カーリー・ヤントラの力

ヤントラは、外界に存在する幾何学的な象徴であり、人間の意識の中に内在化される対象です。カーリーは、時間の変化の女神です。カーリー女神は、行動の力であり、呼吸の力であり、そして変容の力でもあります。

神の愛を本質とするカーリー女神に身を任せれば、彼女はエネルギーを創造し、すべてが可能となります。カーリー・ヤントラは、その内に変容のエネルギーを含んでいます。このエネルギーを内在化し、その変容する愛の力に身を委ねると、私たちは精神的な成長へと向かう旅を始めます。

カーリー・ヤントラは、5つの逆三角形、2つの円、8つの蓮の花びら、中心点(ビンドゥ)を含みます。

・5つの逆三角形:潜在的エネルギーをあらわす三角形に対し、逆三角形は現象的エネルギーをあらわし、女性の再生力を象徴します。5つの逆三角形は、人間の存在を構成する5つの層であるコーシャ(鞘)をあらわし、その中心にはビンドゥ(魂)があります。5つのコーシャは、アンナマヤ・コーシャ、プラーナマヤ・コーシャ、マノーマヤ・コーシャ、ヴィジュニャーナマヤ・コーシャ、アーナンダマヤ・コーシャです。

・5つの逆三角形の15の角:15の経験の原則をあらわします。5つの知覚器官(嗅覚、味覚、視覚、触覚、聴覚)、5つの行為器官(発声・操作・移動・生殖・排泄)、5つの微細要素(香、味、色、触、音)です。

・2つの円:生と死のサイクルをあらわします。絶対の真理に到達するために、突き破る必要があるものです。

・8つの蓮の花びら:出現する宇宙の原因である8つのプラクリティをあらわします。8つのプラクリティは、五大元素であるパンチャ・マハー・ブータ(地、水、火、空、風)、そして、マナス、ブッディ、アハンカーラの3つであり、これらの8つのプラクリティは、現象世界を形成します。

カーリーは、「時間」や「黒色」を意味するカーラの女性形です。物質である肉体を持って生じた私たちは、始まりがあり終わりがある時間の中で、常に不安と恐怖に苛まれています。暗黒の女神と称されるように、カーリー女神が見せる姿はおぞましくも、その様相とは反対に、肉体の中でもがき苦しむ魂を解放する偉大な愛を秘めています。

※宗派等によって、ヤントラの図形やその意味は異なる場合があります。

参照:THE KALI YANTRA