タットゥ トヴァム アシ

तत् त्वम् असि (तत्वमसि)
・tat tvam asi
・タットゥ トヴァム アシ(タットゥヴァマシ)
・意味:汝はそれである/それは汝である


チャーンドーギャ・ウパニシャッド(6.8.7)によるマハーヴァーキヤ(箴言)のひとつです。
タットゥ(それ)、トヴァム(汝、ジーヴァ)、アシ(である)はヴェーダンタの学派により異なる解釈が行われています[1]。
・アドヴァイタ(不二一元論)学派では、窮極の真実であるブラフマン「タットゥ」と個人のジーヴァとしての「トヴァム」の絶対平等を意味します。
・シュッダードヴァイタ(純粋不二一元論)学派では、本質的に「タットゥ」と自己の同一性を意味しますが、「タットゥ」は全体であり自己は部分であると解されます。
・ヴィシシュタードヴァイタ(被限定者不二一元論)学派では、ブラフマンである「タットゥ」の全体の中の一部として、自己が認識されます。
・ドヴァイタードヴァイタ(本質的不一不異論)学派では、全体である「タットゥ」の中の一部として、自己間の無相違や相違は等しいと解されます。
・ドヴァイタ(二元論)学派では、チャーンドーギャ・ウパニシャッド(6.8.7)の一節「sa ātmā-tat tvam asi」を「sa ātma-atat tvam asi」と解し、「汝はそれではない」と理解します。
・アチンティヤ・ベーダ・アベーダ(不可思議不一不異論)学派では、全体である「タットゥ」の中の一部として、自己間の不可思議な同一性と相違を意味します。
このマントラが収録されているCD:
ヴェーダーンタ・ウィズダム
[1] Tat Tvam Asi, Wikipedia, http://en.wikipedia.org/wiki/Tat_Tvam_Asi