カエルのアーサナ

自然への敬意が溢れるインドの豊かな生活には、大きな世界と調和しながら霊性を育む機会が満ちています。
ヨーガの修行法のひとつであるアーサナ(ポーズ)もそのひとつです。
アーサナは生き物の数だけ存在すると伝えられるように、その多くには、動物や自然の名前がつけられています。

一説に、古代の賢者たちは動物や自然の動き観察し、その巧妙な動きを通じて、世界に調和しながら霊性を育む方法を実践していたと伝えられます。
その動きの中に、カエルのポーズを意味するマンドゥカ・アーサナがあります。
マンドゥカ・アーサナは、ヨーガの聖典であるハタラトナーヴァリーにおいて、シヴァ神が説いたとされる84のアーサナの23番目に示されています。

股関節開きのポーズとして実践されるこのポーズには、さまざまなバリエーションがあります。
そのひとつでは、まず四つん這いになり、膝を両脇に大きく広げていきます。
足首と膝と股関節が直角になるように調整し、上半身を屈めると、まさにカエルのようです。
このポーズは、第2番目のチャクラであり、仙骨の辺りにあるとされるスヴァーディシュターナ・チャクラを活性化させると伝えられてきました。

スヴァーディシュターナ・チャクラは、自らが宿る場所という意味を持ちます。
自分自身のすべてが蓄積する場所といわれ、特に股関節には、ネガティブな感情が溜まりやすいといわれてきました。
股関節がしなやかに動くと、感情が解放されることから、股関節開きのポーズは心身と向き合う重要なポーズのひとつとして実践されます。
何より、創造や生産を促す力に深く関わりがあるスヴァーディシュターナ・チャクラの活性化によって、自分自身の内で生命力の目覚めを感じることができると伝えられます。

数あるウパニシャッドの中には、マーンドゥーキヤという名を持つウパニシャッドがあります。
マーンドゥーキヤにはカエルを含め、さまざまな意味があるとされますが、異なる意識の状態が説かれるそのウパニシャッドは、カエルの姿を連想させます。
それは、冬眠から目覚め、大きく跳ね上がるカエルの姿であり、一気に最高の境地に達する状態に重なります。

このポーズを通じて、飛び跳ねる瞬間を待つかのようなカエルの姿をじっと真似る時、生命力の活性化によって、跳ね上がるように心身を目覚めさせることができるに違いありません。
カエルだけでなく、私たちを育む自然の動きには、学ぶことが非常に多くあります。
常に周囲を見渡しその動きに学びながら、豊かに生きることを努めたいと感じます。

(文章:ひるま)

ボートのアーサナ

豊かな自然のあらわれが神々として崇められるインドにおいて、とりわけ重要視されるのが聖なる河の数々です。
穢れを清める聖地として崇められてきたその数多の河には、巡礼者を精神的な旅に誘うかのようにボートがひっそりと浮かんでいます。
ヨーガには、そんなボートの形を真似るポーズの実践があります。

ナウカ・アーサナ(ナーヴァ・アーサナ)と呼ばれるボートのポーズは、身体をV字に形作るポーズです。
このポーズの実践を通じては、人生という時に荒れ狂う深い河に沈んでしまうことがないよう、日々を歩むための術を学びました。

ラーマーヤナにおいて、ラーマ神たちがガンジス河を渡ろうとした時のこと、ラーマ神を心から崇拝するひとりの船頭がボートを出しました。
船頭は、ラーマ神の御足の埃がボートに触れないよう、乗船前に御足を洗わせて欲しいと頼みます。
ラーマ神の御足の埃は、触れたものを別の何かに変えてしまうという特別な力があるとされていたからです。
船頭は、その特別な力を求めるのではなく、唯一の生計手段であるボートが何かに変わってしまうことを恐れていました。

ラーマ神は、船頭の謙虚な姿勢に心を打たれ、解脱という祝福を船頭に授けます。
インドの文化において、古代より最高の礼拝として捉えられてきたのが、チャラナスパルシャ(接足作礼)と呼ばれる御足に触れる行いです。
意図せずにその最高の礼拝を行った船頭は、輪廻の海を渡り、最高の境地に至りました。
この船頭の姿は、常にラーマ神を想うことで障壁を乗り越え、正しい道を進み、やがて解放に達することを象徴しています。

ボートのポーズでは、腹筋と背筋を使いながら、不安定な姿勢を維持しなければなりません。
苦手意識を持ちやすいポーズのひとつであり、全身に力が入りすぎて、呼吸を止めてしまうことも多くあります。
それは、人生という深い河を泳ぐことに等しいものです。

しかし、何かに焦点を合わせると、すっと呼吸が楽になり、容易にバランスを取ることが可能になります。
その修練を通じて体幹が鍛えられる時、何事にも動じない強い心身が生まれていきます。

私たちは、ラーマ神のような至高の存在に焦点を当て、こうしたヨーガの修練を日々に活かすことが大切です。
それは、正しい道を歩むための強さとしなやかさを身につける修練にも他ありません。
その学びによって、人生の浮き沈みにも惑わされることなく、やがて最高の境地に辿り着くことができるはずです。

(文章:ひるま)

アンジャネーヤのアーサナ

新型コロナウイルスの影響により、外出を控えている方も多くいらっしゃることと思います。
以前のように自由に動くことができない生活に、ストレスを感じることもあるかもしれません。
そんな今は、ヨーガを通じて自分自身と向き合う、大切な時間として過ごすことができます。

この時期に実践したいヨーガのポーズのひとつに、アンジャネーヤのアーサナがあります。
アンジャネーヤはハヌマーン神の別名であり、アンジャナーの息子を意味します。
このポーズは、ラーマ神の弟であるラクシュマナを救うために、薬草が眠る山を片手で持ち上げひとっ飛びする、力強いハヌマーン神の姿のように映ります。

ハヌマーン神の母であるアンジャナーは、水の精であり天女とも呼ばれるアプサラーのひとりでした。
しかし、ある呪いによってこの地で猿の一族として生きることになり、その呪いを解くための息子を授かろうと、シヴァ神への苦行を続けます。
その苦行を努め上げた時、息子であるハヌマーン神が生まれたと信じられます。

天女であるアプサラーたちは、ガンダルヴァと呼ばれる天上の音楽師と結ばれることが多くあります。
しかし、アンジャナーは天上で生きる精としての歩みを断念し、地上で猿として生きる道を受け入れました。
その犠牲のもとで苦行を努めるアンジャナーは、やがてハヌマーン神を生み、この世界に大きな変化をもたらします。
私たちは今、この世界に必要な変化をもたらすために、何を諦め犠牲にする必要があるでしょうか。

アンジャネーヤのポーズは、足を前後に深く開きながら、上半身を大きく伸ばすポーズです。
その実践を通じては、足腰の筋力や体幹の安定が生まれるとともに、大きく開かれた胸に慈愛や受容が育まれるといわれます。
身体的に深く大地に繋がった安定の中で、天上に届くような精神的な向上をもたらすこのポーズは、今の私たちが必要とする実践に他ありません。

新型コロナウイルスを通じては、これまでの私たちの歩みや世界のあり方に、かつてない変化が求められています。
以前の生活に比べれば、さまざまな断念や犠牲が必要になることもあるかもしれません。
しかし、それに学び自分自身と向き合うことは、アンジャナーがハヌマーン神を生んだように、世界を救う力強い一歩になるはずです。
この与えられた時間を大切に受けれ、ヨーガを通じて学びを深める時を過ごしたいと感じます。

(文章:ひるま)

 

橋のアーサナ

ラーマ神の行状記が綴られた壮大な叙事詩であるラーマーヤナには、霊性を育むための教えが随所に溢れています。
そのラーマーヤナにおいて、魔王のラーヴァナにランカ島へと誘拐されてしまったのがシーター女神です。
夫であるラーマ神は、ハヌマーン神とともに橋を建設し、ランカ島に渡ってシーター女神を救い出します。

ラーマ・セートゥ(ラーマの橋)と呼ばれるこの橋について、ヨーガのアーサナを通じて学んだことがありました。
この橋は、ハヌマーン神に率いられた猿軍らが石を積み上げ築こうとした橋です。
しかし、石はその重みで次から次へと海に沈んでいきます。
項垂れるハヌマーン神は、愛するラーマ神の御名を石に記しました。
すると、石は海に浮かび、橋となったといわれます。

ヨーガには、セートゥ・バンダ・アーサナ(セツバンダアーサナ)と呼ばれる橋のポーズがあります。
仰向けで行うこのポーズでは、膝を曲げ、お尻を引き締めながら腰を浮かせます。
両腕は背中の下に伸ばし、大きく胸を開きながら、アーチを作ります。
それは、まるで橋のようです。

一説に、魔王ラーヴァナは欲望を示し、その欲望に誘拐されたシーター女神は心であるといわれます。
心を救い出すためには、ハヌマーン神という肉体の助けが必要でした。
ラーマ神(主)に忠誠を誓うハヌマーン神(肉体)は、シーター女神(心)を救い出し、
再び二人を結びつけると、ラーヴァナ(欲望)は倒されたといわれます。

欲望によって心が奪われる時、私たちは主と分離し、さまざまな困難に巻き込まれています。
こうした肉体を用いたヨーガの実践は、それらを結び付けるための橋を建設する大切な取り組みとなります。

大きく胸を開くセートゥ・バンダ・アーサナを通じては、胸のあたりにあるとされるアナーハタ・チャクラが活性化するといわれます。
アナーハタ・チャクラは、「心の座」ともいわれるように、愛情や感情が満ちる場所です。
ハヌマーン神は、自らの胸を引き裂いて、その内にいるラーマ神とシーター女神を見せたことがありました。

ラーマ神への深い愛から、海に沈んでいく石を浮かせ、困難を払拭したハヌマーン神。
私たちが人生という荒波の中で困難にぶつかる時、主への愛を育むことで、その困難から浮き上がることが可能となるはずです。
このポーズの実践は、自分自身の心を主と繋ぐための橋を架ける助けとなるに違いありません。

(文章:ひるま)

※セートゥ・バンダ・アーサナは、手と足の位置にさまざまなバリエーションがあります。

バッタのアーサナ

秋が深まり、夜には美しい虫の音が響き渡るようになりました。
健康を目的に世界中で愛されるようになったヨーガは、こうした自然の変化に調和する動きが多く見られます。
ヨーガの聖典の一つであるゲーランダ・サンヒターでは、次のように説かれています。

「アーサナの総計は生物の数にひとしいが、シヴァ大神は太古に八千四百万のアーサナを説かれた。」
(ゲーランダ・サンヒター第二章一節)

この八千四百万のアーサナの中でも、八十四のアーサナが優れているとされ、その中でも、人間社会においては三十二のアーサナが素晴らしいと説かれます。
その三十二のアーサナの中に、シャラバーサナというアーサナがあります。

シャラバーサナは、バッタのポーズを意味します。
うつ伏せになって身体の下に腕を伸ばし、両手を床に向けるか、両手を組みます。
そして、顎を床につけ、お尻を引き締めながら両脚を持ち上げます。
まるでバッタが跳ね上がるような形をとるこのポーズが、シャラバーサナです。

このポーズは、体幹を強化し、内臓機能を向上させるなど、さまざまな効果が伝えられます。
また、バッタの強く跳ね上がる力は、飛躍の象徴としても捉えられます。
それは、恐怖を克服した前向きな変化の方向に動く力であり、このポーズはそのエネルギーの象徴でもあります。

このポーズを通じてお尻を引き締める時、まずは第一チャクラであるムーラーダーラ・チャクラが活性化すると伝えられます。
脊椎の基底に位置し土の要素を持つムーラーダーラ・チャクラが滞ると、地に足がつかないような不安を感じると伝えられてきました。
私たちは飛び立つ前に、まずはしっかりと地面に足つけ、確かな安定を得なければなりません。

そして、腹部にかかる力によって、第三チャクラであるマニプーラ・チャクラが活性化すると伝えられます。
臍のあたりに位置し火の要素を持つマニプーラ・チャクラは、消化を司ります。
「宝石の都市」とも呼ばれるこのチャクラは、太陽が万物にエネルギーを注ぐように輝き、私たちに自信や行動力を与えてくれると信じられます。

このポーズは、どっしりとした安定を生みだしながら、内なるエネルギーの宝庫を活性化させる優れたポーズです。
その実践を通じては、バッタが跳ね上がるように、社会の中で大きく飛躍する力を得ることができるに違いありません。

(文章:ひるま)

トリヴィクラマのアーサナ

この世界に危機が生じた時、さまざまな化身となって姿をあらわすと信じられるヴィシュヌ神。
そんなヴィシュヌ神の化身に、ヴァーマナと呼ばれる矮人の姿があります。
ヴァーマナは、神々と敵対するアスラのマハーバリ王を倒したとされる神格です。

マハーバリ王は非常に献身的で、国民から愛される偉大な王でしたが、地と空と天の3界を支配し、神々は力を失っていました。
すると、ヴィシュヌ神は矮人であるヴァーマナに化身し、マハーバリ王から3歩分の土地をもらう約束をします。
その時、矮人であったヴァーマナは巨人となり、2歩で世界を跨ぎました。
マハーバリ王は、最後に残った領地である自らの頭を潔く差し出し、ヴァーマナがマハーバリ王の頭を踏みしめると、世界は神々のもとに戻ったと伝えられます。

ヨーガには、このヴァーマナに捧げられるポーズがあります。
そのポーズはトリヴィクラマーサナと呼ばれ、立位で大きく足を開脚した姿が、まるで世界を跨ぐヴァーマナのように映ります。
トリヴィクラマはヴァーマナの別名であり、その名前には、3界を3歩で跨ぐ者という意味があります。

開脚のポーズは、脊椎の基底に位置し土の要素を持つムーラーダーラ・チャクラを活性化させると伝えられてきました。
ムーラーダーラ・チャクラが滞ると、地に足がつかないような大きな不安を感じると伝えられます。
開脚をしながら片足で立つこのポーズでは、柔軟性を育むとともに、バランスの取り方を学ばなければなりません。

そのバランスを取るポーズの実践を通じては、眉間のあたりにあるとされるアージュニャー・チャクラが活性化されると伝えられます。
第3の眼ともいわれるこのチャクラが活性化する時、私たちは絶対の存在を知ることができると信じられます。

ヴァーマナが要求し、マハーバリ王が差し出した3歩分の土地は、現在と過去と未来、サットヴァとラジャスとタマスとなどといわれます。
こうした時間や性質に揺さぶられる私たちは、日々苦悩することが少なくありません。
このポーズの実践を通じて絶対の存在を知り、確かな安定を得る時、私たちはその3歩分の土地を柔軟に神々に差し出すことができるはずです。
そして、神々の統治のもとで、真の幸福に包まれるに違いありません。

マハーバリ王は年に一度だけ、愛する国民の下へ戻ると信じられます。
その日は、インド南部のケーララ州においてオーナム祭として祝福され、2019年は9月10日から13日に迎えます。
この時、世界が平和に包まれることを心から願っています。

(文章:ひるま)

雄鶏のアーサナ

私たちを取り巻く自然界には、本質を学ぶ多くの機会が溢れています。
インドでは、そうした自然界のあらわれの多くが神格化され、古来より崇められてきました。
そして、世界的に広まったヨーガにも、そんな自然界に見られる動きを真似るポーズが多く伝わります。
その一つに、雄鶏のポーズがあります。

毎朝、輝く太陽を呼び覚ますかのように鳴き始める雄鶏。
夜間や暗所では著しく視力が低下する鶏は、夜の間は不安に包まれ、じっと身を隠すように過ごすといわれます。
そして、太陽が昇る夜明け頃になると、その存在を示すように雄鶏が鳴き始めると伝えられてきました。
一方で、鶏には体内時計が備わっており、光を感じなくとも、時間になれば鳴き始めると伝えられます。

ヨーガで実践される雄鶏のポーズは、クックターサナと呼ばれ、それはまるで二本足で立つ雄鶏のようです。
このポーズでは、まず蓮華座を組み、左右の足のふくらはぎと太ももの間に、それぞれ左右の腕を入れます。
組んだ足を崩さないように肘まで腕を通した後、両手を床につけ、腕の力を使いながら身体を持ち上げます。

このポーズには、膝や股関節の柔軟性を高めたり、腕・肩・手首を強化したり、バランス感覚や集中力を向上させる効果があるとされます。
何よりも、このポーズは脊椎の基底に位置するムーラーダーラ・チャクラを活性化すると伝えられてきました。
ムーラーダーラ・チャクラは、土の要素を持ち、生命エネルギーの拠点となる重要なチャクラです。

ムーラーダーラ・チャクラが滞ると生命エネルギーは妨げられ、人生においては地に足がつかないような大きな不安を感じると伝えられます。
私たちは、日々の中でさまざまな不安を感じることが少なくありません。
その不安の中では、夜の鶏のように、じっと動けないことも往々にあります。

しかし、暗闇を切り開くかのように鳴く雄鶏の姿を真似るこのポーズは、私たちのムーラーダーラ・チャクラを活性化し、生命エネルギーを呼び覚ましていきます。
そうしてエネルギーが生き生きと動き始める時、内なる世界には明るい光とともに安定が生まれ、不安といった暗闇は払拭されていきます。

こうした自然界が見せる動きに調和をするヨーガのポーズは、自分自身の心身と向き合いながら、本質に気づくための大切な機会を与えてくれます。
その貴重な世界へと私たちを誘うヨーガを取り入れながら、心身ともに健やかな日々を過ごしたいと感じます。

(文章:ひるま)

カウンディニャのアーサナ

自らの身体を神殿とし、そこに宿る魂を礼拝するヨーガのアーサナ。
現代では心身に健康をもたらす術として愛されるそのヨーガのアーサナは、古代では神々と一体となる術として用いられてきました。
そんなヨーガのアーサナの中に、賢者であるカウンディニャに捧げるポーズがあります。

ヴェーダを会得した偉大な賢者として崇められるカウンディニャは、ガネーシャ神を心から崇拝していたことで知られます。
そんなカウンディニャに捧げるポーズは、両腕で全身を支えながらバランスを取る、難しいポーズの一つに数えられます。
その実践の過程では、全身を通じて、献身のあり方を学ぶ大きな意義があります。

賢者のカウンディニャには、ある神話が伝わります。
カウンディニャが礼拝時に、ガネーシャ神が好むドゥールヴァーの草を捧げていた時のことでした。
妻は、「そのような草にどのような価値があるのか」と疑問を投げかけます。
カウンディニャは、「このドゥールヴァーに等しい量の金を探しなさい」と、妻に述べました。

妻は神々のもとへ行き、等しい量の金を確かめようとするも、どんなに金を天秤にかけても、ドゥルーヴァーの方が重くなります。
最後には、あらゆる神々が天秤に乗るも、ドゥルーヴァーの方が重いままでした。
そこで妻は、献身とともに捧げられたものの価値に気づきます。
それは、どんなものよりも価値があるものとなって、私たちを導くものでした。

カウンディニャに捧げるポーズは、全身を通じて、その献身の価値を教えてくれるものです。
このポーズでは、何よりも、バランスの取り方を学ぶ必要があります。
自ら生み出した拠り所のない不安定さの中でバランスを取ることは、天秤を釣り合わせるように容易ではありません。
その不確実な安定の中では、カウンディニャの妻のように、疑いや迷いを抱き、混乱することも多くあります。

しかし、バランスを取るポーズの実践を通じては、眉間のあたりにあるとされるアージュニャー・チャクラが活性化されるといわれます。
第三の眼ともいわれるこのチャクラが活性化される時、私たちは感覚や思考に揺さぶられることのない、崇高な存在を知ることが可能となります。

このポーズを自分自身の奥深くで輝くその崇高な存在に捧げる時、その献身は、疑いや迷いのない心を生み出すはずです。
それは、何よりも価値あるものとなって、時に不安定になる人生という歩みに、大きな気づきをもたらしてくれるに違いありません。

(文章:ひるま)

カラスのアーサナ

インドの一部地域では、今年は9月25日から10月9日まで、先祖供養の期間が続いています。
さまざまな儀式が執り行われるこの先祖供養の期間においては、カラスに食事を与える人々の姿を目にすることが多くあります。
インドでは、カラスに食事を与えると、先祖が喜ぶと伝えられているからです。

カラスと先祖供養の関係については、さまざまな神話が伝わります。
天と地の間を飛ぶ鳥は、神のメッセンジャーであると捉えられ、特に真っ黒なカラスは、死の神ヤマの使いであるなどと伝えられてきました。
ヨーガには、そんなカラスにちなんだポーズがあります。

カーカーサナと呼ばれ実践されるカラスのポーズは、全体重を腕に乗せてバランスを取る、まるでカラスが飛ぶような姿を見せるポーズです。
バランス感覚だけでなく、筋力や体幹を必要とするこのポーズにおいては、呼吸が少しでも乱れれば、地面に顔から落ちることも少なくありません。

恐怖心を抱くと挑戦することが難しくなるこのポーズでは、深く呼吸をし、自分自身を信じることが不可欠です。
それは、自分自身に課した限界を取り払い、大きな自由へと飛び立たせてくれるものでもあります。

そんなカラスのポーズの実践においては、バランスを取ることで、眉間のあたりにあるとされるアージュニャー・チャクラが活性化されるといわれます。
また、膝を曲げて前屈をすることで、仙骨のあたりにあるとされるスヴァーディシュターナ・チャクラが活性化されるともいわれます。

スヴァーディシュターナ・チャクラは、自らが宿る場所という意味を持ち、自分自身の全てが眠っていると伝えられます。
このチャクラと向き合うことは、過去の行いによって形づくられた自分自身と向き合うことにも他ありません。
そんな中でバランスを取るには、何よりも深い集中力を要します。
それは、過去にも未来にも行くことができない、現在という瞬間に留まる術を教えてくれるものです。
カラスのポーズは、過去でもなく、未来でもなく、現在という瞬間に存在する自分自身に気づく究極の修練でもあります。

先祖供養においてカラスが重要視されるのも、時間と向き合い、その束縛の中から自分自身を解放することを意味しているのかもしれません。
この時が、皆様にとっても実りある時となりますよう、心よりお祈り申し上げます。

(文章:ひるま)

蛍のアーサナ

豪雨に猛暑、自然の厳しい姿を見る夏を迎えています。
そんな夏にも、思いを馳せる美しい姿が多くあります。
夕闇を舞う幻想的な蛍の光など、夏の風物詩の一つかもしれません。
きれいな水と豊かな環境の中でしか生きられないといわれる蛍。
その儚い命の光が生み出す美しさに、引き寄せられたことを思い出します。

ヨーガのポーズには、ティッティバーサナというポーズがあります。
水辺の鳥や小さな虫を意味するティッティバは、ヨーガのポーズにおいて蛍を象徴し、幅広く実践されるポーズです。
開脚をしながら両腕で身体を持ち上げるティッティバーサナには、まるで蛍が飛ぶような美しさを見ることができます。

全身の筋力やバランス力に加え、柔軟性を要するこのポーズは、難易度の高いポーズに数えられ、その美しさに至る道は、決して容易いものではありません。
しかし、その修練の過程で少しの進歩が見える時、深い喜びを感じる瞬間があります。
一喜一憂のその修練は、山があり谷がある、人生そのもののように映ります。

喜びや憂いの狭間で揺れ動く私たちの人生。
霊的な世界において、それは真実という光を見失った、無知の暗闇として捉えられてきました。
そんな私たちは、こうしたヨーガの修練を通じ、自分自身と向き合う時間を持つことが大切です。

ティッティバーサナの修練を繰り返す中では、容易に身体が持ち上がり、堅固なバランスの中でポーズを保持できる瞬間があります。
繰り返す修練は、心身を深く浄化し、確かな安定を与えてくれるということを実感するばかりでした。
それは、内なる世界を覆う暗闇を払い、元来の光を輝かせてくれるからに違いありません。

蛍が自分自身で光を生み出すように、私たち自身が内なる光を輝かせることができれば、世界はより美しくなるはずです。
蛍のポーズは、その道を示してくれる修練の一つです。
揺れ動く人生の中でも、世界に光を生み出す美しさの一助となれるよう、大自然の姿を見習いながら日々を過ごしたいと感じます。

(文章:ひるま)