スタッフ日記:第20回アンナダーナ終了しました!

第20回アンナダーナにお気持ちを寄せていただきました皆さま、本当にありがとうございます。今回は病院にて、滞りなく無事に終えることができました。

病院では、5回目の実施となりました。北インドでもすっかり気温が下がり、朝晩は寒いくらいの気候です。今回のアンナダーナはいつも以上に大行列となり、2時間半ほどで、1000食分以上を配り終えることができました。日曜日の実施だったからかもしれませんが、食事を積んだトラックが到着するや否や、大勢の人が列を成し、配膳の人手も足りないほどでしたが、ご厚意で手伝ってくださる方がいたりと、無事に終えることができました。

この辺りでは、毎日複数のアンナダーナが行われているため、病院関係者だけでなく、ホームレスの方々や食事を得られないほど困窮している方々も集まるようです。これからはデリーあたりでも、朝晩は凍えるほどに冷えてきます。食事を満足に取ることができない毎日の中で、温かい食事を得られるということは、きっと大きな喜びになることと思います。

朝の準備。ジャガイモを洗ったりする冷たい水作業が大変な季節になりましたが、準備は滞りなく進みました。

今回は11時過ぎには配り始めることができました。配膳の準備をしている間にも大行列です。

前方のトラックの荷台に食事が積んであり、そのまま荷台で配ります。

スムーズに配ることができるよう、プレートを先に配り、並んでいただきます。

今回はいつもの写真係が配膳を手伝っていたため、別に手伝ってくださった方が写真を撮ってくださいました。

インドでさまざまな教えに触れる中で、その多くは、「あらゆるところに神を見よ。」という事実を伝えています。豊かな人でも、貧しい人でも、その中には神がいます。こうして食事を施す行いは、神へ食事を奉仕することにも変わりないのだと感じます。必要としている方々へ、少しでも喜びが授けられるように、これからもスタッフ一同努力していきたいと思います。

次回も温かいご協力のほど、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

アンナダーナを通じ、皆様にも大きな恩寵がありますように。

(スタッフ:ひるま)

スタッフ日記:第19回アンナダーナ終了しました!

第19回アンナダーナにお気持ちを寄せていただきました皆さま、本当にありがとうございます。今回は寺院にて、滞りなく無事に終えることができました。

ディーワーリー祭を終えた北インドでは、大気汚染が深刻となっていました。経済の発展による影響だけでなく、ディーワーリー祭で使用される花火やクラッカーに始まり、この時期は冬に向けて焼き畑が行われるため、一年のうちでもとりわけ大気汚染が深刻となります。現在では焼き畑が終わり少し落ち着いたようですが、これから北インドは5度近くまで冷え込むこともあり、焚き火をして温まる習慣もあるため、まだまだ大気汚染が続く時となります。

寺院での実施では、アンナダーナの噂を聞き、毎回たくさんの方々が集まります。周囲まで香り立つギーを使用しているせいもあるようですが、案内等を掲示しなくても、寺院の近所の方たち、近くにある貧しいコミュニティの方たち、その子どもたちなど、アンナダーナの日はいつも寺院が賑やかになります。

特に多いのが、デリーに出稼ぎに来ている労働者の方たちです。労働者の方々は、家族や故郷を離れ、環境の悪いデリーで大変な労働を行う人々も少なくありません。小さな子どもをサリーに巻きつけて背負い、建設現場で働く女性を見かけることもあります。食事を満足に取れない人々も多いようですが、アンナダーナの温かく美味しい食事を通じて、険しい表情の中に穏やかな表情を一瞬でも目にすると、こちらの心も温まります。

いつものように、朝から準備が始まります。すっかり朝晩の気温が下がり、夏場は苦行のようだった火を使う調理も、心地よく進めることができます。

今回は12時半頃に配給がスタートしました。インドのお昼は2時頃のところも多く、配り始めは穏やかです。

1時を過ぎ2時頃になると、いつも行列となります。

小さな子どもたちの姿も多く目にします。

一人でも多くの人が、自分自身の周囲を見つめることで、穏やかな社会が生まれることを実感します。苦悩は自己への執着心から生まれるともいわれますが、本当に、自分の問題ばかりを見つめていると苦しくなります。他を想う過程でその執着心が減り、自分自身の内をかき乱す苦悩が消える時、心には平安が生まれます。他を想うことは、究極の霊性修行なのだといつも気づかされています。

次回は、病院でのアンナダーナを予定しています。次回も温かいご協力のほど、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

アンナダーナを通じ、皆様にも大きな恩寵がありますように。

(スタッフ:ひるま)

スタッフ日記:第18回アンナダーナ終了しました!

第18回アンナダーナにお気持ちを寄せていただきました皆さま、本当にありがとうございます。今回は病院にて、滞りなく無事に終えることができました。

病院では、4回目の実施となりました。ディーワーリー祭を終えた北インドでは、朝晩の気温は20度を下回るようになり、とても過ごしやすくなりました。それでも、日中は30度を超える気温となり、まだまだ暑い日が続きます。季節が穏やかになっても、病院にはインド各地から多くの人々が訪れるため、いつものようにたくさんの人々が食事を待っていました。

これから寒くなると、北インドの大都市では大気汚染が深刻となります。特に気温が下がる早朝は、有害物質が停滞するために、一寸先も見えないほどの靄がかかることも少なくありません。経済の発展に伴い、病にかかる人が増えました。呼吸器系疾患や循環器系疾患を抱える人々が多く、一日中外で労働を行う貧しい人々がこうした被害を特に多く被っているといいます。

食事の配給を行う際も、食事を受け取るために長い時間外で待ち、そのまま排気ガスの溢れる道路で食事を済ませる方々の姿が多くありました。私たちは、食事を与えるだけでなく、こうした社会を生み出してしまう原因を、自分自身の生活を通じて見つめ直す必要があるようにも思います。

病院周辺ではいつも複数のアンナダーナが実施されており、遅れると配給を行う場所がなくなってしまうため、いつもよりも張り切って朝から準備を進めます。

今回、私たちが実施した時間帯には、周囲で5つのアンナダーナが行われていました。それでも、食事は2時間半ほどで1000食分以上を配り終えました。

口を覆い隠す人の姿もあり、埃にまみれる車を見ても大気汚染の深刻さがわかります。一日拭かないだけでも、こんな風に埃まみれになってしまいます。

家族のために、あちこち並んで食事を得る人々もいるようです。

地面に座って食事をする方の姿も多くあります。大都市の環境では身体によくありませんが、仕方ありません。

誰もが健康で豊かな生活を享受できるように、私自身も生活のあり方を常に考えながら過ごしたいと感じます。そうして大きな世界と向き合いながら生活することは、日々に平安を授けてくれるように思います。

次回は、寺院でのアンナダーナを予定しています。次回も温かいご協力のほど、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

アンナダーナを通じ、皆様にも大きな恩寵がありますように。

(スタッフ:ひるま)

スタッフ日記:第17回アンナダーナ終了しました!

第17回アンナダーナにお気持ちを寄せていただきました皆さま、本当にありがとうございます。今回は孤児院にて無事に終えることができました。

孤児院でのアンナダーナは4回目となりました。今回は、コージャーガラ・プールニマーと呼ばれる満月に近く、子どもたちが大好きなキール(ミルク粥)をデザートとして当初から予定していました。コージャーガラ・プールニマーは、キール(ミルク粥)を食べてお祝いする習慣があります。孤児院で生活する子どもたちにとって、こうした祝祭をお祝いする機会はなかなかありません。今回も、200~220食分を準備しましたが、子どもたちが皆と同じようにお祝いすることができ、とても嬉しく思っています。

インドはNGO大国ともいわれ、社会活動が非常に盛んです。しかし、慈善活動を謳って不正を行う活動も多く存在するため、近年では厳しいルールが設けられるようになり、活動がとても難しくなっています。アンナダーナを実施している孤児院でも、運営にいろいろと課題を抱えているようです。今まで外部の男性は孤児院内に長時間滞在できない状況でしたが、今回は孤児院内に立ち入ることもできませんでした。いつもは孤児院までできた食事を運び、スタッフの一人が中の様子を見ながら写真を撮り、配膳は孤児院で子どもたちのお世話をする女性の方たちが行ってくださいました。今回はスタッフも中に入れなかったため、お世話をする女性の方に写真を撮っていただきました。

奥で配膳をしていただいているのが子どもたちのお世話をする方たちです。

子どもたちはいつも以上に楽しそうで、お世話をする方たちに心を開いている様子がとてもよく伝わってきます。

キールを楽しむ子どもたち。お皿の上の丸く黄色いものはラッドゥ(甘いお菓子)で、孤児院側で用意したものです。

みんなで賑やかにキールを食して、大喜びだったようです。

孤児院とも良い関係が構築されて、もっと良い形でつながりを深めていきたいと思っていますが、しばらくは様子を見ながら、より良い支援策を模索したいと思います。社会的弱者に寄り添い、行動を起こす重要性は、霊性を育む教えでも頻繁に説かれています。多様な文化や思想が生きるインドでは、物事が思うように進まないことも多くありますが、少しでも、子どもたちの成長を助けることができるようにお手伝いできたらいいなと思っています。

皆様の温かいお気持ち、本当にありがとうございます。次回は病院での実施を予定しています。今後とも温かいご協力のほどどうぞ宜しくお願い申し上げます。

アンナダーナを通じ、皆様にも大きな恩寵がありますように。

(スタッフ:ひるま)

スタッフ日記:第16回アンナダーナ終了しました!

第16回アンナダーナにお気持ちを寄せていただきました皆さま、本当にありがとうございます。今回は寺院にて、滞りなく無事に終えることができました。

北インドはまだまだ暑い日が続いていますが、酷暑期と雨季を終え、朝晩は少し穏やかな気候となっています。今回は朝から順調に準備が始まり、11時頃には配り始めることができました。12時半過ぎには半日の学校を終え、お腹を空かせた子どもたちがたくさん集まり、急に賑やかになりました。学校へ行く前から、いつものギーを使った美味しい食事の準備が始まっていることに気づき、心待ちにしている子どもたちも多かったようです。

その他、寺院での実施には、地方から働きに来ている労働者の方々や、近くの貧しいコミュニティの方々、ご近所の方々など、幅広い層の人々に食事を配ることができます。始めた当初は、アンナダーナの案内の掲示を出した方が良いかも、と話をしていましたが、美味しい香りが漂い、準備の段階から待っていて下さる方達も多く、今回も1000食分以上を準備し、14時半頃には全て配り終えることができました。

今回のアンナダーナは、先祖供養の期間であるピトリ・パクシャ中の実施でした。インドでは食事の施しがあちこちで日常的に行われていますが、この期間中の食事の施しは特に重要とされ、実施される場所も多くなります。こうした行いを通じては、人と人との繋がりやその中に感じる喜びを通じて、心が温まる瞬間がとても多くあります。豊かさとは、どれだけ多くを所持しているかではないということをその度に教えられますが、こうした機会が日常的にあるインドの文化には、いつも多くを気づかされています。

皆様の温かいお気持ち、改めまして心より御礼申し上げます。こうした機会があることにまず感謝をし、一人でも多くの方の心が温かくなり、社会に平和が行き渡りますよう心から願っています。

次回は、孤児院でのアンナダーナを予定しています。次回も温かいご協力のほど、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

アンナダーナを通じ、皆様にも大きな恩寵がありますように。

(スタッフ:ひるま)

スタッフ日記:第15回アンナダーナ終了しました!

第15回アンナダーナにお気持ちを寄せていただきました皆さま、本当にありがとうございます。今回は病院にて、滞りなく無事に終えることができました。

病院では、3回目の実施となりました。当日は朝から雨。雨が降ると少し気温が下がりますが、それでも湿気が多く、まだ体にこたえる天候が続いています。調理では熱したギーを使用するため、屋根の下でいつもより慎重に行いました。病院の近くでは、食事を配る場所に屋根がないため、どうにか止んでくれるようにと願っていると、配る間の2〜3時間ほどはぴったりと雨が止みました。

今回も、私たちが実施した時間帯には、周囲で3つのアンナダーナが行われていました。言葉も食文化も異なる遠く離れた地域から、家族の付き添いのために病院を訪れ、かさむ治療費に日々の食事すら得られない人々も多くいます。さまざまな思想や慣習が根づく広大な地で、増え続ける人口を支える社会保障制度の実施は容易ではありません。そんな時、助けになるのは人々の温かい気持ちや繋がりです。古代から受け継がれてきたこうした豊かさが、現代社会にもしっかりと生きるインドには、学ぶことが多くあります。

朝の7時頃、調理の準備が始まります。準備が始まった際には降っていませんでしたが、この後、大雨となりました。

出来た食事はトラックに積み、病院の近くへ運びます。そのまま、トラックの荷台で食事を配ります。

周囲で別のアンナダーナが行われているにも関わらず、列が途絶えることはありません。

順番を待ち、ただただ静かに列に並んでくださいます。

2〜3時間ほどで、用意をした1000食分以上の食事を配り終えることができました。

他を思うことで得られる心の豊かさは、決して廃れることなく、自分自身だけでなく周囲へと大きく広がっていきます。周囲に目を向け、常に全体と繋がり、自分自身と社会の幸せを願いたいと思います。

次回は、寺院でのアンナダーナを予定しています。次回も温かいご協力のほど、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

アンナダーナを通じ、皆様にも大きな恩寵がありますように。

(スタッフ:ひるま)

スタッフ日記:第14回アンナダーナ終了しました!

第14回アンナダーナにお気持ちを寄せていただきました皆さま、本当にありがとうございます。今回は孤児院にて、滞りなく無事に終えることができました。

孤児院でのアンナダーナは3回目となりました。前回はデザートに要望があり、キール(ミルク粥)を準備したのですが、子どもたちはハルワーが好きだろうと、ハルワーを準備する予定でいました。しかし、やはりキールが食べたいという要望があり、今回も前夜に急遽メニューを変更しました。ハルワーももちろん大好きとのことですが、キールはなかなか食べる機会がないとのことで、楽しみにしていたようです。

今回も、お世話をする方たちなどの食事を含め、200~220食分を準備。女の子の孤児院では外部の男性の出入りが厳しく、外部の男性は孤児院内に長時間滞在できないため、外で調理をし、できた食事をリキシャで運びます。配膳は子どもたちのお世話をする女性スタッフにお願いをします。

孤児院に到着すると施設内で遊ぶ子どもたちの姿がありました。暑くても元気いっぱい。ランチの時間が近づいて、心待ちにしている子どもたちの姿を見ると、食事を提供できることがとても嬉しくなります。

ミルク粥のキールを、主食よりもたくさんお皿に盛っている子どもたち。思わず微笑んでしまいます。

ホールには一度に全員入れないため、何度かに分けて食事を配ります。床に座って食事をするのは、インドでは一般的な習慣。

孤児院とも良い関係が構築されてきているので、現在は小規模での実施となっていますが、今後、もっと良い形でつながりを深めていきたいと思います。

皆様の温かいお気持ち、本当にありがとうございます。貧富の差が激しいインドの社会では、まだまだ食事を満足にとれない人々も多くいます。中でも、苦しむたくさんの子どもたちの姿を目にすると、あまりに問題が大きすぎて、何ができるのだろう…と考えてしまう瞬間がありますが、小さくてもこうして行動することの大切さを感じます。皆様が捧げてくださった温かいお気持ちはこんなに大きくなり、子どもたちの心の成長とともに、さらに大きく広がっていくことと思います。

次回は、8月19日(土)に病院での実施を予定しています。これからもどうぞ宜しくお願い申し上げます。

アンナダーナを通じ、皆様にも大きな恩寵がありますように。

(スタッフ:ひるま)

スタッフ日記:第13回アンナダーナ終了しました!

第13回アンナダーナにお気持ちを寄せていただきました皆さま、本当にありがとうございます。今回はいつもの寺院にて、滞りなく無事に終えることができました。

北インドもモンスーンの時期を迎えていますが、暑い日々が続いています。なかなか雨が降らない状況でしたが、当日の朝は真っ黒な雲がやってきて、もしかしたら雷雨の予感。慌てて準備を進めましたが、少し降るとあっという間に日が照り始め、また暑い一日となりました。それでもいつものようにたくさんの人が集まってくださり、予定通り1000食分以上を3時間半ほどで配り終えることができました。

寺院では近くに住む子どもたちも多く訪れます。ギーで作った美味しいハルワーを心待ちにしているようで、いつの間にか仲良しになったスタッフに声をかけ嬉しい気持ちを伝えてくださったそうです。

デリーへ出稼ぎに来ている労働者階級の人々も多く、家族と離れ過酷な環境で仕事をしている人々にとって、こうした食事は本当に心温まるものだと思います。子どもから大人まで、幅広い層の人々に食事を配ることができとても嬉しく思っています。

いつも通りに準備スタート。準備の途中、雲行きが怪しくなり急いだため、今回は11時半頃には配り始めることができました。

皆様の温かいお気持ち、改めまして心より御礼申し上げます。継続的な実施によって、温かい繋がりが確実に広まっています。こうした繋がりがより大きく社会に広がり、真の豊かさが満ちることを心から願っています。

次回は、7月29日(土)、孤児院でのアンナダーナを予定しています。次回も温かいご協力のほど、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

アンナダーナを通じ、皆様にも大きな恩寵がありますように。

スタッフ日記:第12回アンナダーナ終了しました!

第12回アンナダーナにお気持ちを寄せていただきました皆さま、本当にありがとうございます。今回は病院にて、滞りなく無事に終えることができました。

病院では、2回目の実施となりました。北インドもモンスーンが近づいてきたのか、湿気が増え、極端に暑く乾燥した時よりも体にこたえます。実施した日も非常に高温多湿で、立っているだけで汗だくになり疲労を感じるほどでした。これからは病にかかる人も増え、病院を訪れる人も増える時期です。

周辺には病院がいくつかあるため、私たちが実施した日も、すでに午前中だけで複数のアンナダーナが終了し、夕方から実施する人々が待機しているほどでした。私たちはいつも通り、プーリーと野菜のカレーとハルワーでしたが、炊き込みご飯や、お豆のカレーとご飯など、それぞれが異なるメニューを用意しており、好みのメニューを選んで食事をいただいている人たちもいました。食事を満足に取れない人々にとって、こうして少しでも喜びがあるということを嬉しく思います。

今回も、いつもの通り寺院の近くで調理の準備を行います。朝から暑い中、体と火を使う仕事をしてくださるケータリングの方達にも頭が下がります。

トラックに出来上がった食事を乗せて病院まで運び、そのままトラックの荷台で配ります。今回は複数のアンナダーナが行われており、3時間ほどで1000食分以上を配り終えました。

食事を配るのは主に患者さんを支える家族の方たちです。患者さんは食事を取れず、また病院から出てこれない場合もあります。家族の方たちは、病院の周辺に寝泊まりしていますが、貧しい方々も多く、こうして施される食事を唯一の食事として得る人々もいます。

インドにいると、人間として、どうにもならないくらい辛く苦しい状況を度々目にしますが、それでも、こうして動き続ける社会のどこかに光が見えます。自分自身もその光を見失わずに、そしてその光でありたいなと考えさせられます。皆様の温かいお気持ち、本当にありがとうございます。

次回は、7月15日(土)に寺院での実施です。これからもどうぞ宜しくお願い申し上げます。

アンナダーナを通じ、皆様にも大きな恩寵がありますように。

(スタッフ:ひるま)

スタッフ日記:第11回アンナダーナ終了しました!

第11回アンナダーナにお気持ちを寄せていただきました皆さま、本当にありがとうございます。今回は孤児院にて、滞りなく無事に終えることができました。

孤児院でのアンナダーナは2回目となりました。今回は、デザートにいつも通りのハルワーを予定していましたが、前日に孤児院とお話をして、急遽キールを配ることになりました。前回、ハルワーがとても美味しかったようで、何人かの子どもたちがスタッフに甘えて、今度はキールが食べたい!とリクエストをしていました。

前夜に孤児院と最終の確認を取ったところ、子どもたちの希望を叶えるため、急遽キールを準備することに。ハルワー(ハルワ、ハルヴァなどとも)は、セモリナ粉を炒って、たっぷりのギーとドライフルーツとお砂糖を加えて作るお菓子です。キールは、お米を牛乳でおかゆのように煮て、たっぷりのドライフルーツとお砂糖を加えて作ります。予算的にも、どちらも同じでしたので、急でしたが、ケータリングの方々にお願いしキールを準備しました。

サブジー(野菜のおかず)、プーリー(揚げたパン)、キール。孤児院の子どもたちは、普段はなかなか、こうした豪華な食事を食べる機会がありません。今回の食事がキールだと知った子どもたちは大喜びでした。

食事をするホールには一度に30人ほどしか入れないため、交代で食事をいただくようです。

いつも200人くらいの子どもたちが生活をしているそう。お世話をする方たちなどを含め、今回も200~220食分を準備しました。

食事を配る前。孤児院の外では、子どもたちが元気に遊んでいます。勉強をする子の姿も。

孤児院は女の子の孤児院となるため、スタッフやケータリングの方達を含め、外部の男性が長く施設内に留まることができず、食事は外で作ってリキシャで運んでいます。

家族がおらず、住む家もない。子どもたちは、とても辛い思いをしていると思います。美味しいものを食べると私も嬉しくなりますが、こうした食事を通じて、子どもたちの心が少しでも豊かになることを心から願っています。何よりも、たくさんの方々から寄せられた気持ちを通じて、幸せを感じていることと思います。

次回は、6月24日(土)、病院でのアンナダーナを予定しています(孤児院でのアンナダーナも、今後、継続していきます)。次回も温かいご協力のほど、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

アンナダーナを通じ、皆様にも大きな恩寵がありますように。

(スタッフ:ひるま)