カッター・ミーター・カッドゥーのレシピ

インドでは先祖供養の期間であるピトリ・パクシャが始まっています。ピトリ・パクシャの期間中は、贅沢は控え、菜食を努めることが勧められます。この間は、心身に刺激を与える玉ねぎとにんにくの使用も控えることが多くあります。

インド料理は、玉ねぎとにんにくをふんだんに使用した香り豊かな料理が多くありますが、玉ねぎとにんにくを使用しない美味しい料理も多くあります。その一つが、カッター・ミーター・カッドゥーです。カッター(खट्टा)は酸味、ミーター(मीठा)は甘味、カッドゥー( कद्दू )は南瓜を意味し、南瓜を用いた甘酸っぱいサブジー(सब्जी、野菜の料理)です。

カッター・ミーター・カッドゥーは、ナヴァラートリーやエーカーダシーなど、ヴラタ(誓願)の際にも多く食されます。

★カッター・ミーター・カッドゥー★

【材料】
・南瓜:500グラム
・油:大さじ2〜3
・フェヌグリーク・シード:小さじ1/2
・ヒーング:1つまみ(あれば)
・ターメリック・パウダー:小さじ1/4
・生姜:小さじ1(ペーストにする)
・グリーンチリ:2本(細かく刻む)
・コリアンダー・パウダー:小さじ1
・塩:小さじ1
・レッドチリ・パウダー:小さじ1/2
・ガラムマサラ:小さじ1/4
・マンゴー・パウダー:小さじ1/2
・砂糖:小さじ2
・コリアンダーの葉:大さじ2〜3(細かく刻む)

【作り方】
・南瓜の皮を剥き種を取り、小さめに切る。
・鍋に油を加え熱する。
・油が熱くなったら、フェヌグリーク・シードとヒーング(あれば)を入れて香りが出るまで炒める。
・ターメリック・パウダー、生姜、グリーンチリ、コリアンダー・パウダーを加え、さらに炒める。
・切った南瓜を加え、塩とレッド・チリ・パウダーを加える。
・2分ほど炒め、南瓜にスパイスをよく絡める。
・1/4カップの水を加え、蓋をして4〜5分ほど弱火で火を通す。
・一度蓋を開け、よく混ぜたら、再び4〜5分ほど弱火で火を加える。
・南瓜が少し柔らかくなり、水分が無くなったら、さらに1/4カップの水を加え、再び5〜6分ほど弱火で火を加える。
・南瓜が完全に柔らかくなったら、ガラムマサラ、マンゴー・パウダー、砂糖、コリアンダー・パウダーを加えよく混ぜる。
・炒めながら、さらに1分ほど火を通して出来上がり。15分以内で、美味しいサブジーが出来上がります。

※南瓜は皮付きのまま調理することも可能です。
※マンゴー・パウダーはアムチュール・パウダーと呼ばれ、熟す前の青いマンゴーを乾燥させ粉末にした酸味の強いパウダーです。入手できない場合は、少量のレモン汁などで代用できます。

カッター・ミーター・カッドゥーの作り方は、以下の動画が参考になります。

サーブーダーナー・キールのレシピ

ナヴァラートリーやエーカーダシーなど、インドではそれぞれの信仰に基づいて、さまざまなヴラタ(誓願)が行われます。ヴラタにおいて広く実践されるのが、断食や食の節制です。完全な断食を行うこともあれば、身体を浄化する果物や牛乳などの摂取は進んで行うこともあります。

インドには、こうしたヴラタの際に勧められるさまざまなレシピがあります。その一つ、サーブーダーナーのキール(साबूदाने की खीर)をご紹介いたします。

サーブーダーナー・キールは、タピオカパールやサゴパールを用いたミルク粥です。サーブーダーナー(साबूदाना)とは、タピオカやサゴヤシのでん粉で作られる白いタピオカパールやサゴパールを意味します。キール(खीर)はミルク粥を意味し、お米で作られることが多くある甘いデザートです。

ヴラタの際は、お米と小麦粉の摂取は勧められないため、お米と小麦粉を除いた食材が用いられます。サーブーダーナーは、ヴラタの際にお米の代わりに食されることが多くあります。

近年では、グルテンフリーの食事や、糖質制限のためにお米を食べない食事法が実践されていますが、インドでは古代より、月の満ち欠けと密接に繋がっている祝祭等を通じて、穀類を食べない節食や断食が行われています。

★サーブーダーナー・キール★

【材料】

・牛乳:1リットル
・サーブーダーナー:1/2カップ(100グラム)
・砂糖:1/3カップ(75グラム)
・カシューナッツ:10〜12粒
・アーモンド:10〜12粒
・ピスタチオ:15〜30粒
・カルダモン:5〜6粒
・レーズン:大さじ2
・サフラン:15〜20本

【作り方】
・サーブーダーナーを水でよくすすぎ、1時間ほど水に浸しておく。
・カシューナッツ、アーモンド、ピスタチオは細かく刻んでおく。
・カルダモンは潰して粒をパウダー状にしておく。
・牛乳を大きめの鍋に入れ沸騰させる。
・沸騰した牛乳を小さめの器に少し取り分け、その中にサフランを入れ色付けする。
・沸騰した牛乳の鍋に、水気を切ったサーブーダーナーを加える。
・塊にならないように、再び沸騰するまで混ぜ続ける。
・再び沸騰したら火を中火にし、ドライフルーツを半分と、色付けした牛乳を加える。
・サーブーダーナーの色が透明になり柔らかくなるまで混ぜながら煮る。
・砂糖とカルダモンを加えて、2分ほど加熱して火を止める。
・少し冷ましたら、器に盛り付け、ドライフルーツを添えたら出来上がり。

サーブーダーナー・キールの作り方は、以下の動画が参考になります。

パニールのレシピ

新型コロナウイルスの影響により、日本では乳製品の需要の減少が伝えられています。5月から6月にかけては、生乳の生産量がピークになることから、大量に余れば、乳牛の殺処分を迫られる可能性もあるとされています。

インドでは、人々にさまざまな恵みを運ぶ幸せの象徴として、牛が崇められます。牛が運ぶさまざま恵みの中でも、特に乳製品は、インド料理において欠かせないものであり、豊富なレシピが伝えられます。中でも、パニール(पनीर、カッテージチーズ)は日本のお豆腐のような食材で、ベジタリアンの貴重なタンパク源として、さまざまな料理に用いられます。カレーの具材になるだけでなく、甘いデザートに用いられることもあります。

パニールは、家庭でも簡単に作ることができます。この機会に、与えられた恵みに感謝をしながら、自然環境のために大きな役割を担うベジタリアンの実践を心がけると良いでしょう。

★パニールのレシピ★

【材料】
・牛乳:1リットル
・レモン汁:大さじ2

【作り方】
・ざるの上に、ガーゼや手ぬぐいを広げておく。
・牛乳を大きめの鍋に入れ、焦がさないように混ぜながら中火で温める。
・牛乳が沸騰してきたら弱火にし、レモン汁を加え、静かに混ぜる。
・2〜3分して牛乳が固形分と水分に分離し、水分が透明になったら火を止める。
・ガーゼや手ぬぐいを広げたざるに流し入れ、固形分と水分を分ける。
・固形分に残ったレモンの酸味を取るために、流水で少し洗う。
・ガーゼや手ぬぐいを使って、水分をしっかり絞る。
・ガーゼや手ぬぐいに包んだまま、重石を乗せて3時間ほどおいて固めたら出来上がり。

※出来たパニールは、カレーの具材にしたり、サラダに入れたり、スパイスで味付けしオーブンで焼いたり、さまざまに用いることができます。
※低脂肪の牛乳は避け、なるべく脂肪分の多い牛乳を用いることが勧められます。
※1リットルでおよそ200グラムのパニールができます。

パニールの作り方は、以下の動画が参考になります。

フルーツ・ラーイターのレシピ

ヴラタ(誓願)に勧められるフルーツ・ラーイター(फ्रूट रायता)のレシピをご紹介いたします。

ナヴァラートリーやエーカーダシーなど、インドではそれぞれの信仰に基づいて、さまざまなヴラタ(誓願)が行われます。ヴラタにおいて広く実践されるのが、断食や食の節制です。完全な断食を行うこともあれば、身体を浄化する果物や牛乳などの摂取は進んで行うこともあります。

インドには、こうしたヴラタの際に勧められるさまざまなレシピがあります。その一つ、フルーツ・ラーイターをご紹介いたします。

インドでは、人々にさまざまな恵みを運ぶ幸せの象徴として、牛が崇められます。牛が運ぶさまざま恵みの中でも、特に乳製品は、インド料理において欠かせないものであり、豊富なレシピが伝えられます。ラーイター(रायता)は、凝乳(ダヒー、दही)に野菜や果物などを加え、スパイスで味付けしたものです。日常の食事に加え、断食や食の節制を行うヴラタの際に食されることも多く、簡単にミネラルやカルシウム、ビタミンを摂取することができます。

★フルーツ・ラーイターのレシピ★

【材料】
・ヨーグルト:2カップ
・牛乳:1/2カップ
・りんご:1個
・バナナ:1本
・梨:1個
・石榴の実:大さじ2
・砂糖:小さじ2
・ミントの葉:8〜10枚
・カルダモン:2粒
・岩塩:小さじ1/4

【作り方】
・ボウルにヨーグルトを入れ、滑らかになるまでよく混ぜる。
・滑らかになったヨーグルトに牛乳を加え、さらによく混ぜる。
・カルダモンをパウダー状にする。
・りんご、梨、バナナの皮を剥き、小さく切る。
・皮を剥き小さく切ったりんご、梨、バナナをヨーグルトに加えてよく混ぜる。
・砂糖、岩塩、パウダー状にしたカルダモン、ミントの葉を加えて、さらによく混ぜる。
・器に盛り付け、石榴の実を飾り出来上がり。

※マンゴー、パイナップル、ブドウなど、季節に応じたフルーツで作ることができます。
※牛乳は省いてもかまいません。
※ヴラタの際は通常の塩ではなく、ミネラルを多く含んだセーンダー・ナムク(सेंधा नमक)と呼ばれる岩塩を用いることが勧められますが、このラーイターでは味を濃くするため、ヴラタ用として作る場合は省くことが勧められます。

フルーツ・ラーイターの作り方は、以下の動画が参考になります。

カッチー・ハルディー・カー・アチャールのレシピ

さまざまな不調を改善するカッチー・ハルディー・カー・アチャール(कच्ची हल्दी का अचार)のレシピをご紹介いたします。

カッチー・ハルディー・カー・アチャール(कच्ची हल्दी का अचार)は、生ウコンの漬物を意味します。

インドでは、季節や体調に応じ、絶妙な加減でスパイスを使い分け、食事を通じて心身の調和をはかることが多くあります。スパイスを薬のように用いることも少なくありません。中でも欠かすことのできないスパイスが、ウコンを意味するターメリック(ハルディー、हल्दी)です。

その効能を見てみると、抗酸化や抗炎症、抗菌や解毒など多岐に渡ります。中でも、その強い解毒作用には悪影響や有害な影響を取り去る象徴があり、インドでは祈りの儀式でもターメリックが頻繁に捧げられます。

アチャール(अचार)は、インドで日常的に食されている漬物です。乾燥した地域が多いインドでは、野菜や果物をオイルに漬け、スパイスを効かせて食すことが多くあります。長期保存が可能であるアチャールは、農作物が不作のときのための非常食としても用いられます。

こうした自然の恵みに感謝をしながら、ひとりひとりが免疫力を高め、心身の調和をはかることが社会の平和に役立つでしょう。

★カッチー・ハルディー・カー・アチャール★

【材料】

・生ウコン:250グラム
・マスタード・オイル:100グラム(1/2カップ)
・アサフェティダ:2〜3つまみ
・フェヌグリーク・パウダー:小さじ2と1/2
・マスタード・パウダー:小さじ2と1/2
・塩:小さじ2と1/2
・ジンジャー・パウダー:小さじ1
・レッド・チリ・パウダー:小さじ1/2
・レモン汁:1/2カップ

【作り方】
・ウコンの皮をむき、洗って乾燥させるか、乾いた布などで余分な水分を拭き取ります。
・皮をむいたウコンを粗めにすりおろすか、細かく刻みます。
・マスタード・オイルを鍋に入れ火にかけ、加熱します。
・加熱したマスタード・オイルを少し置いて(約2分)、冷まします。
・少し冷ましたマスタード・オイルに、アサフェティダ、フェヌグリーク・パウダー、マスタード・パウダーを加え、さらにウコンを加えて軽く混ぜます。
・塩、ジンジャー・パウダー、レッド・チリ・パウダーを加えてよく混ぜます。
・混ぜた材料をボウルに取り出し、レモン汁を加えてよく混ぜます。
・ボウルに蓋をして4〜5時間おいた後、アチャールは完成です。
・完成したアチャールを、乾いたガラス瓶、または陶器に入れて保存します。
・可能であれば、アチャールの風味を豊かにするために、容器を2日間ほど日光にさらします。こうすることで、保存期間を長くすることもできます。

・アチャールがが完全にオイルに浸かっていれば、およそ6か月は保存することができます。
・容器からアチャールを取り出すには、常に清潔なスプーンを使用します。
・ウコンは色が移りやすいため、手袋をしたり洋服などにつかないように注意します。

カッチー・ハルディー・カー・アチャールの作り方は、以下の動画が参考になります。

マサーラー・マカーナーのレシピ

ヴラタ(誓願)に勧められるマサーラー・マカーナー(मसाला मखाना)のレシピをご紹介いたします。

ナヴァラートリーやエーカーダシーなど、インドではそれぞれの信仰に基づいて、さまざまなヴラタ(誓願)が行われます。ヴラタにおいて広く実践されるのが、断食や食の節制です。完全な断食を行うこともあれば、身体を浄化する果物や牛乳などの摂取は進んで行うこともあります。

インドには、こうしたヴラタの際に勧められるさまざまなレシピがあります。その一つ、マサーラー・マカーナーをご紹介いたします。

マサーラー・マカーナーとは、蓮の実(ロータスシード)を炒ったポップコーンのようなスナックです。マカーナー(मखाना、मखान्न:マカーンナとも)は、蓮の実(鬼蓮)を意味します。どんぐりのような実を天日干しし、乾燥させた実をさらに鍋で乾煎りし、実を割ると中から白い実が出てきます。この食材は、インドのマーケットではどこにでも目にすることができます。蓮の実は、ラクシュミー女神の象徴でもあります。多くの栄養を含み、漢方では薬としても用いられ、現在はスーパーフードとして注目を集める食材です。

マカーナーはポップコーンのように食したり、甘いお菓子にドライフルーツと一緒に混ぜて用いられることもあります。その他に、カレーの具材として用いられることもあります。今回は、マカーナーをスパイス(मसाला)で味付けをするスナックのレシピをご紹介します。ヴラタの際だけでなく、日常的なスナックとして食されることも多くあります。

★マサーラー・マカーナー★

【材料】
・マカーナー:50グラム
・ギー:大さじ1/2
・クミン・パウダー:小さじ1
・レッドチリ・パウダー:小さじ1
・ドライ・マンゴー・パウダー:小さじ1/2
・岩塩:小さじ1/2
・砂糖:小さじ1(お好みで)

【作り方】
・フライパンを中火で熱し、ギーを入れて温めます。
・マカーナーを加え、3〜4分、ギーで炒めます。
・マカーナーがカリカリになったら、岩塩、クミン・パウダー、レッドチリ・パウダー、ドライ・マンゴー・パウダーを加えてさらに炒めます。
・甘味を好む場合は、お好みで砂糖を加えます。また、塩味が足りない場合は、追加で岩塩を加えます。
・スパイスがうまく絡まない時は、追加でギーを回し入れてさらに炒め、スパイスとよく馴染んだら出来上がりです。

※アーモンドやカシューナッツを加えても美味しく召し上がれます。
※ヴラタの際は通常の塩ではなく、ミネラルを多く含んだセーンダー・ナムク(सेंधा नमक)と呼ばれる岩塩を用いることが勧められます。

マサーラー・マカーナーの作り方は、以下の動画が参考になります。

ヴラタ(誓願)に勧められるチャート ・マサーラーのレシピ

ヴラタ(誓願)に勧められるチャート ・マサーラー(चाट मसाला)のレシピをご紹介いたします。

ナヴァラートリーやエーカーダシーなど、インドではそれぞれの信仰に基づいて、さまざまなヴラタ(誓願)が行われます。ヴラタにおいて広く実践されるのが、断食や食の節制です。完全な断食を行うこともあれば、身体を浄化する果物や牛乳などの摂取は進んで行うこともあります。

このヴラタの際には、果物のみを摂取する人々が多くいます。その際に勧められるチャート・マサーラーをご紹介いたします。

チャート ・マサーラーは、主にサラダや果物、軽食に振りかけて用いられるスパイス・ミックスです。独特の塩気と酸味があり、食材の風味を引き立てます。また、消化を助けるためにも、サラダや果物、軽食に好んで用いられます。断食や食の節制を行う際には、刺激的なスパイスは控えることが勧められますが、以下のスパイスは、ヴラタの際にも摂取して良いとされています。

・クミン(जीरा)
・ブラック・ペッパー(काली मिर्च)
・グリーン・カルダモン(हरी इलायची)
・クローブ(लौंग)
・シナモン(दालचीनी)
・キャロムシード(अजवायन)
・乾燥ザクロの実(अनार दाना)
・コークム(कोकम)
・タマリンド(इमली)
・ナツメグ(जायफल)
・コリアンダーの葉(हरा धनिया)
・レッドチリ・パウダー(लाल मिर्च)
・ドライ・マンゴー・パウダー(अमचूर)
・チャート・マサーラー(चाट मसाला)

一方で、以下のスパイスは、身体に熱を生み出すため、ヴラタの際には控えることが勧められています。

・ターメリック(हल्दी)
・アサフェティダ(हींग)
・マスタード(सरसों)
・フェヌグリーク(मेथी)
・ガラムマサラ(गरम मसाला)
・コリアンダー・パウダー(धनिया)

★ヴラタのためのチャート・マサラ★

【材料】
・クミンシード(जीरा):100グラム
・キャロムシード(अजवायन):50グラム
・クローブ(लौंग):5粒
・ブラック・カルダモン(काली इलायची):1粒
・ブラックペッパー(काली मिर्च):大さじ1
・ドライ・マンゴー・パウダー(अमचूर):大さじ1
・ドライ・ジンジャー・パウダー(सोंठ):大さじ1
・岩塩(सेंधा नमक):大さじ4

【作り方】
・フライパンを中火で熱し、クミンシードを入れて、焦がさないように弱火で乾煎りし、お皿に移して冷まします。
・キャロムシード、クローブ、カルダモンをフライパンに入れて、焦がさないように弱火で乾煎りし、お皿に移して冷まします。
・乾煎りしたスパイスが冷めたら、すべてを混ぜ、ミキサーやグラインダーに入れ、パウダー状になるまで攪拌します。
・パウダー状になったら密封容器に入れて保管します。容器に入れる前に、ふるいに掛けても良いでしょう。
・サラダや果物、軽食にふりかけて食します。

※スパイスは乾煎りし水分を飛ばすことで、長期に渡って保管することが可能です。
※チャート ・マサーラーのレシピは地域や家庭によってさまざまに異なります。お気に入りの配合を見つけることも良いでしょう。

参照:Chat masala- for fast
What To Eat And Avoid During Sharad Navratri Fasts (Navratri Vrat)

サマー・ケー・チャーワル・キー・キールのレシピ

ヴラタ(誓願)に勧められるサマー・ケー・チャーワル・キー・キール(समा के चावल की खीर)のレシピをご紹介いたします。

ナヴァラートリーやエーカーダシーなど、インドではそれぞれの信仰に基づいて、さまざまなヴラタ(誓願)が行われます。ヴラタにおいて広く実践されるのが、断食や食の節制です。完全な断食を行うこともあれば、身体を浄化する果物や牛乳などの摂取は進んで行うこともあります。

インドには、こうしたヴラタの際に勧められるさまざまなレシピがあります。その一つ、サマー・ケー・チャーワル・キー・キールをご紹介いたします。

サマー・ケー・チャーワル・キー・キールとは、サマー・ケー・チャーワル(समा के चावल:ヒエ)を用いたキール(खीर:ミルク粥)です。サマー・ケー・チャーワルは、サーマク・チャーワル(सामक चावल)などとも呼ばれ、雑穀のヒエにあたります。ヴラタの際に、お米の代わりに食されます。ヴラタの際は、米と小麦粉の摂取は勧められないため、米と小麦粉を除いた食材が用いられます。

近年では、グルテンフリーの食事や、糖質制限のためにお米を食べない食事法が実践されていますが、インドでは古代より、月の満ち欠けと密接に繋がっている祝祭等を通じて、穀類を食べない節食や断食が行われています。

★サマー・ケー・チャーワル・キー・キール★

【材料】
・牛乳:500ml
・ヒエ:40-50グラム(水に浸しておく)
・砂糖:1/4カップ(お好みで調整)
・カシューナッツ:8-10粒
・レーズン:15-20粒
・カルダモン:3粒

【作り方】
・吹きこぼれないように注意しながら、牛乳を鍋で温める。
・牛乳を温める間に、カシューナッツを刻み、カルダモンを潰してパウダーにする。
・牛乳が沸騰してきたら、水に浸しておいたヒエを加える。
・鍋底にヒエが固まってしまわないように、約2分毎にかき混ぜる。
・ヒエが柔らかくなったら、カシューナッツとレーズンを加える。
・3〜4分、中火で調理する。
・砂糖とパウダーにしたカルダモンを加えて良く混ぜる。
・火を止め蓋をし、約2分ほど置き、カルダモンの香りをつける。
・器に盛り付けて、ドライフルーツなどを添えて出来上がり。

サマー・ケー・チャーワル・キー・キールの作り方は、以下の動画が参考になります。

サーブーダーナー・ヴァダーのレシピ

ヴラタ(誓願)に勧められるサーブーダーナー・ヴァダー(साबूदाना वड़ा)のレシピをご紹介いたします。

ナヴァラートリーやエーカーダシーなど、インドではそれぞれの信仰に基づいて、さまざまなヴラタ(誓願)が行われます。ヴラタにおいて広く実践されるのが、断食や食の節制です。完全な断食を行うこともあれば、身体を浄化する果物や牛乳などの摂取は進んで行うこともあります。

インドには、こうしたヴラタの際に勧められるさまざまなレシピがあります。その一つ、サーブーダーナー・ヴァダーをご紹介いたします。

サーブーダーナー・ヴァダーは、タピオカパールやサゴパールを用いた軽食です。サーブーダーナーとは、タピオカやサゴヤシのでん粉で作られる白いタピオカパールやサゴパールを意味します。ヴァダーは、ワラー、ワダ、ワダイなどとも言われ、主に豆を用いた甘くないドーナツのような軽食です。サーブーダーナー・ヴァダーは、サーブーダーナーをスパイスで味付けし、丸めて揚げるもので、ヴラタの際に好んで食されます。ヴラタの際は、米と小麦粉の摂取は勧められないため、米と小麦粉を除いた食材が用いられます。

★サーブーダーナー・ヴァダー★

【材料】
・サーブーダーナー:1カップ(水に浸して、150グラム)
・じゃがいも:5個(茹でて、300グラム)
・岩塩:小さじ1と1/4
・グリーンチリ:2本(細かく刻んでおく)
・生姜:小さじ1(ペースト状にしておく)
・ブラックペッパー:8〜10粒(粗く砕いておく)
・コリアンダー・リーフ:大さじ2〜3(細かく刻んでおく)
・ピーナッツ:1/2カップ(炒って粗めに砕く、100グラム)
・揚げ油:適量

【作り方】
・サーブーダーナーを水でよくすすぎ、水を一度切ったら、2時間ほど1カップの水に浸しておく。
・茹でたじゃがいもの皮をむき潰す。
・水に浸したサーブーダーナー(余分な水は捨てる)、潰したじゃがいも、岩塩、グリーンチリ、生姜、ブラックペッパー、コリアンダー・リーフ、ピーナッツをすべてよく混ぜ、生地を作る。
・出来た生地を少し取り、丸めて手の平で潰し平たくする。
・熱した揚げ油で、きつね色になるまで揚げる。
・チェツネやソースと一緒に頂く。

※ヴラタの際は通常の塩ではなく、ミネラルを多く含んだセーンダー・ナムク(सेंधा नमक)と呼ばれる岩塩を用いることが勧められます。
※心身に刺激を与える玉ねぎや大蒜の摂取は控えます。

サーブーダーナー・ヴァダーの作り方は、以下の動画が参考になります。

カッドゥー・ハルワーのレシピ

ヴラタ(誓願)に勧められるカッドゥー・ハルワー(कद्दू हलवा)のレシピをご紹介いたします。

ナヴァラートリーやエーカーダシーなど、インドではそれぞれの信仰に基づいて、さまざまなヴラタ(誓願)が行われます。ヴラタにおいて広く実践されるのが、断食や食の節制です。完全な断食を行うこともあれば、身体を浄化する果物や牛乳などの摂取は進んで行うこともあります。

インドには、こうしたヴラタの際に勧められるさまざまなレシピがあります。その一つ、カッドゥー・ハルワーをご紹介いたします。

カッドゥー・ハルヴァーは、かぼちゃを甘く煮たデザートの一種です。カッドゥー(कद्दू)はかぼちゃ、ハルワー(हलवा)は甘いお菓子を意味します。ハルワ、ハルヴァ、ハルヴァーなどとも呼ばれ、セモリナ粉や豆、野菜や果物などでできたものがあります。

★カッドゥー・ハルワー★

【材料】
・かぼちゃ:500グラム(皮を剥いて)
・牛乳:500ml(乳脂肪4%程度の加工していない牛乳)
・砂糖:125グラム
・カシューナッツ:大さじ1〜2
・カルダモンパウダー:小さじ1/2
・ギー:大さじ2〜3

【作り方】
・牛乳をフライパンに入れて火にかける。
・牛乳を火にかけている間、皮を剥いたかぼちゃを粗めにすりおろす。
・牛乳が沸騰したら、焦がさないように混ぜながら、強火で煮詰めていく。
・別のフライパンにギーを入れて温め、すりおろしたかぼちゃを2分ほど炒める。
・蓋をして4分ほどかぼちゃに火を通し、よく混ぜたら、さらに10分~12分ほど火を通す。
・かぼちゃに火が通り、柔らかくなったら、砂糖を加えてよく混ぜる。
・砂糖を加えた後は、水分が飛ぶまでよく炒める。
・牛乳が煮詰まって塊(コーヤー、マーワーなどと呼ばれる)ができてきたら、かぼちゃに加えてよく混ぜる。
・刻んだカシューナッツとカルダモンパウダーを加えてよく混ぜて、出来上がり。

※レーズンやアーモンドなど、お好みのドライフルーツを加えることもできます。

カッドゥー・ハルヴァーの作り方は、以下の動画が参考になります。