サーブーダーナー・ヴァダーのレシピ

ヴラタ(誓願)に勧められるサーブーダーナー・ヴァダー(साबूदाना वड़ा)のレシピをご紹介いたします。

ナヴァラートリーやエーカーダシーなど、インドではそれぞれの信仰に基づいて、さまざまなヴラタ(誓願)が行われます。ヴラタにおいて広く実践されるのが、断食や食の節制です。完全な断食を行うこともあれば、身体を浄化する果物や牛乳などの摂取は進んで行うこともあります。

インドには、こうしたヴラタの際に勧められるさまざまなレシピがあります。その一つ、サーブーダーナー・ヴァダーをご紹介いたします。

サーブーダーナー・ヴァダーは、タピオカパールやサゴパールを用いた軽食です。サーブーダーナーとは、タピオカやサゴヤシのでん粉で作られる白いタピオカパールやサゴパールを意味します。ヴァダーは、ワラー、ワダ、ワダイなどとも言われ、主に豆を用いた甘くないドーナツのような軽食です。サーブーダーナー・ヴァダーは、サーブーダーナーをスパイスで味付けし、丸めて揚げるもので、ヴラタの際に好んで食されます。ヴラタの際は、米と小麦粉の摂取は勧められないため、米と小麦粉を除いた食材が用いられます。

★サーブーダーナー・ヴァダー★

【材料】
・サーブーダーナー:1カップ(水に浸して、150グラム)
・じゃがいも:5個(茹でて、300グラム)
・岩塩:小さじ1と1/4
・グリーンチリ:2本(細かく刻んでおく)
・生姜:小さじ1(ペースト状にしておく)
・ブラックペッパー:8〜10粒(粗く砕いておく)
・コリアンダー・リーフ:大さじ2〜3(細かく刻んでおく)
・ピーナッツ:1/2カップ(炒って粗めに砕く、100グラム)
・揚げ油:適量

【作り方】
・サーブーダーナーを水でよくすすぎ、水を一度切ったら、2時間ほど1カップの水に浸しておく。
・茹でたじゃがいもの皮をむき潰す。
・水に浸したサーブーダーナー(余分な水は捨てる)、潰したじゃがいも、岩塩、グリーンチリ、生姜、ブラックペッパー、コリアンダー・リーフ、ピーナッツをすべてよく混ぜ、生地を作る。
・出来た生地を少し取り、丸めて手の平で潰し平たくする。
・熱した揚げ油で、きつね色になるまで揚げる。
・チェツネやソースと一緒に頂く。

※ヴラタの際は通常の塩ではなく、ミネラルを多く含んだセーンダー・ナムク(सेंधा नमक)と呼ばれる岩塩を用いることが勧められます。
※心身に刺激を与える玉ねぎや大蒜の摂取は控えます。

サーブーダーナー・ヴァダーの作り方は、以下の動画が参考になります。

カッドゥー・ハルワーのレシピ

ヴラタ(誓願)に勧められるカッドゥー・ハルワー(कद्दू हलवा)のレシピをご紹介いたします。

ナヴァラートリーやエーカーダシーなど、インドではそれぞれの信仰に基づいて、さまざまなヴラタ(誓願)が行われます。ヴラタにおいて広く実践されるのが、断食や食の節制です。完全な断食を行うこともあれば、身体を浄化する果物や牛乳などの摂取は進んで行うこともあります。

インドには、こうしたヴラタの際に勧められるさまざまなレシピがあります。その一つ、カッドゥー・ハルワーをご紹介いたします。

カッドゥー・ハルヴァーは、かぼちゃを甘く煮たデザートの一種です。カッドゥー(कद्दू)はかぼちゃ、ハルワー(हलवा)は甘いお菓子を意味します。ハルワ、ハルヴァ、ハルヴァーなどとも呼ばれ、セモリナ粉や豆、野菜や果物などでできたものがあります。

★カッドゥー・ハルワー★

【材料】
・かぼちゃ:500グラム(皮を剥いて)
・牛乳:500ml(乳脂肪4%程度の加工していない牛乳)
・砂糖:125グラム
・カシューナッツ:大さじ1〜2
・カルダモンパウダー:小さじ1/2
・ギー:大さじ2〜3

【作り方】
・牛乳をフライパンに入れて火にかける。
・牛乳を火にかけている間、皮を剥いたかぼちゃを粗めにすりおろす。
・牛乳が沸騰したら、焦がさないように混ぜながら、強火で煮詰めていく。
・別のフライパンにギーを入れて温め、すりおろしたかぼちゃを2分ほど炒める。
・蓋をして4分ほどかぼちゃに火を通し、よく混ぜたら、さらに10分~12分ほど火を通す。
・かぼちゃに火が通り、柔らかくなったら、砂糖を加えてよく混ぜる。
・砂糖を加えた後は、水分が飛ぶまでよく炒める。
・牛乳が煮詰まって塊(コーヤー、マーワーなどと呼ばれる)ができてきたら、かぼちゃに加えてよく混ぜる。
・刻んだカシューナッツとカルダモンパウダーを加えてよく混ぜて、出来上がり。

※レーズンやアーモンドなど、お好みのドライフルーツを加えることもできます。

カッドゥー・ハルヴァーの作り方は、以下の動画が参考になります。

クットゥー・キー・プーリーのレシピ

ヴラタ(誓願)に勧められるクットゥー・キー・プーリー(कुट्टू की पूरी)のレシピをご紹介いたします。

ナヴァラートリーやエーカーダシーなど、インドではそれぞれの信仰に基づいて、さまざまなヴラタ(誓願)が行われます。ヴラタにおいて広く実践されるのが、断食や食の節制です。完全な断食を行うこともあれば、身体を浄化する果物や牛乳などの摂取は進んで行うこともあります。

インドには、こうしたヴラタの際に勧められるさまざまなレシピがあります。その一つ、クットゥー・キー・プーリーをご紹介いたします。

クットゥー・キー・プーリーは、蕎麦粉のプーリーです。クットゥー(कुट्टू)は蕎麦粉、プーリー(पूरी)は揚げたパンのようなものです。ヴラタの際は小麦粉の摂取は勧められないため、小麦粉の使用は控えることが勧められ、蕎麦粉や菱の実の粉が用いられます。また、ヴラタの際は通常の塩ではなく、ミネラルを多く含んだセーンダー・ナムク(सेंधा नमक)と呼ばれる岩塩を用いることが勧められます。

★クットゥー・キー・プーリー★

【材料】
・蕎麦粉:1カップ
・じゃがいも:2個
・コリアンダー・リーフ:大さじ2〜3(細かく刻んでおく)
・ブラックペッパー:小さじ1/4
・岩塩:小さじ1/2
・油:大さじ2
・揚げ油

【作り方】
・じゃがいもを茹でて皮をむき、よくマッシュしておく。
・油(大さじ2)、じゃがいも、コリアンダー・リーフ、ブラックペッパー、岩塩を蕎麦粉に加えて混ぜる。
・水(約1/4カップ)を少しずつ加えながらよく捏ね、固すぎず、柔らかすぎない生地を作る。
・生地ができたら、10分ほど休ませる。
・くっつかないように油をつけながら、休ませた生地を小さく分けて丸める。
・打ち粉をしながら、小さく丸めた生地を円形に薄く伸ばす(崩れやすいため優しく伸ばす)。
・熱した油できつね色になるまで揚げる。
・出来上がったら、ヨーグルトやブラタ用のカレーなどと一緒に頂く。

※蕎麦粉はグルテンを含まず、粘り気がないため、つなぎとしてじゃがいもを加えます。
※くずれやすい生地のため、丸める際や揚げる際は優しく扱うことが勧められます。

クットゥー・キー・プーリーの作り方は、以下の動画が参考になります。

ベーサン・チーラーのレシピ

ベーサン・チーラー(बेसन चीला)のレシピをご紹介いたします。

ベーサン・チーラーは、香辛料の効いた塩味のパンケーキとして紹介される一品です。ベーサン(बेसन)は、ひよこ豆の粉を意味します。オムレツのような仕上がりで、ベジタリアンのオムレツとして食されることもあります。手軽に作ることができ、朝食にも好まれます。

ベーサンは、お菓子などにも用いられ、インド料理には欠かすことのできない食材です。ベジタリアンが多いインドでは、こうした豆を用いた料理が多くあり、貴重なタンパク源として食されます。

★ベーサン・チーラー★

【材料】
・ベーサン:1カップ
・トマト:小1個(細かく刻んでおく)
・オイル:大さじ2〜3
・コリアンダー・リーフ:大さじ2(細かく刻んでおく)
・生姜:一片(すり下ろす)
・塩:小さじ1/3
・レッドチリパウダー:1〜2つまみ
・グリーンチリ:1本(細かく刻んでおく)

【作り方】
・ベーサンがダマにならないように、水を少しずつ加えながらよく混ぜる(水は1カップほど)。
・生姜、塩、レッドチリパウダー、グリーンチリ、コリアンダー・リーフを入れて混ぜる。
・生地を5分ほど置いてなじませる。5分ほど置いて生地が固いようであれば、水を少し加える。
・(刻んだトマトを入れて混ぜる。トマトはお好みで、加えなくても良い。)
・フライパンをしっかり温め、オイルを引く。
・生地をフライパンに流し入れ、薄く丸く伸ばす。
・伸ばした生地の上に、まんべんなく油を少し垂らす。
・少し色が変わるまで焼き、裏返す。
・きつね色になるまで両面をよく焼く。
・出来上がったら、チェツネやソースと一緒に頂く。

※トマト以外にも、お好みの野菜を加えることができます。

ベーサン・チーラーの作り方は、以下の動画が参考になります。

ヴラタ(誓願)に勧められるサーブーダーナー・キチャディーのレシピ

ヴラタ(誓願)に勧められるサーブーダーナー・キチャディー(साबूदाना खिचड़ी)のレシピをご紹介いたします。

ナヴァラートリーやエーカーダシーなど、インドではそれぞれの信仰に基づいて、さまざまなヴラタ(誓願)が行われます。ヴラタにおいて広く実践されるのが、断食や食の節制です。完全な断食を行うこともあれば、身体を浄化する果物や牛乳などの摂取は進んで行うこともあります。

インドには、こうしたヴラタの際に勧められるさまざまなレシピがあります。その一つ、サーブーダーナー・キチャディーをご紹介いたします。

サーブーダーナー・キチャディーは、タピオカパールやサゴパールを用いた軽食です。サーブーダーナーとは、タピオカやサゴヤシのでん粉で作られる白いタピオカパールやサゴパールを意味します。キチャディーはキチュリとも言われ、主にお米と豆を煮たお粥のようなものです。ヴラタの際は、米と小麦粉の摂取は勧められないため、米と小麦粉を除いた食材が用いられます。

★サーブーダーナー・キチャディー★

【材料】
・サーブーダーナー:1カップ
・ギー:大さじ1〜2
・ピーナッツ:1/2カップ
・じゃがいも:2個
・コリアンダー・リーフ:大さじ2〜3(細かく刻んでおく)
・ターメリックパウダー:小さじ1/4
・クミンシード:小さじ1
・グリーンチリ:2本(細かく刻んでおく)
・岩塩:小さじ1
・ブラックペッパー:7〜8粒(粗く砕いておく)
・レモン汁:適量

【作り方】
・サーブーダーナーを水でよくすすぎ、水を一度切ったら、4〜5時間、水に浸しておく(指で潰せるようになるまで)。
・じゃがいもを茹でて皮をむき、冷めたら小さく角切りにしておく。
・焦げ付かない加工のフライパンにギーを入れ温め、クミンシードを入れ、少し火を弱める。
・ターメリックパウダー、グリーンチリ、ブラックペッパーを入れて混ぜる。
・ピーナッツを入れて、少し炒める。
・じゃがいもを入れて軽く混ぜ、中火にする。
・サーブーダーナーを入れ、岩塩を加えて、よく混ぜる。
・弱火にして蓋をし、約2分間、火を通す。
・サーブーダーナーの色が変わり透明になるまで、さらに弱火で炒める。
・コリアンダー・リーフ、レモン汁を適量振りかけ、よく混ぜて出来上がり。

※この他にも、トマトや人参など、お好みの野菜を加えることができます。
※ヴラタの際は通常の塩ではなく、ミネラルを多く含んだセーンダー・ナムク(सेंधा नमक)と呼ばれる岩塩を用いることが勧められます。
※心身に刺激を与える玉ねぎや大蒜の摂取は控えます。

サーブーダーナー・キチャディーの作り方は、以下の動画が参考になります。

ヴラタ(誓願)に勧められるアールー・ティッキーのレシピ

ヴラタ(誓願)に勧められるアールー・ティッキー(आलू टिक्की)のレシピをご紹介いたします。

インドではそれぞれの信仰に基づいて、さまざまなヴラタが行われます。その多くは、瞑想や断食を通じた祈りや、マントラの詠唱などがあります。特に断食は、感覚器官を統制し、自己を清めるための重要な行為とされます。完全な断食を行うこともあれば、身体を浄化する果物や牛乳などの摂取は行うことも多くあります。

断食の中で、特に多くの人々が実践するのが、ナヴァラートリー(春と秋に訪れる女神を讃える9日間の祝祭)です。季節の変わり目において、断食や食の節制を行うことで、健やかな心身がもたらされると信じられます。

インドには、こうしたヴラタの際に勧められるさまざまなレシピがあります。その一つ、アールー・ティッキーをご紹介いたします。

アールー・ティッキーは、衣のないコロッケのようなもので、軽食として日常的に食されるものでもあります。材料の菱の実の粉は、シンガーレー・カー・アーター(सिंघाड़े का आटा)と呼ばれ、ヴラタの際に用いられます。入手できない場合は、蕎麦粉でも構いません。しかし、ヴラタの際は小麦粉の摂取は勧められないため、小麦粉の使用は控えることが勧められます。また、ヴラタの際は通常の塩ではなく、ミネラルを多く含んだセーンダー・ナムク(सेंधा नमक)と呼ばれる岩塩を用いることが勧められます。また、心身に刺激を与える玉ねぎや大蒜の摂取も控えることが勧められます。

★アールー・ティッキー★

【材料】
・じゃがいも:400グラム
・菱の実の粉:50グラム
・ピーナッツ:50グラム(ローストし、粗く砕いておく)
・コリアンダー・リーフ:大さじ2〜3(細かく刻んでおく)
・ギー:大さじ3〜4
・生姜:1片(細かく刻んでおく)
・グリーンチリ:1〜2本(細かく刻んでおく)
・ブラックペッパー:8〜10粒(粗く砕いておく)
・岩塩:小さじ1

【作り方】
・じゃがいもを茹でて皮をむき、冷めたら、おろし器で粗めにすりおろしておく。
・おろしたじゃがいもの中に、岩塩、ブラックペッパー、グリーンチリ、生姜、菱の実の粉、ピーナッツ、コリアンダーリーフを入れてよく混ぜる。
・よく混ぜたら、丸めて平たく潰す。
・フライパンにギーを入れて温め、きつね色になるまで両面をよく焼く。
・出来上がったら、チェツネやソースと一緒に頂く。

アールー・ティッキーの作り方は、以下の動画が参考になります。

アンナダーナのプーリーとハルワーのレシピ

前回、アンナダーナのサブジーのレシピをご紹介いたしました。
今回は、プーリーとハルワーのレシピをご紹介いたします。
プーリーとハルワー、そしてサブジーは、定番の組み合わせです。

プーリー(पूरी)は、アーター(आटा)と呼ばれる全粒粉を捏ねて揚げたパンのようなものです。
揚げずにタワー(तवा)と呼ばれる鉄板で焼いたものは、ローティー(रोटी)、またはチャパーティー(चपाती)と呼ばれます。
ハルワー(हलवा)は、スージー(सूजी)と呼ばれるセモリナ粉(荒挽きの小麦粉)で作った甘いお菓子です。
ハルワ、ハルヴァ、ハルヴァーなどとも呼ばれ、人参で作るものもあります。
アンナダーナでは、どちらにもギーをたっぷり使用し、風味豊かに仕上げています。

★プーリー★

【材料】
・アーター:2カップ(300グラム)
・塩:小さじ1/2
・ギー:小さじ2
・水:3/4カップ
・ギー(揚げる用):適量

【作り方】
・アーターをふるっておく。
・アーターの中に塩とギー(小さじ2)を入れ、軽く混ぜる。
・水を少しずつ加え、よく混ぜて捏ねる。固めに仕上がるように加える水を調整する。
・捏ねた生地を20分ほど休ませる。
・休ませた後、捏ねた生地を小さく分けて丸める。大きさはお好みで。
・小さく丸めた生地を薄く円形に伸ばす。
・ギーを鍋に熱し、薄く伸ばした生地を入れる。
・生地が膨らんだら、きつね色になるまで両面を揚げる。

プーリーの作り方は、以下の動画が参考になります。

★ハルワー★

【材料】
・スージー:1/2 カップ(100グラム)
・砂糖:1/2 カップ(120グラム)
・ギー:1/2 カップ
・水:1.5カップ
・カルダモン:3〜4粒(砕いておく)
・牛乳:大さじ2
・サフラン:少量(大さじ2の牛乳に浸しておく)
・ドライフルーツ:お好みで(アーモンド、カシューナッツ、レーズンなど)

【作り方】
・スージーをフライパンで軽く色づくまで中火でじっくり空炒りしておく。
・1.5カップの水を鍋に入れて火にかけ、砂糖を加える。
・次にカルダモンを加え、砂糖が溶けてるまで少し煮ておく。
・フライパンにギーを入れて中火で温める。
・ギーが温まったら、ドライフルーツを入れ軽く炒める。炒めたドライフルーツは器にあげておく。
・同じフライパンに、空炒りしたスージーを入れ、ギーで炒める。弱火から中火で、ゆっくりと5分ほど炒める。
・その後、砂糖とカルダモン入りの水(お湯)、牛乳とサフラン、炒めたドライフルーツを入れる。
・中火でかき混ぜながら、ゆっくりと炒め煮る。
・とろみがついてきたら火を止める。

ハルワーの作り方は、以下の動画が参考になります。

孤児院において実施するアンナダーナでは、子どもたちの大好きなキール(ミルク粥)をデザートとして配ることがあります。キールのレシピはこちらでご覧いただけます。

アンナダーナのサブジーのレシピ

アンナダーナで配られるサブジーのレシピをご紹介いたします。

サブジーは、一般的に野菜の料理となりますが、アンナダーナではじゃがいものカレーを作ります。
アールー・サブジー(आलू सब्जी)と呼ばれ、日常的に好んで食されるカレーです。
スパイスがあれば簡単に作ることができるため、ぜひアンナダーナの食事を一緒に楽しんでみてください。

このレシピはスープのようなカレーになりますが、水を加えず、ドライなカレーに仕上げることもできます。
アンナダーナは時期によってじゃがいもやトマトの価格に差が出るため、余裕があるときは、人参やインゲンマメ、グリーンピースを加えることもあります。
また、アンナダーナでは一般の方々へお配りする前に、食事を寺院の神前に捧げます。
食事はプラサードとして配られるため、玉ねぎとにんにくは使用していません。

【材料】
・じゃがいも:中3個
・トマト・ペースト:1/2カップ
・コリアンダー・リーフ:1/4カップ
・オイル:大さじ1
・クミン・シード:小さじ1
・コリアンダー・シード:小さじ1/2
・ジンジャー・ペースト:大さじ1
・ターメリック・パウダー:小さじ1/2
・ヒング:小さじ1/4
・コリアンダー・パウダー:小さじ1
・レッドチリパウダー:小さじ1
・塩:適量
・ドライ・マンゴー・パウダー:小さじ1
・ガラムマサラ:小さじ1/2
・ギー:適量

【作り方】
・じゃがいもを茹でて皮をむき、軽くマッシュしておく。
・コリアンダー・シードを軽く砕いておく。
・ターメリック・パウダー、ヒング、コリアンダー・パウダー、レッドチリパウダーを合わせておく。
・鍋にオイルを入れ温め、クミン・シード、コリアンダー・シードを入れて香りが出るまで炒める。
・香りが出たら、ジンジャー・ペーストを加えて混ぜ、弱火で1分ほど炒める。
・合わせたスパイスを加えて混ぜ、さらに弱火で30秒ほど炒める
・トマト・ペーストを加えて混ぜ、中火で3〜4分、水分がなくなるまで炒める。
・軽くマッシュしたじゃがいもを加えて、よく混ぜる。
・塩を適量とドライ・マンゴー・パウダーを加えて、よく混ぜる。
・約2カップ半の水を加え、よく混ぜる。水の量はお好みで調整できます。
・蓋をして、中火で約10分煮る。
・ガラムマサラとコリアンダー・リーフを加えて混ぜ、火を止める。
・最後にギーを添えて出来上がり。

次回は、プーリーとハルワーの作り方をご紹介いたします。

アールー・サブジーの作り方の詳細は、以下の動画が参考になります。

アムリタ・キールの作り方

kheer

2016年10月16日は満月となり、コージャーガラ・プールニマーが祝福されます。

この満月の光は、アムリタのような恩恵を私たちの心身にもたらすと信じられています。インドでは、この満月の夜にミルク粥(キール)を作り、月明かりの下へ捧げた後に食すという神秘的な慣習が現在でも続いています。

一般的なミルク粥(キール)のレシピをご紹介いたします。この満月の夜、月光浴をしながらその恩恵を感じてみるのもよいかもしれません。

★材料★
・牛乳:1リットル
・バスマティ米:¼カップ
・砂糖:大さじ5~6
・グリーンカルダモン:6粒
・サフラン:一つまみ
・アーモンド:15~20粒
・カシューナッツ:12~15粒
・レーズン:大さじ1

★作り方★
・お米を洗い、30分ほど水に浸した後、水を切ります。
・鍋に牛乳を入れ火にかけ、沸騰させます。
・沸騰したら火を弱め、お米と砂糖を加えます。
・固まりができないよう、時々混ぜながら煮ます(完成まで弱火で35分~37分)。

・アーモンドは水に浸し2~3分レンジで温め、皮を剥いておきます。
・皮をむいたアーモンド、カシューナッツはスライスしておきます。
・レーズンは水で洗っておきます。
・カルダモンはパウダー状にしておきます。

・お米がほぼ煮えたら、アーモンド、カシューナッツ、カルダモン(パウダー)、サフランを入れ、お米が完全に煮えるまで調理します。
・お米が煮えたら火からおろし、レーズンを加え完成。

詳しい作り方は写真付きで以下よりご覧いただけます。

rice kheer recipe, how to make rice kheer recipe | chawal ki kheer

モーダカの作り方

Hindu God Ganesha

2016年は9月5日に盛大なガネーシャ降誕祭が祝福されました。ガネーシャ降誕祭はおよそ10日間にわたって祝福される祝祭です。

この間、ガネーシャの大好物である甘いお菓子モーダカをお供えすることが、ガネーシャを幸せにするとても吉兆な行いとされています。

地域や慣習によってさまざまなレシピが存在するこのモーダカの一般的なレシピをご紹介いたします。
祈りを込め作り、ガネーシャへお供えするのも良いかもしれません。

★材料★
~モーダカの中身~
フレッシュココナッツ(おろす) 1カップ
ジャグリー(無精製の粗糖) 3/4カップ(その他の甘味で代用可)
カルダモン 3~4粒(もしくは小さじ1/4のカルダモンパウダー)
ナツメグパウダー 一つまみ
ポピーシード 小さじ1/2
ギー 小さじ1/2
米粉 小さじ1/2(必要な場合)

~モーダカの皮~
米粉 1カップ
水 1.5カップ
オイル(ギー) 小さじ1/4
塩 一つまみ

★作り方★
~モーダカの中身~
・フライパンにギーを熱し、ポピーシード、カルダモン、ナツメグを入れ炒め香りを出します。
・その中におろしたフレッシュココナッツとジャグリー(その他の甘味)を入れ炒め、水分が飛び全体的に固くなるまで弱火で更に炒めます。(水分が多い場合は、米粉を少し加えます)
・水分が飛んだら火からおろし冷まします。(冷めると更に固くなります)

~モーダカの皮~
・鍋に水とギー、塩を入れ沸騰させます。
・沸騰したら火を弱め、米粉をダマにならないように少しずつ加えよく混ぜます。
・良く混ぜたら火を止め、蓋をして5分ほどおきます。
・5分ほど置いた後よくこねます。(熱いため手に水をつけながら)
・良くこねた後、12~15等分に分け丸めておきます。
・一つ分を手のひらに取り丸く伸ばし、冷めたモーダカの中身を入れ包み、かたどります。
・蒸し器に入れ、弱火で約10分~15分蒸します。
・ガネーシャにお供えします。

※日本の米粉とインドの米粉は若干異なるため、仕上がりにも差が出るかもしれません。

詳しい作り方は写真付きで以下よりご覧いただけます。

modak recipe, how to make ukadiche modak, steamed modak recipe