すべての災いを取り除く祈り

さまざまな神格が崇められるインドにおいて、最初の祈りは、何よりもまずガネーシャ神へ捧げられます。
あらゆる物事の始まりに礼拝されるガネーシャ神は、すべての災いを取り除き、全世界に幸福をもたらすといわれる存在です。
そんなガネーシャ神は、「障害を取り除く神」を意味する「ヴィグネーシュヴァラ」という名前で崇められます。

ガネーシャ神は障害除去の神として唯一無二の存在であり、その礼拝を通じては、障害を克服するための力が授けられるといわれます。
目まぐるしく変化をする現代社会においては、揺れ動く心の働きがさまざまな障壁となって、私たちの前を塞ぐことがあります。
思い通りにならない状況に障害を見出し、自分自身に限界を定め、幸せを遠ざけていることも少なくありません。
ガネーシャ神のマントラの詠唱を通じて本質に心を定める時、障害を乗り越え、前進するための力が授けられるでしょう。


・ॐ विघ्नेश्वराय नमः
・om vighneśvarāya namaḥ

・オーム ヴィグネーシュヴァラーヤ ナマハ
・意味:ヴィグネーシュヴァラ(障害を取り除く神)に帰依いたします。

一年の始まりに捧げられるガネーシャ神への祈りは、障害を乗り越える力となって、私たちの内に呼び覚まされるはずです。
皆様にとって、幸せ多き一年となりますように、心よりお祈り申し上げます。