新型コロナウィルス緊急アンナダーナ活動報告(その14)

新型コロナウィルス緊急アンナダーナにご協力をいただいております皆様、誠にありがとうございます。

3月25日に始まった新型コロナウィルス感染拡大防止のためのインド全土の封鎖は、経済状況の悪化を受け、6月以降、段階的な措置の緩和が行われています。
この措置の緩和により、1日の新規感染者数が5万人を超える感染拡大が続いています。
インドは人口が多いこともありますが、ここ数日は、1日の新規感染者数と死者数がアメリカとブラジルを上回っています。

食事の奉仕は、8月1日に500皿(第20回目)、8月4日に500皿(第21回目)を配ることができました。
メニューはどちらもダール・チャーワル(豆のカレーとご飯、1皿45ルピー)となり、デリーで経済的に困窮する人々が暮らす地域への奉仕となっています。

新型コロナウィルスの影響でさまざまな行事が中止となっていますが、8月に入ってから、イスラム教の犠牲祭やラクシャ・バンダンやガーヤトリー・ジャヤンティといった祝日が続いていました。
周囲がお祝いムードに包まれた時が続き、この時に食事の奉仕を実施できたことを嬉しく思います。

皆様からたくさんのご支援をいただき、7月は9回の実施で合計4500皿を奉仕することができました。
8月にはクリシュナ降誕祭やガネーシャ降誕祭が祝福され、喜びが続きます。
大変な状況が続きますが、日々の中で光を見失うことがないように、食事の奉仕を通じて喜びを共有できればと思います。
まだ状況が不安定であるため、事前に日時を決めた大人数が集まる食事の奉仕の実施は難しい状況ですが、今後も週に1〜2回は実施できるように継続していく予定です。

この度の温かいご協力に、心より御礼申し上げます。
次回の配給後、改めて、ご報告をさせていただきます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)