マハーヴィーラ・ジャヤンティ2020

2020年は4月6日に、インドの一部の慣習において、マハーヴィーラ・ジャヤンティが祝福されます。

マハーヴィーラ・ジャヤンティは、ジャイナ教の開祖であるマハーヴィーラの降誕祭です。チャイトラ月(3月から4月)のシュクラ・パクシャ(新月から満月へ向かう半月)のトラヨーダシー(13日目)がその日にあたります。

マハーヴィーラは、偉大な勇者を意味し、ブッダと同時代の聖人です。ジャイナ教において、24人目のティールタンカラ(祖師)にあたります。人間の姿となって現れ解脱に至ったティールタンカラは、アリハントとして崇められます。アリハントのアリは破壊する、ハントは敵を意味し、自身の内の敵である自我や怒り欲望などを克服することを意味します。

不殺生(アヒンサー)をはじめとする五戒を説く彼は、マハートマー・ガーンディーに多大な影響を与えたとされています。

参照:2020 Mahavir Jayanti