バガヴァッド・ギーター第1章第31節

निमित्तानि च पश्यामि
nimittāni ca paśyāmi
ニミッターニ チャ パッシャーミ
私は前兆を見る

nimittāni【中性・複数・対格】前兆を、予感を、兆しを、兆候を、しるしを
ca【接続詞】そして、また、〜と
paśyāmi【一人称、単数・パラスマイパダ・現在 √paś】私は見る、私は感じる

विपरीतानि केशव ।
viparītāni keśava |
ヴィパリーターニ ケーシャヴァ
不吉な、クリシュナよ

viparītāni【中性・複数・対格】不吉な、不運な、不都合な、不利な
keśava【男性・単数・呼格】ケーシャヴァよ。クリシュナの別名。名前は「美しい(長い)髪をもつ者」の意。

न च श्रेयो ऽनुपश्यामि
na ca śreyo ‘nupaśyāmi
ナ チャ シュレーヨー ヌパッシャーミ
私は幸せを見ない

na【否定辞】〜でない
ca【接続詞】そして、また、〜と
śreyas【中性・単数・対格】幸福を、繁栄を、祝福を、幸運を、吉兆を、喜びを
anupaśyāmi【一人称・単数・パラスマイパダ・現在 anu√paś】私は見る、私は予見する、私は予感する

हत्वा स्वजनम् आहवे ॥
hatvā svajanam āhave ||
ハットヴァー スヴァジャナム アーハヴェー
戦いにおいて、同族を殺して

hatvā【絶対分詞 √han】殺して、破壊して、始末して
svajanam【男性・単数・対格】自分の一族を、同族の者を、親類を、親族を、血縁者を
āhave【男性・単数・処格】戦争において、戦いにおいて、課題において

निमित्तानि च पश्यामि विपरीतानि केशव ।
न च श्रेयोऽनुपश्यामि हत्वा स्वजनमाहवे ॥ ३१ ॥

nimittāni ca paśyāmi viparītāni keśava |
na ca śreyo’nupaśyāmi hatvā svajanamāhave || 31 ||
そしてクリシュナよ、私は不吉な前兆を見ます。
戦いにおいて同族を殺しても、私は幸せを見出せません。