バガヴァッド・ギーター第1章第41節

अधर्माभिभवात् कृष्ण
adharmābhibhavāt kṛṣṇa
アダルマービバヴァート クリシュナ
悪徳の支配により、クリシュナよ

adharmābhibhavāt【男性・単数・従格】非法の支配により、不正の支配により、悪徳の支配により。adharma(非法)+abhibhavāt(支配)
kṛṣṇa【男性・単数・呼格】クリシュナよ

प्रदुष्यन्ति कुलस्त्रियः ।
praduṣyanti kulastriyaḥ |
プラドゥッシャンティ クラストリヤハ
一族の女性たちは堕落する

praduṣyanti【三人称・複数・パラスマイパダ・現在 pra√duṣ】彼女らは堕落する、彼女らは不純になる、彼女らは穢れる
kula【中性】家族、一族、氏族、群れ、仲間、カースト
striyas【女性・複数・主格】女性たちは、婦女たちは、妻たちは
→kulastriyas【女性・複数・主格】一族の女性たちは

स्त्रीषु दुष्टासु वार्ष्णेय
strīṣu duṣṭāsu vārṣṇeya
ストリーシュ ドゥシュタース ヴァールシュネーヤ
女性たちが堕落すれば、クリシュナよ

strīṣu【女性・複数・処格】女性たちにおいて、婦女たちにおいて
duṣṭāsu【女性・複数・処格、過去受動分詞 √duṣ】堕落した、穢れた
→strīṣu duṣṭāsu【絶対処格】女性たちが堕落するとき、婦女たちが穢れれば
vārṣṇeya【男性・単数・呼格】ヴリシュニの子孫よ。クリシュナの別名。

जायते वणसंकरः ॥
jāyate vaṇasaṁkaraḥ ||
ジャーヤテー ヴァルナサンカラハ
種姓の混乱が生じる

jāyate【三人称・単数・アートマネーパダ・現在 √jan】それは生じる、それは生まれる、それは起きる
vaṇa【男性】種、カースト、種姓
saṁkaras【男性・単数・主格】混乱が、混淆が、混合が
→vaṇasaṁkaras【男性・単数・主格、限定複合語】種姓の混乱が、カーストの混淆が

अधर्माभिभवात्कृष्ण प्रदुष्यन्ति कुलस्त्रियः ।
स्त्रीषु दुष्टासु वार्ष्णेय जायते वणसंकरः ॥ ४१ ॥

adharmābhibhavātkṛṣṇa praduṣyanti kulastriyaḥ |
strīṣu duṣṭāsu vārṣṇeya jāyate vaṇasaṁkaraḥ || 41 ||
クリシュナよ、悪徳の支配により、一族の女性たちは堕落します。
女性たちが堕落すれば、種姓の混乱が生じます。