スタッフ日記:ケーララ豪雨災害の支援状況について

ケーララ豪雨災害支援募金にご協力をいただいている皆様、温かいご支援をいただき誠にありがとうございます。
世界的に大変な状況にある中、温かいご支援をいただいておりますこと、重ねて御礼申し上げます。

過去100年間で最悪の被害が報告された豪雨災害から、1年と8ヶ月が過ぎました。
現在の状況をご報告させていただきます。

12月から2月まで穏やかな気候が続いていたケーララ州では、原点に立ち返り、稲作に力を入れていました。
現在は気温が上がり、いよいよ長く暑い夏が始まっています。

昨年の11月に行った田植えの稲はすくすくと育ち、3月の下旬に、すべてのお米を収穫し終え、精米所に運ぶことができました。
昨年から今年にかけ、普段は雨が少ない時期にも雨が多かったため、昨年ほどの収穫量にはなりませんでしたが、お米は上出来です。
精米した後は、それぞれの田んぼを所有する農家や労働者に分配されます。

現在は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、支援を行う地域においても封鎖・外出禁止の措置が取られていますが、屋外の農作業は滞りなく実施することができました。
さまざまな不安が尽きない中、何よりも重要な食糧を十分に確保できていることに、人々は安堵しています。

ケーララ豪雨災害の支援においては、今年の4月から5月にかけて、第2回目となる鶏小屋の支援を計画していましたが、現在の影響により実施は難しい見込みです。
支援を受ける人々の多くは日雇いの労働者であり、現在の状況において、マスクなどの防具を入手できない状況にあるため、今後は感染拡大防止のための支援に取り組む方向です。
もともとの衛生環境に加え、病院施設が不足していること、人々の予防に対する理解水準も懸念される中、ダリット村では大家族が小さな家屋で暮らし、トイレや炊事場を共用しなければなりません。
ひとたび感染爆発が起きれば、大変な事態になることが予想されるため、政府は徹底的な対策を行っていますが、この封鎖と外出禁止令の影響により、支援を受ける人々の生活には甚大な影響が出ることが予想されています。
皆様の温かいご支援を、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

いつも温かいご支援をいただき、心より御礼申し上げます。
皆様もくれぐれもお気をつけてお過ごしください。
一日も早く、世界に平和が訪れますことを心より願っております。

(スタッフ:ひるま)

スタッフ日記:フード・サービス・プログラムのご報告

フード・サービス・プログラムにご支援をいただいている皆様、本当にありがとうございます。
最近の写真が届きましたので、ご報告をさせていただきます。

現在、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、インド政府より、3月25日から21日間のインド全土の封鎖ならびに外出禁止令が出されています。
ケーララ州は外国からの帰国者が多く、感染者の数はインドでもっとも多い州となっており、4月1日時点では230名を超える感染者が報告されています。

現在、生活必需品の購入のための外出はできる状況ですが、その他、許可のない外出は厳しく制限されています。
しかし、NGOでは特別な通行許可を得ることができ、これまで通り配給を続けることができています。
そして、4月1日からは、NGOのスタッフが患者と接しないよう、病院のスタッフが配膳を行うことが決まりました。
これから状況が落ち着くまでは、NGOの施設で調理した150人〜200人分の食事を病院まで運ぶ支援になります。

フード・サービス・プログラムは、2000年からこれまで1日も休むことなく続けてきた支援です。
この1食が、1日の唯一の食事という人も少なくありません。
現在は、外出禁止令のために家族が病院を訪れることができず、助けを必要としている人々が特に多くいます。
少しでも不安を拭うことができるように、可能な限り支援を続けていきたいと思います。

いつも温かいご支援をいただき、心より御礼申し上げます。
皆様もくれぐれもお気をつけてお過ごしください。
これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

スタッフ日記:フード・サービス・プログラムのご報告

フード・サービス・プログラムにご支援をいただいている皆様、本当にありがとうございます。
最近の写真が届きましたので、ご報告をさせていただきます。

SEEDS-INDIAでは、スタッフが毎日17:30過ぎには病院に到着し、食事を配り続けています。
インドでは1月15日に、日本の冬至にあたるマカラ・サンクラーンティが祝福されました。
18:00前だった日没も現在では18:20頃になり、まだ明るい時間帯に配膳を実施することができています。
気温が少しずつ上がり始めていますが、状況は落ち着いており、現在は通常通りとなる150人から200人分の食事を配給しています。

ご報告が遅くなり誠に申し訳ございませんが、昨年の12月23日には、病院にてクリスマスケーキを配ることができました。
心身ともに辛い日々を過ごす人々にとって、こうした小さな喜びは日々に大きな力を与えてくれるはずです。

しかし、世界の各地で感染が報告されている新型コロナウィルスは、インドでは現在までに、ケーララ州においてのみ3名の感染者が報告されています。
病院での食事の配給は毎日欠かすことができないため、スタッフは最新の情報に注意をしながら活動を行っています。
現在の状況が1日も早く落ち着き、社会に平和が訪れるよう、現地でも祈りを捧げています。
皆様もどうぞお身体を大切にお過ごしください。

いつも温かいご支援いただき、心より御礼申し上げます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

シーズインディア支援事業より、クリスマスのご挨拶

シーズインディア支援事業へご協力をいただいております皆様、温かいご支援をいただき誠にありがとうございます。
シーズインディアより、クリスマスカードが届きましたので、掲載をさせていただきます。

現在は天候が良く、クリスマスの休暇の時期となりますが、休みなく田んぼの手入れに取り組んでいます。
雨が多く、田植えや稲の発育に遅れが生じていましたが、現在はすくすくと育ち、田んぼは緑に満ちています。

豪雨災害の被害を受けた、タミルナードゥ州からの出稼ぎ労働者が暮らすコミュニティでは、クリスマスケーキを配りました。

現地より、皆様への心からの感謝と、多くの幸せが訪れるよう祈りをお預かりしております。
聖なる夜に、窮した人に思いを寄せる時間を持つことができればと思います。

「めいめい自分のことだけでなく、他人のことにも注意を払いなさい。」
(日本聖書協会『聖書 新共同訳』 フィリピの信徒への手紙 第2章4節)

いつも温かいご支援を頂き、改めまして心より御礼申し上げます。
皆様にも大きな祝福がございますよう、心よりお祈り申し上げます。

スタッフ日記:ケーララ豪雨災害の支援状況について

ケーララ豪雨災害支援募金にご協力をいただいている皆様、温かいご支援をいただき誠にありがとうございます。
過去100年間で最悪の被害が報告された豪雨災害から、1年と4ヶ月が過ぎました。
11月に、現地を訪問することができましたので、現在の様子をご報告させていただきます。

昨年の8月に起きた豪雨災害においては、過去100年間で最悪の被害が報告されました。
今年も豪雨による被害が生じましたが、昨年の教訓があったこと、また、昨年ほどの豪雨とはならなかったため、大きな被害は免れています。
11月にもなればモンスーンは終わり、もう雨は降らない時期となりますが、訪問していた間は毎日大雨が降り、気候変動を肌で感じる滞在となりました。

今回の滞在中、被害の大きかった地域を回ることができました。
豪雨の際には、ケーララ州の全土において大きな被害が生じましたが、支援をしている地域では、以下のパンパ川が氾濫したことにより大きな被害が生じました。
当時は、左奥に見える住居が水没し、周辺地域へと水が溢れ出ました。

このパンパ川の裏手に以下のアランムラ寺院というクリシュナ神を祀る寺院がありますが、この寺院の階段の一番上まで水が到達したそうです。

この住居は、以前に子どもの教育支援を受けていた家族が居住しています。
水田と用水路に囲まれ孤立しており、豪雨災害の際には完全に水没、住居の中のものは全て使えなくなりました。
支援を受けながら、さまざまな物資を少しずつ揃えており、現在はひとまず日常の生活は送れるようになっています。

この住居は豪雨災害によって完全に流されたために、政府の支援を受けて再建を行っていますが、これ以上の支援は得られず、建設作業は中断しています。
この方も当時、皆様からのご支援を通じて配給された支援物資を受け取った方です。
現在は、近くの兄弟の住居に仮住まいをしているとのことでした。

インドの住居は、床は石材で、壁もコンクリートなどでできている場合が多いため、水没しても水で洗い流し除菌を行えば、再び住めるようになります。
しかし、流されずに済んだ住居でも、外壁は問題なくとも、内壁には傷みが見え始めている部分が多くありました。
そうした住居が多く見られる村を歩いていると、支援を受けていた人々が集まってきてくださいました。

このコミュニティは、タミルナードゥ州から出稼ぎに来ている人々が住むコミュニティです。
皆様からのご支援を通じて、食料や日用品の支援物資を複数回に渡って配給し、コミュニティの清掃活動も支援しました。
州外の出身であるため、当時は支援を受けることができず孤立しており、皆様のご支援がとても大きな助けとなったとおっしゃっていました。
土砂に埋もれた井戸も、皆様の支援を通じて浄化を行うことができ、現在は問題なく使えるようになっています。

昨年に力を入れた水田の整備は、今年も行われています。
水路が定着し、以前よりも水量の調整がうまくいくようになりましたが、今年は雨が非常に多く、田植えが遅れた上に、1度植えた苗が流されてしまい、現在は様子を伺っている状況です。
収穫できるまでおよそ3ヶ月、今後滞りなくいけば、3月の収穫を予定しています。
水田は農家の方々が所持していますが、昨年の支援を通じて、それぞれが災害に強い田畑づくりを学び、実践に移しているところです。
この水田は道路脇に位置しているため、人々が水田の様子を見学しに来ることもあり、復興のシンボルともなっています。
今後、NGOでは必要な時にのみ支援や助言を行い、見守る予定です。

今後の主な支援としては、来年に鶏小屋の支援を計画しています。
今回、村を歩いていても、生活を安定させることができるように、以前のように収入を得る手段を確保したという声が多くありました。
こうした人々にとって、鶏小屋の支援は大きなサポートとなります。
今年は希望者全員に支援を行うことができなかったため、来年に改めて、可能な限りの支援を計画しています。
また、生活のすべてを失った人も多くいるため、今後も状況に応じて必要な支援を行なっていく予定です。

皆様の温かいご支援を通じ、人々の生活の再建は順調に進んでいます。
現地の人々からも、皆様への心からの感謝をお預かりしております。
しかし、本来なら雨が降らないこの時期にも大雨が続いたように、気候変動を感じることが多くなっています。
この支援活動が、持続可能な社会のためになるよう、現地の人々と共にこれまでの生活と向き合いながら、努めていきたいと思います。

ケーララ豪雨災害支援募金
https://sitarama.jp/?pid=134342172

いつも温かいご支援を頂き、改めまして心より御礼申し上げます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

スタッフ日記:フード・サービス・プログラムのご報告

フード・サービス・プログラムにご支援をいただいている皆様、本当にありがとうございます。
今年は11月に現地を訪問し、配給の様子を見学することができました。
以下にご報告をさせていただきます。

現在、北インドでは最低気温が10度を下回る冬を迎えています。
病院での食事の配給支援を行う南インドのケーララ州も、1年の中では気温が低い時期となり、病院の患者数においては、1年の中でもっとも落ち着いている時を迎えています。
しかし、この後もう少し気温が下がると、体調を崩す人が増え、また患者数が増えることがあります。
最低気温が20度前後と冷え込むことはありませんが、常夏のケーララ州で暮らす人々にとっては、肌寒く感じることがあるでようです。
特に、貧しい生活を余儀なくされている人々は、栄養状態も良くないため、体調を崩しやすい傾向があります。

今回の訪問した日は、11月29日、30日となりました。
日没が早くなり、また時間に少し遅れたこともあって、配給を開始した際には辺りが暗くなっていました。
この日の配給食は、およそ150人分でした。
病院に到着した際には人々が外で容器を手にし待っており、配膳を始めるとあっという間に大行列となりました。
熱いお粥を配るため、火傷などすることがないように、誘導を行いながら配膳を進めます。
現在は落ち着いていますが、豪雨災害が生じた際には、病院は支援を必要とする人々で溢れ、この配給を1日に2回から3回ほど行っていました。
通常は食事をリキシャで病院まで運びますが、この時はボートで運ぶ必要がありました。

11月30日に訪問した際には、次の日が日曜日となり手術などが行われない日であったため、通常、患者数は少なくなる日でした。
この日は少なめの量を準備しましたが、それでもおよそ10食分ほどの余りが生じました。
余分が生じた場合は、途中にあるダリット村や出稼ぎ労働者が暮らす貧しいコミュニティに食事をお分けします。
無駄になることはありません。

以下は調理の様子です。
調理は、支援をするダリット村の女性が毎日施設の調理場にて行います。
毎日13時頃から始まり、薪を用いて煮えたぎる鍋を扱うこの作業は、暑い中ではとても大変な作業です。
今年の豪雨の際、調理場の屋根が崩れてしまい、現在は屋根がない状況です。
余裕ができた際に、屋根の修理を予定しています。

皆様の温かいご支援のおかげで、病院での配給は毎日欠かさずに、17:30頃から行われています。
現地の不安定なインフラの中で、毎日欠かさずに続けられていることに、大きな力を感じることがあります。
この食事だけが頼りである人々も少なくなく、子どもの教育支援と共に、この病院での配給は何があっても止めることができません。
しかし、食材や燃料の高騰が続いており、継続は決して容易いものではなく、皆様の温かいご支援を必要としています。
今後とも温かいご支援のほどどうぞよろしくお願い申し上げます。

いつも温かいご支援いただき、心より御礼申し上げます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

スタッフ日記:ケーララ豪雨災害の支援状況について

ケーララ豪雨災害支援募金にご協力をいただいている皆様、温かいご支援をいただき誠にありがとうございます。
過去100年間で最悪の被害が報告された豪雨災害から、1年と2ヶ月が過ぎました。
現在の状況をご報告させていただきます。

昨年の豪雨災害を受けた地域では、今年も豪雨に見舞われ、村が水没するなど、再び大きな被害が生じました。
一旦は雨が落ち着き、日常を取り戻しつつありましたが、モンスーンが終わりに近づく9月にも再び雨が多くなりました。

そんな中、今年は9月2日から13日にかけて、支援をするケーララ州で一番大きなお祭りであるオーナムが祝福されました。
去年は豪雨災害のために多くの祝賀行事が中止となりましたが、今年は子どもたちに通学用のバッグを贈るとともに、NGOの施設にてささやかなお祝いすることができました。
通学用のバッグの贈答は75人前後を目標にしていましたが、オーナムにおいてプレゼントをすることができたのは41人となりました。
今回プレゼントをすることができなかった子どもたち約35人には、クリスマス、または新年のお祝いの際に、プレゼントをすることができるよう計画しています。

また、モンスーンの雨が落ち着く9月には、第2回目の鶏小屋の支援を計画していましたが、雨が続き、屋外での作業となる鶏小屋の製作には至りませんでした。
雨が続いていたため、現在の活動は水田の整備に切り替えています。
現在は、25エーカー(10ヘクタール)の水田を管理しています。
通常では田植えを終えている時期になりますが、水田の水位が下がらず、まだ田植えができていない状況です。
現在は、アイガモ農法を参考に、鴨を水田に放して様子を見ています。
去年、豪雨災害後に水田の瓦礫の除去から始まった田植えは、皆様のご支援のおかげで水田の整備を進めることができ、大成功に終わりました。
今年もうまく行くことを心より願っています。

環境問題の影響は、弱者が被ることが多いと言われます。
自然に寄り添いながら生きる現地の人々の生活にも学びながら、自分自身でも意識的に動くことを心がけたいと感じます。

ケーララ豪雨災害支援募金
https://sitarama.jp/?pid=134342172

いつも温かいご支援を頂き、改めまして心より御礼申し上げます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

スタッフ日記:フード・サービス・プログラムのご報告(豪雨の後)

フード・サービス・プログラムにご支援をいただいている皆様、本当にありがとうございます。
最近の写真が届きましたので、ご報告をさせていただきます。

昨年、過去100年間で最悪の豪雨被害が報告されたフード・サービス・プログラムを行う地域では、今年も豪雨による被害が生じました。
現在、雨は落ち着いていますが、毎日、断続的に雨が降り続いています。
被害を受けた人々は生活の再建に取り組んでいますが、その過程においては、怪我をしたり、病気にかかったりすることも少なくありません。
毎年、この時期からは少しずつ病院を訪れる人々が減少してきますが、今年はまだまだ多くの人々が病院を訪れています。

NGOでは、毎日17:30過ぎには病院に到着し、食事を配り続けています。
災害の影響などもあり、今後はお米や豆がさらに高騰することが予想されています。

公的な支援を受けることができない人々も多く、皆様の温かいお気持ちが大きな支えとなっています。
今後とも温かいご支援のほどどうぞよろしくお願い申し上げます。

いつも温かいご支援いただき、心より御礼申し上げます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

スタッフ日記:ケーララ豪雨災害の支援状況について

ケーララ豪雨災害支援募金にご協力をいただいている皆様、温かいご支援をいただき誠にありがとうございます。
過去100年間で最悪の被害が報告された豪雨災害から、1年が過ぎました。
昨年の8月より、皆様の温かいご支援を通じ、人々の生活の再建は着実に進んでいましたが、今年も豪雨災害に見舞われました。
現在の状況をご報告させていただきます。

今年は、昨年ほどの被害は出なかったものの、支援をするダリット村は再び水没しました。
支援をする地域の近くには、パンパ川という大きな川が流れます。
ダリットの人々は低地に住むことを余儀なくされているため、豪雨になるとこうした水の被害を受けやすい状況にあります。
しかし、昨年の教訓もあり、人々は水が出る前にNGOの施設に避難をしました。
施設では病院の配給食作りも行なっているため、十分な食材が確保されており、避難中は食事を提供することもできました。
身の安全は確保できましたが、村や家が再び水没し、大きな被害を受けている人々がいます。

現在、雨は落ち着き水は引いているため、清掃作業を進めています。
また、8月24日に61家族、8月28日に63家族へ、生活物資の配給を行いました。
約1ヶ月分の食材と、バケツ、カップ、洗剤、デトール(消毒剤)などを配りました。

今年は9月2日から13日にかけて、支援をするケーララ州で一番大きなお祭りであるオーナム祭が祝福されます。
去年は豪雨災害のために、多くの祝賀行事が中止となりました。
祝祭の前に生活物資を支援することができたため、昨年は祝うことができなかったオーナム祭を、
今年はささやかでもお祝いすることができることと思います。

今後は、以下の支援を計画しています。

・子どもたちの通学用バッグ(75人分):1つ、1,100円から1,600円
・足踏みミシン(5人の女性):1台、15,000円から20,000円
・鶏小屋(25個):1つ、10,000円から11,000円
・家庭用の椅子(数は未定)
・セメント(50戸の家の修復用)

こうした自然災害が世界各地で多く生じるようになった今、私たち自身も生活を見つめ直し、実際に行動を起こさなくてはなりません。
現地の人々も、こうした経験を受け入れ、自然に寄り添いながら生きていく生活に戻りつつあります。
こうした経験がより良い社会に向かうための糧となることを願いながら、活動を続けてきたいと感じます。

ケーララ豪雨災害支援募金
https://sitarama.jp/?pid=134342172

いつも温かいご支援を頂き、改めまして心より御礼申し上げます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

スタッフ日記:フード・サービス・プログラムのご報告(再び豪雨)

フード・サービス・プログラムにご支援をいただいている皆様、本当にありがとうございます。
最近の写真が届きましたので、ご報告をさせていただきます。

フード・サービス・プログラムを行う南インドのケーララ州では、今年は6月8日にモンスーンが到来し雨季が始まりました。
しばらくはインドの各地で雨が少ない状況が続いていましたが、8月に入り豪雨の被害が出ている地域が多くあります。
昨年、過去100年間で最悪の被害が報告されたフード・サービス・プログラムを行う地域でも、再び豪雨による被害が生じました。

現在は雨が落ち着き、家屋や地域の清掃に着手していますが、配給を行う病院は多くの人々で溢れています。
食事を得るために長時間にわたって列に並ばなくてはならず、怪我をしていたり、病気を患っていたりする人々にとっては、とても大変な状況です。

モンスーンが始まる前に、NGOでは十分な量のお米を備蓄していたため、現在のところ不足は生じていません。
しかし、豪雨被害の影響で、これから先に十分なお米を確保できなくなるのではないかと懸念されています。
それでも、精神的にとても疲労している人が多いため、食事だけでも不安を感じることがないよう、毎日十分な食事を準備して病院に向かっています。

いつも温かいご支援いただき、心より御礼申し上げます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)