新型コロナウィルス支援募金活動報告(その8)

新型コロナウィルス支援募金にご協力をいただいております皆様、誠にありがとうございます。

3月25日に始まった新型コロナウィルス感染拡大防止のためのインド全土の封鎖は、段階的な措置の緩和が行われています。
経済状況の悪化を受けたこの措置の緩和により感染拡大が続き、現在はアメリカとブラジルに次いで、インドは世界で3番目の感染者数となっています。
7月よりさらなる措置の緩和が見込まれていましたが、地域によっては封鎖を再導入する動きも見られます。

7月6日に、デリーで動物を保護する施設へ医療物資を届けることができました。
保護施設への医療物資の支援は、第2回目となります。
獣医師の指導のもと、Rs.48774(約70000円)の医療物資を手配しました。
薬局にて8%の割引をいただいたため、支払った金額はRs.44872(約65000円)となっています。

長く続いている封鎖や外出禁止を通じては、さまざまな面に影響が出ており、保護施設でも動物の保護が増え続けています。
怪我をしたり衰弱した動物が多く、2回目の訪問でもその痛ましい姿に言葉を失います。
物資を届けた際には、スタッフにぴったりと寄り添う犬の姿があり、愛情を欲している様子も見られました。

この状況の中で、餌食だけでなく、ワクチンの摂取などの活動を続けている動物愛護団体もあります。
しかし、新型コロナウイルスの感染拡大に対する恐怖もあり、動物の保護のために見慣れない人が地域に立ち入ることで、地域住民から攻撃されるという痛ましいニュースも伝えられています。
自然や動物や人間が調和しながら共存するインドの社会においても、大都会では、野外を彷徨する動物への餌食に慎重になるべきという意見もあります。
万物が穏やかに暮らすことができるよう、ひとつひとつの大切な命と向き合う活動の支援を今後も継続できればと思います。

この度の温かいご協力に、心より御礼申し上げます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

新型コロナウィルス支援募金活動報告(その7)

新型コロナウィルス支援募金にご協力をいただいております皆様、誠にありがとうございます。

3月25日に始まった新型コロナウィルス感染拡大防止のためのインド全土の封鎖は、段階的な措置の緩和が行われています。
経済状況の悪化を受けた措置の緩和となりますが、これにより、大都市を中心として感染拡大の状況が続いています。

現在、動物の餌食は地域の犬を中心に、ドッグフードとミルクを与えています。
モンスーンが近づき、雷を伴う大嵐が突然やってくることがあり、餌食ができない時がありますが、ほぼ毎日、朝晩の2回与えています。
20kg入りのドッグフードの大袋は、現在までに11袋目になりました。
皆様の温かい愛情のおかげか、封鎖の間にもここの地域の犬たちは少し大きくなったようです。

封鎖の緩和により飲食店も開きつつあるため、今後は与える餌の量を調整する予定ですが、まだ以前のように飲食店の残った食材は多く出ていない状況です。
いつも尻尾を振って待っているため、しばらくはこれまでと同様に餌食を行います。

また、以前に医療物資を届けた施設へ、2回目の医療物資の支援を行う予定です。
獣医師の指導を得られ次第、物資を手配し、施設に伺う計画です。

この度の温かいご協力に、心より御礼申し上げます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

新型コロナウィルス支援募金活動報告(その6)

新型コロナウィルス支援募金にご協力をいただいております皆様、誠にありがとうございます。

3月25日に始まった新型コロナウィルス感染拡大防止のためのインド全土の封鎖は、段階的な措置の緩和が行われています。
この措置の緩和により、大都市を中心として新規感染者数が急増し、封鎖を再導入する都市も見られますが、封鎖による経済や社会への影響は深刻となり、感染が拡大する中でも社会経済活動が進んでいます。

6月17日と18日にかけ、身寄りのない高齢者や孤児が暮らす福祉施設へ、第3回目の物資の支援を行いました。
6月10日に実施して間もないですが、デリー準州での新規感染者数の急増により、封鎖の再導入を求める声が多く上がっていることから、可能な時に支援を実施しておく計画です。
物資は前回と同じもっとも消費される食料品などを中心に集め、配送料を含めた合計はRs.44760(約63000円)です。
日常的に必要な医薬品を必要としているとのことだったため、今回は栄養補助飲料や消毒液など、生活必需品の一部として医薬品もお届けしました。

今回も、施設のスタッフの方々や入居者の方々に喜んで迎え入れられ、中まで招いてくださいました。
外部との交流がほぼ断たれている現在、入居者の方々の中には楽しみに待っていてくださる方もいるようで、重たい物資も率先して運んでくだいました。
皆様への心からの感謝をお預かりしています。

動物支援については、現在のところ、地域の犬への餌食(ドッグフードとミルク)を中心に行っています。
封鎖の緩和により、飲食店も開きつつありますが、外食をする人は少なく、また持ち帰りが多いため、以前のように残った食材は多く出ていない状況です。
様子を見ながら餌食を行い、活動の範囲を広げていく予定です。

この度の温かいご協力に、心より御礼申し上げます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

新型コロナウィルス支援募金活動報告(その5)

新型コロナウィルス支援募金にご協力をいただいております皆様、誠にありがとうございます。

3月25日に始まった新型コロナウィルス感染拡大防止のためのインド全土の封鎖は、これまでに4度の延長が行われています。
全土封鎖と厳しい外出制限が約2ヶ月間に渡って続いていましたが、経済や社会への影響が深刻になり、3度目の延長より段階的な措置の緩和が行われています。

6月10日に、身寄りのない高齢者や孤児が暮らす福祉施設へ、第2回目の物資の支援を行いました。
福祉施設はデリーに隣接するハリヤーナー州にありますが、段階的な措置の緩和によりデリー準州での新規感染者数が急増したことを受け、州境が閉ざされたり開かれたり、不安定な状況にありました。
6月10日には、州境が開いていることが確認できたため、物資を集め施設に向かうことができました。
物資と配送料を含めた合計はRs.31114(約44000円)です。

施設のスタッフの方々は、この状況の中での多くの物資の支援に心から喜んでくださり、感染防止のため外部者の立ち入りを禁じている状況ですが、特別に中へ招いてくださいました。
施設には、精神的な病気を患っている人も多く、見慣れない人を見ると攻撃的になったり、動揺したりするため、普段からあまり外部の人は招いていないそうでした。
そういった病気を患っているために、家族が見放したり、面倒を見られなくなったりして、身寄りが無くなった人が多いそうです。
とても慎ましく最低限の物資で切羽詰まった生活が続いている様子だったため、今後も定期的に支援を行う予定です。

たくさんの温かいご支援をいただき、心より御礼申し上げます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

新型コロナウィルス支援募金活動報告(その4)

新型コロナウィルス支援募金にご協力をいただいております皆様、誠にありがとうございます。

3月25日に始まった新型コロナウィルス感染拡大防止のためのインド全土の封鎖は、これまでに4度の延長が行われ、Lockdown5.0が発表されました。
感染者が多い地域などを中心に引き続き封鎖が続きますが、段階的な解除が行われ、社会経済活動が進んでいます。

現在、動物の餌食は地域の犬を中心に、ドッグフードとミルクを毎日、朝晩に与えています。
5月31日には、デリーで動物を保護する施設へ医療物資を届けました。
施設の関係者より支援を求める声をかけられたため、獣医師の指導のもと、Rs.29076(約42000円)の医療物資を手配しました。

封鎖や外出禁止の影響により飼い犬の世話ができなくなったり、ペットが新型コロナウイルス感染の原因になると誤った噂が流れたことにより、飼い犬を捨てる人が増加したと伝えられています。
捨てられた犬が徘徊することにより、縄張り争いで怪我をする犬が多くなりました。
動物を保護する施設では、主に怪我をした犬の保護が増えており、現在は300頭ほどを保護しています。

施設には、犬だけでなく、牛や山羊、孔雀なども保護されていました。
痩せ細り、怪我をしたり、病気になっている動物が多く、スタッフが施設に入っても、吠えるのではなく、「クンクン」と鼻を鳴らすような悲しげな声をあげます。
現在、餌の確保はできているとのことだったため、今後も連絡を取りながら、支援を行う予定です。

身寄りのない高齢者や孤児が暮らす福祉施設へは、第2回目の物資の支援を検討していますが、州境が不安定な状況となっているため、州境の封鎖が確実に解除された際に、物資を届ける予定です。

たくさんの温かいご支援をいただき、心より御礼申し上げます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

新型コロナウィルス支援募金活動報告(その3)

新型コロナウィルス支援募金にご協力をいただいております皆様、誠にありがとうございます。

3月25日に始まった新型コロナウィルス感染拡大防止のためのインド全土の封鎖は、これまでに3度の延長が行われ、現在は5月末までとなっています。
新規感染者は増加していますが、3度目の延長では封鎖や外出禁止の措置が一段と緩和され、社会活動が進んでいます。

現在、動物の餌食は、朝晩の1日2回行なっています。
20kg入りのドッグフードの大袋は、現在までに6袋目になりました。
気温が40度を超えている現在は、朝晩に各5パック(1パックは500ml)ずつ、冷たいミルクも与えています。

最近はスタッフが赴くとすぐに分かるようになり、遠くからでも走って駆けつけるようになりました。
身体はしっかりしていますが、まだ幼い犬も多く、じゃれ合うのが大好きのようです。
喜びのあまりミルクを与える器がすぐに壊れてしまうため、現在は空のペットボトルを器がわりにしています。

毎日、こうした餌食を行なっていたところ、デリーで動物を保護する施設の関係者より支援を求める声をかけられました。
封鎖や外出禁止の影響により飼い犬の世話ができなくなったり、ペットが新型コロナウイルス感染の原因になると誤った噂が流れたことにより、飼い犬を捨てる人が増加したと伝えられています。
捨てられた犬が徘徊することにより、縄張り争いで怪我をする犬が多くなりました。
動物を保護する施設では、主に怪我をした犬の保護が増えており、現在は300頭ほどを保護しています。
餌の確保はできていることから、必要な医薬品を支援して欲しいと要請を受け、獣医さんと相談をして今後は医薬品の支援を検討しています。

身寄りのない高齢者や孤児が暮らす福祉施設では、最初に支援をした物資で現在までに賄えているという連絡がありました。
また、デリーと福祉施設があるグルグラムの州境が封鎖されていることから、封鎖が解除された頃に、2回目の物資の支援を行う予定です。

たくさんの温かいご支援をいただき、心より御礼申し上げます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

シーズインディア支援事業の活動報告

シーズインディア支援事業にご協力をいただいている皆様、温かいご支援をいただき誠にありがとうございます。

インドでは、新型コロナウイルス感染拡大防止のための全土封鎖と外出禁止令が、5月17日まで延長されました。
この間にも、閉鎖の措置は徐々に緩和されつつありますが、地域によってはさらに延長になる可能性も伝えられています。
まだ以前のように仕事を再開できる状況ではなく、日雇いの仕事を主としている人々は特に、その日の食事を得られないほど困窮しています。

シーズインディアでは、警察から特別許可を得ることができ、複数のダリット村の100家族に、生活物資の支援を行うことができました。
主に、教育支援を行う子どもたちの家族と、豪雨災害の被害を受けた家族です。
警察から人が集合しないように厳しい指導を受けていたため、物資の配給は3日間に分けて実施しました。
シーズインディアの施設まで物資を取りに来られる人々には来てもらい、来られない人々には直接家まで届けています。
毎月の教育支援を行う子どもたちの家族は、5月の配給分として、それぞれが特定の店舗に赴いて生活物資を受け取っています。

教育支援を行う子どもたちは、現在のところ、皆が元気に過ごしています。
まだ学校は閉鎖になっていますが、自宅で過ごすにあたり、十分な食糧や除菌剤があることをスタッフが改めて確認しました。

感染拡大防止の支援策として、シーズインディアでは現在マスクの製作を行っています。
州によって異なりますが、インドではマスクを着用しないと外出できない地域が多くなり、ケーララ州ではマスクを着用していない場合、200ルピーから1000ルピーの罰金となります。
いずれ学校が再開されますが、子どもたちもマスク着用の義務があります。
両親が日雇いの場合が多く、仕事がない今、マスクを準備できる状況にありません。
教育支援を行う子どもたちの家族と、豪雨災害の被害を受けた家族が暮らすダリット村の家庭に、各5枚ずつ配る計画です。
良質な布を十分に確保でき、シーズインディアに以前あった洋裁教室にて、当時の先生や卒業生が休むことなく製作しています。

病院での食事の配給も、滞りなく続いています。
4月1日からは、シーズインディアのスタッフが患者と接しないよう、配膳は病院のスタッフが行っています。
現在は、特別許可を得て、シーズインディアの施設で調理した150人から200人分の食事を病院まで運んでいます。

この封鎖と外出禁止令の影響により、特に経済的に弱い立場にある人々の生活に甚大な影響が出ていることが連日伝えられています。
この状況に人々が一丸となって立ち向かい、それぞれの役割を可能な限りまっとうしようとしている姿には、学ぶことが多くあります。
世界的に大変な思いをしている人々が多くいる中で、こうした活動を続けられますこと、現地の人々からも心からの感謝をお預かりしています。
皆様の温かいご支援を、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

皆様もどうかお気をつけてお過ごしください。
一日も早く収束し、世界に平和が広まりますよう、心よりお祈り申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

新型コロナウィルス支援募金活動報告(その2)

新型コロナウィルス支援募金にご協力をいただいております皆様、誠にありがとうございます。

新型コロナウィルス感染拡大防止のためのインド全土の封鎖は、当初は3月25日から4月14日までの21日間の予定でしたが、5月3日までの延長が発表されました。
4月20日より、状況の落ち着いている地域から措置の緩和が行われるとされていますが、大都市などでは厳しい封鎖と外出禁止令が続いています。
動ける範囲も限られており、現在は、周辺地域にて許可されている動物の餌食を中心に行っています。

餌食には、先週よりドッグフードに水と牛乳が加わりました。
活動を行う首都のニューデリーでは、40度に届く日も出てきたため、なるべく水分を与えるようにしています。
最近は、スタッフがドッグフードと牛乳を持って赴くと、ちぎれそうなほど尻尾を振って喜んでいます。

牛乳はあまり勧められない場合もあるかと思いますが、インドでは牛乳を与えることが多くあります。
最初になるべく脂肪分の少ないものを与えたところ、ドッグフードよりも喜び、お腹の調子も問題ない様子だったため、現在はドッグフードに加えて毎日与えています。
1日に与える量は、現在のところ500mlのパックが4〜5パックとなり、1パックは25ルピー(約40円)前後となります。

現在の動ける範囲では犬の餌食のみとなりますが、スタッフが残ったパンを細かくして撒いたところ、カラスや鳩が夢中になって食べていました。
行動できる範囲が広がり餌の確保が容易になった際には、さらに餌食の量を増やしていく予定です。

温かいご支援をいただき、心より御礼申し上げます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

新型コロナウィルス支援募金活動報告(その1)

新型コロナウィルス支援募金にご協力をいただいております皆様、誠にありがとうございます。
これまでの活動をご報告させていただきます。

現在、インド全土において外出禁止令が出されていますが、居住地区内であれば、動物の餌食のための外出は許可されるようになっています。
封鎖の影響で物資の輸送が滞り、動物の餌の確保に時間がかかりましたが、ようやく40kgのドッグフードを確保することができました。
現在は現地スタッフの動ける範囲で、1日に約3kgの餌食を行っています。
40kgのドッグフードはRs.5000(約7500円)となり、現在も追加で手配をしています。

飼い主のいない犬たちですが、いわゆる地域猫のように、地域住民の認知と合意の上でお世話され、名前がついている犬もいます。
こういった動物の多くは飲食店の残った食材に頼っていますが、閉鎖されている現在は、お腹を空かせている様子が伺えます。
最初は警戒している様子でしたが、今は餌を出すと夢中になって食べています。
住居の前に、余った食材や水の入った器を置いている家庭も多く見られるようになりました。

現在は、感染者が見つかった地域では食材などの生活必需品も配給制になるなど、外出禁止がさらに厳しくなり、封じ込めに入っている地域が多くあります。
バリケードが多く設けられており、牛などの大きな動物は以前のように自由に動けなくなっている可能性もあります。
餌の確保が出来次第、状況を見ながら、餌食を増やしていく予定です。

福祉施設には以下を運ぶことができ、少しの間は、十分な食事を提供できる見込みです。
次回は、石鹸や洗剤など、衛生を保つための物資も含めていくことを計画しています。

お米:200kg=Rs.9600
食用油:2缶=Rs.3200
砂糖:50kg=Rs.2250
お茶:5kg=Rs.2000
豆類:15kg=Rs.1950
塩:10kg=Rs.200
歯磨き粉:40個=Rs.1600
合計:Rs.20800(約30000円)

3月25日に始まった21日間のインド全土の封鎖は、4月14日までとなりますが、延長が見込まれています。
この封鎖と外出禁止令の影響を通じては、さまざまな面に甚大な影響が出ることが予想されています。
この状況を通じて気づきを深め、より良い方向への転換となるよう、できる限りの活動を努めていきたいと思います。

誰もが大変な状況にある中、温かいご支援をいただき、心より御礼申し上げます。
皆様もくれぐれもお気をつけてお過ごしください。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

【謹賀新年】インド占星術診断サイト Jyotish.jpのご案内

新年あけましておめでとうございます。
旧年中は皆様に大変お世話になり、ありがとうございました。
今年も皆様にお喜びいただけるよう、スタッフ一同、商品やサービスの充実に努めて参ります。

2020年の新サービスといたしまして、インド占星術の個人診断ができる姉妹サイトJyotish.jpを開設いたしました。

個人のホロスコープの基本情報はもちろんのこと、各ドーシャの診断、相性診断や勧められる商品やサービスなどもご確認いただくことができます。
Jyotish.jpを活用して、皆様の霊的探求がますます深まり、本年も実り多き年となりますよう心よりお祈り申し上げます。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。