バガヴァッド・ギーター第2章第63節

क्रोधाद् भवति संमोहः
krodhād bhavati saṁmohaḥ
クローダード バヴァティ サンモーハハ
怒りから迷妄が生じ

krodhāt【男性・単数・従格、krodha】[〜から、〜より]怒り、激怒、憤怒、激情
bhavati【三人称・単数・パラスマイパダ・現在 √bhū】それは〜である、それは〜となる
saṁmohas【男性・単数・主格、sam√muhからの派生名詞】[〜は、〜が]昏睡状態、失神;夢中、妄想;迷妄;無明

संमोहात् स्मृतिविभ्रमः ।
saṁmohāt smṛtivibhramaḥ |
サンモーハート スムリティヴィッブラマハ
迷妄から記憶の混乱が

saṁmohāt【男性・単数・従格、saṁmoha】[〜から、〜より]昏睡状態、失神;夢中、妄想;迷妄;無明
smṛti【女性】〜の記憶・想起;記念;(Veda聖典を除く)権威ある聖伝文学、伝統的法典、法律書の記載事項
vibhramas【男性・単数・主格、vi√bhramからの派生名詞】[〜は、〜が]あちこち動くこと、(波が)高まること、不安定;歩き回ること;乱れ、攪乱、混乱;動乱、動揺;心の混乱、迷想、錯誤
→smṛtivibhramas【男性・単数・主格、限定複合語】記憶の混乱
※シャンカラは、「教典や師の教えによりもたらされる潜在印象(saṁskāra)から生じた記憶が、混乱すること」と解する。(上村勝彦注)

स्मृतिभ्रंशाद् बुद्धिनाशो
smṛtibhraṁśād buddhināśo
スムリティブランシャード ブッディナーショー
記憶の混乱から知性の喪失が

smṛti【女性】〜の記憶・想起;記念;(Veda聖典を除く)権威ある聖伝文学、伝統的法典、法律書の記載事項
bhraṁśāt【男性・単数・従格、bhraṁśa】[〜より、〜から]失敗すること、落伍すること、滑り落ちること、逃れ去ること、落下;衰退、朽敗;破滅、没落;喪失、消失
→smṛtibhraṁśāt【男性・単数・従格、限定複合語】[〜より、〜から]記憶の喪失、記憶の混乱
buddhi【女性】知能、理解力、理性、知性、精神;識別、判断;沈着、機知;知覚;会得;意見、見解;信仰、確信;想定
nāśas【男性・単数・主格、√naśからの派生名詞】損失、消失;壊滅、絶滅;零落;死
→buddhināśas【男性・単数・主格、限定複合語】理性の喪失、知性の喪失

बुद्धिनाशात् प्रणश्यति ॥
buddhināśāt praṇaśyati ||
ブッディナーシャート プラナッシャティ
知性の喪失から人は滅びる

buddhināśāt【男性・単数・従格、buddhināśa】[〜から、〜より]理性の喪失、知性の喪失
praṇaśyati【三人称・単数・パラスマイパダ・現在 pra√naś】[彼は、それは]失われる;見えなくなる、消える、逃げる

क्रोधाद्भवति संमोहः संमोहात्स्मृतिविभ्रमः ।
स्मृतिभ्रंशाद्बुद्धिनाशो बुद्धिनाशात्प्रणश्यति ॥ ६३ ॥

krodhādbhavati saṁmohaḥ saṁmohātsmṛtivibhramaḥ |
smṛtibhraṁśādbuddhināśo buddhināśātpraṇaśyati || 63 ||
怒りから迷妄が生じ、迷妄から記憶が混乱する。
記憶の混乱から知性を喪失し、知性の喪失から人は滅びる。