スタッフ日記:第41回アンナダーナ終了しました!

第41回アンナダーナにお気持ちを寄せていただきました皆さま、本当にありがとうございます。
今回の実施は、聖地として知られるリシケーシュのサイガートにて、滞りなく終えることができました。
リシケーシュでは、第4回目の実施です。

今回は、ナヴァラートリーの期間中となり、中でも重要なアシュタミー(8日目)の実施となりました。
アシュタミーは、9日間に渡る凶悪な力との戦いの中で、ドゥルガー女神の額からカーリー女神が生まれた時とされるため、とりわけ重要視される時です。

この日は、カンニャ・プージャー(カンジャクとも)を行う日でもあります。
カンニャ・プージャーは、純粋な女神のエネルギーを象徴する幼い女の子たちを9人招き、家庭においてプージャーを行い、食事を振る舞うことで女神を礼拝します。
知識が欲しい家庭はブラーフミン(司祭)の家庭の女の子たち、力が欲しい家庭はクシャトリヤ(武士)の家庭の女の子たち、富が欲しい家庭はヴァイシャ(商人)の家庭の女の子たちを招くという慣習もあるようです。

そんな吉兆な時の実施となった今回のアンナダーナ。
すっかり気温が上がり、40度近い気温になっています。
各地でアンナダーナが実施されていたため、人々が短時間に集中することなく、配膳は落ち着いてゆっくりと進めることができました。
時間はかかりましたが、前回と同様に、およそ1300食分を配り終えています。

ナヴァラートリーの吉日に聖地での実施となった今回のアンナダーナには、寺院へ礼拝に訪れる人々の姿が多くありました。
その他、現地の人々や子どもたちを中心に、サドゥーや巡礼者の姿もありました。
来月にはチャールダーム巡礼も始まり、これからリシケーシュはさらに巡礼者が多く訪れる時となります。

人々の心の支えとして存在するこうした聖地は、現代社会において、とても大きな役割を担っていることと思います。
さまざまな思いを抱え、こうした聖地を訪れる人々に、食事を通じて奉仕することは功徳のある行いとして古くから伝えられてきました。
社会が精神的に成長し、平和が広まるように、今後もアンナダーナの実践を努めていきたいと思います。

次回は、デリーの病院でのアンナダーナを予定しています。
次回も温かいご協力のほど、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

アンナダーナを通じ、皆様にも大きな恩寵がありますように。

(スタッフ:ひるま)

スタッフ日記:第40回アンナダーナ終了しました!

第40回アンナダーナにお気持ちを寄せていただきました皆さま、本当にありがとうございます。
第40回は、アンナダーナを一番初めに実施したニューデリーのヒンドゥー寺院(ラーマ寺院)にて、滞りなく終えることができました。

インドでは先週の満月に、カラフルなホーリー祭が祝福され、これから長く暑い夏が始まろうとしています。
ニューデリーあたりでは、今年は3月に入っても少し気温が低い日が続いていましたが、ホーリー祭を過ぎ、30度を超えるようになりました。
アンナダーナを実施した日も、30度を少し超えた気温となり、酷暑前の心地の良い時の中での実施となりました。

穏やかな気候の中で、準備は滞りなく終わり、配膳も混乱することなく、今回も準備をした1000食分以上を、無事に配り終えています。
今回は日曜日だったこともあり、子どもたちの姿が多くありました。
インドの学校年度は、日本と同じように4月1日から3月31日となり、子どもたちは新学年を迎えようとしています。
新しい季節を祝う人々も多くいる中、貧しい人々が多く訪れるこのアンナダーナを実施できましたこと、とても嬉しく思います。
ささやかな門出の喜びになった方も、多くいるのではないかと思います。

皆様の温かいご協力によって、このアンナダーナも第40回を迎えました。
バガヴァッド・ギーターには、以下のような一節があります。

供犠 布施 修行に関する行為は
止めてはいけない 進んで行え
まことに この三つの行為は
賢者をも益々浄化するからである
(バガヴァッド・ギーター 18章5節 神の詩 バガヴァッド・ギーター田中 嫺玉 (著, 翻訳))

アンナダーナを通じ、一人ひとりの清らかさが社会に広まり、平和な世界になることを願いながら、今後も継続していくことができるよう努めたいと感じます。
今後も温かいご協力のほど、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

アンナダーナを通じ、皆様にも大きな恩寵がありますように。

(スタッフ:ひるま)

スタッフ日記:第39回アンナダーナ終了しました!

第39回アンナダーナにお気持ちを寄せていただきました皆さま、本当にありがとうございます。
今回は孤児院にて、滞りなく無事に終えることができました。

孤児院でのアンナダーナは6回目となりました。
昨年の3月に実施した孤児院での実施となり、再び子どもたちの元気な姿を目にすることができました。
孤児院で生活する子どもたちの数は流動的で、130人から200人くらいになることもあるようです。
皆とても活発でよく食べ、過去の実施の経験から、足りないことがないように、また、孤児院のスタッフや当日の訪問者の方へも行き渡るよう、食事は約250食分を準備しました。

朝は少し雨模様でしたが、お昼の食事の際には天気も良くなり、子どもたちは外で食事をすることができました。
一度に全員で食事をすることができないため、交代で食事をいただくようですが、普段は味わえないギーたっぷりの豪華な食事に、皆大喜びです。
子どもたちへのデザートは、ハルワーかキールを予定していましたが、今回もキール(ミルク粥)のリクエストがあり、ドライフルーツをたっぷり入れて準備をしました。

また、皆様からの温かいお気持ちをたくさんいただき、ご寄付が多く集まったため、食事に加えて、以下の寄付品も準備することができました。

*調理用油(15L):3個
*調理用油(5L):1個
*マスタードオイル(30L):2個
*砂糖(50kg):1個
*フルーツジュース(1L):50本
*ビスケット:72パック

*学習用マット:5個
*A4紙パック:1パック
*ノートブック(12冊入り):48パック
*鉛筆:6パック
*スケッチペン:20パック
*ペン:2パック
*ボード用マーカー:2パック
*消しゴム:1パック
*鉛筆削り:1個

*洗濯洗剤(1kg):30個
*床用洗剤(5L):7個
*食器洗い洗剤:8個
*トイレ用洗剤:8個

学用品、食材、洗剤など、日々の生活に必要不可欠な物資となりました。
物資は、スタッフが購入し運んだり、業者の方から直接孤児院へ配送してもらったりと、まとめてお渡しできませんでしたが、すべてに心からの感謝をいただいています。

外部の男性が孤児院内に長時間滞在できないルールがあるため、スタッフは食事を届け、少し孤児院内の様子を見るだけでしたが、子どもたちからたくさんのエネルギーをもらいました。
子どもたちの持つ力はとても大きく、幸せな社会のためにも、豊かな成長が欠かせません。
未来の社会を担う、子どもたちの豊かな心を育むお手伝いできるよう、今後も定期的に実施できるよう計画をしたいと思います。

皆様の温かいお気持ち、本当にありがとうございます。
次回はデリーの寺院での実施を予定しています。
今後とも温かいご協力のほどどうぞ宜しくお願い申し上げます。

アンナダーナを通じ、皆様にも大きな恩寵がありますように。

(スタッフ:ひるま)

スタッフ日記:第38回アンナダーナ終了しました!

第38回アンナダーナにお気持ちを寄せていただきました皆さま、本当にありがとうございます。
今回は病院にて、滞りなく終えることができました。

病院では、11回目の実施となりました。
春の到来を祝福するヴァサント・パンチャミーを迎えたインドでは、各地で少しずつ気温が上がり始める頃です。
それでも、アンナダーナを実施した土曜日の朝の気温は、まだ一桁台でした。

冷え込みが厳しくなる冬の早朝は、有害物質が停滞するために、北インドの大都市では大気汚染が深刻となります。
しかし、アンナダーナを実施した数日前には雨が降り、当日は空気も少し綺麗になりました。
自然の恵みに感謝する中での実施となりましたが、それ以上に、自然に対して取り組むべきことが多くあることを実感します。

アンナダーナは、今回も滞りなく準備が進み、11時前には病院の周辺に到着、すぐに配り始めることができました。
病院の周辺では常に複数のアンナダーナが実施されていますが、いつも列が途切れることはありません。
今回も、2時間半ほどで、準備した1000食分以上の食事を配り終えることができました。

日中は20度ほどになりましたが、どんよりとした曇り空で太陽が出ず、少し寒く感じるほどでした。
AIIMS病院へは広大なインドの各地から訪れる人が多く、こうした寒さを経験したことがない人も多くいます。
皆様のお気持ちを通じた温かい食事は、病を患う人々にとって、とても大きな支えとなるはずです。

貧しい人々は、衛生的で健康的な生活を送ることが難しく、病にかかりやすかったりと、貧困の悪循環に陥ることも少なくありません。
個人の努力だけでは、その悪循環から抜け出せないことも多くあります。
そんな人々に手を差し伸べる時、悪循環を断ち切るための小さな助けとなり、社会にも安定や幸福が広がるはずです。
小さくても、私たちの行為は社会を動かす大きな力を持っているということを心に留めながら、行動することを努めたいと思います。

次回は、孤児院でのアンナダーナを予定しています。
次回も温かいご協力のほど、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

アンナダーナを通じ、皆様にも大きな恩寵がありますように。

(スタッフ:ひるま)

スタッフ日記:第37回アンナダーナ終了しました!

第37回アンナダーナにお気持ちを寄せていただきました皆さま、本当にありがとうございます。

今年最初の実施は、聖地として知られるリシケーシュのサイガートとなりました。
リシケーシュでは第3回目の実施です。
マカラ・サンクラーンティを終えた北インドは、束の間の冬が終わり、少しずつ気温が上がり始める頃になりました。

しかし、当日は朝から曇が多く、強い風が吹き続けていました。
ヒマーラヤ山麓にあるリシケーシュは、特に早朝、強風が吹き荒れることが多くあります。
それでも、日中に太陽が出れば一気に暖かくなり、大自然の恵みに感謝をしながらいただく食事となりました。

冬を迎えている現在、ヒマーラヤ山麓に位置する寺院の多くは閉鎖されており、チャールダーム巡礼も来夏まで閉じられています。
巡礼の起点となるリシケーシュも、静かな日々が続いていますが、ガンジス川へ巡礼に訪れる人は数知れません。
こうした聖地を訪れるだけでも、心身が清められるように感じます。

そんな聖地で食される食事は、菜食に限られます。
食事を作り終えた後は、まずは寺院の神前へお供えし、僧侶の方々にも召し上がっていただきます。
こうして一般の方々へ配られる食事は、プラサード(供物)として大切に受け取られます。

今回も、地域住民の方たちや子どもたちを中心に、遠く離れた地から巡礼に訪れる人々、リシケーシュで修行を続ける僧の方たちに配ることができました。
配膳は混雑するようなことはなく、ゆっくりと進めることができ、前回と同様に、およそ1300食分を滞りなく配り終えています。

食事という行為、行為者、そして食物は、ブラフマンに他ならず、すべてはブラフマンの意志によって行われることであると、伝えられてきました。
アンナダーナは、こうしたインドの霊的叡知を体験する貴重な機会でもあります。
その神聖な行為が、現代でも大切に受け継がれ、人々の生活に根づいています。

次回は、デリーの病院でのアンナダーナを予定しています。
次回も温かいご協力のほど、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

アンナダーナを通じ、皆様にも大きな恩寵がありますように。

(スタッフ:ひるま)

スタッフ日記:第36回アンナダーナ終了しました!

第36回アンナダーナにお気持ちを寄せていただきました皆さま、本当にありがとうございます。
今年最後となったアンナダーナは、アンナダーナを一番初めに実施したニューデリーのヒンドゥー寺院(ラーマ寺院)にて、滞りなく終えることができました。

日本でも寒さの厳しい年末を迎えていますが、北インドも今が一番寒い時を迎えています。
アンナダーナを実施する首都のデリーは、日中は20度を超えますが、早朝には5〜6度まで下がる日が続いています。
広大な地に異なる思想や慣習が深く根づいているインドでは、それぞれ独自の暦を持ち、新年もさまざまに異なります。
日本のように盛大にお正月を祝うことはあまりありませんが、一年を終える変化の時を迎えています。

しかし、通常通りに生活をしている人々も多く、アンナダーナにはいつものように、インドの各地から出稼ぎのためにデリーに滞在している労働者の姿が多く見られました。
その他、貧しいコミュニティから訪れる家族の姿も多く見られます。
普段は食せない豪華な食事に、無邪気な子どもたちの喜ぶ姿がありました。
束の間の冬を迎えている北インドでは、貧しい人々は焚き火をして暖をとる人々も多くいます。
そんな人々にとって、一年の終わりに食する温かな食事は、大きな喜びとなったようです。

気温が下がる早朝の水仕事は堪えますが、準備も滞りなく終わり、配膳も混乱するようなことはなく、ゆっくりと進めることができました。
家族のために食事を持ち帰る人々の姿も多く、今回も準備をした1000食分以上を、残すことなく無事に配り終えています。

現在の日本では、食事の大切さに気づく機会はあまりないかもしれません。
しかし、インドでは日々の食事に困る人々もまだ多く見られます。
生きるという行為の中心をなす食事を通じ、思想や宗教を超えてこうして多くの人々が一つに繋がる機会があることを、とても嬉しく思います。

次回、2019年最初アンナダーナは、聖地リシケーシュでの実施を予定しています。
アンナダーナを通じ、一人でも多くの皆様のお役に立つことができますよう、来年も尽力して参りたいと思います。
今後も温かいご協力のほど、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

アンナダーナを通じ、皆様にも大きな恩寵がありますように。
来年も皆様にとって幸せに満ちた一年となりますよう、心よりお祈り申し上げます。

(スタッフ:ひるま)

スタッフ日記:第35回アンナダーナ終了しました!

第35回アンナダーナにお気持ちを寄せていただきました皆さま、本当にありがとうございます。今回は病院にて、滞りなく終えることができました。

病院では、10回目の実施となりました。
12月に入り、北インドに位置する首都のデリーも気温がだいぶ下がっています。
アンナダーナを実施した土曜日の朝には、7.6℃まで気温が下がりました。
こうして冷え込みが厳しくなると、北インドの大都市では大気汚染が深刻となります。
特に気温が下がる早朝は、有害物質が停滞するために、前が見えないほどの靄がかかることも多くあります。
さまざまな環境対策が実施されるようになりましたが、大きな効果は見えていません。

病院でのアンナダーナは、そんな大気汚染の深刻なデリーの路上で行われます。
病院へは、広大なインドの各地から訪れる貧しい人も多く、中には路上で寝泊りをしている人もいます。
また、病院の周辺では常にアンナダーナが行われているため、食事を得るために、路上で生活をしている多くの人々が集まります。
デリーでは、フライオーバーの下などで、住居のないたくさんの貧しい人々が生活をし、そこには小さな子どもの姿も多くあります。

そのため、病院の周辺では複数のアンナダーナが行われていますが、配膳の準備を始めると、あっという間に大行列となります。
それでも、静かに並んでくださる方が多く、混乱するようなことはありません。
今回は、準備も滞りなく進み、11時前には病院の周辺に到着し、すぐに配り始めることができました。
列が途切れることなく、2時間半ほどで準備した1000食分以上の食事を配り終えることができました。

インドの大都市では、深刻な大気汚染の中で生活することを余儀なくされ、病にかかる人も増えています。
自然も人も苦しむ姿が見られる今、万物が幸せに生きることができるように、私たちは消費者としての意識や行動の重要さを考える必要があります。
自然を崇め、調和のもとで生きてきた人々の生活を見習いながら、自然にやさしい取り組みを実践したいと感じます。

次回は、寺院でのアンナダーナを予定しています。次回も温かいご協力のほど、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

アンナダーナを通じ、皆様にも大きな恩寵がありますように。

(スタッフ:ひるま)

スタッフ日記:第34回アンナダーナ終了しました!

第34回アンナダーナにお気持ちを寄せていただきました皆さま、本当にありがとうございます。

今回は、聖地として知られるリシケーシュでの第2回目の実施となりました。ディーワーリー祭を終えた北インドは、気温が下がり、朝晩はだいぶ冷えるようになりました。しかし、日中に太陽が出れば燦々と光が降り注ぎ、少し暑いくらいの気候です。

4月の終わりから続いていたチャールダーム巡礼の起点となるのがこのリシケーシュです。ケーダールナートやバドリーナートでは、まだ僧侶の方たちは寺院に残っているようですが、ディーワーリー祭を終えると巡礼もほぼ終わりを迎え、冬の静かな時が続くようになります。それでも、ガンジス川へ巡礼に訪れる人々が絶えません。

そんなガンジス川沿いにあるサイババ寺院のあるガートは、日常的に多くの人が礼拝に訪れる場所です。アンナダーナでは、地域住民の方たちや子どもたちを中心に、巡礼者や修行僧の姿も見ることができました。今回は土曜日の実施だったため、学校帰りの子どもたちの姿も多くありました。

配膳は混雑するようなことはなく、ゆっくりと進めることができ、少し時間はかかりましたが、前回と同様に、およそ1300食分を滞りなく配り終えています。大都市に比べると、リシケーシュは若干物価が安いため、今回も少し多く食事を準備することができました。

 

聖地として有名なリシュケーシュは、大都市とは異なる雰囲気に包まれています。マントラが響き、ガンジス川の側で多くの祈りが捧げられているからに違いありません。こうした聖地の存在とそのエネルギーは、現代社会にとって、とても大きな意味のあるものです。そんな聖地でアンナダーナを実施できることに、感謝の気持ちでいっぱいです。いつまでも聖地が大切に受け継がれ、社会に大きな恩寵がありますように、心よりお祈りしております。

次回は、デリーの病院でのアンナダーナを予定しています。次回も温かいご協力のほど、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

アンナダーナを通じ、皆様にも大きな恩寵がありますように。

(スタッフ:ひるま)

スタッフ日記:第33回アンナダーナ終了しました!

第33回アンナダーナにお気持ちを寄せていただきました皆さま、本当にありがとうございます。
今回はニューデリーのヒンドゥー寺院にて、滞りなく終えることができました。

ディーワーリー祭が近づいてきたインドでは、ニューデリーあたりの気温も30度前後まで下がり、過ごしやすい季節を迎えています。
今回のアンナダーナは、グループ・ホーマを実施しているシュリー・サナータナ・ダルマ寺院での実施となりました。
いつもアンナダーナを実施しているラーマ寺院とも近く、歩いて行くことができる距離にあります。
今回は、より多くの方へ食事が行き渡るように、少し場所を変えて実施しました。

このシュリー・サナータナ・ダルマ寺院の近くにも、貧しいコミュニティが多く、普段はなかなか食せない、ギーたっぷりの食事を楽しんでくださる方が多くいました。
また、出稼ぎに来ている方々の姿も多くありました。
出稼ぎに来ている方々の中には、家族で転々と、仕事がある場所を求めて移動する場合も多くあります。
主に、道路工事や建設現場での仕事になりますが、小さな子どもたちも一緒に移動をし、中には重労働を手伝っている子どもたちもいます。
家族で食事に来てくれる方々や、家族のために食事を持ち帰る方々の姿もありました。

今回は、行列になるようなことはなく、とても落ち着いて配膳を進めることができました。
時間はかかりましたが、準備した1000食分以上の食事を残すことなく配り終えています。
余裕を持って寺院の敷地をお借りできたので、食事をする際にも、ゆっくりと食事をしていただくことができました。
大変な毎日を過ごす人々にとって、少しでも心安らかな時を過ごすことができたのではないかと思います。

経済発展が著しいインドですが、多様な文化が生きる社会において、誰もが平等に豊かさを受け取れるわけではありません。
それでも、一人一人が社会を構成し、世界を動かしています。
アンナダーナは、より大きな世界とつながることを学ばせてくれるように思います。

次回は、聖地リシケーシュでのアンナダーナを予定しています。次回も温かいご協力のほど、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

アンナダーナを通じ、皆様にも大きな恩寵がありますように。

(スタッフ:ひるま)

スタッフ日記:第32回アンナダーナ終了しました!

第32回アンナダーナにお気持ちを寄せていただきました皆さま、本当にありがとうございます。今回は病院にて、滞りなく終えることができました。

病院では、9回目の実施となりました。
アンナダーナを実施するデリー周辺では、日中はまだ35度くらいの気温になりますが、朝晩はだいぶ過ごしやすい季節となりました。
現在は、先祖供養の期間であるピトリ・パクシャが続いています。
この間は、お祝い事などを控えたり、旅行などの娯楽を控える人も多く、いつもに比べると静かな時が続いています。
このピトリ・パクシャの間に食事の施しを行うと、先祖が喜ぶと信じられ、アンナダーナを目にする機会も多くなります。
今回は、そんな意義深い時の実施となりました。

8時前に始まった準備は滞りなく進み、出来た食事をトラックに積んで病院へ向かいます。
12時前には配膳を始めることができました。
配膳を始めるとあっという間に大行列となり、準備をした1000食分以上の食事を3時間弱で配り終えています。
最近は交通規制が厳しくなり、病院周辺ではアンナダーナを実施する場所の確保が難しくなっていましたが、今回は準備から配膳まで、無事に進めることができました。

アンナダーナを実施する病院は、広大なインドの各地から多くの人が訪れる病院です。
その中には、貧しい人も多くいます。
病を抱えながら、家族や故郷を離れ、ここを訪れる人々の不安や憂いは計り知れません。
そんな人々にとって、温かい食事は、何よりも大きな心の支えになるはずです。

他者を想い行動する時、自分自身の心にも大きな平安が生まれることを幾度となく実感しています。アンナダーナは、究極の霊性修行の一つです。皆様の温かいお気持ちが繋がり、一人でも多く人に平安がありますように、心から願っています。

次回は、寺院でのアンナダーナを予定しています。次回も温かいご協力のほど、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

アンナダーナを通じ、皆様にも大きな恩寵がありますように。

(スタッフ:ひるま)