バイラヴィー女神の愛

シヴァ神の化身したもっとも恐ろしい姿として崇められるバイラヴァ神。
そんなバイラヴァ神の妃として崇められるのが、バイラヴィー女神です。
欲望に囚われたブラフマー神の首を切り落とす、鬼気迫るバイラヴァ神の力のあらわれとして崇められるバイラヴィー女神は、どこか闇を感じるような畏怖される存在です。

そんなバイラヴィー女神は、トリプラ・バイラヴィー女神という名前を持ちます。
3界を意味するトリプラは、天・空・地のような異なる次元にある3つの都市を意味し、過去・現在・未来を象徴するともいわれます。
それは、創造・維持・破壊であり、バイラヴィー女神はブラフマー神・ヴィシュヌ神・シヴァ神を超越した存在であるといわれることもあります。

このバイラヴィー女神の住処として伝えられるのが、第1番目のチャクラであるムーラーダーラ・チャクラです。
ムーラーダーラ・チャクラは、生命エネルギーの拠点となる重要なチャクラであり、肉体という小さな宇宙が始まるところでもあります。
ここに住まうバイラヴィー女神は、バイラヴァ神の妃として、同様に破壊の本質を持ちます。

バイラヴィー女神は、母なるドゥルガー女神の10の化身であり、偉大な知識として崇められるダシャ・マハーヴィディヤーの6番目(もしくは5番目)に数えられる存在です。
6番目の偉大な知識とは、欲望という暗闇の破壊であり、それは新たに光を生み出す力でもあります。

私たちにとって、破壊を受け入れることは決して容易いことではありません。
それは痛みを伴うものであり、底の見えない恐怖を感じるものでもあります。
それ故に、破壊すべき暗闇がある時ほど、バイラヴィー女神の存在を恐ろしく感じるのかもしれません。

しかし、私たちが母親の胎内にいた時、暗闇の中でも、その深い愛に包まれ恐怖を感じることはなかったはずです。
この世界に肉体を持って生まれた私たちにとって、暗闇とは、絶え間なく沸き起こる感覚の欲求を通じた欲望が生み出すものです。

バイラヴィー女神の存在を受け入れ、その母なる恩寵を手にする時、私たちは暗闇を滅し、光の中で生きることができるに違いありません。
そこには新たな創造があり、時を超越した存在であるシヴァ神に、やがてたどり着くことができるはずです。

(文章:ひるま)