒もあれば1回は唱えられると思います。
そこで次に、タイマーを用意して、タイマーの残り時間を1分48秒に設定します。
タイマーは、キッチンタイマーや携帯電話についている機能を利用すればよいでしょう。
なぜ1分48秒かというと、これはインドで神聖数とされる108に対応しています。
1秒で1回マントラを唱えることで、数珠を使用せずに1マーラー(108回)のマントラ行を完結させることができます。
では実際にタイマーを用意して、1分48秒に設定してみましょう。
呼吸を整えるために、聖音オームを3回唱えます(オーム、オーム、オーム)。
その後、タイマーのスタートボタンを押して、タイマーのリズムに合わせて、1秒間に1回、パンチャークシャラ・マントラを唱えていきます。
実際に唱えてみると、タイマーに合わせて唱えるためには非常な集中力を要するのに気がつくかもしれません。
また声に出して唱えていては、途中で呼吸ができなくなるので、自然とささやき声あるいは心の中で唱えざるを得なくなります。
マントラによる瞑想法では、
1. ヴァイカリー(声に出して唱える)
2. ウパームス(ささやき声で唱える)
3. マーナシカ(心の中で唱える)
という3つの方法があります。
後者ほど効果的であるといわれますが、集中力が必要とされるため難易度も高くなります。
この2分間瞑想法では、自然とこの効果的といわれる方法で唱えることになります。
無事に1分48秒が経過して、108回唱え終わったあとは、心を落ち着かせるために「オーム、シャーンティ、シャーンティ、シャーンティヒ」と唱えます(シャーンティはサンスクリット語で寂静の意)。
以上で、わずか2分足らずでシヴァ・パンチャークシャラ・マントラのマントラ行を完結することができました。
この瞑想法は、数珠を使用しないために、タイマーや携帯電話をポケットに忍ばせておけば、どこでも行うことができます。
落ち込んだとき、元気を出したいとき、イライラするとき、怒りに囚われたとき、集中力を増したいとき、気分転換したいときなど、細切れの時間を活用して行ってみるとよいでしょう。
続けるうちに、きっとその効果に驚くことと思います。

ガーヤトリー・マントラのバリエーションについて

ガーヤトリー・マントラは、聖音オームや他のマントラのコンビネーションによって、さまざまなバリエーションで唱えられています。
ガーヤトリー・マントラの本体は、リグ・ヴェーダに記されていますが、これは次の部分から成り立っています。
「タットゥ・サヴィトゥル・ヴァレーニャム・バルゴー・デーヴァッシャ・ディーマヒ・ディヨー・ヨーナハ・プラチョーダヤートゥ」(RV 3.62.10)
サーマ・ヴェーダでは、上記のマントラに次の3語が前置きされました。
「ブール・ブヴァッ・スワハ」
このように、すでに広く知られているガーヤトリー・マントラは、いくつかのヴェーダのマントラの組み合わせによって成り立っています。
The Mystique of Om」では、さらに深くガーヤトリー・マントラのコンビネーションについて述べていますので、ここに紹介いたします。

1. 「オーム」がひとつ、マントラの前に置かれる場合、このジャパは「エーカパダ」と呼ばれます。
オーム・ブール・ブヴァハ……プラチョーダヤートゥ」
このジャパは、糖尿病などの病に有効であると信じられています。
2. 「オーム」がマントラの前後に置かれる場合、このジャパは「サンプタ・ジャパ」と呼ばれます。
オーム・ブール・ブヴァハ……プラチョーダヤートゥ・オーム
このジャパは、精神的な病に有効であると信じられています。
3. 「オーム」が3回唱えられる場合は、「トリパダ・ジャパ」と呼ばれます。
オーム・ブール・ブヴァハ・スヴァハ
オーム・タットゥサヴィトゥル……
オーム・ディヨーヨーナハ・プラチョーダヤートゥ」
このジャパは、唱える人に高い霊性の力をもたらすといわれます。
4. 「オーム」が5回唱えられる場合は、「パンチャパダ」と呼ばれます。
オーム・ブーフ・オーム・ブヴァハ・オーム・スヴァハ
オーム・タットゥサヴィトゥル……
オーム・ディヨーヨーナハ・プラチョーダヤートゥ」
このマントラは、心臓疾患に有効であると信じられています。
5. 「オーム」が6回唱えられる場合は、「シャトゥパダ」と呼ばれます。
オーム・ブーフ・オーム・ブヴァハ・オーム・スヴァハ
オーム・タットゥサヴィトゥル・ヴァレーニャム
オーム・バルゴー……
オーム・ディヨーヨーナハ・プラチョーダヤートゥ」
このマントラは、血圧や身体の主要な8部分に関する病を癒すといわれます。
6. 「ナーラダ・プラーナ」には、「マハハ、ジャナハ、タパハ、サティヤム」が前置きされたガーヤトリー・マントラが記されています。
7. 「オーム」は、ガーヤトリーを拡張する場合に使われることもあります。ガーヤトリー・マントラの最後に、次のジャパが続きます。
「オーム・アポー・ジョーティ・ラソームリタム
ブラフマ・ブールブヴァハスヴァローム」
8. また「エーカパダ」に次のようなマントラが追加されて、100語のガーヤトリー(シャタークシャラ)とされることがあります。
(a)「オーム・ジャタヴェーダセー・スナヴァム・ソーママラティ・ヤトー・ニダハティ・ヴェーダハ/サ・ナハ・パルシャダティ・ドゥルガニ・ヴィシュヴァ・ナヴェーヴァ・シンドゥム・ドゥリタティヤグニヒ」
(b)「オーム・トリャムバカム・ヤジャーマヘー・スガンディム・プシュティヴァルダナム・ウルヴァールカミヴァ・バンダナートゥ・ムリティヨールムクシーヤ・マームリタートゥ」
9. アムリタサンジーヴァニ・ガーヤトリーは次のように唱えられます。
「オーム・ブールブヴァハ・スヴァハ・オーム・トリャムバカム・ヤジャーマヘー・オーム・タットゥサヴィトゥルヴァレーニャム・スガンディムプシュティヴァルダナム・バルゴーデーヴァッシャディーマヒ・ウルヴァールカミヴァ・バンダナートゥ・ディヨーヨーナ・プラチョーダヤートゥ・ムリティヨールムクシーヤ・マームリタートゥ・オーム」
ガーヤトリー・マントラが、マハームリティユンジャヤ・マントラとオームによって、再構成されているのに気がつくと思います。このマントラは、究極的な死を避けるために使用されます。
10. 「トリプラナヴァ・ガーヤトリー」では、以下のように「オーム」が3回唱えられます。
オーム・ブールブヴァハスヴァハ
オーム・タットゥサヴィトゥルヴァレーニャム
バルゴーデーヴァシャディーマヒ・ディヨー・ヨー・ナハ・プラチョーダヤートゥ・オーム

このように、ガーヤトリー・マントラは、オームやその他のマントラと組み合わされて、目的別にさまざまに唱えられることがあります。ここでは、一例を紹介させていただきましたが、どれを唱えたらよいか迷ってしまうという方は、もっとも基本的で広く唱えられている「エーカパダ」を唱えられるのがよいかもしれません。

参照:
Jayant Burde, “The Mystique of Om”, p92, New Age Books, India

ジャパをするときの環境について

ジャパを行う(マントラを繰り返し唱える)ことの重要性は、ヒンドゥーの聖典でたびたび強調されていますが、ジャパをする環境の重要性についても、聖典では述べられています。
ここでは、「Gayatri the Highest Meditation」から引用して、ジャパを行う時の環境の重要性について紹介いたします。

「タントラサーラ」によると、メンタル・ジャパ(心の中でマントラを唱えること)は、いつでもどこでも行うことができます。「リンガ・プラーナ」では、通常の生活環境よりも、さらに恩恵をもたらす特定の環境の重要性について次のように述べています。

あなたの家でジャパを行うとき、恩恵はジャパの数だけ与えられます。ところが、牛舎でジャパを行うならば、その恩恵は100倍となります。また聖河のほとりで唱えるならば、その恩恵は、前の2つの場所の10万倍となります。同じジャパが神の神聖なイメージ(絵、像、写真など)の前で行われるならば、その恩恵は無限大です。海岸、山、寺院、隠遁者の住処などで行われるジャパも、その恩恵は莫大なものになります。神のイメージ、またはより明るい光を放つ星を凝視してのジャパはとても効果的です。光や炎、牛の前で行われるジャパ、同様に霊的な教師や聖者の前で行われるジャパは、すばらしい恩恵をもたらします。

「タントラサーラ」によると、トゥラシー(ホーリーバジル)の植えられた庭で、あるいはシヴァ神に捧げられるビルヴァの木(ベルノキ)の側で、あるいは山頂にある神聖なイチジクの木の側で、川辺で、牛舎で、寺院で、聖地巡礼の途中で、霊性の師の前などで行われるジャパは、容易に心を統制でき、マントラを繰り返し唱えることで、精神的な満足感や、ある種の達成感が確実にもたらされるといわれます。

参照:
Sadguru Sant Keshavadas, “Gayatri The Highest Meditation”, p18, Motilal Banarsidass publishers, India

ナーマスマラナの効果

わたしたちは常にリズムをともなって生活しています。そのリズムが崩れると、思うようにいかなくなり、いわゆるスランプに陥ります。スランプは、人間である以上、完全に避けることはできません。しかし、努力と工夫次第で軽減させることはできます。そして、ナーマスマラナ(神の御名を回想すること、繰り返し唱えること)は、本来のリズムを取り戻し、スランプを克服するひとつの特効薬です。
運動選手であれば、基本動作に立ち戻り、フォームを調整することによって、本来のリズムを取り戻すことができます。スランプであるとき、あらゆる動きには誤差が生じてきます。一流の運動選手は、その誤差を絶えず修正する自己修正能力が備わっているといえるかもしれません。今年MLBに移籍した松坂投手は、大リーガーの練習になじめず、日本で行っていた走り込みや投球練習を取り入れることにより、復調しつつあることは記憶に新しいでしょう。
また資格試験や受験勉強に取り組んでいる人であれば、いままで解けていた問題がうまく解けなくなることは、一度は経験したことがあるでしょう。しかし、このような時には基本問題を大切に、よく復習すれば、やがて本来の調子を取り戻すことができます。
しかしここで、心に潜む問題、憂鬱、無気力、怒り、悲しみなどとなると、スポーツや勉強と違い、心のフォーム修正や、基礎を固めるといった作業は格段に難しくなってきます。
心の問題も、実は日常の言動や些細な仕草で表面化しているものですが、勝敗や点数となって数値化されないために、見落とされがちです。また違和感を感じても、現代では価値観があまりにも多様化しているために、正否の判断がつかず、何かの「気のせい」だと思ってその警告を無視しがちです。そして、やがて大きな問題へと発展していきます。
ヒンドゥー教では、すべての人々の心の中、さらに言えばすべての被造物や空間に神が宿ると教えます。何らかの違和感を肌で感じたら、それは「気のせい」ではなく、内なる神からの「助言」ととらえた方がよいかもしれません。もちろん、その「助言」は、人を傷つけない、社会に損害を与えないなどの基本的倫理観が前提となります。
本来の自分自身にはない悪い考えが頭をよぎるとき、暗く否定的な感情に支配されるとき、どのような方法で思考や感情を修正するのがよいのでしょうか。心本来のバランスを取り戻す方法としては、古くから瞑想やヨーガなどが勧められています。しかし、さらに簡便な方法として、ナーマスマラナ(神の御名の回想)があげられます。ナーマスマラナ(ナマスマラナ)というと、聞き慣れない方も多いかもしれませんが、これは、マントラ(真言、神の御名)を繰り返し唱えることに相当します。
ナーマスマラナは、お金も道具も必要としない、時と場所を選ばずに実践できる、すべての人々に平等に与えられた万能薬です。ヒンドゥーの聖典によれば、ナーマスマラナには、目に見える表面的な問題から、深層意識に至る問題まで、わたしたちが抱え得るすべての問題を解決する力が秘められています。
しかしナーマスマラナは、ヒンドゥー教に限られた概念ではありません。キリスト教徒であればキリストを、仏教徒であれば仏陀を、どのような宗派でも、それぞれの宗教の神々を讃えればよいとされています。さらに広義の意味では、聖書や教典を読み、神々の栄光を心に刻み込むこともナーマスマラナの一種だと言えます。またあらゆる場所に神々が浸透しているという普遍的概念をもつならば、自然の恵み、美しさを絶えず憶念し、感謝することなどが当てはまるでしょう。
本来の自分自身のリズムを失い、スランプを感じているとき、まずは神から与えられた万能薬であるナーマスマラナを毎日実践されることをお勧めします。毎日実践することで、確実に本来の明るく朗らかな内面を取り戻すことができます。古より幾多の困難を乗り越えてきた聖賢たちが太鼓判を押すこの効果には、疑いの余地がありません。ナーマスマラナは、すべての人々に分け隔てなく与えられた、神からの最高の贈り物といえるでしょう。

ジャパにもちいられる念珠

マントラを唱えるときは、何回唱えたかというのもひとつの重要な目安になりますが、その数を数えるためには、いろいろな手段があります。通常は、数珠(マーラー)を使用するのがもっとも数えやすく、効果のある方法だといわれています。ここで、タントラのエッセンスを集めた『タントラサーラ』から、どのような数珠をもちいるのが効果的であるかを記述している部分を抜粋してご紹介します。
『ジャパを行うにあたり、親指の先をもちいて数を数える方法【註:人差し指から小指まで、各指の3つの関節の間を、親指の先をあてながら数を数えていくと、人差し指→小指→人差し指の1往復で合計21数えることができる】は、通常の数を数える方法に比べて8倍の効力がある。プトラジーヴァ【ツゲモドキ属の植物】と呼ばれる神聖な木の種子でできた数珠をもちいると、通常の10倍の効力がある。ほら貝からつくられた数珠をもちいると、通常の100倍の効力がある。光り輝く石からつくられた数珠をもちいると、通常の1,000倍の効力がある。宝石でできた数珠をもちると、通常の10,000倍の効力がある。水晶の数珠もまた同様の効力があるが、真珠でできた数珠は、通常の10万倍の効力がある。そして、蓮からできた数珠は、前述の数珠のさらに10倍の効力がある。金でできた数珠は、100万倍の効力がある。それらすべての中でもさらに、クシャソウのの結び目、トゥラシー(ホーリーバジル)の数珠、そして神聖なルドラークシャからできた数珠は、無限大の効力をもたらす。』
ヴィシュヌ派の信者は、トゥラシーの数珠を用い、ガネーシャの信者は、象牙でできた数珠を用いることが神聖であるとされています。また、カーリーやシヴァの信者は、サンダルウッドやルドラークシャの数珠を用いるといわれています。
その他、願望を叶えるための数珠、子どもを授かるための数珠、罪を浄めるための数珠など、あらゆる目的のために最適な数珠が、『カーリカー・プラーナ』に記載されています。インドの伝統には、永年にわたって言い伝えられている「開運方法」が記載されているので、興味深いですね。
なお、ヒンドゥーでは人差し指は自我(エゴ)をあらわす指だとされていますので、数珠を括るときは人差し指はもちいず、中指に数珠をかけて、親指でひとつひとつ数珠を括っていきます。数珠袋に、わざわざ人差し指用の穴が開いているのは、このような理由からです。また、108回以上を連続で数える場合には、数珠の親玉(頂点に付いている珠)をまたぐのは良くないとされていますので、数珠を反転させて、親玉をまたがずに数えるようにします。
参照文献
Sadguru Sant Keshavadas, “Gayatri The highest Meditation”, Motilal Banarsidass Publishers Pvt. Delhi, 2002