障害を取り除くガネーシャ神の千の御名

神の言語であるサンスクリット語による祈りは、精神的・肉体的な問題を癒すヒーリング・サウンドとして作用し、人々の願望や、魂の欲求を満たすことができると信じられています。その一つに、英知と障害を取り除く神であるガネーシャを讃える千の御名(ガネーシャ・サハスラナーマ)があります。

ガネーシャの姿は、オームの象徴です。ガネーシャは、シヴァ神の息子であり、ヴィナーヤカ、ヴィグネーシュワラなどとも呼ばれます。ガネーシャは、あらゆる物事の最初に礼拝され、ガネーシャの恩恵によって、その試みが成功に導かれると信じられています。

ガネーシャは、4本の腕、そして象の頭と大きなお腹が特徴的です。ガネーシャの乗り物は、とても小さなネズミです。ガネーシャの手には、信奉者を真理に導くためのロープ、信奉者の執着を断ち切るための斧、霊的活動の報酬である甘いお団子があります。ガネーシャの4本腕の手のひらは、祝福を与えるためにいつも人々に向けられています。象の頭と、素早く動く小さなネズミというユニークな組み合わせは、英知、知性、そして心の平安を象徴しています。

ガネーシャの祈りに耳を傾けることは、私たちの願望を満たし、生活のあらゆる局面での成功を約束する、強大な力に接触することに相当します。ガネーシャ神の偉大な名前を聴くことで、障害のない生活を送りましょう。

【マントラ学習】オーム シュリーガネーシャーヤ ナマハ

ॐ श्रीगणेशाय नमः
om śrīgaṇeśāya namaḥ
オーム シュリーガネーシャーヤ ナマハ
栄光あるガネーシャ神に帰命したてまつる

om【間投詞】(聖字)、祈念または祈祷文の開始の際・ヴェーダ読誦の前後において、あるいは敬虔なる挨拶として用いられる。多くの神秘的解釈あり。
śrī【女性】光輝、美;繁栄、幸運、富;高位、栄光、威厳、王者の威厳;王のしるし;ラクシュミー女神の名(美または繁栄の女神、ヴィシュヌ神の妃);【合成語の始めに追記して】(有名な、または栄光ある)神々、人間、場所の名前、書物の表題において(特異性または卓越を表現するため)
gaṇeśāya【男性・単数・為格 gaṇeśa】[〜に、〜のために](シヴァ神の従者の首長)、ガネーシャ神(知恵の神、障碍の除去者、シヴァ神とパールヴァティーとの子
namas【中性・単数・主格 namas】[〜は、〜が]頭を下げること、敬礼、帰命(言葉または態度による)【漢訳】帰依、帰命、礼、敬礼、帰礼

ヴァックラトゥンダ マハーカーヤ

वक्रतुंड महाकाय सुर्यकोटिसमप्रभ।
निर्विघ्नं कुरु मे देव सर्वकार्येषु सर्वदा॥

・vakratuṁḍa mahākāya suryakoṭisamaprabha |
nirvighnaṁ kuru me deva sarvakāryeṣu sarvadā ||
・ヴァックラトゥンダ マハーカーヤ スーリヤ・コーティ・サマ・プラバ
ニルヴィグナン クル メー デーヴァ サルヴァ・カーリェーシュ サルヴァダー
・意味:曲がった牙を持ち、大きな身体をしたお方、無数の太陽のように輝くお方よ、
どうか災いを取り除いてください、私たちが行うすべての行為に起こりうる、すべての災いを。

続きを読む ヴァックラトゥンダ マハーカーヤ

オーム ガン ガナパタイェー ナモー ナマハ

ॐ गं गणपतये नमो नमः
श्री सिद्धिविनायक नमो नमः
अष्टविनायक नमो नमः
गणपति बप्पा मोरिया

・om gaṁ gaṇapataye namo namaḥ
śrī siddhivināyaka namo namaḥ
aṣṭavināyaka namo namaḥ
gaṇapati bappā moriyā
・オーム ガン ガナパタイェー ナモー ナマハ
シュリー シッディヴィナーヤカ ナモー ナマハ
アシュタヴィナーヤカ ナモー ナマハ
ガナパティ バッパー モーリヤー
・意味:世界の主であるガネーシャ神をたたえます
障害を取り除くガネーシャ神をたたえます
8つの神聖なガネーシャ神[マハーラーシュトラ州にある8つの寺院に祀られているガネーシャ神]をたたえます
偉大なガネーシャ神がわたしたちの元に訪れますように

続きを読む オーム ガン ガナパタイェー ナモー ナマハ

ガネーシャ・ガーヤトリー・マントラ

ॐ एकदन्ताय विद्महे
वक्रतुण्डाय धीमहि
तन्नो दन्ती प्रचोदयात्

・om ekadantāya vidmahe
vakratuṇḍāya dhīmahi
tanno dantī pracodayāt
・オーム エーカダンターヤ ヴィッドゥマヘー
ヴァックラトゥンダーヤ ディーマヒ
タンノー ダンティー プラチョーダヤートゥ
・意味:どうか一本の牙(エーカダンタ)をもつ神を知り、
曲がった牙(ヴァックラトゥンダ)をもつ神を瞑想できますように。
象牙(ダンタ)をもつガネーシャ神が、私たちをそこに導き、照らしてくれますように。

続きを読む ガネーシャ・ガーヤトリー・マントラ

ガネーシャ・スバ・ラーバ・マントラ

・Om shrIm hrIm klIm glaum
gam ganapataye varavarada sarvajanam me vasha mAnaya svAhA
・オーム・シュリーム・フリーム・クリーム・グロウム
ガン・ガナパタイェー・ヴァラヴァラダ・サルヴァジャナン・メー・ヴァシャ・マーナヤ・スヴァーハー
・意味:この上ない幸運と吉兆を与えるガネーシャ神よ
どうか自身の感官を支配できますように。

このマントラは、スバ(幸運)・ラーバ(獲得)のマントラとして知られるガネーシャ・マントラです。「サルヴァジャナム・メー・ヴァシャマーナヤ・ナマハ」は、直訳では「すべての人々が私の制御下にありますように」との意味になりますが、これは、自身の中に存在する全生命をコントロールすること、すなわちセルフ・コントロール(自制)するためのマントラと解されます。自身の中の激質的(ラジャス)、暗質的(タマス)な性質を排し、純質(サットヴァ)な性質を確立するための極めて優れたマントラです。
このマントラが収録されているCDには以下のCDがあります。
ラクシュミー・ガネーシャ(CD2枚組)」(ディスク1:トラック4)

ガナパティ・アタルヴァシールシャム第6節

・tvam brahma tvam vishnus-tvam rudras-tvam
indras-tvam agnis-tvam vayus-tvam suryas-tvam
chandrAs-tvam brahma bhUr-bhuvah svar-OM
・トヴァム・ブラフマー・トヴァム・ヴィシュヌ・トヴァム・ルドラ・トヴァム
インドラ・トヴァム・アグニ・トヴァム・ヴァーユ・トヴァム・スーリヤ・トヴァム
チャンドラ・トヴァム・ブラフマー・ブール・ブヴァハ・スヴァローム
・意味:あなたはブラフマーです。あなたはヴィシュヌです。あなたはルドラです。あなたはインドラです。あなたはアグニです。あなたはヴァーユです。あなたはスーリヤです。あなたはチャンドラです。ブラフマー、物質界、精神界、天界に幸あれ。

ヒンドゥー教は、多神教の形態をとりますが、根本的な教えはすべてブラフマン(梵)に帰結し、ブラフマンと結合することがヨーガの窮極の目的であり、悟りの境地であると説きます。ガネーシャ神やその他の神々は、表面的には違う神格ではあっても、すべては同じであることをたたえるマントラです。
このマントラが収録されているCDには以下のCDがあります。
・「ガナパティ・アタルヴァシールシャム・チャンティング with Shri Aswath

ガネーシャ・パンチャラトナム第6節(結び)

・mahA ganesha pancha ratnam Adarena yo anvaham
prajalpati prabhAtake hrudi smaran ganeshvaram
arogatAmadoshatAm susAhitIm suputratAm
samAhitAyurashta bhUtim abhyupaiti sochirAt
・マハー・ガネーシャ・パンチャ・ラトナマーダレーナ・ヨーンヴァハム
プラジャルパティ・プラバータケー・フルディ・スマラン・ガネーシュヴァラム
アローガターマドーシャターム・スサーヒティーム・スプトラターム
サマーヒターユラシュタ・ブーティム・アビュパイティ・ソーチラートゥ
・意味:このマハー・ガネーシャ・パンチャ・ラトナムを、信愛を持って毎日瞑想する人、
早朝にガネーシャを心に描く人は、健康な人生、罪からの解放、そして優れた息子を授かり、
長寿と精神的・肉体的な豊かさを手にするでしょう。

ガネーシャ・パンチャラトナム第6節(結び)です。
パンチャ・ラトナムは、5つの宝石の意味です。この詩節で讃えられているガネーシャの特性を、日々想い巡らし、ガネーシャを身近に感じ親しみを抱くならば、ガネーシャの恩寵が降り注ぐといわれています。その恩寵は、まさに何物にも代えがたい至宝の宝石となるでしょう。
このマントラが収録されているCDには以下のCDがあります。
・「Beginning Shlokas in Song and Chant」(トラック16-17)
・「ガネーシャ・サハスラナーマム&ガネーシャ・ストートラ」(トラック2)
・「シュリー・ガナパティ・ヴァンダナ」(トラック20)
・「Ganesh Bhakti(MP3)

ガネーシャ・パンチャラトナム第5節

・nitAnta kAnta danta kAnti mantakAnta kAtmajam
achintya rUpa manta hIna manta rAya kruntanam
hrudantare nirantaram vasantameva yoginAm
tamekadanta meva tam vichintayAmi santatam
・ニターンタ・カーンタ・ダンタ・カーンティ・マンタカーンタ・カートゥマジャム
アチンティヤ・ルーパ・マンタヒーナ・マンタラーヤ・クルンタナム
フルダンタレー・ニランタラン・ヴァサンタメーヴァ・ヨーギナーム
タメーカダンタ・メーヴァ・タム・ヴィチンタヤーミ・サンタタム
・意味:比類なく魅力的な美しい一本牙の方、死を征服するシヴァの息子、
想像を超えた姿の方、無限の広さを持ち障碍を引き裂く方、
花の盛りの候のようにヨーガ行者の心に永遠に住む方、
そのような一本牙の神に常に瞑想いたします。

ガネーシャ・パンチャラトナム第5節です。
ガネーシャには、エーカダンタ(一本牙)という別名があります。
ガネーシャの牙が一本である理由は、有名な神話としては以下の3つがあります。
・パラシュラーマがシヴァを訪ねた時、シヴァが就寝中のため入室を拒んだガネーシャと戦闘になってしまった。パラシュラーマがシヴァから与えられた斧をガネーシャに投げた際、父を慕うガネーシャが反撃せずに牙で受け止めたために断ち切られた。
・聖仙ヴィヤーサの祈りに応え、彼の語る物語の重要性を理解したガネーシャは、自らの牙を犠牲にして「マハーバーラタ」を書き記した。
・夜空に浮かぶ月に自らの失態を嘲笑されたため、牙を折って月に投げつけた。
このマントラが収録されているCDには以下のCDがあります。
・「Beginning Shlokas in Song and Chant」(トラック16-17)
・「ガネーシャ・サハスラナーマム&ガネーシャ・ストートラ」(トラック2)
・「シュリー・ガナパティ・ヴァンダナ」(トラック20)
・「Ganesh Bhakti(MP3)