新型コロナウィルス緊急アンナダーナ活動報告(その73)

新型コロナウイルス緊急アンナダーナにご協力をいただいております皆様、誠にありがとうございます。

昨年の3月25日に始まった新型コロナウイルス感染拡大防止のためのインド全土の封鎖は、段階的な緩和が行われ、9月に第1波の感染拡大のピークを迎えました。
9月以降は減少傾向が続いていましたが、今年の3月以降に第2波が深刻となり、現在は改善するも油断はできない状況が続いています。
これまでに累計感染者数は3353万人、死者数は44.5万人を超えました。

食事の奉仕は、9月18日に500皿(第137回目)、9月21日に500皿(第138回目)を配ることができました。
メニューはどちらもダール・チャーワル(豆のカレーとご飯、1皿45ルピー)です。
引き続き、経済的に困窮する人々が暮らす地域を中心に、車両で移動しながらの奉仕を行っています。

インドでは、一部の慣習において、9月21日からおよそ2週間ほど続く先祖供養の期間が始まりました。
この先祖供養の期間には、助けを必要としている人に、進んで手を差し伸べることが勧められ、貧しい人には寄付を行うことが勧められています。
こうした善行は、自分自身だけでなく、社会全体をより良い道へと導く大切な意味があり、インドではその伝統が今でも大切に受け継がれています。

インド全体では感染状況は落ち着いており、社会経済活動の再開が進んでいますが、困窮する人々の生活は困難を極めています。
大変な状況が続きますが、こうした機会に学びを深め、今を生きる私たちにできることを努めたいと感じます。

食事の奉仕を行う首都のデリーでも、新規感染者数の増加は見られず、生活は日常を取り戻しているようにも見られます。
しかし、困窮し大きな不安の中で生きる人々は多く、こうしたアンナダーナの活動を通じて、少しでも温かい気持ちを広げることができればと思います。
社会の平和を願いながら、皆様のお気持ちとともに今後も積極的に活動することを心がけたいと感じます。

この度の温かいご協力に、心より御礼申し上げます。
次回の奉仕後、改めて、ご報告をさせていただきます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

新型コロナウィルス緊急アンナダーナ活動報告(その72)

新型コロナウイルス緊急アンナダーナにご協力をいただいております皆様、誠にありがとうございます。

昨年の3月25日に始まった新型コロナウイルス感染拡大防止のためのインド全土の封鎖は、段階的な緩和が行われ、9月に第1波の感染拡大のピークを迎えました。
9月以降は減少傾向が続いていましたが、今年の3月以降に第2波が深刻となり、現在は改善するも油断はできない状況が続いています。
これまでに累計感染者数は3334万人、死者数は44.3万人を超えました。

食事の奉仕は、9月11日に500皿(第135回目)、9月14日に500皿(第136回目)を配ることができました。
メニューはどちらもダール・チャーワル(豆のカレーとご飯、1皿45ルピー)です。
引き続き、経済的に困窮する人々が暮らす地域を中心に、車両で移動しながらの奉仕を行っています。

食事の奉仕を行う首都のデリーでは、2ヶ月以上に渡って、新規感染者数が100人を下回る日が続いています。
感染状況についてはしばらく落ち着いていますが、9月に入ってからはモンスーンの雨が強まり、先週末には冠水してしまう地域が多く出ました。
食事の奉仕も天候を見ながらの実施となりましたが、定期的に奉仕を行っている地域の人々は、大雨も気にせずに食事を待ち続けていたようです。

社会経済活動は再開されつつありますが、不安定な就労状態にあった経済的に弱い立場の人々は、生活の再建が容易ではありません。
改善の兆しがなかなか見えず、無力感に包まれることも少なくありませんが、皆様の温かいお気持ちから生まれる行為は、社会に必ず良い変化を生み出してくれることと信じ、活動を行っています。

感染状況は、インド全体でも7月以降は落ち着いているように見られ、社会経済活動の再開が進んでいます。
しかし、第1波のピークから第2波のピークの間隔が半年以上あったため、気を緩めることはできません。
今後もしばらくは、これまでと同様に食事の奉仕を継続していく予定です。

この度の温かいご協力に、心より御礼申し上げます。
次回の奉仕後、改めて、ご報告をさせていただきます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

新型コロナウィルス緊急アンナダーナ活動報告(その71)

新型コロナウイルス緊急アンナダーナにご協力をいただいております皆様、誠にありがとうございます。

昨年の3月25日に始まった新型コロナウイルス感染拡大防止のためのインド全土の封鎖は、段階的な緩和が行われ、9月に第1波の感染拡大のピークを迎えました。
9月以降は減少傾向が続いていましたが、今年の3月以降に第2波が深刻となり、現在は改善するも油断はできない状況が続いています。
これまでに累計感染者数は3313万人、死者数は44.1万人を超えました。

食事の奉仕は、9月4日に500皿(第133回目)、9月7日に500皿(第134回目)を配ることができました。
メニューはどちらもダール・チャーワル(豆のカレーとご飯、1皿45ルピー)です。
引き続き、経済的に困窮する人々が暮らす地域を中心に、車両で移動しながらの奉仕を行っています。

食事の奉仕を行う首都のデリーでは、9月に入り、およそ1週間にわたって死者数がゼロとなりました。
新規感染者数も50人前後で推移しており、感染状況に落ち着きが見られることから、17ヶ月ぶりに教育機関も再開され始めています。
しかし、少しでも感染増加の兆候が見られれば、再び閉鎖するとされていることから、不安の拭えない中での学びとなります。

社会経済活動の多くも再開していますが、大きな祝祭が続く時を迎える中で、祭事において大人数が集まる行事等はまだ制限されています。
現在の奉仕は、大人数が集まることのないよう、日時や場所を事前に決めずに、車両で移動しながら行っていますが、困窮する人々の生活は非常に厳しく、配膳を始めれば人が集まり、あっという間に準備した食事を配り終えてしまう状況です。
今後も状況を見ながら、それぞれの安全を守れる形で奉仕をできるように、活動をしていく予定です。

インド全体では新規感染者数が3万人前後の日が続き、感染状況は落ち着いていますが、一部では状況が改善せず、他州への移動が制限されている地域もあります。
依然として油断は出来ない状況が続く不安の多い日々の中で、少しでも皆様の温かなお気持ちが広がるように、今後も活動していきたいと思います。

この度の温かいご協力に、心より御礼申し上げます。
次回の奉仕後、改めて、ご報告をさせていただきます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

新型コロナウィルス緊急アンナダーナ活動報告(その70)

新型コロナウイルス緊急アンナダーナにご協力をいただいております皆様、誠にありがとうございます。

昨年の3月25日に始まった新型コロナウイルス感染拡大防止のためのインド全土の封鎖は、段階的な緩和が行われ、9月に第1波の感染拡大のピークを迎えました。
9月以降は減少傾向が続いていましたが、今年の3月以降に第2波が深刻となり、現在は改善するも油断はできない状況が続いています。
これまでに累計感染者数は3285万人、死者数は43.9万人を超えました。

食事の奉仕は、8月28日に500皿(第131回目)、8月31日に500皿(第132回目)を配ることができました。
メニューはどちらもダール・チャーワル(豆のカレーとご飯、1皿45ルピー)です。
引き続き、経済的に困窮する人々が暮らす地域を中心に、車両で移動しながらの奉仕を行っています。

食事の奉仕を行う首都のデリーでは、2ヶ月以上にわたって行われた厳しい都市封鎖により状況が改善し、1日の新規感染者数は50人前後の日が続いています。
現在は社会経済活動の多くが再開していますが、まだ再開していないのが、教育機関です。
オンライン授業等は行われていますが、昨年の3月に全土封鎖が始まってから、17ヶ月以上、多くの教育機関が閉鎖されています。
しかし、感染状況が落ち着いていることもあり、対策を取りながら、9月1日から段階的に再開が行われることが発表されました。
食事の奉仕を通じては、子どもたちの漲るパワーに毎回圧倒されていますが、コロナ禍が教育に与える影響は計り知れないとされています。
1日も早く、健やかに勉学に励むことができる日が来るように心から願ってやみません。


まだ感染状況が改善していない地域もありますが、インド全体では状況が落ち着いています。
しかし、これからは人の移動や接触が増える大きな祝祭が続く時を迎えることもあり、油断は出来ません。
苦しい状況が続きますが、こうした時に学びながら、社会の平和を願い、今後も積極的に活動することを心がけたいと感じます。

この度の温かいご協力に、心より御礼申し上げます。
次回の奉仕後、改めて、ご報告をさせていただきます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

新型コロナウィルス緊急アンナダーナ活動報告(その69)

新型コロナウイルス緊急アンナダーナにご協力をいただいております皆様、誠にありがとうございます。

昨年の3月25日に始まった新型コロナウイルス感染拡大防止のためのインド全土の封鎖は、段階的な緩和が行われ、9月に第1波の感染拡大のピークを迎えました。
9月以降は減少傾向が続いていましたが、今年の3月以降に第2波が深刻となり、現在は改善するも油断はできない状況が続いています。
これまでに累計感染者数は3255万人、死者数は43.6万人を超えました。

食事の奉仕は、8月21日に500皿(第129回目)、8月24日に500皿(第130回目)を配ることができました。
メニューはどちらもダール・チャーワル(豆のカレーとご飯、1皿45ルピー)です。
引き続き、経済的に困窮する人々が暮らす地域を中心に、車両で移動しながらの奉仕を行っています。

食事の奉仕を行う首都のデリーでは、8月20日から5日間連続で死者数がゼロとなるなど、2ヶ月以上にわたる厳しい封鎖が行われた現在、状況はだいぶ改善しています。
感染状況が落ち着き、社会経済活動の多くが再開しているデリーでも、まだ教育機関は完全には再開されていません。
状況が落ち着いていることから、教育機関の再開も検討されていますが、1日も早く子どもたちが安全に学びを再開できることを願うばかりです。

また、恵みの雨が降り注ぐモンスーンを迎えている今、デリーでは過去14年で8月のもっとも多い1日の雨量が記録される日も出ています。
社会経済活動が戻り、仕事が再開されつつありますが、経済的に困窮する人々の多くが従事する建設作業や農作業などは、天候の影響を受けやすく、生活の再建は容易ではありません。

インド全体では新規感染者数が3万人前後の日が続いていますが、一部地域では感染状況が改善せず、依然として油断は出来ない状況が続いています。
不安が拭えない日々において、皆様の温かなお気持ちが必要とする人々へ届きますよう、今後も同様に食事の奉仕を継続していく予定です。

この度の温かいご協力に、心より御礼申し上げます。
次回の奉仕後、改めて、ご報告をさせていただきます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

新型コロナウィルス緊急アンナダーナ活動報告(その68)

新型コロナウイルス緊急アンナダーナにご協力をいただいております皆様、誠にありがとうございます。

昨年の3月25日に始まった新型コロナウイルス感染拡大防止のためのインド全土の封鎖は、段階的な緩和が行われ、9月に第1波の感染拡大のピークを迎えました。
9月以降は減少傾向が続いていましたが、今年の3月以降に第2波が深刻となり、現在も予断を許さない状況が続いています。
これまでに累計感染者数は3232万人、死者数は43.3万人を超えました。

食事の奉仕は、8月14日に500皿(第127回目)、8月17日に500皿(第128回目)を配ることができました。
メニューはどちらもダール・チャーワル(豆のカレーとご飯、1皿45ルピー)です。
引き続き、経済的に困窮する人々が暮らす地域を中心に、車両で移動しながらの奉仕を行っています。

感染状況は、インド全体では新規感染者数が4万人前後の日が続いています。
食事の奉仕を行う首都のデリーでは、新規感染者数が30人を下回った日もあり、状況は落ち着いているように伺えます。

インドでは大きな祝祭が続く時を迎えていますが、8月15日には独立記念日が祝福されました。
広大でさまざまな思想や宗教が入り混じるインドでは、それぞれの暦に応じて多くの祝日がありますが、国全体が祝日となる国民の休日は年に3日しかなく、そのうちの1日がこの独立記念日です。
引き続き新型コロナウイルスの感染拡大防止対策が取られていますが、各地で祝福が行われる様子が見られました。
食事の奉仕は通常通り週2回のペースで実施でき、独立記念日の前後に奉仕を通じて少しでも喜びを共有できましたこと、とても嬉しく思います。

アンナダーナのような寄付や施しは、執着や欲望を放棄して自分自身の本質に気づくための、究極の霊性修行といわれます。
こうした叡智が生きるインドの文化に学びながら、価値ある霊性修行を実施できるよう、今後も奉仕を通じて努めていきたいと思います。

この度の温かいご協力に、心より御礼申し上げます。
次回の奉仕後、改めて、ご報告をさせていただきます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

新型コロナウィルス緊急アンナダーナ活動報告(その67)

新型コロナウイルス緊急アンナダーナにご協力をいただいております皆様、誠にありがとうございます。

昨年の3月25日に始まった新型コロナウイルス感染拡大防止のためのインド全土の封鎖は、段階的な緩和が行われ、9月に第1波の感染拡大のピークを迎えました。
9月以降は減少傾向が続いていましたが、今年の3月以降に第2波が深刻となり、現在も予断を許さない状況が続いています。
これまでに累計感染者数は3137万人、死者数は42.9万人を超えました。

食事の奉仕は、8月7日に500皿(第125回目)、8月10日に500皿(第126回目)を配ることができました。
メニューはどちらもダール・チャーワル(豆のカレーとご飯、1皿45ルピー)です。
引き続き、経済的に困窮する人々が暮らす地域を中心に、車両で移動しながらの奉仕を行っています。

奉仕を実施する首都のデリーでは、新規感染者数が30人台まで減少し、第2波のピーク以降、もっとも少なくなっています。
死者数もゼロとなる日があり、現在のところ、状況は落ち着いているように見えます。

社会経済活動の多くが再開する中、これまで教育機関は閉鎖が続いていましたが、8月9日からは重要な試験を控える学年を中心に、一部が再開され始めています。
第2波のピーク時に、デリーでは2万8千人を超える新規感染者数が確認されてから、およそ2ヶ月にわたる厳しい封鎖が行われ、その後も段階的な緩和が慎重に行われています。

状況は落ち着いているように見えますが、第3波が懸念される中、経済的に困窮する人々の生活の再建は容易ではありません。
皆様からは継続して温かなお気持ちをいただき、今後もしばらくはこのような形で困窮する人々への食事の奉仕を続けていく予定です。
社会的な弱者がとりわけ深刻な影響を受けていることが伝えられる今、私たち自身も生活を見つめ直し、社会全体がより方向に向かうように行動したいと感じます。

この度の温かいご協力に、心より御礼申し上げます。
次回の奉仕後、改めて、ご報告をさせていただきます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

新型コロナウィルス緊急アンナダーナ活動報告(その66)

新型コロナウイルス緊急アンナダーナにご協力をいただいております皆様、誠にありがとうございます。

昨年の3月25日に始まった新型コロナウイルス感染拡大防止のためのインド全土の封鎖は、段階的な緩和が行われ、9月に第1波の感染拡大のピークを迎えました。
9月以降は減少傾向が続いていましたが、今年の3月以降に第2波が深刻となり、現在も予断を許さない状況が続いています。
これまでに累計感染者数は3181万人、死者数は42.6万人を超えました。

食事の奉仕は、7月31日に500皿(第123回目)、8月3日に500皿(第124回目)を配ることができました。
メニューはどちらもダール・チャーワル(豆のカレーとご飯、1皿45ルピー)です。
引き続き、経済的に困窮する人々が暮らす地域を中心に、車両で移動しながらの奉仕を行っています。

今年の5月に40万人を超える新規感染者数が報告されていたインドでは、各地で厳しいロックダウンが取り入れられ、7月下旬には3万人を下回るまでに改善しました。
しかし、ここ1週間ほどは4万人を超える日が続いており、増加傾向が見られていることが懸念されています。
奉仕を実施する首都のデリーは、100人を下回る日が続いていますが、社会経済活動の多くが再開し、祝祭も多くなることから、決して油断は出来ない状況です。

食事の奉仕を通じては、苦難の中でも逞しく生きる人々の強さに学ぶことがとても多くありますが、日銭を稼ぐことで生活をしていた人々の状況はとりわけ深刻化しています。
皆様の温かなお気持ちが、少しでも困窮する人々の生活の光となりますように、今後も活動を継続していく予定です。
皆様の温かいお気持ちから生まれる行為は、必ず良い変化を生み出してくれることと思います。

この度の温かいご協力に、心より御礼申し上げます。
次回の奉仕後、改めて、ご報告をさせていただきます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

新型コロナウィルス緊急アンナダーナ活動報告(その65)

新型コロナウイルス緊急アンナダーナにご協力をいただいております皆様、誠にありがとうございます。

昨年の3月25日に始まった新型コロナウイルス感染拡大防止のためのインド全土の封鎖は、段階的な緩和が行われ、9月に第1波の感染拡大のピークを迎えました。
9月以降は減少傾向が続いていましたが、今年の3月以降に第2波が深刻となり、現在も予断を許さない状況が続いています。
これまでに累計感染者数は3152万人、死者数は42.2万人を超えました。

食事の奉仕は、7月24日に500皿(第121回目)、7月27日に500皿(第122回目)を配ることができました。
メニューはどちらもダール・チャーワル(豆のカレーとご飯、1皿45ルピー)です。
7月24日はグル・プールニマーの吉日となり、恩寵を分かち合うことができましたこと、とても嬉しく思います。

食事の奉仕は、経済的に困窮する人々が暮らす地域を中心に、車両で移動しながらの奉仕が続いています。
奉仕を実施する首都のデリーは、東京都の約3分の2の面積に2000万人超の人口が居住し、第2波のピーク時には1日の新規感染者数が2万8千人を超えました。
現在は50人前後の日が続き、感染状況はだいぶ改善しています。
これまで続いていた公共交通機関の運行の制限は解除され、閉鎖されていた映画館や劇場なども収容率50%の制限のもとで再開されるようになりました。

社会経済活動の多くが再開し始めていますが、教育機関はまだ閉鎖が続いています。
奉仕の際は、毎回、子どもたちの元気な姿に救われる思いですが、1日も早く学びを再開できることを願ってなりません。

雨季を迎えたインドでは、恵みの雨が降り注ぐ時となりますが、大雨による被害も伝えられ始めています。
まだまだ不安定な状況が続きますが、皆様の温かいお気持ちを通じて、社会に少しでも明るい力を生み出すことができるように、今後も活動をしていきたいと思います。

この度の温かいご協力に、心より御礼申し上げます。
次回の奉仕後、改めて、ご報告をさせていただきます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

新型コロナウィルス緊急アンナダーナ活動報告(その64)

新型コロナウイルス緊急アンナダーナにご協力をいただいております皆様、誠にありがとうございます。

昨年の3月25日に始まった新型コロナウイルス感染拡大防止のためのインド全土の封鎖は、段階的な緩和が行われ、9月に第1波の感染拡大のピークを迎えました。
9月以降は減少傾向が続いていましたが、今年の3月以降に第2波が深刻となり、現在も予断を許さない状況が続いています。
これまでに累計感染者数は3125万人、死者数は41.9万人を超えました。

食事の奉仕は、7月17日に500皿(第119回目)、7月20日に500皿(第120回目)を配ることができました。
メニューはどちらもダール・チャーワル(豆のカレーとご飯、1皿45ルピー)です。

食事の奉仕を行う首都のデリーでは、感染状況がだいぶ改善し、今週、およそ半年ぶりに、死者数がゼロになった日がありました。
しかし、まだ感染状況が改善していない地域もあり、第3波は必ず来るといわれていることもあることから、油断は出来ない状況が続いています。
今回は、これまで継続してきた経済的に困窮する人々が暮らす地域を中心に、車両で移動しながらの奉仕を行いました。

皆様からたくさんの温かいお気持ちをいただき、コロナ禍以降、週に2回のペースで、これまでに500食の奉仕を120回(60,000食)ほど実施することができています。
感染拡大を防ぐために、日時や場所を事前に決めずに、車両で移動しながらの奉仕が続いていますが、どこでも配膳を始めればあっという間に準備した食事を配り終えてしまう状況です。
皆様の温かなお気持ちが詰まった1食に、救われた人が多くいることと思います。

およそ4か月にわたる雨季を迎えたインドでは、同時に聖なる4か月といわれる大きな祝祭が続く時を迎えています。
これからは神々を讃える祝祭が続く時となり、喜びが溢れる時となります。
苦しい状況が続く日々において、少しでも喜びを見出すことができるように、食事の奉仕を継続していきたいと思います。

この度の温かいご協力に、心より御礼申し上げます。
次回の奉仕後、改めて、ご報告をさせていただきます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)