ガネーシャ・ムドラー

さまざまな問題に直面する日々において、疲弊したり憂鬱な気分になったりすることは少なくありません。
時にはそうした落ち込みが大きな障壁となって、進む道に立ちはだかることもあります。
インドでは、そんな障壁を取り除くと信じられるムドラーの実践があります。
そのムドラーは、ガネーシャ・ムドラーと呼ばれます。

ガネーシャ神は、不吉な出来事をすべて破壊し、全世界に幸福をもたらすと信じられる神格です。
一方で、障壁を克服することで強さを獲得できるように、ガネーシャ神は私たちが歩む道にそっと障壁を置いていくことがあるといわれます。
そんなガネーシャ神を崇めるムドラーは、私たちを身体的に、また精神的に強化すると伝えられるムドラーです。
それは、心臓と心を強化するものであると伝えられます。

ガネーシャ・ムドラーでは、まず左手の手の平が外側を向くように、自分の胸の前に広げます。
そして、その左手の指先を右手の指先で掴むように組み合わせます。
この手の形を胸の前で組んだまま、左手と右手を離さずに、深く呼吸をしながら引っ張り合うのがガネーシャ・ムドラーです。

このムドラーを通じて、実際に両手を引っ張り合い、軽い負荷をかけることで、胸、肩、腕にかけての筋肉が強化されると伝えられます。
また、深い呼吸が伴うことで、心臓に守ろうとする力を生み出し、その働きを強化するとも伝えられてきました。

何よりも、このムドラーの実践においては、自らが生み出す負荷を経験することになります。
ムドラーという、意識に強く働きかける動きを形成する中でその負荷と向き合う時、最大の障壁は、時に自分自身によって生み出されるということに気づくことができるといわれます。

日々においては、沸き起こる疑念や不安が、自分自身の進む道を大きく阻んでいることがあります。
外側ではなく、内側に生じるこの障壁に気づくことが、問題を取り除くために何よりも重要となることが少なくありません。

このムドラーを通じて強化される心や心臓は、「心の座」ともいわれるアナーハタ・チャクラがある場所です。
愛情や感情が満ちるこの場所が強化される時、自信や勇気が高まると伝えられてきました。
このムドラーを通じて呼び覚まされるガネーシャ神の力は、自信や勇気という、障壁を乗り越える強さとなって現れるに違いありません。

(文章:ひるま)

ウシャス・ムドラー

日の出が少しずつ遅くなり、だんだんと寒さが厳しくなる季節を迎えました。
寒い朝は、すっきりと目覚められず、動き出すことが難しく感じることが少なくありません。
インドの教えには、そんな時に勧められる、ウシャス・ムドラーというムドラーが伝わります。

ウシャスは、リグ・ヴェーダにおいてとりわけ多く崇められる暁紅の女神です。
毎朝、闇を切り開き、万物を目覚めさせるその存在は、私たちに活動を促します。
そんな女神の名前を持つこのムドラーは、自分自身の内に気力や意欲を呼び覚ますと信じられます。

ウシャス・ムドラーでは、左右の人差し指、中指、薬指、小指を交差させ、左右の親指の先端を合わせます。
この時、男性は右手が上に来るように、女性は左手が上に来るように指を交差させます。
この手の形を、下腹部のあたりで組むのがウシャス・ムドラーです。
(※左右の親指の先端を合わせずに、交差させるだけの場合もあります。)

親指は火、人差し指は風、中指は空、薬指は地、小指は水というように、5本の指にはそれぞれ5元素の象徴があります。
この5つの元素は、世界を形作るとされるものです。
それらを象徴する5本の指を組み合わせる時、創造的で生産的なエネルギーが生み出されると信じられます。

また、このウシャス・ムドラーは、下腹部のあたりにあるとされるスヴァーディシュターナ・チャクラを活性化させると伝えられるムドラーです。
生殖を司るスヴァーディシュターナ・チャクラは、創造や生産を促す力に深く関わりがあるとされます。
このチャクラの目覚めによって、自分自身の内で生命力の活性化を感じることができると伝えられます。

冬の朝だけでなく、日々を過ごす中では、気持ちが沈んだり、無気力に陥ったり、倦怠感に襲われたりすることが往々にあります。
そんな時、このムドラーの助けを借りることで、夜が明けるように、心身を目覚めさせることができるに違いありません。

毎朝、太陽が昇り、光が満ちていく朝の空には、生きるという強く美しいエネルギーを垣間見る瞬間があります。
古代の人々は、そのエネルギーを内なる世界に見出し、ムドラーを通じて崇めてきました。
こうした叡智を取り入れながら、1日1日を懸命に生きることを忘れずにいたいと感じます。

(文章:ひるま)

シャクティ・ムドラー

世界のあらゆる存在の背後にある動的なエネルギーである女神たちは、古来よりシャクティとして崇められてきました。
創造を担い、変化を生み出すシャクティは、世界に均衡を図る重要な存在です。
そのエネルギーは、私たちの内なる世界にも生きています。

そんなシャクティの名を持つムドラーがあります。
シャクティ・ムドラーは、一般的に質の良い睡眠をもたらすムドラーとして知られています。
それは、心身を落ち着かせる鎮静効果があるとされるためです。
また、女性においては、月経を緩和させる効果があるとも伝えられます。

シャクティ・ムドラーでは、まず左右の親指を手の平側に曲げ、その親指を包み込むように、人差し指と中指を曲げます。
そして、左右の薬指と小指の先端を合わせます。
また、曲げた人差し指と中指の背を合わせます。
この手の形を、下腹部のあたりで組むのがシャクティ・ムドラーです。

親指は火、人差し指は風、中指は空、薬指は地、小指は水というように、5本の指にはそれぞれ5元素の象徴があります。
シャクティ・ムドラーでは、火を風と空で包み込み、地と水を合わせます。
地と水の要素から構成されるものに、3つのドーシャの1つであるカパ(カファ)があります。
カパ(カファ)は、安定をもたらし、大地のように落ち着いた性質があるとされます。
その特徴は、寛大で、慈悲深く、愛情に溢れるとされ、まるで女神のようです。

そして、このムドラーは、仙骨のあたりにあるとされるスヴァーディシュターナ・チャクラを活性化させると伝えられてきました。
スヴァーディシュターナ・チャクラは水の要素を持ち、「自らが宿る場所」という意味を持ちます。
水があらゆる生命の源であるように、自分自身の全てが眠っていると伝えられる場所です。
また、このムドラーを実践する時、下向きのエネルギーともいわれるアパーナが活性化されるとも伝えられます。
そうして自分自身のあるべき場所に繋がる時、より大きな安定を感じ、心身は落ち着きを得ることができるはずです。

季節の変わり目となり、心身ともに不安定になりがちな時、こうした叡智を通じて、内なる世界に安定を生み出すことを心がけたいと感じます。
世界を動かす偉大な女神のエネルギーが、内なる世界を祝福してくれるはずです。

(文章:ひるま)

クシェーパナ・ムドラー

苛立ったり、悩んだり、疑ったり、日々を過ごす中で、ネガティブなエネルギーに支配されることはないでしょうか。
そうして抱え込んでしまうエネルギーは、私たちの心身やその周囲にも、さまざまな悪影響を生み出します。
このエネルギーを手放すことを助けてくれる、クシェーパナ・ムドラーと呼ばれるムドラーがあります。

クシェーパナには、手放す、解放する、放り出すなどという意味があります。
このムドラーは、私たちが抱え込むネガティブなエネルギーを放出し、ポジティブなエネルギーを受容する助けとなるムドラーとして知られます。

クシェーパナ・ムドラーでは、左右の手の平を合わせ、人差し指はまっすぐに伸ばしたまま、中指、薬指、小指はそれぞれ交差させて曲げ、手の甲で休ませます。
左右の親指も同じように交差させ休ませます。
または、最初に両手を組んでから、人差し指をまっすぐに伸ばすこともできます。
この手の形を、まっすぐに伸ばした人差し指が地面に向くように組むのがクシェーパナ・ムドラーです。
臥位で行う際は、人差し指が足先に向くように組みます。

親指は火、人差し指は風、中指は空、薬指は地、小指は水というように、5本の指には、それぞれ5元素の象徴があります。
クシェーパナ・ムドラーでまっすぐに伸ばす人差し指は、風を象徴します。
風は、自由に何かを動かし変化をもたらす性質であるヴァータの象徴です。

そして、一説に、頭頂から流れるエネルギーは、足を通して大地に放たれると伝えられます。
インドでは、尊者のエネルギーを受け取るために、その御足に触れ礼拝を行うことも少なくありません。

自由に動く風の象徴である人差し指をまっすぐに伸ばし、エネルギーが放出される足先(大地)に向けるこのムドラー。
その実践を通じては、抱え込んだネガティブなエネルギーを動かし、放出することができると信じられています。

時に変化を恐れる私たちは、手放すことができずに不必要な物事を抱え込んでいることが少なくありません。
そうして抱え込んだエネルギーを放出することで、思考や感情を浄化することができると信じられます。
それはまた、幸せに満ちた前向きなエネルギーを取り入れることを可能にしてくれるに違いありません。

(文章:ひるま)

※クシェーパナ・ムドラーは、カーリー・ムドラーとされる場合もあります。

クベーラ・ムドラー

目的意識を高めることは、願望成就のために何よりも重要であるといわれることがあります。
日々の中で、私たちは行動の目的をどれだけ明確に意識することができているでしょうか。
時には目的が見えず、何をすればいいのか、身動きが取れないことも少なくありません。

この目的意識の実現を助けてくれる、クベーラ・ムドラーと呼ばれるムドラーがあります。
財宝の神であるクベーラの名前を持つこのムドラーは、私たちの目的意識を高め、願望成就をもたらし、最終的には大きな財産を授けるムドラーとして知られます。

クベーラ・ムドラーでは、親指、人差し指、中指の先端を合わせ、薬指と小指は手の平に丸めこみます。
瞑想時などにゆったりと座りながら、両手で形作ったこの手を、膝の上や胸のあたりで組むのがクベーラ・ムドラーです。

親指は火、人差し指は風、中指は空、薬指は地、小指は水というように、5本の指には、それぞれ5元素の象徴があります。
クベーラ・ムドラーで合わせる親指、人差し指、中指は、それぞれ、火と風と空を象徴します。

「火」は、激しさや鋭さをもたらす性質であるピッタの象徴です。
ピッタが適切に活性化すると、集中力が高まり、自信に満ち、勇気に溢れると信じられます。
また、「風」と「空」は、自由に何かを動かし変化をもたらす性質であるヴァータの象徴です。
ヴァータが適切に活性化すると、豊かな創造力、発想力、好奇心が生まれると信じられます。

さらに、それぞれの指は惑星に関連し、それぞれに異なる力を持つとされます。
親指は勇気や強さを象徴する火星、人差し指は学びや成長を象徴する木星、中指は安定や正義を象徴する土星に対応するとされています。
これらを合わせその力が高まるとき、意志が強まり、正しい知識を得ながら、着実に成長する力を得ることができると信じられます。

ムドラーは、自分自身の内なる世界からその周囲まで、取り巻くエネルギーを向上させる術として伝えられます。
このムドラーがクベーラという名前を持つように、こうして明確になる目的意識は、私たちを願望成就に向けて突き動かします。
それはやがて、私たちに大きな財産をもたらしてくれるものとなるでしょう。

(文章:ひるま)

アートマンジャリ・ムドラー

平成が終わりに近づき、新しい時代が始まろうとしています。
新元号である令和は、英語で「Beautiful Harmony(美しい調和)」として紹介されました。
これから迎えようとしている新しい時代、美しい調和のために、私たち一人ひとりができることとは何でしょうか。

霊的叡知の宝庫であるインドの教えには、美しい調和を生み出すための術があふれています。
その一つに、瞑想中に実践されるアートマンジャリ・ムドラーと呼ばれるムドラーがあります。
両手を合わせるこのムドラーは、ナマステーの挨拶で手を合わせる、アンジャリ・ムドラーとも同一視されるムドラーです。

アートマンジャリ・ムドラーでは、両手を合わせ、手の平に少しくぼみを作り、空間を生み出します。
このつぼみのような手の形を、アナーハタ・チャクラがある胸のあたりで組むのがアートマンジャリ・ムドラーです。
祈りのムドラーとしても知られ、瞑想中に実践されることが多くあります。

右手と左手は、それぞれ左脳と右脳に繋がる身体の部位として伝えられます。
論理的で現実的な左脳、そして、直感的で空想的な右脳。
それぞれ異なる働きをする左右の脳の均衡が図られる時、私たちの心身は調和し、優れた能力を発揮することができると伝えられてきました。

右手と左手は、相反するものの象徴であり、それは、清浄と不浄、陰と陽、男性と女性、または自分と他者、さらには梵と我とも考えられます。
愛が満ちる場所として知られるアナーハタ・チャクラでその相反するものを合わせる時、とても大きな安らぎを感じる瞬間があります。
そこには、何よりも美しい調和が生まれるからに違いありません。

アートマンジャリのアートマンは「自己」、アンンジャリは「敬意」や「祝福」などの意味があります。
そして、ムドラーは自分自身の内なる世界から、その周囲まで、取り巻くエネルギーを改善し向上させる術として伝えられてきました。
このムドラーの実践を通じて、私たちは自分自身の神聖さを育みながら、その内に美しい調和を生み出すことができるはずです。
そうして一人ひとりの内に調和が満ちる時、世界は何よりも美しい調和に包まれるに違いありません。

新しい時代が幸せに満ちた時となるよう、古来から受け継がれるこうした霊的叡智の実践を意識的に取り入れたいと感じます。
皆様にも美しい調和がありますように、心よりお祈り申し上げます。

(文章:ひるま)

プリティヴィー・ムドラー

万物を支え、食物を育み、私たちに生きるエネルギーを与え続ける母なる大地。
時に破壊的で、無秩序な姿を見せるも、最後には私たちをあたたかく包み込むその慈悲深い恩寵は、何ものにも代え難いものです。
インドでは古代より、そのエネルギーは女神として崇められてきました。
そして、それは一人ひとりの身体の内にも生きています。

私たちの身体の奥深く、脊椎の基底には、土の要素を持つムーラーダーラ・チャクラがあるといわれます。
そのムーラーダーラ・チャクラには、生命エネルギーの源である、蛇の姿をしたクンダリニーが静かに眠っています。
このチャクラが活性化すると、生きるエネルギーに満たされ、地に足がついたように人生は安定し、豊かさを享受することができると伝えられてきました。

私たちの内にある、そんな土の要素を活性化させるムドラーがあります。
大地を意味するプリティヴィー・ムドラーです。
プリティヴィー・ムドラーでは、親指と薬指の先端をあわせ、残りの3本の指はまっすぐに伸ばします。
どちらの手でも実践できるこのムドラーで重要となるのは、それぞれ火と土を象徴する、親指と薬指です。

このムドラーの実践を通じて親指と薬指を合わせる時、自分自身の内で火の要素が落ち着き、土の要素が向上するといわれます。
5元素で成り立つとされる私たちの身体において、土の要素は身体を構成する骨や筋肉を司り、それは成長や土台としてあらわれます。
一方で、身体の熱を司る火が乱れると、炎症や消化不良といった不調があらわれると伝えられてきました。

このムドラーを通じて生まれるエネルギーは、身体をどっしりと強化するとともに、身体にあらわれるさまざまな症状を癒すと信じられます。
深く影響し合う身体と心を持つ私たちにとって、身体の不調が少しでも軽減すれば、心は自然と安定していきます。
焦りや苛立ちのない落ち着いた心は、自信や気力を生み出し、より豊かな歩みへと私たちを導いてくれるものです。

まずは自分自身のエネルギーの源につながり、健やかな身体を築きながら、揺らぐことのない心を育むこと。
そうして一人ひとりの心身から生み出される安定は、この大自然にも、大きな平安をもたらすはずです。
こうしてシンプルに実践できるムドラーを通じて、世界の平安を願いたいと感じます。

(文章:ひるま)

リンガ・ムドラー

「目は口ほどにものをいう」と伝えられるように、非言語コミュニケーションが持つ力の重要性は多岐にわたって伝えられます。
その力を意識的に用いる方法の一つに、ムドラーがあります。
肉体を持つ私たちは、自分自身の動作や姿勢を通じて、より豊かな日々を自ら築き上げることが可能です。

ムドラーは、自分自身の内なる世界だけでなく、その周囲を取り巻くエネルギーをも向上させる術として、古くから受け継がれてきました。
目まぐるしく変化をする現代社会の中で、物質的に、そして精神的に成長するために、ムドラーは大きな役割を持ちます。
その一つに、リンガ・ムドラーがあります。

リンガ・ムドラーは、両手でシヴァ神の象徴であるシヴァリンガムのような形を作るムドラーです。
右手と左手を組み合わせ、右手の親指を上方へ持ち上げます。
このシヴァリンガムのような手の形を、お腹のあたりで組むのがリンガ・ムドラーです。

男性エネルギーを象徴する右手と、女性エネルギーを象徴する左手を組み合わせる時、自分自身の内で相反するものが一つになり、調和が生み出される感覚を抱きます。
それは、シヴァ(精神:男性原理)とシャクティ(物質:女性原理)の結合を象徴するシヴァリンガムのエネルギーそのものです。

また、親指は宇宙の根本原理であるブラフマン(梵)をあらわし、五大元素のうちでは火の要素を持ちます。
この親指を上方へ持ち上げることで、精神は最高の存在へと導かれながら、肉体では火の要素が向上し、適切なエネルギーがもたらされます。

何よりも、シヴァリンガムは、生きとし生けるものの安寧を願い、時を超えて瞑想を続けるシヴァ神の象徴です。
その聖なる形には、全身のプラーナとその流れを増大させ、生命力を漲らせる強い力があると信じられます。
そんなシヴァ神の象徴を形作ることで、心身には深い平安が生み出され、健やかなエネルギーが満ちていくはずです。

世界を破壊する恐ろしい性質を持つ神であると同時に、万物に限りない恵みを与える慈愛深いシヴァ神。
日々の一瞬でも、そんなシヴァ神の形につながることで、より豊かな日々を歩むことができるに違いありません。

(文章:ひるま)

シャンカ・ムドラー

太陽が昇り、そして沈む時、インドの地には、祈りとともにシャンカ(貝)の音が響き渡ります。
古来より、祈りの儀式において必要不可欠なものであったシャンカの音は、世界の安寧や心身の健康を生み出すものとして、大切に受け継がれてきました。

かつて、クリシュナ神と他の戦士たちがシャンカを吹き、マハーバーラタの大戦が始まったといわれます。
そして、シャンカを吹いた戦士たちは皆、戦いに打ち勝ちました。
シャンカの生み出す音は、ネガティブな波動を払い、場を清める力があると信じられます。
何よりも、シャンカを吹くことで生じる深い呼吸によって、心身の健康がもたらされると伝えられてきました。
そんなシャンカの形のエネルギーを活用する、シャンカ・ムドラーと呼ばれるムドラーがあります。

シャンカ・ムドラーでは、両手で貝のような形を作ります。
まず、右手の親指のつけ根に、左手の親指の先端を置きます。
そして、左手の親指を右手の人差し指、中指、薬指、小指の4本で包み込みます。
次に、右手の親指と、左手の中指(または人差し指)の先端を合わせます。
左手の残りの指は、右手の指の背で休ませます。
まるで貝のようなこの手の形を、お腹から胸のあたりで組むのがシャンカ・ムドラーです。

親指は、五大元素のうちで火の要素を持ちます。
この親指を、他の要素を持つ指で包み込むことで、火の要素が改善・向上し、適切な消化や代謝がもたらされます。
また、右手の親指のつけ根は、甲状腺に対応します。
ここを火の象徴を持つ親指で触れることで、甲状腺の機能が向上すると信じられてきました。
甲状腺は、身体の発育を促進し、新陳代謝を盛んにするホルモンの働きを司る重要な器官です。

このムドラーを通じては、私たちの「生きる」という活動を支える重要なエネルギーと向き合います。
現代のように医療が発達していなかった古代においては、こうした霊的叡智を通じて、人々は幸福や健康を享受していました。
シャンカの音がネガティブな波動を吹き飛ばすように、このムドラーの実践によって身体には健康がもたらされ、一人ひとりの穏やかな心から、世界には安寧が授けられるに違いありません。

(文章:ひるま)

ヨーニ・ムドラー

目まぐるしく変化をする現代社会において、休むことなく動き続ける私たちは、多くのストレスを抱えています。
溢れる情報の中で、大切なものを見失うことも少なくありません。
そんな社会を生きる時、古代から伝えられる叡智の実践が大きな力を発揮します。
その一つが、ヨーニ・ムドラーです。

ヨーニは、シヴァリンガムの土台として崇められることが多くあります。
シヴァリンガム(男性エネルギー)と結合したヨーニ(女性エネルギー)は、誕生や調和の象徴です。

ヨーニという言葉には、子宮、陰門、母胎、起源、貯蔵所などといった意味があります。
ヨーニ・ムドラーは、母親の子宮の中で守られる胎児のように、外界から完全に自分自身を切り離す象徴があります。
それは、自分自身の起源に戻ることを意味します。

ヨーニ・ムドラーでは、両手で胎児が包まれるような形を作ります。
まず、両手の親指の先、また、両手の人差し指の先を合わせます。
そして、中指、薬指、小指の3本の指の背をくっつけるように、内側に曲げ込みます。
子宮の中で胎児が眠るようなこの手の形を、親指がお臍に向くように、お腹のあたりで組むのがヨーニ・ムドラーです。

親指は大宇宙である梵、人差し指は小宇宙である我をあらわします。
これが結びついた輪の中に、自分自身が繋がります。
このムドラーを通じては、外側に向いていた意識が内側へ向き始めます。
そうして自分自身の源に繋がることで、心身は落ち着き、深い安らぎがもたらされると伝えられます。

何よりも、こうして意識的に外界から自分自身を切り離すことで、私たちは離欲を実践することが可能となります。
あらゆる物事に対し中立を保つ離欲は、万物の源に安住することでもあります。
その平安の中で自分自身の本質を理解するとき、あらゆる苦悩は消えていくに違いありません。

忙しない日々の一瞬においても実践できるムドラーは、私たちの意識を磨き、より豊かな日々へと導いてくれるはずです。
時を超えて受け継がれるこうした叡智を通じて、変わることのない幸福を見出したいと感じます。

(文章:ひるま)

※ヨーニ・ムドラーは、指で両目と両耳と鼻と口の6つを塞ぐ、シャンムキ・ムドラーとされることがあります。