スワーミー・ヴィヴェーカーナンダ・ジャヤンティ

1月12日は、スワーミー・ヴィヴェーカーナンダの生誕日です。この日は、スワーミー・ヴィヴェーカーナンダ・ジャヤンティとして、盛大な祝福が行われます。

ヴィヴェーカーナンダは、近代インドの聖者であるシュリー・ラーマクリシュナ・パラマハンサの主要な弟子として知られ、霊的指導者として、インドのみならず世界中の人々に影響を与えました。宗教を超えた真理の教え、また社会的実践の中での霊的修行の価値を説き、現代も多くの人々を惹きつけています。

理想的な人間とは、最大の沈黙と孤独の中で、最強の活動力を見出す者であり、最強の活動力の中で、砂漠の沈黙と孤独を見出す者である。
その者は、自制の秘訣を学び、自分自身を統制している。
スワーミー・ヴィヴェーカーナンダ(1863年1月12日 – 1902年7月4日)

“The ideal man is he who, in the midst of the greatest silence and solitude, finds the intensest activity, and in the midst of the intensest activity finds the silence and solitude of the desert. He has learnt the secret of restraint, he has controlled himself.”
Swami Vivekananda(12 January 1863 – 4 July 1902)

ヴィヴェーカーナンダの教えは、世俗を離れることや超越的な体験をすることとは異なり、仕事を求め、行動を起こし、社会的に下層の人々へ奉仕を行うことにありました。その奉仕は、物質的な面に限定されるのではなく、インドの中核とみなされる精神的な探求をより深いレベルで導きます。インドという大国を目覚めさせるために働いたヴィヴェーカーナンダの力は、精神的な強さ、身体的な強さ、民族的な強さ、そして他のために働く強さとして、現代でも生き続けています。

参照:Swami Vivekananda Quotes