即座に注がれる恩寵を願うガネーシャ・マントラ

さまざまな姿で崇められるガネーシャ神には、有名な32の姿(もしくは33)があります。
その32の姿の中に、クシプラ・プラサーダ・ガナパティという姿があります。
クシプラ・プラサーダには、すぐに恩寵を注ぐ者という意味があります。
ガネーシャ神は、賢明かつ迅速な動きをすることで知られます。
帰依者が窮地にいる時、または何かに圧倒され無力になった時、さらには絶望のどん底にいる時、このマントラを唱えると、ガネーシャ神の恩寵が即座にもたらされると信じられます。


・ॐ क्षिप्र प्रसादाय नमः
・om kṣipra prasādāya namaḥ

・オーム クシプラ プラサーダーヤ ナマハ
・意味:すぐに恩寵を注いでくださる方に帰依いたします。

また、このマントラを定期的に唱えることで、ガネーシャ神は帰依者を常に保護し、その力はネガティブなエネルギーに対する盾として働くと信じられます。
このマントラは、自分の力で考える能力を与え、眠っていた勇気を呼び覚ましてくれると信じられるマントラでもあります。