新型コロナウィルス支援募金活動報告(その17)

新型コロナウィルス支援募金にご協力をいただいております皆様、誠にありがとうございます。

3月25日に始まった新型コロナウィルス感染拡大防止のためのインド全土の封鎖は、経済状況の悪化を受け、6月以降、段階的な措置の緩和が行われています。
この措置の緩和により感染拡大が続き、累計感染者数は520万人を超えました。

感染の拡大に歯止めがかからない状況が続いていますが、更なる封鎖の緩和が続き、社会経済活動の再開が進んでいます。
これにより、4月の中旬に始まった動物の餌食は、9月5日を持って一旦終了しています。
ドッグフードは240kg(Rs.29500(約43000円))、ミルク(500ml)は1215パック(Rs.27945(約40000円))を与えることができました。
これまでのご支援に、改めて心より御礼申し上げます。

また、皆様からは動物支援のご寄付をたくさんいただき、9月16日にデリーで動物を保護する施設へ医療物資を届けることができました。
医療物資の支援は第4回目となり、獣医師の指導のもと、今回はRs.48021(約68000円)の医療物資を手配しました。
薬局にて8%の割引をいただいたため、配送料を含め、支払った金額はRs.44679(約63000円)となっています。

医療物資は怪我をした動物のための治療薬や、衰弱した動物のための栄養剤が主なものとなりました。
保護施設へは、前回からおよそ1ヶ月半ぶりの訪問となりましたが、依然として動物の保護が増え続けているといいます。
医療物資はいくらあっても足らないと、施設のスタッフの方は口にしていました。
この状況の中で、継続してたくさんのご支援をいただいていることに、感謝してもしきれないと、皆様への感謝をお預かりしています。
今後も、動物を保護する施設への医療物資の支援を継続していく予定です。

インドでは、新型コロナウィルス感染の死亡率は低く抑えられていることが伝えられています。
封鎖による社会経済活動への影響が大きく、今後は新型コロナウィルスとの共生に向けて生活を見直していく必要があるとされ、少しでも万物が安全に健やかに暮らすことができるように、活動を続けていきたいと思います。

この度の温かいご協力に、心より御礼申し上げます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

新型コロナウィルス支援募金活動報告(その16)

新型コロナウィルス支援募金にご協力をいただいております皆様、誠にありがとうございます。

3月25日に始まった新型コロナウィルス感染拡大防止のためのインド全土の封鎖は、経済状況の悪化を受け、6月以降、段階的な措置の緩和が行われています。
この措置の緩和により感染拡大が続き、連日、1日に10万人近い新規感染者数が報告されています。

9月9日に、身寄りのない高齢者や孤児が暮らす福祉施設へ、第7回目の物資の支援を行いました。
前回の支援から約2週間での支援となり、施設側と不足している物資について確認の上、必要な食料品や生活必需品などを中心に物資を集めました。
配送料を含めた合計は、Rs.29550(約43000円)です。

現在、インドはピトリ・パクシャと呼ばれる先祖供養の期間が続いています。
布施の伝統が生きるインドですが、この先祖供養の期間は特に、助けを必要としている人に進んで手を差し伸べることが勧められています。
前回の支援から間もないですが、この大切な時に、皆様のお気持ちをお届けすることができればと思い、支援を実施することとなりました。
今回も施設のスタッフの方々だけでなく、入居者の方々も喜んで迎え入れてくださり、重たい物資もいつものように入居者の方々が率先して運んでくださいました。
皆様への心からの感謝をお預かりしています。

大変な状況が続く現在ですが、こうして思いやる心を失うことなく、与えること、与えられることを通じて、真に豊かな生活を築くことができればと思います。
多くの人々が困難に直面している中、皆様には継続してご支援をいただいておりますこと、改めて御礼申し上げます。
与える人、与えられる人、その想いが繋がり、世界に平和が広まりますよう、心より願っています。

この度の温かいご協力に、心より御礼申し上げます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

新型コロナウィルス支援募金活動報告(その15)

新型コロナウィルス支援募金にご協力をいただいております皆様、誠にありがとうございます。

3月25日に始まった新型コロナウィルス感染拡大防止のためのインド全土の封鎖は、経済状況の悪化を受け、6月以降、段階的な措置の緩和が行われています。
この措置の緩和により感染拡大が続いていますが、9月1日からはUnlock4.0と呼ばれる封鎖の更なる緩和が行われています。

段階的な封鎖の緩和により、飲食店が開き始め、地域の動物たちの多くは、十分な食事を得られている状況が見られるようになりました。
感染の拡大は続いていますが、社会経済活動の多くが再開されるようになったことから、動物への餌食は9月5日をもって、一旦終了とさせていただく予定です。

4月の中旬に始まった動物の餌食は、これまでに、20kg入りのドッグフードを12袋、与えることができました。
ドッグフードの合計は、Rs.29500(約43000円)となっています。
ミルクはまだ集計ができていない分がありますが、これまでにRs.25415(約37000円)を与えることができました。
嬉しそうに尻尾を振ってミルクを欲しがる姿が目に焼き付き、いざ餌食を終えるとなると、寂しい気持ちです。

一時期は、先の見えない状況に大きな不安を感じましたが、こうして餌食を終えることができ安堵しています。
しかし、半年近く餌食を行っていた地域の犬の中には、最近になって怪我をするようになった犬がいます。
封鎖の影響により、飼育できなくなった動物の放棄が増えたせいか、縄張り争いで怪我をする動物が多いといわれます。
今後は、こうした動物を保護する施設への医療物資の支援を継続していきたく、寄付ページは継続する予定です。

動物への餌食は終えますが、感染拡大は続いており、今後さまざまな面に封鎖の影響が出てくるとされています。
より良い形で皆様のお気持ちを届けることができるよう、今後も計画の上、支援を実施していきたいと思います。

これまでに温かいご支援に、改めて心より御礼申し上げます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

シーズインディア支援事業の活動報告

シーズインディア支援事業にご協力をいただいている皆様、温かいご支援をいただき誠にありがとうございます。

インドでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いており、累計の感染者数は330万人を超えました。
この感染の拡大が続く中、8月に入ってからはインドの各地でモンスーンの豪雨による被害が相次いでいます。

ケーララ州でも8月の上旬に大雨が続き、大きな被害が出た地域があります。
シーズインディア支援事業の活動が行われる地域でも、一時期は近くを流れるパンパ川が溢れ、冠水した地域が多く出ました。
幸い、大雨は落ち着き、ここ数年続いていたような被害にはなりませんでしたが、新型コロナウイルスの感染者が増えており、ケーララ州では9月がピークになるのではないかとニュースで伝えられています。
教育機関は閉鎖が続いており、仕事も以前のようにできる状況ではありません。

8月15日の土曜日に、教育支援を行う子どもたちの45家族に、2018年の豪雨災害の被害を受け、特に困窮している家族を加えた合計115の家族に、支援を行いました。
生活物資に、Rs.500(約700円)のバウチャー(商品券のようなもの)を加えた支援です。
まだ大勢が一度に集まることは難しい状況のため、施設とそれぞれの家族が暮らす2つの村の、合計3ヵ所で実施しました。

8月15日はインドの独立記念日であったため、そのお祝いでもあり、またバウチャーは、これから迎えるオーナム祭のお祝いも兼ねています。
オーナム祭はおよそ10日間にわたる祝祭ですが、ケーララ州でもっとも大きな祝祭にあたります。
今年のメインのお祝いは8月31日となり、通常では新しい服を身につけ、お祝いの食事で祝福を行います。

支援をした家族は、日々を暮らすことに精一杯である上に、先の大雨で村が冠水し、一時的に避難生活をしていた家族です。
ここ数年は豪雨災害の影響でオーナム祭が中止になっている中、今年は新型コロナウイルスの影響で大きな行事はできません。
日々に喜びを見出すために、人々が心待ちにしているオーナム祭を、ささやかでもお祝いできればと願っています。

また、病院での食事の配給も、変わらずに毎日続いています。
現在は、感染を防ぐために、村の施設で食事を調理し、町の病院まで食事を運ぶだけの支援になります。
大雨の影響や食材の高騰など、困難な状況が続く中でも、欠かさずに継続できていることに、感謝の念に堪えません。

オーナム祭を迎え、現地の人々からは、皆様のご多幸とご健勝を願うお祈りをお預かりしております。
大変な状況にある人々が多くいる中で、継続的なご支援をいただいておりますこと、心より御礼申し上げます。

厳しい残暑が続いておりますので、どうかご自愛の上お過ごしください。
皆様の温かいご支援を、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

新型コロナウィルス支援募金活動報告(その14)

新型コロナウィルス支援募金にご協力をいただいております皆様、誠にありがとうございます。

3月25日に始まった新型コロナウィルス感染拡大防止のためのインド全土の封鎖は、経済状況の悪化を受け、6月以降、段階的な措置の緩和が行われています。
この措置の緩和により、累計感染者数が310万人を超える感染拡大が続いていますが、9月からはUnlock4.0と呼ばれる更なる措置の緩和が行われる予定です。

8月24日に、身寄りのない高齢者や孤児が暮らす福祉施設へ、第6回目の物資の支援を行いました。
8月22日のガネーシャ降誕祭を迎える前に支援を検討していましたが、大雨のため方々の道路が冠水していた影響により配送が行えず、今週の支援になりました。
物資はもっとも消費される食料品などを中心に集め、配送料を含めた合計はRs.33100(約48000円)です。

8月に入って、クリシュナ降誕祭、独立記念日、ガネーシャ降誕祭と、大きな祝祭が続いていたため、甘いお菓子のラッドゥーを15kg購入し支援物資に含めました。
こうした小さな喜びが、日々に光を生み出す糧となることと思います。

ガネーシャ降誕祭は10日間にわたって祝福される祝祭でもあり、施設にはガネーシャ神がお祀りされていました。
感染防止のため外部者の立ち入りが制限されており、施設には長居できませんが、ラッドゥーはガネーシャ神にお供えした後に、皆で分け合ってくださったそうです。
今回も到着するなり、「今日は何を持ってきてくれたの!」と入居者の方々が喜んで迎え入れてくださり、重たい物資も入居者の方々が率先して運んでくださいました。

多くの人々が困難に直面している現在、継続してご支援をいただいていることに、施設の方々から心からの感謝をお預かりしています。
インドは感染拡大が続いており、これから先も困難な状況が続くと見られます。
皆様からはたくさんのお気持ちをいただき、今後も可能な限り、物資の支援を継続していく予定です。

この度の温かいご協力に、心より御礼申し上げます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

新型コロナウィルス支援募金活動報告(その13)

新型コロナウィルス支援募金にご協力をいただいております皆様、誠にありがとうございます。

3月25日に始まった新型コロナウィルス感染拡大防止のためのインド全土の封鎖は、経済状況の悪化を受け、6月以降、段階的な措置の緩和が行われています。
この措置の緩和により、現在は大都市から医療体制が脆弱な地方へと感染が拡大しています。

感染の拡大が続く中、8月に入ってからはインドの各地でモンスーンの豪雨による被害が相次いでいます。
首都のデリーでも大雨が続き、ここ11日間で、モンスーンの時期の80%に相当する雨が降ったとされています。
ガネーシャ降誕祭を迎える前に、身寄りのない高齢者や孤児が暮らす福祉施設へ物資の支援を検討していましたが、方々の道路が冠水しており、配送が難しい状況です。
福祉施設からも、安全を第一に雨が落ち着いてから来てくださいと連絡をいただき、今週の支援は延期しました。
来週の始めにも、物資を手配しお届けできればと計画しています。

地域の動物へは、大雨の影響で餌食ができない日がありますが、ほぼ毎日、ミルクを中心に与えています。
ドッグフードは様子を見て与える日がありますが、ほとんど食さなくなっており、飲食店から十分な量を得られているようです。
1パックのミルクは500mlでRs.23(約34円)となり、1度に5パックを与えているため、1度の餌食はRs.115(約170円)となっています。

最近は、首輪をつけるようになった犬が何匹かいます。
お腹の毛が剃られているので、地域の方か動物愛護団体の方が、避妊の手術を行った目安のようです。
しかし、どの犬も変わらずに元気で、いつも尻尾を振って待っています。
万物が少しでも幸せに穏やかな日々を過ごせるように、今後も活動していきたいと思います。

この度の温かいご協力に、心より御礼申し上げます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

新型コロナウィルス支援募金活動報告(その12)

新型コロナウィルス支援募金にご協力をいただいております皆様、誠にありがとうございます。

3月25日に始まった新型コロナウィルス感染拡大防止のためのインド全土の封鎖は、経済状況の悪化を受け、6月以降、段階的な措置の緩和が行われています。
この措置の緩和により、1日の新規感染者数が5万人を超える感染の拡大が続いており、累計感染者数は180万人を超えました。

感染の拡大が続いていますが、8月からはUnlock3.0と呼ばれる更なる緩和が行われています。
州政府によって対応は異なりますが、Unlock3.0では夜間の外出禁止令が解除されました。
インドでは日本に比べ夕食の時間が遅く、夜10時以降に食事をとることも多くあります。
夜間の外出禁止令が解除されたことにより、これからは更に多くの飲食店が開くとみられ、地域の動物たちは飲食店の残った食材を得られていくかと思います。
最近はドッグフードが残るようになっていたので、以前のような食事が好みなのかもしれません。

皆様からは動物支援のご寄付をたくさんいただき、8月2日にデリーで動物を保護する施設へ医療物資を届けることができました。
保護施設へは前回からおよそ1ヶ月ぶりの訪問となりましたが、医療物資の支援は第3回目となっています。
獣医師の指導のもと、Rs.53257(約75000円)の医療物資を手配しました。
薬局にて8%の割引をいただいたため、配送料を含め、支払った金額はRs.49496(約65000円)となっています。

長く続いている封鎖や外出禁止を通じて、飼育できなくなった動物の放棄が増えたせいか、依然と動物の保護が増え続けているといいます。
少しずつ緩和された交通で事故にあったり、縄張り争いで怪我をした動物が多いそうです。
医療物資はこうして怪我をした動物のための治療薬や、衰弱した動物のための栄養剤が主なものとなりました。

辛い目にあった動物が多いはずですが、前回と同じように、スタッフにぴったりと寄り添い甘えてくる犬の姿もありました。
前回の訪問の際にひどい傷を負っていた犬の中には、だいぶ状態が良くなっている犬もいます。
今後は餌食の量を減らし、医療物資の支援を中心に行う予定です。
少しでも痛みが和らぎ、穏やかに暮らすことができるように、皆様のご支援を今後も活用させていただきたいと思います。
(今回、写真にはあまりに痛ましい姿が多く含まれていたため、そういった写真は掲載を控えています。)

この度の温かいご協力に、心より御礼申し上げます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

新型コロナウィルス支援募金活動報告(その11)

新型コロナウィルス支援募金にご協力をいただいております皆様、誠にありがとうございます。

3月25日に始まった新型コロナウィルス感染拡大防止のためのインド全土の封鎖は、経済状況の悪化を受け、6月以降、段階的な措置の緩和が行われています。
この措置の緩和により感染の拡大が続いており、現在までに累計感染者数は150万人を超えています。
8月からはUnlock3.0と呼ばれる更なる緩和が行われる計画となっていますが、感染が拡大している地域では、州政府によって封鎖の延長や再導入が行われています。

現在、デリーでの動物の餌食は、地域の犬を中心に、ドッグフードとミルクを与えています。
ドッグフードはあまり食さなくなっているため、現在はミルクをこれまでの倍の量で与えています。
20kg入りのドッグフードの大袋は、12袋目を使用中です。

この地域の犬へ餌食を行なっていると、いつも見かける男の子がおり、だんだんと距離が近くなってきました。
小さい頃からこの地域の犬と遊びながら育ったようで、どの犬もよくなついており、男の子の言うことをとてもよく聞いています。
ある犬がミルクを飲み過ぎると、きちんと叱り、他の犬に平等に行き渡るようにしてくれます。
男の子にミルクを渡すと、嬉しそうに犬たちに与えているので、男の子がいるときはミルクを渡して餌食をしてもらっています。

ニュースではデリーの感染の拡大は落ち着きを見せていることが伝えられ、飲食店の多くも開きつつありますが、まだ困難な状況は続いています。
以前のように十分な量をもらえていない可能性もあるため、今後も様子を見ながら餌食を続ける予定です。
また、近く獣医師の指導を得られ次第、動物の保護施設への医療物資の支援を行う予定です。

この度の温かいご協力に、心より御礼申し上げます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

新型コロナウィルス支援募金活動報告(その10)

新型コロナウィルス支援募金にご協力をいただいております皆様、誠にありがとうございます。

3月25日に始まった新型コロナウィルス感染拡大防止のためのインド全土の封鎖は、経済状況の悪化を受け、6月以降、段階的な措置の緩和が行われています。
この措置の緩和により、現在では累計感染者数が100万人を超える感染の拡大が続いており、封鎖を再導入する地域も多く見られます。

身寄りのない高齢者や孤児が暮らす福祉施設へ、7月2日に第4回目、7月20日に第5回目の物資の支援を行いました。
7月2日の報告が遅れ誠に申し訳ございません。
どちらも、物資はもっとも消費される食料品などを中心に集め、配送料を含めた合計は7月2日がRs.25460(約37000円)、7月20日がRs.22700(約33000円)です。
施設のスタッフの方々や入居者の方々が喜んで迎え入れてくださり、中まで入ると、入居者の方々が重たい物資も率先して運んでくだいました。

こちらは7月2日の支援の様子です。

こちらは7月20日の支援の様子です。

施設は首都のデリー近郊にありますが、デリーでは一時期に比べ、感染の拡大は落ち着いているとされています。
しかし、予断を許さない状況にあること、さらに、新型コロナウィルスの感染拡大による影響は、これからさまざまな方面に出てくると見られ先行きも不透明です。
施設からは、これまでのもっとも困難な時期を、皆様のご支援によって乗り越えられたことに心からの感謝をお預かりしています。
多くの人々が大変な状況にある現在、外部からの寄付が頼りであった施設では、これから先も困難な状況が続くと見られます。
皆様からはたくさんのお気持ちをいただいているため、今後もしばらくは、物資の支援を継続していく予定です。

この度の温かいご協力に、心より御礼申し上げます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

シーズインディア支援事業の活動報告

シーズインディア支援事業にご協力をいただいている皆様、温かいご支援をいただき誠にありがとうございます。

インドでは、新型コロナウイルスの累計感染者数が100万人を超え、新規感染者数が1日に4万人を超える感染拡大が続いています。
7月からは、Unlock 2.0と呼ばれる封鎖の緩和が予定されていましたが、感染の拡大により、封鎖を再導入する地域が多く見られます。

中東へ出稼ぎに行く人々が多いケーララ州では、人々が帰省した影響により、感染が拡大しています。
シーズインディア支援事業の活動が続く地域でも感染者が確認されたため、一時期は地域全体が隔離されました。
感染が確認されたのは、地域の衛生状態を改善する役割を担うASHA(社会保健士)の女性です。
しかし、感染の拡大は見られなかったため、現在は隔離が解かれています。

隔離が解かれた7月の第3週目に、教育支援を行う子どもたちの45家族に、2018年の豪雨災害の被害を受け特に困窮している22家族を加えて、施設での物資の配給を行いました。
まだ大人数の集会は禁止されているため、物資の支援は2日間の日程で3回に分けて行っています。
教育支援を行う子どもたちへは、隔月で、施設での物資の配給か、店舗で物資を購入するクーポンの配布を行っていますが、状況が不安定であるため、施設での集合が難しい時があります。
施設に集合できない月は、店舗で物資を購入するクーポンの配布を行っています。

子どもたちは皆元気に過ごしていますが、学校の再開時期の目処は立っていません。
以前、オンライン授業が始まった際に、対応ができない貧しい家庭の子どもが自ら命を断つという悲しいニュースが伝えられました。
最近では、オンライン授業に比べて受けやすいテレビを通じた授業を行う計画が進んでいます。
しかし、テレビがない家庭も多いため、地域のコミュニティ・センターのようなところに大きめのスクリーンを設けて、テレビのない家庭の子どもが授業を受けられるようにするという計画も進んでいます。

また、病院での食事の配給は、食事を調理し病院まで運ぶ支援になりますが、変わらずに毎日続いています。
感染を防ぐために、今後もしばらくは、病院のスタッフが配膳を行う予定です。
隔離中でも、スタッフが通行許可を得ていたため、村の施設で調理した食事を町にある病院まで毎日運ぶことができました。
病院での食事の配給は、皆様のご支援のおかげで、2000年から一日も欠かすことなく続いています。
しかし、食事を病院へ運ぶ際の燃料の高騰が続いていること、また、特にお米が高騰していることから、厳しい支援の状況が続いています。

封鎖や外出禁止令の影響により、特に経済的に弱い立場にある人々の生活に甚大な影響が出ています。
子どもたちの父親や母親の多くが、現在も仕事ができない状況にあります。
2018年の豪雨災害の被害を受けた人々へは、生活再建のためのさまざまな支援を計画していましたが、同じように仕事を失った人々が多く、これからはひとまず、地域の人々が最低限の生活を送ることができるよう、生活物資の支援を中心に続ける予定です。

インドでは雨季を迎えています。
2018年の豪雨の際は、今頃から大雨が続いていましたが、ケーララ州では現在のところ雨は落ち着いています。
少しでも穏やかな生活を送ることができるように、皆様のご支援を活用させていただきたいと思います。
現地の人々は、いつも祈りの中にご支援をいただく皆様がいると話しています。
大変な状況にある人々が多くいる中で、継続的なご支援をいただいておりますこと、心より御礼申し上げます。
皆様の温かいご支援を、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

皆様もどうかお気をつけてお過ごしください。
一日も早く収束し、世界に平和が広まりますよう、心よりお祈り申し上げます。

(スタッフ:ひるま)