ダッタートレーヤ・ジャヤンティ2019

Dattatraya

インドでは2019年12月11日にダッタートレーヤ・ジャヤンティが祝福されます。ダッタートレーヤ・ジャヤンティは、ダッタートレーヤの降誕日として崇められ、マールガシールシャ月(11月から12月)の満月に祝福されます(暦の関係上、満月の前日に祝福される場合があります)。

ダッタートレーヤは、ブラフマー神、ヴィシュヌ神、シヴァ神の3大神が一体となった崇高な存在です。ダッタートレーヤは、あらゆる霊的性質を備えています。ダッタートレーヤは神の化身として、普遍的な真の宗教を広めるため、聖者アトリとその妻アナスーヤーの子として生まれました。

アナスーヤーは非常に謙虚で忠実な妻でした。それは、天上のサラスワティー女神、ラクシュミー女神、パールヴァティー女神を悩ませるほどで、彼女たちはアナスーヤーの評判を落そうと、ブラフマー神、ヴィシュヌ神、シヴァ神を地上に送ります。

ブラフマー神、ヴィシュヌ神、シヴァ神は、アトリが留守の時にアナスーヤーの下を訪れます。アナスーヤーは食事を準備すると、ブラフマー神、ヴィシュヌ神、シヴァ神は、裸になって食事を振舞うようアナスーヤーに要求します。

アナスーヤーはショックを受けましたが、心の力でブラフマー神、ヴィシュヌ神、シヴァ神を小さな赤ん坊の姿にしました。アナスーヤーは、赤ん坊たちを揺りかごに入れ、大きな愛をもって食事を振舞いました。

ブラフマー神、ヴィシュヌ神、シヴァ神が赤ん坊になってしまったため、誰がこの宇宙を司るのか、サラスワティー女神、ラクシュミー女神、パールヴァティー女神は心配を始めます。

ブラフマー神、ヴィシュヌ神、シヴァ神は、アナスーヤーに許しを請い、その存在の基がある天上へと戻ります。アナスーヤーは3人の赤ん坊を、ソーマ、ダッタ、ドゥルヴァーサーと名付けました。そして、ソーマは月で、ドゥルヴァーサーは森で苦行を続けるようになります。ソーマとドゥルヴァーサーは離れる時、ダッタにその存在を残していたため、ダッタはブラフマー神、ヴィシュヌ神、シヴァ神を兼ね備えた存在となったといわれます。

参照:2019 Dattatreya Jayanti