新型コロナウィルス緊急アンナダーナ活動報告(その20)

新型コロナウィルス緊急アンナダーナにご協力をいただいております皆様、誠にありがとうございます。

3月25日に始まった新型コロナウィルス感染拡大防止のためのインド全土の封鎖は、経済状況の悪化を受け、6月以降、段階的な措置の緩和が行われています。
食事の奉仕を行なっている首都のデリーでは、9月からのUnlock4.0の段階でメトロ(地下鉄)が再開されるなど、人の移動がこれまで以上に増えています。
検査数が増えているのもあるようですが、一時期は収束したかのように見えた感染の拡大も、現在は1日に4000人を超える新規感染者数が連日報告されています。

食事の奉仕は、9月12日に500皿(第31回目)、9月15日に500皿(第32回目)を配ることができました。
メニューはどちらもダール・チャーワル(豆のカレーとご飯、1皿45ルピー)です。
現在は、経済的に困窮する人々が暮らす地域での奉仕が続いています。

およそ2週間続くピトリ・パクシャと呼ばれる先祖供養の期間中である今は、大きな祝祭は落ち着く時となります。
この先祖供養の期間は特に、助けを必要としている人に進んで手を差し伸べることが勧められており、この期間中に食事の奉仕を続けて実施できたことに感謝の念を感じます。


皆様からの温かいお気持ちをたくさんいただき、封鎖が始まって以来行なっている食事の奉仕は30回を超え、15000食以上を奉仕することができました。
社会経済活動が完全にストップした当初の封鎖に比べ、現在は多くが再開されていますが、失業者の増加により、治安の悪化や犯罪の増加も懸念されています。
新型コロナウィルスと共生をしていくこれからの生活において、より明るい社会のために少しでもお役に立つことができますよう、これからも尽力して参りたいと思います。

この度の温かいご協力に、心より御礼申し上げます。
次回の配給後、改めて、ご報告をさせていただきます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

新型コロナウィルス緊急アンナダーナ活動報告(その19)

新型コロナウィルス緊急アンナダーナにご協力をいただいております皆様、誠にありがとうございます。

3月25日に始まった新型コロナウィルス感染拡大防止のためのインド全土の封鎖は、経済状況の悪化を受け、6月以降、段階的な措置の緩和が行われています。
この措置の緩和により感染拡大が続き、累計感染者数は420万人を超え、ブラジルを抜き世界2位となりました。
この感染拡大が続く中、9月1日からはUnlock4.0と呼ばれる封鎖の更なる緩和が発表され、デリーではおよそ半年ぶりに、閉鎖されていたメトロ(地下鉄)が再開されました。

食事の奉仕は、9月5日に500皿(第29回目)、9月8日に500皿(第30回目)を配ることができました。
メニューはどちらもダール・チャーワル(豆のカレーとご飯、1皿45ルピー)です。
Unlock4.0の段階となっていますが、デリーでは9月30日まで教育機関を閉鎖すると発表されています。
食事の奉仕では、毎回、子どもたちが元気に食事を受け取ってくれますが、半年以上も学校が閉鎖されることになり、甚大な影響が懸念されています。

現在の状況を通じては、日雇い労働などの不安定な就労状態にあった経済的に弱い立場にある人々が、もっとも深刻な影響を受けているとされています。
社会経済活動が再開されつつも、こうした人々が生活を再建することは容易ではありません。
政府も支援を行っていますが、草の根の活動を通じて、支援の手が届かない人にも皆様のお気持ちが届くように努めていきたいと思います。

この度の温かいご協力に、心より御礼申し上げます。
次回の配給後、改めて、ご報告をさせていただきます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

新型コロナウィルス緊急アンナダーナ活動報告(その18)

新型コロナウィルス緊急アンナダーナにご協力をいただいております皆様、誠にありがとうございます。

3月25日に始まった新型コロナウィルス感染拡大防止のためのインド全土の封鎖は、経済状況の悪化を受け、6月以降、段階的な措置の緩和が行われています。
この措置の緩和により感染拡大が続き、1日の新規感染者数が8万人を超える日があるとともに、累計感染者数は370万人を超えました。

この感染拡大が続く中、9月1日からはUnlock4.0と呼ばれる封鎖の更なる緩和が発表されています。
アンナダーナを実施しているデリー準州では、落ち着いていた感染者数が増加傾向にありますが、これまで閉鎖されていたメトロ(地下鉄)が9月7日から条件付きで再開されます。
教育機関はまだ閉鎖が続きますが、9月21日から、必要であれば学校へ赴き教師から指導を得ることができます。
また、対策を講じた上で、100人以下の集会も許可されるようになります。

食事の奉仕は、8月29日に500皿(第27回目)、9月1日に500皿(第28回目)を配ることができました。
メニューはどちらもダール・チャーワル(豆のカレーとご飯、1皿45ルピー)です。
続いていたガネーシャ降誕祭の期間中の実施となり、第28回目は、9月1日のガネーシャ降誕祭の最終日の実施となりました。
不安定な状況が続く中、ガネーシャ降誕祭の期間中に合計で3回の食事の奉仕を実施でき、食事を通じて喜びを共有できたことをとても嬉しく思います。
ガネーシャ神の恩寵を感じる時となりました。

高温多湿が続いていましたが、9月に入り、デリーでも少しずつ過ごしやすい気候になってきています。
感染拡大が続く中、社会経済活動の再開が行われていますが、仕事の機会を奪われた経済的に困窮する人々の生活は厳しい状況が続きます。
今後もより良い形で皆様のお気持ちを届けることができるよう、計画し実施していきたいと思います。

この度の温かいご協力に、心より御礼申し上げます。
次回の配給後、改めて、ご報告をさせていただきます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

新型コロナウィルス緊急アンナダーナ活動報告(その17)

新型コロナウィルス緊急アンナダーナにご協力をいただいております皆様、誠にありがとうございます。

3月25日に始まった新型コロナウィルス感染拡大防止のためのインド全土の封鎖は、経済状況の悪化を受け、6月以降、段階的な措置の緩和が行われています。
この措置の緩和により、感染拡大に歯止めがかからない状況が続いていますが、9月1日からはUnlock4.0と呼ばれる封鎖の更なる緩和が行われる予定です。

食事の奉仕は、8月22日に500皿(第25回目)、8月25日に500皿(第26回目)を配ることができました。
メニューは8月22日がダール・チャーワル(豆のカレーとご飯、1皿45ルピー)、8月25日がカディ・チャーワル(ヨーグルトベースのカレーとご飯、1皿45ルピー)です。
第25回目は、8月22日のガネーシャ降誕祭の吉日に実施することができました。

しばらく食事の奉仕を続けていた経済的に困窮する人々が暮らす地域は、豪雨の影響で一時的に封鎖されていましたが、雨は落ち着き再び出入りが可能になっています。
この地域は大きなスラム街となっており、現在の状況に、困窮する人々が溢れています。
その日の収入でやっとその日を送る生活をしていた人も多くいる中、仕事の再開の目処は立たず、苦境に立たされている人が多くいます。
ガネーシャ降誕祭に食事を通じて喜びを共有できたことは、苦しい日々に光を見出す強いエネルギーになったことと思います。

食事の奉仕を実施している首都デリーでは、Unlock4.0にて、これまで封鎖されていたメトロ(地下鉄)が再開される可能性が伝えられていますが、教育機関はまだ閉鎖が続く見込みとなっています。
状況も不安定となっており、事前に日時を決めた、大人数が集まるアンナダーナの実施はまだ難しい状況ですが、今後も週に1〜2回は実施できるように継続していく予定です。

この度の温かいご協力に、心より御礼申し上げます。
次回の配給後、改めて、ご報告をさせていただきます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

新型コロナウィルス緊急アンナダーナ活動報告(その16)

新型コロナウィルス緊急アンナダーナにご協力をいただいております皆様、誠にありがとうございます。

3月25日に始まった新型コロナウィルス感染拡大防止のためのインド全土の封鎖は、経済状況の悪化を受け、6月以降、段階的な措置の緩和が行われています。
この措置の緩和により感染拡大が続き、累計の感染者数は270万人、死者数は5万人を超えました。

食事の奉仕は、8月16日に500皿(第23回目)、8月18日に500皿(第24回目)を配ることができました。
メニューはどちらもダール・チャーワル(豆のカレーとご飯、1皿45ルピー)です。
先週は、クリシュナ降誕祭や独立記念日の祝日が続き、人手が足りず、1回のみの実施となりましたが、今週は2回の実施ができました。
今週の2回は、デリーの北西部に場所を移し、主に労働者への奉仕となりました。

モンスーンを迎えているインドでは、豪雨による被害が出ている地域が多くあります。
デリーでも雨が多くなっており、これまで奉仕していた経済的に困窮する人々が暮らす地域は、大雨の影響で封鎖されてしまいました。
経済的に困窮する人々が暮らす地域は、他の場所に比べ低地であるなど、冠水しやすく、被害を受けやすい状況があります。
現在も周辺に立ち入ることができない状況のため、今週から場所を変えての実施となっています。

インドでは封鎖の緩和により、大都市から地方への感染拡大が続いています。
デリーで生活をしていた出稼ぎ労働者の多くも、仕事がなくなり、故郷に帰ったとされています。
封鎖の緩和により、社会経済活動は少しずつ再開していますが、以前のように仕事ができる状況ではなく、物価の高い都市部に残っている出稼ぎ労働者は、特に経済的に厳しい状況に直面しています。

今回の奉仕では、子どもの姿はほとんど見られず、その多くが困窮する労働者となりました。
無邪気な子どもたちの表情とは異なり、現在の状況に、疲労困憊している人々の表情が多く見られました。
皆様のお気持ちをより広い面へお届けできるように、今後の奉仕を計画していきたいと思います。

この度の温かいご協力に、心より御礼申し上げます。
次回の配給後、改めて、ご報告をさせていただきます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

新型コロナウィルス緊急アンナダーナ活動報告(その14)

新型コロナウィルス緊急アンナダーナにご協力をいただいております皆様、誠にありがとうございます。

3月25日に始まった新型コロナウィルス感染拡大防止のためのインド全土の封鎖は、経済状況の悪化を受け、6月以降、段階的な措置の緩和が行われています。
この措置の緩和により、1日の新規感染者数が5万人を超える感染拡大が続いています。
インドは人口が多いこともありますが、ここ数日は、1日の新規感染者数と死者数がアメリカとブラジルを上回っています。

食事の奉仕は、8月1日に500皿(第20回目)、8月4日に500皿(第21回目)を配ることができました。
メニューはどちらもダール・チャーワル(豆のカレーとご飯、1皿45ルピー)となり、デリーで経済的に困窮する人々が暮らす地域への奉仕となっています。

新型コロナウィルスの影響でさまざまな行事が中止となっていますが、8月に入ってから、イスラム教の犠牲祭やラクシャ・バンダンやガーヤトリー・ジャヤンティといった祝日が続いていました。
周囲がお祝いムードに包まれた時が続き、この時に食事の奉仕を実施できたことを嬉しく思います。

皆様からたくさんのご支援をいただき、7月は9回の実施で合計4500皿を奉仕することができました。
8月にはクリシュナ降誕祭やガネーシャ降誕祭が祝福され、喜びが続きます。
大変な状況が続きますが、日々の中で光を見失うことがないように、食事の奉仕を通じて喜びを共有できればと思います。
まだ状況が不安定であるため、事前に日時を決めた大人数が集まる食事の奉仕の実施は難しい状況ですが、今後も週に1〜2回は実施できるように継続していく予定です。

この度の温かいご協力に、心より御礼申し上げます。
次回の配給後、改めて、ご報告をさせていただきます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

新型コロナウィルス緊急アンナダーナ活動報告(その13)

新型コロナウィルス緊急アンナダーナにご協力をいただいております皆様、誠にありがとうございます。

3月25日に始まった新型コロナウィルス感染拡大防止のためのインド全土の封鎖は、経済状況の悪化を受け、6月以降、段階的な措置の緩和が行われています。
この措置の緩和により感染の拡大が続いており、1日に5万人を超える新規感染者数が報告された日があるとともに、現在までに累計感染者数は150万人を超えています。
しかし、数日は1日に3万人を超える回復者数が報告され、致死率は2.25%と世界でも低い数字となっています。

食事の奉仕は、7月25日に500プレート(第18回目)、7月26日に500プレート(第19回目)を配ることができました。
今回は2日間連続での実施となり、メニューはどちらもダール・チャーワル(豆のカレーとご飯、1皿45ルピー)です。
現在は、デリーで経済的に困窮する人々が暮らす地域への奉仕が続いています。
デリーでは感染の拡大が落ち着きを見せていますが、封じ込め(containment)の対象となる感染者が見つかった地域が700を超えており、まだ行動が厳しく制限されています。
奉仕の活動の範囲を広げたいところですが、もう少し状況が落ち着くまでは、行動ができる範囲での奉仕を続ける予定です。

新型コロナウイルスの感染拡大を通じては、小さな家屋に大家族が居住し、地域でトイレや炊事場を共用しなければならない、社会的距離の実践が難しい経済的に困窮する人々が特に大きな影響を受けています。
仕事の再開の目処も立たない今は、多くの人々が不安に駆られていることと思いますが、継続した食事の奉仕を通じて、少しでも皆様の支えを感じることができればと思います。

この度の温かいご協力に、心より御礼申し上げます。
次回の配給後、改めて、ご報告をさせていただきます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

新型コロナウィルス緊急アンナダーナ活動報告(その12)

新型コロナウィルス緊急アンナダーナにご協力をいただいております皆様、誠にありがとうございます。

3月25日に始まった新型コロナウィルス感染拡大防止のためのインド全土の封鎖は、経済状況の悪化を受け、6月以降、段階的な措置の緩和が行われています。
この措置の緩和により感染の拡大が続いており、封鎖を再導入する地域も多く見られます。

食事の奉仕は、7月18日に500プレート(第16回目)、7月21日に500プレート(第17回目)を配ることができました。
メニューはどちらもダール・チャーワル(豆のカレーとご飯、1皿45ルピー)です。
現在は、デリーで経済的に困窮する人々が暮らす地域への奉仕が続いています。
最近はバラエティに富んだ食材を十分に確保できず、同じメニューのダール・チャーワルが続いていますが、インドでは広く食されているメニューで、毎回とても喜んで受け取っていただいています。
相変わらず子どもたちの声が宣伝となり、配膳を始めるとすぐに配り終えてしまう状況です。
現在のところ、1日に500プレートの調理と配膳が限界ですが、今後も週に2回は実施できるように準備をしています。

デリーは東京都の約3分の2の面積に、2000万人超の人口を抱える人口密度の高い都市です。
一時期は感染が爆発し、封鎖の再導入を求める声が上がっていましたが、現在、感染拡大は落ち着いている様子が伝えられています。
しかし、インドの他の地域ではまだ感染拡大が続いており、これからも厳しい対策が続きます。
以前のように仕事ができる人は少なく、特に経済的に弱い立場にある人々にとっては、非常に苦しい状況が続きます。
現在は同じ地域での奉仕が続いていますが、この食事に支えられている人々も少なくないようです。
1日の1食でも、心穏やかに過ごす時を持てるよう、奉仕を続けていきたいと思います。

この度の温かいご協力に、心より御礼申し上げます。
次回の配給後、改めて、ご報告をさせていただきます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

新型コロナウィルス緊急アンナダーナ活動報告(その11)

新型コロナウィルス緊急アンナダーナにご協力をいただいております皆様、誠にありがとうございます。

3月25日に始まった新型コロナウィルス感染拡大防止のためのインド全土の封鎖は、経済状況の悪化を受け、6月以降、段階的な措置の緩和が行われています。
この措置の緩和により感染が拡大し、現在は1日の新規感染者数が3万人を超え、累計感染者数も100万人を超えています。

食事の奉仕は、7月11日に500プレート(第14回目)、7月15日に500プレート(第15回目)を配ることができました。
メニューはどちらもダール・チャーワル(豆のカレーとご飯、1皿45ルピー)です。
皆様からたくさんの温かいお気持ちをいただき、これまでに7500食を配ることができました。
多くの人々が仕事を失い困窮している現在の状況では、大海に落ちる一雫かもしれませんが、必要とする人々にとってはとても大きな救いとなっているに違いありません。

現在は、経済的に困窮する人々が暮らす地域への奉仕が続いています。
インドは、広大な土地に多様な文化や思想、言葉、慣習が生きる国です。
誰もが平等に受けられる細やかな社会福祉制度の実施は容易ではありませんが、アンナダーナのような布施の伝統によって動く社会には、学ぶことが多くあります。

日本でも先行きの不透明な状況が続き、心配や不安を感じることが多くあります。
こうした時は、思いやりの気持ちが社会に平和を生み出す何よりも強いエネルギーになることと思います。
皆様のお気持ちを通じて、社会に平和が広まるよう心より願うとともに、今後も奉仕を続けていきたいと思います。

この度の温かいご協力に、心より御礼申し上げます。
次回の配給後、改めて、ご報告をさせていただきます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

新型コロナウィルス緊急アンナダーナ活動報告(その10)

新型コロナウィルス緊急アンナダーナにご協力をいただいております皆様、誠にありがとうございます。

3月25日に始まった新型コロナウィルス感染拡大防止のためのインド全土の封鎖は、段階的な措置の緩和が行われています。
経済状況の悪化を受けたこの措置の緩和により感染が拡大し、先週より1日の新規感染者数が2万人を超える日が続いています。

食事の奉仕は、7月4日に500プレート(第12回目)、7月7日に500プレート(第13回目)を配ることができました。
メニューはどちらもダール・チャーワル(豆のカレーとご飯、1皿45ルピー)です。
現在は、経済的に困窮する人々が暮らす地域への奉仕が続いていますが、週に2回は実施できるように計画をしています。

最近は、子どもたちが配膳の車両を覚え、車両が到達するなりすぐに駆け寄ってくるようになりました。
大きなスラムがある地域での奉仕となりますが、密集しているスラム内には立ち入ることができず、道路での配膳です。
現在も集会が禁止されているため、なるべく人が集まらないよう宣伝などはせずに行っていますが、子どもたちの「ご飯がきたよー!」の声にスラム内から続々と人々が出てきます。
こうした地域に住む人々は、例えば、裕福な家庭に赴いて家事代行などの仕事をしていましたが、感染を恐れ、仕事を拒まれることが多いようです。
以前のように仕事ができるようになるのはいつなのか、人々は不安を抱いています。


モンスーンが始まり、インドではこれから大きな祝祭が続く時となります。
一方で、湿度が高くなるとともに、蚊を媒介とする病気が蔓延する時ともなり、体調管理には一層の注意が必要となります。
政府は経済的に貧しい人々への食料配給を、11月まで続けることを発表しています。
これからの時を少しでも心穏やかに過ごすことができるよう、奉仕を続けていきたいと思います。

この度の温かいご協力に、心より御礼申し上げます。
次回の配給後、改めて、ご報告をさせていただきます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)