新型コロナウィルス緊急アンナダーナ活動報告(その1)

新型コロナウィルス緊急アンナダーナにご協力をいただいております皆様、誠にありがとうございます。
4月2日のラーマ・ナヴァミーの吉日に、第1回目を実施し、500食を配ることができましたので、ご報告をさせていただきます。

当初、ご飯+チャパティ4枚+豆カレー+アチャールのセットを予定していましたが、人手が足りず、チャパティを作ることが難しかったため、メニューは大盛りのご飯と多めの豆カレーに変更になりました。
この一皿が日本円で約100円となります。

まずは、出稼ぎ労働者へ食事を配りました。
出稼ぎ労働者の多くは、主に建設作業に携わっていますが、建設中の建物に暮らしながら仕事をしています。
この建物には、身動きの取れなくなった労働者が残っていました。
故郷に戻りたい思いを抑え、封鎖が終わるのをじっと耐えています。

また、経済的に貧しい人々が暮らすコミュニティに赴きました。
居住場所はあるも、その日の収入でその日をやっと過ごす人々にとって、仕事がなく現金収入がなくなった今は、食事を得ることも難しくなっています。

集会が禁じられている今、ボランティアもまとまった人数で動くことはできないため、大量の食事を一度に配ることはできません。
車両で移動しながらの配給ですが、食事を必要とする人々は各所におり、車両を止めるとすぐに人だかりができてしまうこともありました。
500食は約2時間で配り終えています。
この状況の中、少しでも人々の不安を拭うことができればと思います。

この度は、温かいご支援をいただき、心より御礼申し上げます。
次回の配給後、改めて、ご報告をさせていただきます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)