新型コロナウィルス緊急アンナダーナ活動報告(その31)

新型コロナウィルス緊急アンナダーナにご協力をいただいております皆様、誠にありがとうございます。

3月25日に始まった新型コロナウィルス感染拡大防止のためのインド全土の封鎖は、経済状況の悪化を受け、6月以降、段階的な措置の緩和が行われています。
インド全体では感染拡大のピークを過ぎましたが、感染が再拡大している地域があり、夜間外出禁止令などの厳しい対策が導入される地域も出てきています。

食事の奉仕は、11月28日に500皿(第53回目)、12月1日に500皿(第54回目)を配ることができました。
メニューはどちらもダール・チャーワル(豆のカレーとご飯、1皿45ルピー)です。

12月に入り、北インドでは本格的な冬が到来しています。
食事の奉仕を行うデリーでは、インド独立以降、過去71年間でもっとも寒い11月になったと伝えられました。
また、大規模な野焼きに加え、降雨が少なくなったことから、今年は封鎖が続いていたにも関わらず、昨年よりも大気汚染が深刻になったと伝えられています。
そんな中で、デリーでは新型コロナウィルス感染の第3波が深刻になっていましたが、新規感染者数に減少が見られるようになっています。
それでも、1日に4,000人前後の新規感染者数が報告されていることから、予断を許さない状況です。

インド全土の封鎖は、段階的な措置の緩和の状況にありますが、州によってさまざまに異なる対策が行われています。
デリーでは引き続き、教育機関の閉鎖や大規模な集会の禁止といった対策が行われます。
大人数が集まるアンナダーナの実施はまだ難しく、現在は経済的に困窮する人々が暮らす地域を車両で移動しながらの奉仕となっていますが、今後も可能な限り活動を継続していく予定です。
多くの人が不安を感じる現在の状況の中でも、より良い方向に社会が進むよう、行動することを忘れずにいたいと思います。

この度の温かいご協力に、心より御礼申し上げます。
次回の奉仕後、改めて、ご報告をさせていただきます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

新型コロナウィルス緊急アンナダーナ活動報告(その30)

新型コロナウィルス緊急アンナダーナにご協力をいただいております皆様、誠にありがとうございます。

3月25日に始まった新型コロナウィルス感染拡大防止のためのインド全土の封鎖は、経済状況の悪化を受け、6月以降、段階的な措置の緩和が行われています。
インド全体では感染拡大のピークを過ぎましたが、一部の地域では感染が再拡大し、国内の移動にも制限が設けられるようになっています。

食事の奉仕は、11月21日に500皿(第51回目)、11月24日に500皿(第52回目)を配ることができました。
メニューはどちらもダール・チャーワル(豆のカレーとご飯、1皿45ルピー)です。
引き続き、経済的に困窮する人々が暮らす地域を車両で移動しながらの奉仕となっています。

4月に始まったこの食事の奉仕は、皆様から継続して温かいお気持ちをいただき、実施は50回を超えました。
感染防止対策を最優先しているため、一度に奉仕できる食事は500皿と限りがありますが、週2回の奉仕をペースに、これまでに26,000食を配ることができました。

現在、当初の混乱は落ち着いたように見えますが、デリーでは感染の再拡大が深刻化し、さまざまな規制が強化されるようになっています。
ディーワーリーを終えた後には、数日間に渡って太陽神へ祈りを捧げるチャタ・プージャーを迎えましたが、今年は集会が禁じられました。
また、通常であれば盛大な結婚式が執り行われる時ですが、祝宴は50人以下での実施が求められています。
マスクを着用していない場合、これまで500ルピーだった罰金は、ここで2,000ルピーに引き上げられました。
教育機関の閉鎖も続いており、まだまだ不安定な状況が続くと見られます。
これまでにも厳しい生活を余儀なくされていた困窮する人々の生活は、依然として苦しい状況が続き、改善の兆しは見られていません。

インドでは、これまで続いていた大きな祝祭がひと段落する時となりました。
日没が早まり、日照時間が短くなるこれからの時は、気持ちが沈みがちになることも少なくありません。
少しでも日々に光をもたらすことができるよう、今後も可能な限り食事の奉仕を継続していきたいと思います。

この度の温かいご協力に、心より御礼申し上げます。
次回の奉仕後、改めて、ご報告をさせていただきます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

新型コロナウィルス緊急アンナダーナ活動報告(その29)

新型コロナウィルス緊急アンナダーナにご協力をいただいております皆様、誠にありがとうございます。

3月25日に始まった新型コロナウィルス感染拡大防止のためのインド全土の封鎖は、経済状況の悪化を受け、6月以降、段階的な措置の緩和が行われています。
インド全体では感染拡大のピークを過ぎたと見られていますが、これまでに累計感染者数は890万人、死者数は13万人を超えました。

食事の奉仕は、11月14日に500皿(第49回目)、11月17日に500皿(第50回目)を配ることができました。
メニューはどちらもダール・チャーワル(豆のカレーとご飯、1皿45ルピー)です。

第49回目は、ディーワーリーの祝祭の当日に実施することができました。
ディーワーリーの期間中は、日本のお正月のように長いお休みになるところが多くありますが、いつも調理や運搬や配膳を行う方々が協力をしてくださり、ディーワーリーの当日に食事を奉仕できましたこと、とても嬉しく思います。
たくさんの方々のお気持ちが繋がり、こうして奉仕を継続でき、感謝の気持ちでいっぱいです。

ディーワーリーの時期は毎年大気汚染が深刻になることから、デリーでは花火やクラッカーを禁止すると事前に発表されましたが、花火はあちこちで盛大に打ち上げられました。
一時はAQI値が大きく上昇しましたが、クラッカーは控え目になり、また雨が降って風も強まった影響で青空が見えています。
例年に比べ控えめな祝福にはなりましたが、こうした祝福を通じて得られる喜びは、コロナ禍で先の見えない暗闇に光をもたらしてくれたことと思います。


インド全体では感染拡大のピークを過ぎたと見られていますが、感染が再拡大している地域もあり、食事の奉仕を行うデリーもそのひとつです。
ディーワーリーの祝祭を通じて人が移動したり集合したりする機会が増えたことから、今後の状況も懸念されています。
不安定な状況はまだまだ続くと見られ、今後も継続して奉仕を実施できますよう、努めていきたいと思います。
皆様の温かいお気持ちから生まれる行為は、必ず良い変化を生み出してくれることと思います。

この度の温かいご協力に、心より御礼申し上げます。
次回の奉仕後、改めて、ご報告をさせていただきます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

新型コロナウィルス緊急アンナダーナ活動報告(その28)

新型コロナウィルス緊急アンナダーナにご協力をいただいております皆様、誠にありがとうございます。

3月25日に始まった新型コロナウィルス感染拡大防止のためのインド全土の封鎖は、経済状況の悪化を受け、6月以降、段階的な措置の緩和が行われています。
9月には1日の新規感染者数が9万人台の日が続く感染拡大が見られましたが、10月以降、現在は4万人前後の日が続いており、インド全体では感染拡大のピークを過ぎたと見られます。

一方、食事の奉仕を行うデリーでは、感染拡大の第3波を迎えていると見られ、1日の新規感染者数は過去最高の7千人台を記録しています。
光の祭典であるディーワーリーが今週末に近づき、喜びに満ちる時となりますが、安全に祝福を行うためにも、気を引き締め、十分に注意をして行動しなければなりません。

食事の奉仕は、11月7日に500皿(第47回目)、11月10日に500皿(第48回目)を配ることができました。
メニューはどちらもダール・チャーワル(豆のカレーとご飯、1皿45ルピー)です。

現在は、経済的に困窮する人々が暮らす地域周辺を、車両で移動しながらの奉仕となっています。
不安定な状況が続く中、皆様のおかげでこうして継続して奉仕を実施することができ、感謝の気持ちでいっぱいです。
食事を受け取る人々の中には、ここに安心や支えを感じることができるようで、こちらも喜びを感じる瞬間があります。
少しでも、こうして生まれる繋がりが、社会に良い影響を生み出していくことを願うばかりです。

写真でも少し霞んで見えますが、デリーでは大気汚染も深刻になっています。
毎年、秋から冬にかけては、周辺地域で野焼きが行われること、また気温が下がり有害物質が停滞する影響により、大気汚染が深刻になります。
ディーワーリーが祝福されるこの時期は、花火やクラッカーが盛んに鳴らされる影響も重なるため、今年は11月末まで禁止が発表されました。
こうした状況に学びながら、生活のあり方を見つめ直し、より明るい未来へと向かうよう、私たちも努力したいと感じます。
ディーワーリーが近づき、皆様にも大きな恩寵がありますように、心よりお祈り申し上げます。

この度の温かいご協力に、心より御礼申し上げます。
次回の奉仕後、改めて、ご報告をさせていただきます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

新型コロナウィルス緊急アンナダーナ活動報告(その27)

新型コロナウィルス緊急アンナダーナにご協力をいただいております皆様、誠にありがとうございます。

3月25日に始まった新型コロナウィルス感染拡大防止のためのインド全土の封鎖は、経済状況の悪化を受け、6月以降、段階的な措置の緩和が行われています。
インド全体では感染拡大のピークを過ぎたと見られていますが、これまでに累計感染者数は835万人を超えています。

食事の奉仕は、11月1日に500皿(第45回目)、11月3日に500皿(第46回目)を配ることができました。
メニューはどちらもダール・チャーワル(豆のカレーとご飯、1皿45ルピー)です。
引き続き、経済的に困窮する人々が暮らす地域周辺での奉仕となっています。

食事の奉仕を行っている首都のデリーでは、現在もデング熱の感染対策が行われていますが、最低気温が記録的に低くなる日が続いています。
気温が下がることで有害物質が停滞するようになり、大気汚染も深刻になってきました。
そんな中、一時期は落ち着きを見せていた新型コロナウィルスの感染者数がここに来て急増し、1日の新規感染者数は初めて6千人台を記録しています。
デリーでは第3波を迎えていると見られ、教育機関も引き続き閉鎖されることが発表されました。
子どもたちはまだ学校へ通うことはできません。
食事の奉仕の際には、元気いっぱいの子どもたちの姿にこちらもたくさんの喜びを与えられますが、早く学びを再開できるようにと願う気持ちでいっぱいです。

不安定な状況が続き、困窮する人々の生活は改善の兆しが見えず、厳しい状況が続きます。
ディーワーリーの祝祭が1週間後に迫り、大きな喜びに包まれるこれからの時、食事の奉仕を通じて少しでも光を届けることができればと思います。
皆様からは継続して温かいお気持ちをいただいておりますこと、心より御礼申し上げます。

次回の奉仕後、改めて、ご報告をさせていただきます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

新型コロナウィルス緊急アンナダーナ活動報告(その26)

新型コロナウィルス緊急アンナダーナにご協力をいただいております皆様、誠にありがとうございます。

3月25日に始まった新型コロナウィルス感染拡大防止のためのインド全土の封鎖は、経済状況の悪化を受け、6月以降、段階的な措置の緩和が行われています。
これまでに、累計感染者数は800万人、死者数は12万人を超えました。
インド全体では感染拡大のピークを過ぎたと見られていますが、感染者が急増している地域もあり、予断を許さない状況です。

食事の奉仕は、10月24日に500皿(第43回目)、10月27日に500皿(第44回目)を配ることができました。
メニューはどちらもダール・チャーワル(豆のカレーとご飯、1皿45ルピー)です。
引き続き、経済的に困窮する人々が暮らす地域周辺を、車両で移動しながらでの奉仕となっています。

インドでは、続いていたナヴァラートリーが盛大なダシャラーの祝福を持って終わりを迎えました。
ダシャラーの3週間後には、待ちに待ったディーワーリーの祝福が近づいています。

食事の奉仕活動は、感染防止対策を最優先しているため、1回に奉仕できる食事が500皿と限りがあり、毎回すぐに配り終えてしまいます。
それでも、この喜びの時に継続して実施できますこと、とても嬉しく思っています。
皆様からは継続してたくさんのお気持ちをいただいているため、今後もこのペースで実施していく予定です。
与える側、与えられる側、喜びが大きく広がっていくことを心より願っています。

インドは10月からUnlock 5.0と呼ばれる封鎖の緩和の段階にありますが、Unlock 5.0は11月末まで継続すると発表されました。
しかし、社会経済活動の多くは再開され、大きな祝祭が続く時を迎えている現在は、マーケットも賑わいを見せています。
ヨーロッパに見られる感染の再拡大も懸念されますが、日々の中で光を見失わないためにも、この喜びの時を過ごせるように活動をしたいと思います。

この度の温かいご協力に、心より御礼申し上げます。
次回の配給後、改めて、ご報告をさせていただきます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

新型コロナウィルス緊急アンナダーナ活動報告(その25)

新型コロナウィルス緊急アンナダーナにご協力をいただいております皆様、誠にありがとうございます。

3月25日に始まった新型コロナウィルス感染拡大防止のためのインド全土の封鎖は、経済状況の悪化を受け、6月以降、段階的な措置の緩和が行われています。
この緩和により続いていた感染拡大は、インド全体ではピークを過ぎたと見られていますが、累計感染者数は770万人を超えています。

食事の奉仕は、10月17日に500皿(第41回目)、10月20日に500皿(第42回目)を配ることができました。
メニューはどちらもダール・チャーワル(豆のカレーとご飯、1皿45ルピー)です。
経済的に困窮する人々が暮らす地域周辺を、車両で移動をしながらでの奉仕となっています。

封鎖が始まって以来行なっている食事の奉仕は、皆様からたくさんのお気持ちをいただき、これまでに40回を超え、20000食以上を奉仕することができました。
現在は、社会経済活動の多くが再開していますが、まだ大きな集会等を行うことは許可されていません。
しばらくは事前に日時や場所を決めた大勢が集まる奉仕の実施は難しい状況ですが、今後も状況を見ながら実施していく予定です。

インド全体では感染拡大のピークを過ぎ、大きな祝祭が続く時を迎えています。
緩みがちな気を引き締め、ここで改めて行動を見直すよう、首相から国民に語りかける声明も出されたため、今後も十分に注意をしながら活動を続けてきたいと思います。

寄付や施しは、執着や欲望を放棄して自分自身の本質に気づくための、究極の霊性修行といわれます。
与える人と受け取る人、双方の心を育むその幸福は、やがて社会全体に平和を生み出すはずです。
心の平安を学ぶための貴重な機会を与えてくれる社会と向き合いながら、価値ある霊性修行を実施できるよう今後も奉仕を通じて努めていきたいと思います。

この度の温かいご協力に、心より御礼申し上げます。
次回の配給後、改めて、ご報告をさせていただきます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

新型コロナウィルス緊急アンナダーナ活動報告(その24)

新型コロナウィルス緊急アンナダーナにご協力をいただいております皆様、誠にありがとうございます。

3月25日に始まった新型コロナウィルス感染拡大防止のためのインド全土の封鎖は、経済状況の悪化を受け、6月以降、段階的な措置の緩和が行われています。
現在の累計感染者数は730万人、死者数は11万人を超えました。

10月に入り、インド全体では1日の新規感染者数に減少が見られるようになり、感染拡大はピークを過ぎたのではないかと見られています。
しかし、これから大きな祝祭が続く時となり、また、収束していた地域で感染が再拡大するなど、楽観できない状況が続きます。

食事の奉仕は、10月10日に500皿(第39回目)、10月13日に500皿(第40回目)を配ることができました。
メニューはどちらもダール・チャーワル(豆のカレーとご飯、1皿45ルピー)です。
今回も、経済的に困窮する人々が暮らす地域周辺での奉仕となっています。

季節が変わり、食事の奉仕を行う首都のデリー近郊では、野焼きが始まりました。
これに加え、気温が下がることで有害物質が停滞するようになり、大気汚染が深刻になる季節を迎えています。
一時期は、封鎖の影響により大気汚染が改善されていましたが、封鎖が緩和された影響により、この時期の大気汚染の改善は見られていません。

新型コロナウィルスによる影響だけでなく、社会には取り組むべきさまざまな課題があります。
より良い方向に社会が進むよう、私たち自身もこの状況に学びながら、活動を続けていきたいと思います。
食事の奉仕は今後もこのような形で、週に1〜2回の実施を継続していく予定です。
不安定な状況の中、皆様のご厚志のおかげで食事の奉仕を継続して実施できますこと、心より感謝申し上げます。

この度の温かいご協力に、心より御礼申し上げます。
次回の配給後、改めて、ご報告をさせていただきます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

新型コロナウィルス緊急アンナダーナ活動報告(その23)

新型コロナウィルス緊急アンナダーナにご協力をいただいております皆様、誠にありがとうございます。

3月25日に始まった新型コロナウィルス感染拡大防止のためのインド全土の封鎖は、経済状況の悪化を受け、6月以降、段階的な措置の緩和が行われています。
この措置の緩和により感染拡大が続き、現在の累計感染者数は680万人、死者数は10万人を超えました。

一時期、1日の新規感染者数が9万人を超える日が続いていましたが、ここ最近は7万人前後の日が続き、ピークを過ぎたのではないかと見られています。
しかし、これから大きな祝祭が続く時となり、人が移動したり集合したりする機会が多くなるため、予断を許さない状況です。

食事の奉仕は、10月3日に500皿(第37回目)、10月6日に500皿(第38回目)を配ることができました。
メニューは10月3日がダール・チャーワル(豆のカレーとご飯、1皿45ルピー)、10月6日がカディ・チャーワル(ヨーグルトベースのカレーとご飯、1皿45ルピー)です。

10月からはUnlock 5.0となる更なる緩和が行われ、10月15日からは教育機関の再開が許可されています。
しかし、子どもを学校へ通わせることに対し不安を感じる保護者が多く、再開の判断は州政府に任されています。
食事の奉仕を行うデリーでは、10月末まで教育機関は閉鎖すると発表されました。
現在は、経済的に困窮する人々が暮らす地域での奉仕が続いていますが、いつも明るく元気な子どもたちの姿に毎回元気をもらうようです。
早く学びを再開できる日が来るようにと心から願っています。

インド全体では新規感染者数の減少が見られていますが、地域によっては感染者数の急増が見られ、4人以上の集会を禁ずる刑事訴訟法第144条が発動される地域もあります。
まだしばらくは日時や場所を事前に決めて行うアンナダーナの実施が難しい状況のため、今後も準備が出来次第、実施して行く予定です。

この度の温かいご協力に、心より御礼申し上げます。
次回の配給後、改めて、ご報告をさせていただきます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

新型コロナウィルス緊急アンナダーナ活動報告(その22)

新型コロナウィルス緊急アンナダーナにご協力をいただいております皆様、誠にありがとうございます。

3月25日に始まった新型コロナウィルス感染拡大防止のためのインド全土の封鎖は、経済状況の悪化を受け、6月以降、段階的な措置の緩和が行われています。
この措置の緩和により感染拡大が続き、1日の新規感染者数が9万人を超える日が長く続いていました。
しかし、ここ数日は9万人を下回る日が続き、新規感染者数は減少傾向が見られます。

食事の奉仕は、9月26日に500皿(第35回目)、9月29日に500皿(第36回目)を配ることができました。
メニューはどちらもダール・チャーワル(豆のカレーとご飯、1皿45ルピー)です。
現在は、経済的に困窮する人々が暮らす地域での奉仕が続いています。

コロナ以前に比べればさまざまな制限があるも、緩和が続き、現在は割と自由に動くことができるようになっています。
これからインドはとりわけ大きな祝祭が続く時となり、10月からはUnlock 5.0となる更なる緩和が行われるとされています。
しかし、これまでにも厳しい生活を余儀なくされていた経済的に貧しい人々の生活は、依然として苦しい状況が続いており、改善の兆しも見られていません。

食事の奉仕を行うデリーでは、続いていたモンスーンが終わりに近づき、朝晩は秋を感じるようになりました。
一時期、デリーでは収束していた感染者数が再び増加傾向にあり、緩和による第2波を迎えていると伝えられていましたが、ここ最近は、この第2波も落ち着きを見せています。
しかし、モンスーンを終える頃から増加するのがデング熱です。
11月頃までは、新型コロナウィルスだけでなく、デング熱への対策が必要となる時となります。
不安が拭えない生活の中、少しでも心穏やかな時を過ごすことができるよう、今後も食事の奉仕を継続していきたいと思います。

この度の温かいご協力に、心より御礼申し上げます。
次回の配給後、改めて、ご報告をさせていただきます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)