清らかな心と体を得るためのヴィシュヌ・マントラ・サーダナ

ヴィシュヌ神を讃えるマントラを通じた、清らかな心と体を得るためのマントラ・サーダナをご紹介いたします。

ヒンドゥー教でもっとも頻繁に唱えられる讃歌のひとつに、ヴィシュヌ神の千の御名であるヴィシュヌ・サハスラナーマがあります。
そのヴィシュヌ神の千の御名の中に、ニルグナという御名があります。

ニルグナは、「形のない」を意味し、サットヴァ、ラジャス、タマスというグナを超越した者を意味します。
ニルグナ・ブラフマンを究極の真理と考える場合、形、属性、特性のあるものは、すべて真理ではないとされます。
その理解は、離欲(ヴァイラーギャ)の実践の象徴でもあり、それによって真の美しさを得ることが可能になるとされます。


・ॐ निर्गुणाय नमः
・om nirguṇāya namaḥ

・オーム ニルグナーヤ ナマハ

精神的にも身体的にも、真に清らかで美しくなりたいと願う人々にとって、恩恵のあるマントラです。
トゥラシーの数珠を用いて、瞑想の際にこのマントラを唱えることができす。
短期間でその恩恵を授かりたい場合は、1日に最低でも108回を唱えることが勧められます。

参照:Vishnu Mantras for Beautiful Mind and Body