スタッフ日記:ケーララ豪雨災害の支援状況について

ケーララ豪雨災害支援募金にご協力をいただいている皆様、温かいご支援をいただき誠にありがとうございます。
世界的に大変な状況にある中、温かいご支援をいただいておりますこと、重ねて御礼申し上げます。

過去100年間で最悪の被害が報告された豪雨災害から、1年と8ヶ月が過ぎました。
現在の状況をご報告させていただきます。

12月から2月まで穏やかな気候が続いていたケーララ州では、原点に立ち返り、稲作に力を入れていました。
現在は気温が上がり、いよいよ長く暑い夏が始まっています。

昨年の11月に行った田植えの稲はすくすくと育ち、3月の下旬に、すべてのお米を収穫し終え、精米所に運ぶことができました。
昨年から今年にかけ、普段は雨が少ない時期にも雨が多かったため、昨年ほどの収穫量にはなりませんでしたが、お米は上出来です。
精米した後は、それぞれの田んぼを所有する農家や労働者に分配されます。

現在は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、支援を行う地域においても封鎖・外出禁止の措置が取られていますが、屋外の農作業は滞りなく実施することができました。
さまざまな不安が尽きない中、何よりも重要な食糧を十分に確保できていることに、人々は安堵しています。

ケーララ豪雨災害の支援においては、今年の4月から5月にかけて、第2回目となる鶏小屋の支援を計画していましたが、現在の影響により実施は難しい見込みです。
支援を受ける人々の多くは日雇いの労働者であり、現在の状況において、マスクなどの防具を入手できない状況にあるため、今後は感染拡大防止のための支援に取り組む方向です。
もともとの衛生環境に加え、病院施設が不足していること、人々の予防に対する理解水準も懸念される中、ダリット村では大家族が小さな家屋で暮らし、トイレや炊事場を共用しなければなりません。
ひとたび感染爆発が起きれば、大変な事態になることが予想されるため、政府は徹底的な対策を行っていますが、この封鎖と外出禁止令の影響により、支援を受ける人々の生活には甚大な影響が出ることが予想されています。
皆様の温かいご支援を、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

いつも温かいご支援をいただき、心より御礼申し上げます。
皆様もくれぐれもお気をつけてお過ごしください。
一日も早く、世界に平和が訪れますことを心より願っております。

(スタッフ:ひるま)