スタッフ日記:第52回アンナダーナ終了しました!

第52回アンナダーナにお気持ちを寄せていただきました皆さま、本当にありがとうございます。
今回はデリーのラーマ寺院にて、滞りなく終えることができました。

12月に入り、首都のデリーの最低気温は一桁台にまで下がるようになりました。
これから少しの間は、夏には45度を超えるデリーの気温も、最低気温が一桁台となる寒い冬が続きます。

この冬の間は、デリーでは一年の中で大気汚染がもっとも深刻となる時期です。
これまでにも、公立学校は休校、建設作業は原則禁止の措置が取られるなどしています。
首都のデリーには、インドの各地からこうした建設現場で働くために出稼ぎに来る人々が多くいます。
デリーの寒い冬の間には、焚火をして暖を取ることも多く、この焚き火が大気汚染を深刻化させるともいわれます。

今回のアンナダーナは、ヴィヴァーハ・パンチャミーというラーマ神とシーター女神が結婚をした祝日となり、大きな祝祭ではありませんが、寺院では特別プージャーも執り行われ、喜びに満ちたアンナダーナとなりました。
常に食事を必要としている人々が多くいる病院での実施に比べ、寺院の実施ではゆっくりと配膳が始まります。
お昼時間帯が一番混雑しますが、今回も、準備をした1000食分以上を無事に配り終えることができました。
出稼ぎの労働者の方々や地域住民の方々をはじめ、日曜日の実施となったため、子どもたちの姿も多く見られました。
慣れない土地で厳しい労働を行う人々にとって、温かい食事は大変ありがたい恵みとなるはずです。

精神的に豊かな文化が受け継がれるインドの地において、アンナダーナはとりわけ価値ある行為のひとつです。
しかし、首都デリーでは、環境対策の一環として、大量のプラスチックゴミが出るアンナダーナの実施が禁止となる方向に動いています。
広大な土地に多様な文化や思想、言葉、慣習が生きるインドでは、誰もが平等に受けられる細やかな社会福祉制度の実施が容易ではなく、こうして自発的な温かい気持ちによって動く社会には、見習うべくこともとても多くあります。
環境問題とも真摯に向き合い、必要とする人々へ皆様の温かいお気持ちが繋がるように、今後も取り組んでいきたいと思います。

次回も温かいご協力のほど、どうぞ宜しくお願い申し上げます。
アンナダーナを通じ、皆様にも大きな恩寵がありますように。

(スタッフ:ひるま)

スタッフ日記:第51回アンナダーナ終了しました!

第51回アンナダーナにお気持ちを寄せていただきました皆さま、本当にありがとうございます。
今回は病院にて、滞りなく終えることができました。

病院では、15回目の実施となりました。
今年は10月末にディーワーリーを終えたインドでは、気温がだいぶ下がってきています。
こうして冷え込みが厳しくなると、特に首都デリーにおいて、大気汚染が深刻となります。
ディーワーリーの花火や爆竹に加え、周辺地域において行われる焼き畑が主な原因といわれます。
特に気温が下がる早朝は、有害物質が停滞するといわれ、外は真っ白な靄が立ち込めます。
さまざまな環境対策が実施されるようになりましたが、大きな効果は見えていません。

そんな中、環境対策の一環として、首都デリーではアンナダーナの実施を禁止するというニュースが少し前に流れました。
一部のアンナダーナでは、片付けが行われず、大量のプラスチックゴミなどが出され、周辺地域が汚れることから問題になることがあります。
現在のところ、事前に自治体の方に許可をもらい実施することができる状況ですが、今後の状況を踏まえながら、実施方法を検討しています。

また、この日は最高裁において重要な判決(アヨーディヤーの土地をめぐる訴訟)が出る日となり、混乱が予想されていました。
公立学校は休校となり、警備も厳しくなっていたことから、いつもより早く準備を進め、10時半頃には病院の周辺に到着、配膳を始めることができました。
到着した時間にも、既にアンナダーナを実施している方々いましたが、それでも大行列となり、滞りなく2時間半ほどで準備した1000食分以上の食事を配り終えています。

助けを必要としている人々の中には、アンナダーナを頼りにしている人々も少なくなく、今後アンナダーナが実施されなくなると、困窮する人々もいるかもしれません。
深刻化する環境問題とも真摯に向き合いながら、生きとし生けるものによって良い形の実施ができるように、模索していきたいと思います。

次回も温かいご協力のほど、どうぞ宜しくお願い申し上げます。
アンナダーナを通じ、皆様にも大きな恩寵がありますように。

(スタッフ:ひるま)

スタッフ日記:第50回アンナダーナ終了しました!

第50回アンナダーナにお気持ちを寄せていただきました皆さま、本当にありがとうございます。
皆様の温かいご協力によって、アンナダーナも第50回を迎えました。心より御礼申し上げます。

第50回は、聖地として知られるリシケーシュのサイガートにて、滞りなく終えることができました。
リシケーシュでは、第7回目の実施です。
ディーワーリーが近づいてきたインドでは、少しずつ気温が下がり始めています。
リシケーシュではまだ30度を超える気温ですが、朝晩はとても過ごしやすくなりました。
気温は下がり始めましたが、リシケーシュやその周辺の地域ではデング熱が流行しています。
アンナダーナを実施するスタッフの中でも、デング熱に感染したスタッフが出てしまいました。
今回はいつも以上に注意し、準備から配膳、そして片付けを実施しました。

今年は10月27日にディーワーリーが祝福されますが、ディーワーリーを終えると、ヒマーラヤの山々を巡るチャールダームの巡礼も終わりを迎えます。
巡礼者が少なくなりつつある中、今回のアンナダーナもたくさんの方々に来ていただくことができました。
日曜日の実施となり、子どもたちの姿も多くありました。
聖地のリシケーシュでの実施は、首都のデリーでの実施とは少し雰囲気が異なり、とてもゆっくりと進めることができます。
穏やかに流れるガンジス川を目の前にする食事に、大きな恵みを感じる瞬間です。
時間はかかりましたが、今回もおよそ1300食分を滞りなく配り終えることができました。

今回の実施は、ディーワーリーのおよそ1週間前となりました。
ディーワーリーが近づくと、街のあちこちに光が灯るようになります。
しかし、北インドではモンスーンの終わりに予想外の豪雨に見舞われ、大きな被害が出ている地域もあります。
そんな中、日本の台風の被害を心配してくださる方もいました。
待ちに待ったディーワーリーが近づく今、皆様に光がありますように、心より願っています。

次回も温かいご協力のほど、どうぞ宜しくお願い申し上げます。
アンナダーナを通じ、皆様にも大きな恩寵がありますように。

(スタッフ:ひるま)

スタッフ日記:第49回アンナダーナ終了しました!

第49回アンナダーナにお気持ちを寄せていただきました皆さま、本当にありがとうございます。
今回はデリーのラーマ寺院にて、滞りなく終えることができました。

9月29日は、秋のナヴァラートリーの初日となりました。
デリーでは9月にも40度近い気温になることが多くありましたが、秋のナヴァラートリーを迎え、ようやく35度を下回るようになりました。
季節の変わり目となるナヴァラートリーを過ぎると、過ごしやすい季節を迎えます。

ナヴァラートリーの期間中は、9日間に渡って断食を行う人々もいます。
このナヴァラートリーの断食は、日没後に女神の礼拝を行い、食事をとることが一般的です。
その他に、断食はせずに菜食を心がけたり、果物のみを食する人々も多くいます。
期間中、自分に適する日のみに断食をする人々もいます。
また、小さな子どもや高齢者、体の弱っている人、妊娠中の女性、授乳中の女性などは、断食は勧められていません。

そんなナヴァラートリーの初日のアンナダーナとなりましたが、多くの方々に来ていただくことができました。
首都のデリーには、地方から建設現場などの労働者として出稼ぎに来ている人々もおり、肉体労働を行う人々が多くいます。
家族を養うために、故郷を離れ、厳しい労働を行う人々にとって、温かい食事は大変ありがたい恵みとなるはずです。
また、日曜日の実施となったため、子どもたちの姿もとても多くありました。
今回も、準備をした1000食分以上を無事に配り終えることができました。

ナヴァラートリーの期間中は、寄付を行うことがとても価値のある行為とされています。
この社会の中でそれぞれの役割を果たしながら生きる人々と、食事を通じて吉祥な時を共有することができとても嬉しく思います。
インドの教えは、自分自身の役割に応じて義務を果たすことで、究極の完成に達すると説いてます。
こうした実践を通じて、私たちも精神的に成熟していくことができることと思います。

次回も温かいご協力のほど、どうぞ宜しくお願い申し上げます。
アンナダーナを通じ、皆様にも大きな恩寵がありますように。

(スタッフ:ひるま)

スタッフ日記:第48回アンナダーナ終了しました!

第48回アンナダーナにお気持ちを寄せていただきました皆さま、本当にありがとうございます。
今回は病院にて、滞りなく終えることができました。

病院では、14回目の実施となりました。
インドは恵みの雨が降り注ぐ雨季のモンスーンを迎えていますが、デリーでは35度を超える日々が続いています。
アンナダーナを実施した日も、気温は37度まで上がりました。

インドではこのモンスーンの4ヶ月の間に、1年の75%の雨が降ると言われ、農業はほぼこの雨に頼っています。
今年のモンスーンは、7月の雨量が少なく懸念されていましたが、それを補うように、8月には多くの雨が降りました。
しかし、豪雨となり、大きな被害が出ている地域も多くあります。

アンナダーナを実施する病院には、インドの各地から多くの人々が訪れます。
今回は準備も滞りなく進み、10時半頃には病院の周辺に到着、配膳を始めることができました。
この病院の周辺で実施するアンナダーナは、特に食事を必要としている人々が多く、配膳の準備を始めると、たちまち行列ができ、列が途絶えることはありません。
苦しい思いをしている中、いつも静かに並んでくださる方ばかりです。
今回も、2時間半ほどで準備した1000食分以上の食事を配り終えました。

インドでは近年、所得の格差がますます拡大していると伝えられています。
富裕層はより豊かになる一方で、貧困層はより貧しくなる現状を垣間見る瞬間もあります。
環境問題や格差問題などの影響は、社会的に弱い立場にある人々が受けやすいとされています。
必要としている人々に皆様のお気持ちが届くように、今後も努めていきたいと思います。

次回も温かいご協力のほど、どうぞ宜しくお願い申し上げます。
アンナダーナを通じ、皆様にも大きな恩寵がありますように。

(スタッフ:ひるま)

スタッフ日記:第47回アンナダーナ終了しました!

第47回アンナダーナにお気持ちを寄せていただきました皆さま、本当にありがとうございます。
今回の実施は、聖地として知られるリシケーシュのサイガートにて、滞りなく終えることができました。
リシケーシュでは、第6回目の実施です。

インドの各地では、恵みの雨が降り注ぐ雨季のモンスーンを迎えています。
モンスーンを迎えても、雨が降らない時期がありましたが、近頃は十分な雨が降るようになりました。
リシケーシュでも雨が非常に強く降る時があり、当日の実施も雨の心配がありましたが、無事に終えることができました。

現在は、ヒマーラヤ巡礼が盛んになる時を迎えており、その起点となるリシケーシュにはたくさんの巡礼者や旅行者が訪れます。
アンナダーナ実施前の8月15日の満月は、インドの各地でさまざまな祝福が重なった一方で、独立記念日も祝福されました。
お休みを利用して、聖地を訪れている人々の姿も多くありました。

配膳は、人々が集中する時間帯もありましたが、混乱することなく落ち着いて進めることができ、今回もおよそ1300食分を滞りなく配り終えています。
リシケーシュの実施では、可愛らしいテントを用意してくださり、食事が祝宴のように喜ばしい瞬間となります。
何気ない日常をこうして祝福できるように、与えられる日々に感謝をしながら過ごすことを努めたい感じます。

今回のアンナダーナは無事に終えることができましたが、モンスーンの豪雨によって大きな被害が出ている地域もあります。
これまでに、インドの各地で1000人を超える方が亡くなっているというニュースも伝えられています。
世界が平安にあるよう祈るとともに、こうした布施を通じて、清らかな社会に貢献できるような行為を努めたいと感じます。

供犠 布施 修行に関する行為は
止めてはいけない 進んで行え
まことに この三つの行為は
賢者をも益々浄化するからである
(バガヴァッド・ギーター 第18章第5節 神の詩―バガヴァッド・ギーター田中 嫺玉 (著, 翻訳))

次回も温かいご協力のほど、どうぞ宜しくお願い申し上げます。
アンナダーナを通じ、皆様にも大きな恩寵がありますように。

(スタッフ:ひるま)

スタッフ日記:第46回アンナダーナ終了しました!

第46回アンナダーナにお気持ちを寄せていただきました皆さま、本当にありがとうございます。
今回はデリーのラーマ寺院にて、滞りなく終えることができました。

モンスーンに入っても暑い日が続いていたデリーですが、アンナダーナを実施する数日前から気温が下がり、アンナダーナを実施した日は31度となりました。
モンスーンの時期は35度前後の気温となりますが、45度にもなる気温が続いていた酷暑期に比べると、だいぶ楽になります。
しかし、湿気が増え、これまで以上に身体に堪える時でもあります。

アンナダーナ当日も、1日のうちにざっと雨が降ることが数回ありました。
それでも、雨が止む時間帯には多くの人が訪れてくださり、時間はかかりましたが、準備をした1000食分以上を無事に配り終えています。
地域住民の方や、子どもたち、中でも、出稼ぎに来ている労働者の方の姿が多くありました。
恵みの雨の中で、くつろぎながら食事をされている人々の姿を目にすると、少しでも心穏やかな時を過ごせたのではないかと、とても嬉しく思います。

現在、アンナダーナでは発泡トレイのお皿を使用していますが、環境負荷がより少ない形で実施できるよう検討をしています。
しかし、それぞれに利点と欠点があるため、現在実施しているアンナダーナにより適した方法で実施できるように計画していきたいと思います。

・紙皿:森林資源への影響。焼却処分の際の環境負荷。
・繰り返し利用できるお皿:大量の洗剤の使用。アンナダーナ周辺地域では水不足の問題が常にある。
・インドでよく見られる葉っぱのお皿:十分な量を確保できない。立食のアンナダーナには強度が十分でない。

アンナダーナの実践を通じては、貴重な気づきを与えられることが多くあります。
自然に優しく社会に役立つ方法を模索し、皆様からいただく温かいご協力をより良い方法で形にできるよう、今後も努めていきたいと思います。

次回も温かいご協力のほど、どうぞ宜しくお願い申し上げます。
アンナダーナを通じ、皆様にも大きな恩寵がありますように。

(スタッフ:ひるま)

スタッフ日記:第45回アンナダーナ終了しました!

第45回アンナダーナにお気持ちを寄せていただきました皆さま、本当にありがとうございます。
今回は病院にて、滞りなく終えることができました。

病院では、13回目の実施となりました。
異例の暑さが続いていた首都のデリーでしたが、アンナダーナの前日となる7月5日に、待ちに待ったモンスーンが始まりました。
平年に比べ、1週間ほどの遅れと伝えられています。
6月は毎日のように45度前後の気温が続き、モンスーンの遅れもあり、夏休みが1週間ほど伸びた学校もありました。

モンスーンの約4ヶ月間は、チャトゥルマースと呼ばれる聖なる4ヶ月間となり、大きな祝祭が続く時となります。
大気汚染が深刻化しているデリーですが、この4ヶ月間は、雨のおかげで1年でもっとも空気が綺麗になる時といわれています。

アンナダーナを実施した日は、晴れ間が出て気温は40度近くまで上がるも、前日に降った雨のおかげで、空気が澄んでいるように感じられました。
しかし、湿気が増えているため、今まで以上に体に堪える天気です。
病を抱え、大変な思いをしている人が多い中、この暑さにじっと耐え、いつものように静かに並んでくださる方ばかりでした。
広大なインドのさまざまな地域から訪れている人が多く、異なる言葉や文化を持つ人が並ぶ中でも、いつも大きな混乱が起きることははありません。
今回も、2時間半ほどで準備した1000食分以上の食事を配り終えることができました。

モンスーンが始まり、綺麗な空気の中での実施となりましたが、この時期に問題となるのが水害です。
さまざまな排水管理が行われていますが、排水が追いつかず、都市機能が麻痺することも少なくありません。
水たまりが増え、蚊が媒介する伝染病などが増える時期でもあります。

別の大きな都市であるインド西部のムンバイでは、先週は豪雨によって大きな被害が生じました。
一方で、インド南部の都市であるチェンナイでは、深刻な水不足が続いています。
現在実施するアンナダーナも、より環境に優しい形で実施することができるよう、今後の計画を進めています。

次回も温かいご協力のほど、どうぞ宜しくお願い申し上げます。
アンナダーナを通じ、皆様にも大きな恩寵がありますように。

(スタッフ:ひるま)

スタッフ日記:第44回アンナダーナ終了しました!

第44回アンナダーナにお気持ちを寄せていただきました皆さま、本当にありがとうございます。
今回の実施は、聖地として知られるリシケーシュのサイガートにて、滞りなく終えることができました。
リシケーシュでは、第5回目の実施です。

南インドではモンスーン到来のニュースが伝えられましたが、リシケーシュのある北インドは、まだまだ暑い時が続いています。
6月に入ってから高温の状態が続き、山が近いリシケーシュでも、連日45度に近い気温が続いていました。
そしてアンナダーナを実施した昨日、ようやく気温が下がり、およそ3週間ぶりに40度を下回りました。
大気の状態が不安定になるという予報が伝えられていたため、当日の実施が不安でしたが、アンナダーナは無事に終えることができています。

暑い夏を迎えているインドでは、特に冬の間に閉ざされていた山々の聖地を廻る巡礼など、各地で巡礼が盛んになる時を迎えています。
リシケーシュは、ケーダールナートやバドリーナートなど、ヒマーラヤ巡礼の起点となる場所でもあります。
特にこの時期は夏休みに重なり、インドの各地から多くの巡礼者が訪れ、大変に混雑する時です。

サイババ寺院のあるガートは、リシケーシュの人々が心を寄せる場所の一つです。
市の中心部からは離れているため、人々が短時間に集中することなく、配膳は落ち着いてゆっくりと進めることができました。
地域住民や子どもたちを中心に、巡礼者や修行僧の姿も見られました。
時間はかかりましたが、今回もおよそ1300食分を、滞りなく配り終えています。

人々は、さまざまな思いを抱えて巡礼に赴きます。
こうした巡礼者に食事を施すことは、功徳のある行いとして古くから伝えられてきました。
太古の昔から、人々のさまざまな思いを静かに受け入れてきた聖地は、誰しもが抱える心の重荷をすべて受け取り、浄化していきます。
私たちをあらゆる苦から解放された場所へと導く聖地は、現代社会にとって、とても大きな意味のある場所であるはずです。
いつまでも聖地が大切に受け継がれ、人々や社会に大きな平和がありますように、心よりお祈りしております。

次回も温かいご協力のほど、どうぞ宜しくお願い申し上げます。
アンナダーナを通じ、皆様にも大きな恩寵がありますように。

(スタッフ:ひるま)

スタッフ日記:第43回アンナダーナ終了しました!

第43回アンナダーナにお気持ちを寄せていただきました皆さま、本当にありがとうございます。
第43回は、ニューデリーのヒンドゥー寺院(ラーマ寺院)にて、滞りなく終えることができました。

現在、インドの各地は1年の中でもっとも暑い時期を迎えています。
アンナダーナを実施した日は、40度の気温となりました。
南インドではもうすぐモンスーンが始まる時となりますが、北インドに到達するまでおよそ1ヶ月かかります。
北インドでは6月にも45度を超える時がある上に、乾燥していた空気が湿ってくるため、身体に堪える暑さがまだしばらく続きます。

アンナダーナを実施する周辺地域でも、暑さのために、電力不足や水不足が問題になる時が多くあります。
当日も準備が滞りなく進むか心配でしたが、大きな問題が生じることはなく、最後までに無事に進めることができました。

現在は、インドの各地において、子どもたちが夏休みを過ごしています。
今回のアンナダーナにおいても、子どもたちの姿が多く見られ、大混雑する時間帯もありました。
その他に、地域住民の方や、出稼ぎに来ている労働者の方の姿が多くありました。
今回も、準備をした1000食分以上を、無事に配り終えています。

経済成長が続くインドでは、消費意欲が活発な中間層が拡大し、夏休みを通じては旅行に出かける家族も多くなりました。
アンナダーナに来る子どもたちは、貧しい家庭の子どもであったり、出稼ぎに来ている労働者の家庭の子どもであったりすることが多いように見られます。
何気ない日常の一瞬の中で得るこうした恵みは、貴重な喜びをもたらしてくれるのではないかと思います。
私たちの行為は、人々に喜びを与え、社会を変える大きな力を持っているということを心に留めながら、行動することを努めたいと思います。

次回も温かいご協力のほど、どうぞ宜しくお願い申し上げます。
アンナダーナを通じ、皆様にも大きな恩寵がありますように。

(スタッフ:ひるま)