バガヴァッド・ギーター第1章第42節

संकरो नरकायैव
saṁkaro narakāyaiva
サンカロー ナラカーヤイヴァ
混乱は地獄のために

saṁkaras【男性・単数・主格】混乱は、混淆は、混合は
narakāya【男性・単数・為格】地獄のために、冥界のために、地界のために
eva【副詞】実に、真に(強意を表す。しばしば虚辞として使用)

कुलघ्नानां कुलस्य च ।
kulaghnānāṁ kulasya ca |
クラグナーナーン クラスヤ チャ
一族の破壊者たちと、一族にとって

kula【中性】家族、一族、氏族、群れ、仲間、カースト
ghnānām【男性・複数・属格】破壊者たちにとって、殺人者たちにとって
→kulaghnānām【男性・複数・属格、限定複合語】家族の破壊者たちにとって、一族の破壊者たちにとって
kulasya【中性・単数・属格】家族にとって、一族にとって
ca【接続詞】そして、また、〜と

पतन्ति पितरो ह्येषां
patanti pitaro hyeṣāṁ
パタンティ ピタロー ヒエーシャーン
なぜならば、彼らの祖先は落ちるため

patanti【三人称・複数・パラスマイパダ・現在 √pat】彼らは落ちる、彼らは沈む。インド古来の信仰では、供養を受けられない祖霊は地獄に落ちるとされる。
pitaras【男性・複数・主格】(特に男性の)祖先たちは、先祖たちは、父親たちは
hi【不変化辞】なぜならば、〜のために;真に、確かに、実に
eṣām【男性・複数・属格、指示代名詞 etad】彼らの、それらの

लुप्तपिण्डोदकक्रियाः ॥
luptapiṇḍodakakriyāḥ ||
ルプタピンドーダカクリヤーハ
供物と水の供養を失った

lupta【男性、過去受動分詞 √lup】失った、奪われた、取り上げられた
piṇḍa【男性】食物;(祖霊に与える)団子、祖霊祭の供物、祭餅
udaka【中性】水:聖水、浄水
kriyās【女性・複数・主格】祭式、供儀、儀式、供養
→luptapiṇḍodakakriyās【男性・複数・主格、並列複合語】供物と水の供養(先祖供養)を失った

संकरो नरकायैव कुलघ्नानां कुलस्य च ।
पतन्ति पितरो ह्येषां लुप्तपिण्डोदकक्रियाः ॥ ४२ ॥

saṁkaro narakāyaiva kulaghnānāṁ kulasya ca |
patanti pitaro hyeṣāṁ luptapiṇḍodakakriyāḥ || 42 ||
種姓の混乱は、一族の破壊者たちと一族を地獄へと導きます。
なぜならば、供物と水の供養を失った彼らの祖霊は、地獄へ落ちるから……