ラクシュミー・ガーヤトリー・マントラ


・ॐ महादेव्यै च विद्महे विष्णुपत्न्यै च धीमहि ।
तन्नो लक्ष्मीः प्रचोदयात्‌ ॥
・om mahādevyai ca vidmahe viṣṇupatnyai ca dhīmahi |
tanno lakṣmīḥ pracodayāt ||

・オーム マハーデーヴィヤイ チャ ヴィッドゥマヘー ヴィシュヌパトニャイ チャ ディーマヒ
タンノー ラクシュミーヒ プラチョーダヤートゥ
・意味:我らが偉大な女神(マハーデーヴィー)を知り、ヴィシュヌの妃(ヴィシュヌパトニ)を瞑想できるように
ラクシュミーよ、我らを導き給え

美と豊穣の女神として崇められる、ラクシュミー女神のガーヤトリー・マントラのひとつです。
乳海撹拌において生み出された14の宝のひとつであるラクシュミー女神は、そのあまりの美しさに、多くの神々や聖仙から求婚されたといわれます。
しかし、ラクシュミー女神は横になり眠っていたヴィシュヌ神を求めました。
働き者で努力を怠らない者を好むラクシュミー女神は、ヴィシュヌ神は世界を守り、そして維持する神であることから、大変な努力と働きを行う者と考えたからだといわれます。
働きがあるところには、豊かさが生じます。
私たちが手にするお金、宝石、家、子孫、食事、そうした豊かさは、すべてラクシュミー女神のあらわれです。
その豊かさに気づくことは、自分自身の内にラクシュミー女神を呼び覚ますことであり、その気づきが更なる豊かさを招くと信じられています。