新型コロナウィルス緊急アンナダーナ活動報告(その26)

新型コロナウィルス緊急アンナダーナにご協力をいただいております皆様、誠にありがとうございます。

3月25日に始まった新型コロナウィルス感染拡大防止のためのインド全土の封鎖は、経済状況の悪化を受け、6月以降、段階的な措置の緩和が行われています。
これまでに、累計感染者数は800万人、死者数は12万人を超えました。
インド全体では感染拡大のピークを過ぎたと見られていますが、感染者が急増している地域もあり、予断を許さない状況です。

食事の奉仕は、10月24日に500皿(第43回目)、10月27日に500皿(第44回目)を配ることができました。
メニューはどちらもダール・チャーワル(豆のカレーとご飯、1皿45ルピー)です。
引き続き、経済的に困窮する人々が暮らす地域周辺を、車両で移動しながらでの奉仕となっています。

インドでは、続いていたナヴァラートリーが盛大なダシャラーの祝福を持って終わりを迎えました。
ダシャラーの3週間後には、待ちに待ったディーワーリーの祝福が近づいています。

食事の奉仕活動は、感染防止対策を最優先しているため、1回に奉仕できる食事が500皿と限りがあり、毎回すぐに配り終えてしまいます。
それでも、この喜びの時に継続して実施できますこと、とても嬉しく思っています。
皆様からは継続してたくさんのお気持ちをいただいているため、今後もこのペースで実施していく予定です。
与える側、与えられる側、喜びが大きく広がっていくことを心より願っています。

インドは10月からUnlock 5.0と呼ばれる封鎖の緩和の段階にありますが、Unlock 5.0は11月末まで継続すると発表されました。
しかし、社会経済活動の多くは再開され、大きな祝祭が続く時を迎えている現在は、マーケットも賑わいを見せています。
ヨーロッパに見られる感染の再拡大も懸念されますが、日々の中で光を見失わないためにも、この喜びの時を過ごせるように活動をしたいと思います。

この度の温かいご協力に、心より御礼申し上げます。
次回の配給後、改めて、ご報告をさせていただきます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)