ダーキニー雑感 その3

聞いた話ではありますが、昔日(中世)の日本のある時期には、天皇の即位の時にダーキニーの儀式をしていたそうです。だとすれば日本の歴史とダーキニーは切っても切り離せない関係だともいえるでしょう。

ちなみに、知り合いの大阿闍梨の方からおうかがいしたのですが密教の僧侶(阿闍梨)の方々などは、天部(インドの土着神で仏教に取り入れられたもの。ダーキニーも含む)よりも位が高いそうです。
つまり私たち普通の人間がダーキニーを拝むのとは、僧侶の方はスタンスが違うのです。

女性の根源的な力を恐れた男性の修行者たちが、女性的なエネルギーの象徴であるダーキニーの地位を貶めた、という説もあります。

いずれにしましても、ダーキニーにどのように接するかの結論は出ないのですが、一方で鑑定をしていて、過去世のダーキニーとの契約に関わる不幸に苛まれているとしか思えない方も実際におられます。しかも処方でそれを解消しようとするとかなり厄介なことも多く、それが私がダーキニーに意識を向けるきっかけの一つになりました。

(文章:ガネーシャ・ギリ)

‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥
ガネーシャ・ギリ氏共著 『インド占星術と運命改善法』

ガネーシャ・ギリによるインド占星術鑑定

ガネーシャ・ギリによるヨーガクラス
‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥…‥