新型コロナウィルス支援募金活動報告(その27)

新型コロナウィルス支援募金にご協力をいただいております皆様、誠にありがとうございます。

3月25日に始まった新型コロナウィルス感染拡大防止のためのインド全土の封鎖は、6月以降、段階的な措置の緩和が行われています。
昨年9月の感染拡大時には、1日の新規感染者数が10万人に迫る勢いでしたが、現在は1万人台で推移しています。
しかし、2月中旬以降、感染者数が急増している地域があり、懸念される状況に警鐘が鳴らされています。

2月23日に、身寄りのない高齢者や孤児が暮らす福祉施設へ、第15回目の物資の支援を行いました。
もっとも消費される食料品や生活必需品を中心に物資を集め、配送料を含めた合計は、Rs.32570(約48000円)です。
今回は、前回の支援から約4週間での支援となりました。

寒い冬が続いていた北インドでは、あっという間に春が訪れ、30度を超える日も出てきています。
これまでは、施設を訪問しても寒さのために多くの方々が部屋に籠っているようでしたが、今回訪れた際には、外で過ごす方の姿が多くありました。
少し間があきましたが、今回もあたたかく迎え入れられ、定番となった甘いお菓子のラッドゥーを大喜びしてくださる姿に、毎回こちらも嬉しい気持ちでいっぱいになります。

現在、施設では400名以上の入居者が暮らしていますが、コロナ禍で入居を希望する人が絶えず、今後も可能な限り、受け入れを行っていきたいとお話にありました。
多くの人が大変な思いをされている中、皆様から継続して温かいお気持ちをいただいておりますこと、心からの感謝をお預かりしています。
こうした温かな繋がりが社会に広がることを心から願ってやみません。

インドはまだ封鎖の緩和の段階にありますが、社会経済活動の多くが再開しています。
しかし、ここで感染者数が急増し始めている地域があり、再び厳しい対策が取り入れられるなど、予断を許さない状況にまだまだ不安は拭えません。
先が見えず大変な状況が続きますが、皆様の温かなお気持ちを通じてこの時を乗り越えることができるように、今後も活動していきたいと思います。

この度の温かいご協力に、心より御礼申し上げます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

新型コロナウィルス支援募金活動報告(その26)

新型コロナウィルス支援募金にご協力をいただいております皆様、誠にありがとうございます。

3月25日に始まった新型コロナウィルス感染拡大防止のためのインド全土の封鎖は、経済状況の悪化を受け、6月以降、段階的な措置の緩和が行われています。
インドでは1月16日からワクチン接種が始まっていますが、これまでに230万人以上が接種し、世界でも早いペースで進んでいると伝えられています。

1月27日に、身寄りのない高齢者や孤児が暮らす福祉施設へ、第14回目の物資の支援を行いました。
もっとも消費される食料品や生活必需品を中心に物資を集め、配送料を含めた合計は、Rs.32870(約47000円)です。

多くの人が大変な思いをされている中、皆様から継続して温かいお気持ちをいただき、今回も前回の支援から約3週間後の支援として計画を立てていました。
インドでは1月26日に、多くの人々が心待ちにしている共和国記念日が祝福されたため、その前にお祝い用の甘いお菓子のラッドゥーを含めて支援物資をお届けできればと思いましたが、物資が十分に揃わず、お届けは記念日の翌日となりました。
共和国記念日には農業改革に対する抗議活動が激しくなり、首都のデリー近郊では州境が封鎖されるなど警備体制が厳しくなっています。
福祉施設まではデリーから州境を超える必要があるため、一時はお届けできないのではないかと不安に駆られましたが、皆様のお気持ちが繋がり無事に届けることができました。

太陽の北方への回帰を祝福するマカラ・サンクラーンティを過ぎましたが、北インドはまだまだ寒い日が続いています。
今回も外に出ている方は少なめでしたが、荷物を運ぶ際には手伝いのために外に出てきてくれる方もおり、喜びを共有することができました。
定番となったラッドゥーを心待ちにしている方が多くいるようです。

新型コロナウイルス感染が拡大し始めたころ、福祉施設では入居者の方々に1日1食しか提供できないほどの苦境にありましたが、さまざまな方面に支援を求め、現在は400名以上に入居者を増やせるほどに状況は落ち着いてきています。
しかし、コロナ禍により入居を希望する人は現在も絶えず、支援はいくらあっても足らない状況です。
この縁を大切に、私たち自身も学びを含め、より良い社会のために動くことができるよう、今後も支援を継続していきたいと思います。

この度の温かいご協力に、心より御礼申し上げます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

新型コロナウィルス支援募金活動報告(その25)

新型コロナウィルス支援募金にご協力をいただいております皆様、誠にありがとうございます。

3月25日に始まった新型コロナウィルス感染拡大防止のためのインド全土の封鎖は、経済状況の悪化を受け、6月以降、段階的な措置の緩和が行われています。
インド全体では感染拡大のピークを過ぎ、現在は社会経済活動の多くが再開するとともに、ワクチンの接種も始まっています。

皆様からたくさんの温かいお気持ちをいただき、動物支援のご寄付が集まりましたことから、1月23日にデリーで動物を保護する施設へ医療物資を届けることができました。
医療物資の支援は、前回から約2ヶ月ぶり、第6回目となります。
獣医師の指導のもと、配送料を含め、今回はRs.49301(約71000円)の医療物資を手配しました。
(これまでは合計金額より8%の割引をいただいていましたが、今回からはより良い形で割引できるよう、それぞれの医薬品ごとに割引いた価格でご提供いただいています。)
医療物資は、前回に引き続き、怪我をした動物のための治療薬や、衰弱した動物のための栄養剤が主なものとなっています。

インドでは厳しい封鎖が段階的に緩和され、現在、社会経済活動の多くが再開しています。
しかし、長く続いてた封鎖の影響は大きく、社会の中で弱い立場の存在がとりわけ深刻な影響を被ってるといわれます。
保護施設では、捨てられた動物を始め、ひどい怪我を負ったり、衰弱している動物を中心に、可能な限り動物の保護を続けています。
医療物資はいくらあっても足らず、救える命は限られていますが、少しでも痛みなく穏やかに過ごすことができるようにと、保護動物の治療を行っています。

終わりの見えない不安定な状況が続く中で、継続して多くのご支援をいただいておりますこと、皆様への感謝をお預かりしています。
保護施設では動物の食糧は確保できているため、今後も医療物資の支援を継続していく予定です。
社会に健やかなエネルギーが満ちるよう、生きとし生けるものが幸せに暮らすことを願いながら、活動を続けて行きたいと思います。

この度の温かいご協力に、心より御礼申し上げます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

シーズインディア支援事業の活動報告

シーズインディア支援事業にご協力をいただいている皆様、温かいご支援をいただき誠にありがとうございます。

インドでは現在、新型コロナウイルスの感染拡大はピークを超えたと見られていますが、一部の地域では感染者の多い状況が続いています。
シーズインディアがあるインド南部のケーララ州もそのひとつです。

2018年の豪雨災害の被害を受けた家族や、毎月の教育支援を行う子どもたちの多くが暮らすダリット村でも感染が拡大し、現在はcontainment zone(封じ込め地域)に指定され、完全に隔離されています。
ダリット村では大家族が小さな家屋で暮らし、トイレや炊事場を共用しています。
ひとたび感染爆発が起きれば、大変な事態になることが予想されていましたが、やはり事態は深刻になり、村全体に感染が広がっています。
入院できる施設がないため、重症の人を除き、皆が自宅で療養をしています。
封じ込めは2週間の予定で1月の上旬に始まりましたが、感染拡大は収まらず、封じ込めは現在も続いています。

これまで、毎月の教育支援を行う子どもたちの家族へはクーポンを配布し、各自が指定の店舗で生活物資を受け取る支援を行なっていましたが、現在は村の外へ出ることができない状況のため、近くの敷地まで物資をまとめて運び、電話などでコミュニケーションを取りながら、それぞれが受け取れるように手配しています。
別の地域に居住する子どもたちの12の家族は、シーズインディアの施設に来ることができ、施設で物資を手渡すことができました。
毎月の教育支援を行う子どもたちの家族に、豪雨災害の被害を受けた家族や、その他に困窮する家族を含め、これまでに約300家族へ生活物資の支援を行なっています。

ダリット村の人々は、日雇いの仕事に就き、その日を過ごすことに精一杯の家庭も多く、普段から備蓄などができる状況ではありません。
政府からの十分な支援は得られず、皆様のご支援は警察や保健当局からも大変感謝され、物資の配給を安全に円滑に行えるようサポートをいただきました。
ダリット村の人々は仕事ができない状況のため、今後も厳しく困難な状況に直面することが予想されています。

現在の状況を通じては、社会的な弱者がもっとも深刻な影響を受けているとされています。
皆様の温かいお気持ちを今後も活用させていただき、少しでも社会に平和が広まりますよう努めていきたいと思います。

いつも温かいご支援をいただき、心より御礼申し上げます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

新型コロナウィルス支援募金活動報告(その24)

新型コロナウィルス支援募金にご協力をいただいております皆様、誠にありがとうございます。

3月25日に始まった新型コロナウィルス感染拡大防止のためのインド全土の封鎖は、経済状況の悪化を受け、6月以降、段階的な措置の緩和が行われています。
インド全体では、1日の新規感染者数が1〜2万人台の日が続いており、9万人を超えていた感染拡大時に比べ、落ち着いているように見えます。

1月5日に、身寄りのない高齢者や孤児が暮らす福祉施設へ、第13回目の物資の支援を行いました。
もっとも消費される食料品や生活必需品を中心に物資を集め、配送料を含めた合計は、Rs.35215(約49500円)です。

今回は前回の支援から約3週間での支援となり、新年のお祝いもかねて、甘いお菓子のラッドゥーを前回と同じだけ含めました。
北インドはもっとも寒い時期を迎えていますが、施設に近い首都のデリーでは、元旦に最低気温が1.1度まで下がりました。
寒さが厳しくなりましたが、施設ではささやかに新年のお祝いを行うことが出来たようで、飾り付けとともに、穏やかな様子を伺うことが出来ました。
今回も寒さのために、外に出ている方は少なめでしたが、現在の入居者は400名を超え、入居を希望する人は現在も絶えない状況です。

太陽が北方に回帰するマカラ・サンクラーンティを過ぎれば、少しずつ日が伸び、光が満ちていきます。
長く続く大変な状況を、皆様のおかげで乗り越え続けられていることに、心からの感謝をいただいています。
より良い社会に向かって進むことができるように、こうした日々に学びながら、今年も積極的に活動して行くことを心がけたいと思います。

この度の温かいご協力に、心より御礼申し上げます。
新しい一年が皆様にとって幸せ多き一年となりますよう、心よりお祈り申し上げます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

冬期休業のご案内

本年もSitaRamaをご愛顧いただきまして、誠にありがとうございました。

ご迷惑をおかけして誠に申し訳ございませんが、2020年12月30日(水)~2021年1月3日(日)まで、冬期休業とさせていただきます。
ご注文商品の発送は、1月4日(月)からとなりますので、何卒ご理解・ご了承のほどよろしくお願い申し上げます。

皆様にとって、神々の祝福に満ちた良いお年となりますよう、心よりお祈り申し上げます。

シーズインディア支援事業より、クリスマスのご挨拶

シーズインディア支援事業へご協力をいただいております皆様、温かいご支援をいただき誠にありがとうございます。
シーズインディアより、クリスマスのご挨拶が届きましたので、掲載をさせていただきます。

シーズインディアのある南インドのケーララ州は、常夏の気候に恵まれ、豊かな緑が溢れています。
天候も良く、かつて豪雨災害の被害を受けた支援活動を行う水田では、稲がすくすくと育っています。
クリスマスの休暇の時期となりますが、休みなく、水田の手入れに取り組んでいます。
お米を主食としているケーララ州は、絵になるような水田が広がる自然の美しいところです。

毎年、クリスマスの時期には、病院への食事の配給の際に、プラムケーキを配ります。
今年は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、病院内に立ち入ることはできませんが、医療従事者を通じて、約200人分のケーキを手渡すことができました。

豪雨災害の被害を受けた、タミルナードゥ州からの出稼ぎ労働者が暮らすコミュニティでも、プラムケーキを配ることができました。
封鎖の影響により仕事を失い、困窮している人々が多く、一口ほどのケーキですが、こうした小さな喜びが大きな力になることと思います。

今年は新型コロナウイルス感染症の蔓延により、厳しく大変な一年となりました。
しかし、皆様の温かいご支援に支えられ、人々は力強く歩みを進めています。
現地では、皆様への心からの感謝と、来る年のご多幸とご健勝を祈る祈りが捧げられています。

『隣人を自分のように愛しなさい。』
(日本聖書協会『聖書 新共同訳』 マタイによる福音書 22章 39節)

いつも温かいご支援を頂き、改めまして心より御礼申し上げます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

新型コロナウィルス支援募金活動報告(その23)

新型コロナウィルス支援募金にご協力をいただいております皆様、誠にありがとうございます。

3月25日に始まった新型コロナウィルス感染拡大防止のためのインド全土の封鎖は、経済状況の悪化を受け、6月以降、段階的な措置の緩和が行われています。
インド全体では感染拡大のピークを過ぎましたが、これまでに累計感染者数は997万人、死者数は14.4万人を超えました。

12月17日に、身寄りのない高齢者や孤児が暮らす福祉施設へ、第12回目の物資の支援を行いました。
もっとも消費される食料品や生活必需品を中心に物資を集め、配送料を含めた合計は、Rs.33295(約47000円)です。

福祉施設への支援は、これまで3週間に一度の支援となっていましたが、たくさんの温かいお気持ちをいただき、今回は前回の支援から約2週間での支援となりました。
物資には、今回も甘いお菓子のラッドゥーを前回と同じだけ含めました。
福祉施設がある北インドでは寒さが厳しくなる冬を迎え、来年のマカラ・サンクラーンティまでは大きな祝祭もありません。
まだまだ不安定な状況が続き、気持ちが沈みがちなこの時に、皆様のお気持ちを少しでも喜びの形としてお届けすることができればと思います。

いつもなら訪問すると多くの入居者の方の姿が見られますが、今回は風が強く、寒さもあり、ほとんどの方が部屋にこもっているようでした。
それでも、荷物を運ぶ際には手伝いのために外に出てきてくれる方もおり、少しの間、喜びを共有することができました。

福祉施設に近い首都のデリーでは、新型コロナウィルス感染の第3波に見舞われ、1日の新規感染者数が8000人を超えるほど深刻になっていましたが、現在は1000人台に落ち着いています。
しかし、コロナ禍の中で経済的な事情や家庭の事情により、施設に入居を希望する人は増え続け、現在の入居者は400名を超えているといいます。
さまざまな方面に支援を求めながら、可能な限り受け入れを続けていくという中で、少しでも安心して活動を続けられるよう、定期的な支援を今後も継続してきたいと思います。
私たち自身もこうした状況に学び、社会に向き合いながら、思い合う豊かな精神を育んでいければと思います。

この度の温かいご協力に、心より御礼申し上げます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

新型コロナウィルス支援募金活動報告(その22)

新型コロナウィルス支援募金にご協力をいただいております皆様、誠にありがとうございます。

3月25日に始まった新型コロナウィルス感染拡大防止のためのインド全土の封鎖は、経済状況の悪化を受け、6月以降、段階的な措置の緩和が行われています。
インド全体では感染拡大のピークを過ぎましたが、これまでに累計感染者数は950万人を超え、死者数は14万人に迫ろうとしています。

12月2日に、身寄りのない高齢者や孤児が暮らす福祉施設へ、第11回目の物資の支援を行いました。
もっとも消費される食料品や生活必需品を中心に物資を集め、配送料を含めた合計は、Rs.34940(約49000円)です。
これまで3週間に一度の支援となっていましたが、今回も前回の支援から約3週間での支援となりました。

新型コロナウィルス感染の第3波が深刻になっていた首都のデリーでは、現在、農業改革に反発する農業従事者らの抗議活動が大きくなり、州境が封鎖されるなど、不安定な状況が生じています。
福祉施設へ物資を運ぶには、デリーから州境を越えなければならないため、前回から3週間目となる今週に支援をできるか不安でした。
どうにか物資を集めることができ、また州境の安全が確認できたため、無事に物資を届けることができほっとしています。

物資には、今回も甘いお菓子のラッドゥーを前回と同じだけ含めました。
特に大きな祝祭があるわけではないですが、皆様からたくさんの温かいお気持ちをいただいており、寒く暗くなるこの季節に、少しでも喜びの光を見出すことができればと思います。

コロナ禍に入り、経済的な事情や家庭の事情により、施設に入居を希望する人が増え続けているといいます。
精神的な病を患っている新規入居者も多く、見慣れない人などがいると取り乱すこともあることから、外部者はあまり交流を図ることはできません。
新型コロナウィルスの感染を防ぐ目的もありますが、それでも、施設の人々に温かく迎え入れられ、物資をお渡しする少しの間に、喜びを共有することができました。

特に現在の不安定な状況の中で、定期的に物資を支援いただいていることが大きな支えになっていると、心からの感謝をいただいています。
社会には多くの課題がありますが、お互いに関係し合いながらどこかで一つに繋がっていることを忘れずに、今後も活動してきたいと思います。

この度の温かいご協力に、心より御礼申し上げます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

新型コロナウィルス支援募金活動報告(その21)

新型コロナウィルス支援募金にご協力をいただいております皆様、誠にありがとうございます。

3月25日に始まった新型コロナウィルス感染拡大防止のためのインド全土の封鎖は、経済状況の悪化を受け、6月以降、段階的な措置の緩和が行われています。
インド全体では感染拡大のピークを過ぎ、現在は1日の新規感染者数が4万人前後の日が続いています。

皆様からたくさんの温かいお気持ちをいただき、動物支援のご寄付が集まりましたことから、11月28日にデリーで動物を保護する施設へ医療物資を届けることができました。
当初、動物支援は封鎖や外出禁止の影響により飢え始めた地域動物への餌食のための支援として開始いたしましたが、社会経済活動の多くが再開している現在は、保護施設への医療物資の支援としてご寄付を募っています。

医療物資の支援は、前回から2ヶ月半ぶり、第5回目の支援となります。
獣医師の指導のもと、今回はRs.47814(約67000円)の医療物資を手配しました。
薬局にて8%の割引をいただいたため、配送料を含め、支払った金額はRs.44488(約62500円)となっています。

外出自粛の影響で、日本ではペットを飼う人が増えたというニュースも伝えられましたが、インドではペットを手放す人が増えていると伝えられています。
経済的な事情によりペットの世話ができなくなったことが大きな理由のようですが、ペットが新型コロナウイルス感染の原因になると誤った噂が流れたこともあると伝えられています。
捨てられた動物が徘徊することにより、縄張り争いで怪我をする動物が多くなりました。

医療物資は、前回に引き続き、怪我をした動物のための治療薬や、衰弱した動物のための栄養剤が主なものとなりました。
保護施設では、現在も保護される動物が多く、医療物資はいくらあっても足らないと言います。
救える命は限られ、無力感に包まれることがあっても、できることをひとつひとつ行っていくと、活動する人々の姿勢からはたくさんの気づきを与えられます。

不安定な状況が続く中で、継続してたくさんのご支援をいただいておりますこと、皆様への感謝をお預かりしています。
行動を起こすことで良い変化が生まれることを願い、今後も保護施設への医療物資の支援を継続していく予定です。
少しでも万物が安全に健やかに暮らすことができるように心から願っています。

この度の温かいご協力に、心より御礼申し上げます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)