プラナヴァ


・Om
・オーム


オームカーラあるいはプラナヴァ(原初音)は、宇宙創造の基本音です。すべての生類は、神性意識に支えられ、種子(ビンドゥ)として顕現するこのマントラから生まれます。それは、至高のブラフマンと同等とされ、シャブダブラフマン(基本的な音)と呼ばれます。プラナヴァは弓、アートマ(魂)は矢であり、正しい標的に向かい、矢(アートマ)はすべての魂のゴールであるブラフマに到達します。信仰と愛は、わたしたちという存在が休息するための重要な要素です。プラナヴァを血管に行きわたらせ、創造者と被創造物への愛と感謝の気持ちを養いましょう。
オームは、わたしたちを正しい方向へと導く心の寂静をもたらすために21回唱えられます。オームのマントラは、2:3:5の比率で唱えられます。オームと唱えながら2(ア):3(ウ):5(ム)の比率で息を吐き出し、5を数える間に息を吸います。これによって、プラーナーヤーマ(調息法)の恩恵が受けられます。呼気と吸気は規則正しく行うことで、思考の流れがスムースになり、意識の深層に潜り、自身の深層意識を巡る旅への準備となります。リラックスして、自信を持ちましょう。自分自身や家族に対して感謝の気持ちを持つ時、無意識に心の声を感じ、正しい方向へと進むことができます。感謝は、キーワードかつ重要な感覚です。霊的な探求者は、まず始めに、リラックスと感謝の心を持つことで、あらゆる進展が可能となります。そうして始めて、ハートにアクセスすることができます。あらゆる成長は、ハートを開花させることによって可能となります。自己を哀れみ、すべての出来事を他のせいにする人に、霊的進歩は望めません。信仰を持つことで、変化が可能になります。そして、変化を引き起こす第1番目の人になりましょう。こうあって欲しいと望む前に、まずあなたが変わりましょう。人間として生まれたことに感謝することで、目覚ましい霊的進歩を遂げることができます。
「オーム」の呼吸に集中することで、わたしたちは、心身をリラックスさせ、積極的かつ快適な姿勢に整えることができます。
(「ヴェーダーンタ・ウィズダム」のライナーノーツより)