土星の神 シャナイシュチャラ

ヴェーダ占星術では、土星はシャナイシュチャラと呼ばれます。シャナイシュチャラの語源は、サンスクリット語で「ゆっくり動くもの」を意味する「シャニシュチャラ」です。シャンという言葉はシャナイシュチャラから派生した言葉で、「無知」、「意識しなくなること」を意味し、土星はその象徴です。この「意識しなくなること」は、物質界への執着が希薄になることも意味します。
土星は、霊性が高く、物質次元にとらわれなくなった修行者を示しています。しかし、不吉な惑星ともいわれます。土星は、山羊座と水瓶座の支配星であり、天秤座において高揚し、牡羊座において減衰します。
土星は長寿、惨めさ、悲しみ、老齢、死、修養、制約、責任、遅延、大志、統率、権威、謙虚、誠実、経験による知恵、そして、苦行、拒絶、無執着、霊性、勤勉、組織、現実、時間のカーラカ(表示体)です。
チャート上、土星は第7室とケーンドラ(アセンダント、第4室、第7室、第10室をさす)において最も力が強まり、特にアセンダントが牡牛座や天秤座に位置する人にとって有益な星です。土星の性質はヴァータ、すなわち軽快さです。土星に対応する石はブルーサファイア、あらゆる黒い石、そして金属は鉄です。方角は西であり、曜日は土曜日です。ヴェーダの神話においては、土星は太陽の息子であり、太陽の影の妻チャヤの下に生まれました。太陽の第一婦人サンジャナの子供たちのひとりから怒りを買い、足を折られてしまったために、土星は足が不自由です。足を引きずって歩くことから、惑星の中で一番ゆっくりと進みます。
マンダ(遅いもの)としても知られる土星は、一般的にサディ・サティ(7年半続く)や、アシュタマ・シャニ(第8室にあり、2年半続く)といったある特定のハウスに位置するとき、人に逆境をもたらすことで知られています。土星は山羊座と水瓶座の支配星であり、また、最も歩みが遅く、それぞれのラーシを2年半かけて進み、1つの周期に30年かかります。このデーヴァター(神)への祈り、特に土曜日に行なわれる祈りは、そうした逆境の時期に向き合わねばならない苦難を軽減するといわれています。シャナイシュチャラは真心を持って祈りをささげる帰依者にはあらゆる恩寵を注ぎます。
シャナイシュチャラはそれぞれのラーシに2年半とどまりますが、出生時の月を第1室とした場合の第12室、第1室、第2室を土星が通過する期間はサディ・サティ(ナートゥ・シャニ)と呼ばれ、それは7年半続きます(サディ・サティは7年半の意味)。また第4室にあるときには、アルタシュタマ・シャニと呼ばれ、第8室にあるときには、アシュタマ・シャニと呼ばれます。こうした時期にある者には、シャナイシュチャラによって困難がもたらされます。
政府、同僚、妻、子供に起因する問題、業績の悪化、財産の損失、ハンセン病といったものは土星のトランジットによってもたらされます。
人生において、サディ・サティ(ナートゥ・シャニ)は30年周期でおよそ3度巡ってきます。最初のサイクルはマング・シャニと呼ばれ、本人よりもむしろ近親者に影響があるとされます。第2サイクルはポーング・シャニと呼ばれ、家庭内や事業面での影響があるとされます。第3サイクルは、マーラナ(死)・シャニと呼ばれ、子供、家族、健康面に影響を与え、本人の死を意味することもあります。第4サイクルは、肉体や魂からの解放を示すものとされています。
シャナイシュチャラは与えるものであり、また破壊するものであると考えられています。シャナイシュチャラに祈る者は、直面している悩みや心配から解放されるだけでなく、望んだ人生を与えられることによって祝福されます。
シャニ・マントラ
『プラーナ』より抜粋された次のマントラを唱えることで、土星を沈静化します。
ニーラーンジャナ・サマーバーシャム・ラヴィプトラム・ヤマーグラジャム
チャーヤー・マールターンダ・サンブータム・タム・ナマーミ・シャナイシュチャラム
(neelaanjana samaabhaasam raviputram yamaagrajam|
Chaayaa maartaanda sambhootam tam namaami shanaishcharam|| )
ビージャ・マントラ
オーム・プラーム・プリーム・プラウム・サハ・シャナイシュチャラーヤ・ナマハ
(om pram preem proum sah shanaischaraaya namah)
一般的なマントラ
オーム・シャナイシュチャラーヤ・ナマハ
(om shanaishcharaaya namaha)
土星を鎮めるためには、上の3つのマントラのどれを唱えても構いません。
マントラを唱える回数(総回数):2万3千回
マントラを唱える時間帯:夕刻
出典:
MailerIndia.com, “Shanaiswara – The Saturn”,
http://mailerindia.com/nava/grahas/index.php?saturn
Chakrapani Ullal, “What is Sade-sati?”,
http://www.vedicastrology.com/articles/articlewhatissadesati.htm

  1. パワーストーンで開運

    インド占星術というのに興味があって、むか〜しちょっとだけ勉強をしました。
    Sita☆Ramaさんのブログで「土星の神 シャナイシュチャラ」という記事があり、
    土星の良い影響がこんなにあったけ?などと初めて知った程度のですが、
    覚えているのが、この土星の悪い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です