大切なものを手にするためのマントラ・サーダナ

クリシュナ神を讃えるマントラを通じた、大切なものを手にするためのマントラ・サーダナです。

このマントラの波動は、人々の意識に前向きな変化をもたらし始めるといわれ、愛情のある関係を引き寄せると信じられます。
集中力と献身を伴うその神聖な音の波動は、真摯な信仰のもとで唱えられる時、あらゆる願望を実現することができるともいわれます。
最愛の人、物質的な利益、知識の向上、悪影響からの保護など、大切なものを手にするために、さまざまな目的で唱えることができます。


・ॐ क्लीं कृष्णाय नमः
・om klīṁ kṛṣṇāya namaḥ

・オーム クリーン クリシュナーヤ ナマハ
・意味:クリシュナ神に帰依いたします。

「クリーン」は原初のエネルギー、カーマ神、クリシュナ神などを象徴する種子であるといわれています。
「カ(Ka)」は欲望の神カーマデーヴァをあらわし、またクリシュナを意味するともいわれます。
「ラ(La)」はインドラをあらわし、「イー(Ee)」は充足感や満足感をあらわすといわれます。
このビージャ・マントラを復唱することで、自身の意識が徐々に拡大し、やがては宇宙全体を包み込み、自己意識と宇宙意識が一体化するといわれます。

このマントラは、ストレスを感じたり、緊張したり、強制を感じたりせず、心地よく感じるまで、何回でも唱えることができます。
まずは1マーラー(108回)の詠唱に取り組み、その恩恵を感じるために、40日間の実践を努めると良いでしょう。
難しければ、21日間、または7日間の実践を心に決めて取り組むことが勧められます。