シャクティ・ムドラー

世界のあらゆる存在の背後にある動的なエネルギーである女神たちは、古来よりシャクティとして崇められてきました。
創造を担い、変化を生み出すシャクティは、世界に均衡を図る重要な存在です。
そのエネルギーは、私たちの内なる世界にも生きています。

そんなシャクティの名を持つムドラーがあります。
シャクティ・ムドラーは、一般的に質の良い睡眠をもたらすムドラーとして知られています。
それは、心身を落ち着かせる鎮静効果があるとされるためです。
また、女性においては、月経を緩和させる効果があるとも伝えられます。

シャクティ・ムドラーでは、まず左右の親指を手の平側に曲げ、その親指を包み込むように、人差し指と中指を曲げます。
そして、左右の薬指と小指の先端を合わせます。
また、曲げた人差し指と中指の背を合わせます。
この手の形を、下腹部のあたりで組むのがシャクティ・ムドラーです。

親指は火、人差し指は風、中指は空、薬指は地、小指は水というように、5本の指にはそれぞれ5元素の象徴があります。
シャクティ・ムドラーでは、火を風と空で包み込み、地と水を合わせます。
地と水の要素から構成されるものに、3つのドーシャの1つであるカパ(カファ)があります。
カパ(カファ)は、安定をもたらし、大地のように落ち着いた性質があるとされます。
その特徴は、寛大で、慈悲深く、愛情に溢れるとされ、まるで女神のようです。

そして、このムドラーは、仙骨のあたりにあるとされるスヴァーディシュターナ・チャクラを活性化させると伝えられてきました。
スヴァーディシュターナ・チャクラは水の要素を持ち、「自らが宿る場所」という意味を持ちます。
水があらゆる生命の源であるように、自分自身の全てが眠っていると伝えられる場所です。
また、このムドラーを実践する時、下向きのエネルギーともいわれるアパーナが活性化されるとも伝えられます。
そうして自分自身のあるべき場所に繋がる時、より大きな安定を感じ、心身は落ち着きを得ることができるはずです。

季節の変わり目となり、心身ともに不安定になりがちな時、こうした叡智を通じて、内なる世界に安定を生み出すことを心がけたいと感じます。
世界を動かす偉大な女神のエネルギーが、内なる世界を祝福してくれるはずです。

(文章:ひるま)