シーズインディア支援事業の活動報告

シーズインディア支援事業にご協力をいただいている皆様、温かいご支援をいただき誠にありがとうございます。

インドでは現在、新型コロナウイルスの感染拡大はピークを超えたと見られていますが、一部の地域では感染者の多い状況が続いています。
シーズインディアがあるインド南部のケーララ州もそのひとつです。

2018年の豪雨災害の被害を受けた家族や、毎月の教育支援を行う子どもたちの多くが暮らすダリット村でも感染が拡大し、現在はcontainment zone(封じ込め地域)に指定され、完全に隔離されています。
ダリット村では大家族が小さな家屋で暮らし、トイレや炊事場を共用しています。
ひとたび感染爆発が起きれば、大変な事態になることが予想されていましたが、やはり事態は深刻になり、村全体に感染が広がっています。
入院できる施設がないため、重症の人を除き、皆が自宅で療養をしています。
封じ込めは2週間の予定で1月の上旬に始まりましたが、感染拡大は収まらず、封じ込めは現在も続いています。

これまで、毎月の教育支援を行う子どもたちの家族へはクーポンを配布し、各自が指定の店舗で生活物資を受け取る支援を行なっていましたが、現在は村の外へ出ることができない状況のため、近くの敷地まで物資をまとめて運び、電話などでコミュニケーションを取りながら、それぞれが受け取れるように手配しています。
別の地域に居住する子どもたちの12の家族は、シーズインディアの施設に来ることができ、施設で物資を手渡すことができました。
毎月の教育支援を行う子どもたちの家族に、豪雨災害の被害を受けた家族や、その他に困窮する家族を含め、これまでに約300家族へ生活物資の支援を行なっています。

ダリット村の人々は、日雇いの仕事に就き、その日を過ごすことに精一杯の家庭も多く、普段から備蓄などができる状況ではありません。
政府からの十分な支援は得られず、皆様のご支援は警察や保健当局からも大変感謝され、物資の配給を安全に円滑に行えるようサポートをいただきました。
ダリット村の人々は仕事ができない状況のため、今後も厳しく困難な状況に直面することが予想されています。

現在の状況を通じては、社会的な弱者がもっとも深刻な影響を受けているとされています。
皆様の温かいお気持ちを今後も活用させていただき、少しでも社会に平和が広まりますよう努めていきたいと思います。

いつも温かいご支援をいただき、心より御礼申し上げます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

(スタッフ:ひるま)