新型コロナウィルス支援募金活動報告(その17)

新型コロナウィルス支援募金にご協力をいただいております皆様、誠にありがとうございます。

3月25日に始まった新型コロナウィルス感染拡大防止のためのインド全土の封鎖は、経済状況の悪化を受け、6月以降、段階的な措置の緩和が行われています。
この措置の緩和により感染拡大が続き、累計感染者数は520万人を超えました。

感染の拡大に歯止めがかからない状況が続いていますが、更なる封鎖の緩和が続き、社会経済活動の再開が進んでいます。
これにより、4月の中旬に始まった動物の餌食は、9月5日を持って一旦終了しています。
ドッグフードは240kg(Rs.29500(約43000円))、ミルク(500ml)は1215パック(Rs.27945(約40000円))を与えることができました。
これまでのご支援に、改めて心より御礼申し上げます。

また、皆様からは動物支援のご寄付をたくさんいただき、9月16日にデリーで動物を保護する施設へ医療物資を届けることができました。
医療物資の支援は第4回目となり、獣医師の指導のもと、今回はRs.48021(約68000円)の医療物資を手配しました。
薬局にて8%の割引をいただいたため、配送料を含め、支払った金額はRs.44679(約63000円)となっています。

医療物資は怪我をした動物のための治療薬や、衰弱した動物のための栄養剤が主なものとなりました。
保護施設へは、前回からおよそ1ヶ月半ぶりの訪問となりましたが、依然として動物の保護が増え続けているといいます。
医療物資はいくらあっても足らないと、施設のスタッフの方は口にしていました。
この状況の中で、継続してたくさんのご支援をいただいていることに、感謝してもしきれないと、皆様への感謝をお預かりしています。
今後も、動物を保護する施設への医療物資の支援を継続していく予定です。

インドでは、新型コロナウィルス感染の死亡率は低く抑えられていることが伝えられています。
封鎖による社会経済活動への影響が大きく、今後は新型コロナウィルスとの共生に向けて生活を見直していく必要があるとされ、少しでも万物が安全に健やかに暮らすことができるように、活動を続けていきたいと思います。

この度の温かいご協力に、心より御礼申し上げます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)