バッタのアーサナ

秋が深まり、夜には美しい虫の音が響き渡るようになりました。
健康を目的に世界中で愛されるようになったヨーガは、こうした自然の変化に調和する動きが多く見られます。
ヨーガの聖典の一つであるゲーランダ・サンヒターでは、次のように説かれています。

「アーサナの総計は生物の数にひとしいが、シヴァ大神は太古に八千四百万のアーサナを説かれた。」
(ゲーランダ・サンヒター第二章一節)

この八千四百万のアーサナの中でも、八十四のアーサナが優れているとされ、その中でも、人間社会においては三十二のアーサナが素晴らしいと説かれます。
その三十二のアーサナの中に、シャラバーサナというアーサナがあります。

シャラバーサナは、バッタのポーズを意味します。
うつ伏せになって身体の下に腕を伸ばし、両手を床に向けるか、両手を組みます。
そして、顎を床につけ、お尻を引き締めながら両脚を持ち上げます。
まるでバッタが跳ね上がるような形をとるこのポーズが、シャラバーサナです。

このポーズは、体幹を強化し、内臓機能を向上させるなど、さまざまな効果が伝えられます。
また、バッタの強く跳ね上がる力は、飛躍の象徴としても捉えられます。
それは、恐怖を克服した前向きな変化の方向に動く力であり、このポーズはそのエネルギーの象徴でもあります。

このポーズを通じてお尻を引き締める時、まずは第一チャクラであるムーラーダーラ・チャクラが活性化すると伝えられます。
脊椎の基底に位置し土の要素を持つムーラーダーラ・チャクラが滞ると、地に足がつかないような不安を感じると伝えられてきました。
私たちは飛び立つ前に、まずはしっかりと地面に足つけ、確かな安定を得なければなりません。

そして、腹部にかかる力によって、第三チャクラであるマニプーラ・チャクラが活性化すると伝えられます。
臍のあたりに位置し火の要素を持つマニプーラ・チャクラは、消化を司ります。
「宝石の都市」とも呼ばれるこのチャクラは、太陽が万物にエネルギーを注ぐように輝き、私たちに自信や行動力を与えてくれると信じられます。

このポーズは、どっしりとした安定を生みだしながら、内なるエネルギーの宝庫を活性化させる優れたポーズです。
その実践を通じては、バッタが跳ね上がるように、社会の中で大きく飛躍する力を得ることができるに違いありません。

(文章:ひるま)