クリシュナ・アシュタカム第6節

・rukminI kelisamyuktam pItAmbara sushobhitam
avApta tulasIgandham krishnam vande jagadgurum
・ルクミニー・ケーリサンユクタン・ピータームバラ・スショービタン
アヴァープタ・トゥラシーガンダン・クリシュナン・ヴァンデー・ジャガッドゥグルン
・意味:ルクミニーと一緒に戯れ、美しい黄色の服を着られるお方、
トゥラシーの香りを手に入れた世界の父であるクリシュナをたたえます。

クリシュナ・アシュタカム(クリシュナーシュタカム)第6節です。
クリシュナには、ルクミニー(ラクシュミーの化身とされる)、ジャームバヴァティー、サティヤバーマーなど、8人の正妻がいたといわれています。
またクリシュナの神話について記された「シュリーマド・バーガヴァタム」によると、16,108人(その内16,100人は、悪魔ナラカースラに監禁されていたため、クリシュナが救済した)の妻を娶り、18万人の子を授かったともいわれます。
このマントラが収録されているCDには以下のCDがあります。
・「シュリー・クリシュナ・サハスラナーマム&ストートラ」(トラック7)
・「神々の恵み」(トラック4)