カンニャークマーリーの聖地

太陽が海から登り、そして海に沈む聖なる岬として有名な、インド最南端のカンニャークマーリー。
アラビア海、インド洋、ベンガル湾の3つの海が交わる聖地として有名なこの岬は、51のシャクティ・ピータ(シヴァ神の最初の妻サティの身体の一部一部がある場所)のひとつにも数えられます。

カンニャークマーリーは、ドゥルガー女神の化身であり、処女の女神として崇められる神格です。
その女神が宿るこの岬は、数あるインドの聖地の中でも、女神崇拝に熱心な人々にとっては欠かすことの出来ない聖地にあたります。

大昔、処女にしか殺されないという力を持ったバナースラという悪魔がいました。
力の弱い乙女に殺されることはないと、バナースラは尊大になり、世界を恐怖に陥れます。
世界の安寧を取り戻すために、神々は祈り、やがてカンニャークマーリーが生まれました。

カンニャークマーリーは、適切な時期にバナースラを倒すために、シヴァ神に心を定め、苦行を続けます。
シヴァ神はその美しさにカンニャークマーリーとの結婚を決め、カンニャークマーリーもシヴァ神を待ち続けます。

しかし、カンニャークマーリーが純潔を失ってはバナースラを倒す力が失われてしまうと恐れたナーラダ仙の企みによって、シヴァ神との結婚は立ち消えました。
それ以来、カンニャークマーリーはこの地で苦行を続けているのだと伝えられます。

この地で交わる3つの海は、例えば、過去・現在・未来のような、変化する時間のように映ります。
決してひとつにならないその時間に翻弄される私たちは、真実を見失うことも少なくありません。
そこで生じる無知の暗闇の中で、さまざまな悪を生み出してしまうことも事実です。

3つの海がひとつに交わる聖地で、悪を倒すべく世界を守り続けるカンニャークマーリー。
そのエネルギーが渦巻くこの聖地においては、太陽が登り、そして沈む、その時間の流れを見つめる自分に気づく瞬間がありました。
それは、自分自身の中心に灯る、真実の光を知る瞬間でもあったように思います。

カンニャークマーリーの聖地が自分自身の内に宿る時、私たちは時間を超え、今というひとつの瞬間を純粋に生きることができるに違いありません。
一人ひとりがそうして真実の中で生きることができれば、世界には平和が満ち、やがてカンニャークマーリーはシヴァ神と一体になることができるはずです。

(文章:ひるま)

※カンニャークマーリーにまつわる神話には、この他にもさまざまに異なる神話が伝わります。