ヨーガ・スートラ第4章第34節

Hindu God Yoga Sutra of Patanjali Statue on Exterior of Hindu Temple


पुरुषार्थशून्यानां गुणानां प्रतिप्रसवः कैवल्यं स्वरूपप्रतिष्ठा वा चितिशक्तिरिति॥३४॥
Puruṣārthaśūnyānāṁ guṇānāṁ pratiprasavaḥ kaivalyaṁ svarūpapratiṣṭhā vā citiśaktiriti||34||
プルシャールタシューニャーナーン グナーナーン プラティプラサヴァハ カイヴァリャン スヴァルーパプラティシュター ヴァー チティシャクティリティ
独存とは、プルシャの目的を失ったグナが、自分の源泉へ没入することである。あるいは、プルシャがその本性に安住することである。

簡単な解説:前節において、瞬間と瞬間が断絶なく続く連続について説明され、その事実を真に捉えることができるのは、転変が永久に終わりを告げる瞬間であると説かれました。本節では、独存(解脱)について説明され、それはプルシャの経験と解脱という目的を失ったグナが、転変の運動を捨てて、自分の源泉に没入することである、または、プルシャがグナの転変に関わることをやめ、その本性に安住することであると説かれます。本節で、4章195節からなるヨーガ・スートラが終わります。