カーマデーヴァ・ガーヤトリー・マントラ


・ॐ कामदेवाय विद्महे पुष्पबानाय धीमहि ।
तन्नो अनङ्गः प्रचोदयात्‌ ॥
・om kāmadevāya vidmahe puṣpabānāya dhīmahi |
tanno anaṅgaḥ pracodayāt ||

・オーム カーマデーヴァーヤ ヴィッドゥマヘー プシュパバーナーヤ ディーマヒ
タンノー アナンガハ プラチョーダヤートゥ
・意味:我らがカーマデーヴァ(愛の神)を知り、花の矢を持つ方(プシュパバーナ)を瞑想できるように
アナンガ(肉体のない方)よ、我らを導き給え

カーマデーヴァは欲望に基づいた愛の神として伝えられ、ヴァサンタ(春の神)を親友とし、春の季節に活発になると言われます。
そんなカーマデーヴァは、チャンパカ、ロータス、ジャスミン、マンゴー、アショーカの5つの花の矢を持つと伝えられます。
美しい香りを放つカーマデーヴァの矢は、私たちの感覚を魅了します。
豊かな感情を生み出すその力は、時に、心の平安を奪うものとして捉えられることがあるも、春を引き連れ美しい花を運ぶカーマデーヴァの矢は、死や腐敗に包まれ荒廃していた世界に、命や再生をもたらし、再び繁栄を呼び覚ましました。

一説に、カーマデーヴァはシヴァ神に愛の矢を放ち、その第3の目を開かせたと伝えられます。
最初の妻であるサティーを亡くしたシヴァ神は、悲しみのあまり、深く長い瞑想を続けていました。
サティーがパールヴァティーとして姿を現し再び結ばれる時を迎えるも、シヴァ神は目を開けることはありません。
そんなシヴァ神を目覚めさせようと、カーマデーヴァが愛の矢を打ち放ちます。
しかし、怒ったシヴァ神の第3の目から出た閃光によって、カーマデーヴァは焼き尽くされ、灰となりました。

焼き尽くされてしまったカーマデーヴァをひどく悲しみ、妃であるラティ(快楽の女神)は夫を蘇らせようと苦行を始めます。
カーマデーヴァが灰になったとされるヴァサント・パンチャミーから、ホーリー・フェスティバルまでの約40日間、ラティは厳しい苦行を行い、心のイメージとしてカーマデーヴァを蘇らせました。
カーマデーヴァは肉体のない者=アナンガと呼ばれるように、ラティはそこで、肉体的ではない精神的な深い愛と喜びを見つけたといわれます。