マツシャ・ガーヤトリー・マントラ


・ॐ तत्पुरुषाय विद्महे महामीनाय धीमहि ।
तन्नो विष्णुः प्रचोदयात्‌ ॥
・om tatpuruṣāya vidmahe mahāmīnāya dhīmahi |
tanno viṣṇuḥ pracodayāt ||

・オーム タットプルシャーヤ ヴィッドゥマヘー マハーミーナーヤ ディーマヒ
タンノー ヴィシュヌフ プラチョーダヤートゥ
・意味:我らがそのプルシャ(個我)を知り、偉大な魚の神を瞑想できるように
ヴィシュヌよ、我らを導き給え

マツシャはヴィシュヌ神の1番目の化身として知られ、魚の姿をしています。
マツシャは、起ころうとしていた大洪水から世界を救ったと伝えられます。
魚が流れに反しながらも源流に向かって泳げるのは、流れに身を任せる術を知っているからであり、私たちが常に神々に身を任せながら、その源へ向かって歩み続けることを象徴しているともいわれます。
このマツシャへの礼拝により、魚が池をきれいにするように、さまざまな悪影響が浄化されると信じられています。
一説には、ヴァーストゥの引き起こす影響を浄化すると伝えられます。

>