アハン ブラフマースミ

अहं ब्रह्मास्मि
・ahaṁ brahmāsmi
・アハン ブラフマースミ
・意味:私はブラフマンである


ブリハド・アーラニヤカ・ウパニシャッド、マハーナーラーヤナ・ウパニシャッド、アガマルシャナ・スークタムに見られるマハーヴァーキヤ(箴言)です。
以下「ヴェーダーンタ・ウィズダム」のライナー・ノーツの抜粋です。
「ブラフマンと融合することで、魂は安らかになります。
家に帰ると、リラックスし、至福に満ちて安心するのと同じで、至高の意識と一体になることは、威厳に満ちながらも謙虚で、堅強でありながらも慈悲深い、創造主との一体感と愛に満ち溢れた状態です。
このマハーヴァーキヤ(箴言)を瞑想することで、すべてがひとつであることを悟り、普遍的で永遠の寂静を手に入れます。
この状態では、至福と静寂の体験があるのみで、疑念は湧き上がりません。
この偉大な意識が出現するとき、アヴァター(化身)、聖者、聖仙と同じく、神の顕現といいます。
彼らは個人の欲求は放棄し、人類の調和と救済のためにすべてを尽くします。
現代の危機的な状況において、彼らのような指導者は早急に必要とされています。
各人の魂に宿る神性は、周囲の闇を打ち消すために出現します。
自身の中の神性を目覚めさせましょう。
自身を高め、すべての思考に責任を持ちましょう。
自身からは、神性とポジティブな思いだけがでるようにしましょう。
各々の魂が拡大し、調和を生み出すようにしましょう。
他人を批判したり、欠点を見つけることに意味はありません。
神は判断を下さず、決して差別することはありません。
批判的なことからは注意を逸らしましょう。
期待することなしに、自分ができるベストを尽くしましょう。
それこそが、「アハン ブラフマースミ」の状態です。
一切の自由の中で絶対の責任感を持ち、自然と生命の万物のために、ただ愛を与えるというために存在する彼。
自身の存在を無限大にまで拡張すると同時に、自身の存在はゼロとして放棄すること。
「アハン ブラフマースミ」は、2つの相反状態が対立することなく、共存する状態です。
起こるすべての出来事を無償で受け入れ、判断をしない、神性のみが存在する状態です。」