クールマ神の慈悲

世界を保護し維持するヴィシュヌ神は、この世界に危機が生じた時、さまざまな化身となって姿を現すと伝えられます。
その化身のひとつに、大亀として崇められるクールマ神の姿があります。
ヴィシュヌ神が大亀の姿となった理由は、ヒンドゥー教の創造神話である乳海撹拌に伝わります。

乳海撹拌は、不死の霊薬であるアムリタを得るために、神々と悪魔が協力し、大海を撹拌したと伝えられる神話です。
この神話は、私たちが歩む霊性修行の道のりが記された神話として伝えられることがあります。
それは、解脱というアムリタを得るために、さまざまな苦難が溢れる人生を歩む、私たちの道のりに他ありません。

乳海撹拌においては、あらゆる薬草が大海へと投入されます。
そして、その大海の中心にあるマンダラ山に大蛇のヴァースキを絡ませ、神々と悪魔が引っ張り合うことで大海を撹拌し、アムリタを生み出そうとしました。
そのマンダラ山が大海に沈まぬよう、土台となったのがヴィシュヌ神です。
ヴィシュヌ神は大亀のクールマとなり、その背にマンダラ山を乗せ、攪拌を支え続けました。

この乳海撹拌における神々と悪魔は、私たちの内なる世界において、善と悪として存在しています。
私たちはその狭間で揺れ動き、さまざまな試練に直面しながら、人生という大海を歩み続けています。
その歩みは、解脱というアムリタを得るための、内なる世界の攪拌に他ありません。

乳海撹拌においては、猛毒であるハラーハラが生み出されたように、内なる世界の攪拌においても、時に大きな苦痛が生じます。
しかし、その中心では、私たちが大海に沈んでしまうことがないように、ヴィシュヌ神がクールマ神として、常に私たちを支えています。

自らの意志で手足と頭の5つを甲羅の中に引き込み、自分自身を守る亀には、何よりも強固な安定を垣間見ることがあります。
5つの感覚に揺さぶられる私たちは、善と悪の狭間で不安定になることが少なくありません。
そんな時こそ、クールマ神が大海の中でマンダラ山を支えるように、何よりも強く、私たちを支えている存在があることを忘れずにいる必要があります。

5月の満月は、このクールマ神の降誕祭が祝福される時でもあります。
先の見えない大きな不安を感じる今、私たちを常に支える存在を見失うことがないように、祈り続けたいと感じます。
そして、世界にアムリタが注がれることを心より願っています。

(文章:ひるま)