オーム・フーム・ナマハ

・Om hUm namah
・オーム・フーム・ナマハ

このマントラは、ルドラークシャ・ビーズの7面や8面に対応するマントラとして知られています。
「フーム」は、心的な炎や熱的力をあらわし、火天アグニをあらわすといわれます。
ホーマ、ヤジュニャ(護摩供養)などで、炎に供物を捧げる際にも使用されます。
この神聖な炎のおかげで、神々が私たちの元に舞い降りたり、その逆に、私たちが神々の元へ昇華することができるといわれます。
またこのマントラは、シヴァをあらわすマントラであるとともに、ドゥルガーの別名であるチャンディー(恐ろしい女の意味)をあらわすともいわれます。
ネガティブな影響を破壊し、この上ない情熱や活力を生み出すマントラとされています。このマントラが収録されているCDには以下のCDがあります。
・「Rudraksha 平安、繁栄、健康のためのマントラ」(トラック7、8)