ゴーパーラ・ガーヤトリー・マントラ


・ॐ गोपालाय विद्महे गोपीजनवल्लभाय धीमहि ।
तन्नो गोपालः प्रचोदयात्‌ ॥
・om gopālāya vidmahe gopījanavallabhāya dhīmahi |
tanno gopālaḥ pracodayāt ||

・オーム ゴーパーラーヤ ヴィッドゥマヘー ゴーピージャナヴァッラバーヤ ディーマヒ
タンノー ゴーパーラハ プラチョーダヤートゥ
・意味:我らがゴーパーラを知り、ゴーピー(牛飼い女)の愛し子を瞑想できるように
ゴーパーラよ、我らを導き給え

子宝祈願のために唱えらえるガーヤトリー・マントラです。
ゴーパーラは、牛飼い、王子、王などの意味があるクリシュナ神の別名になります。
インドでは子宝祈願のために、幼子としてのクリシュナ神への祈りが捧げられることが多くあります。
生まれてすぐに悪の手によって命を奪われそうになったクリシュナ神は、奇跡的に生き延び、その後もさまざまな悪を倒していきます。
それは、喜び、幸せ、創造、命の象徴でもあります。
ヴェーダ聖典によると、人生の基本的な目的には、子孫を残し、新しい命を与える喜びを経験することがあると言われます。
そのようにして、人類全体の永遠のダルマが滞りなく展開されることになると伝えられます。