ルドラークシャ vs 宝石

ルドラークシャ・ビーズは、凶星の影響を鎮めると信じられています。
そのためには、凶星に対応したルドラークシャ・ビーズが身につけられます。また、ルドラークシャ・ビーズは、閉じたチャクラを瞬時に開く効果があるといわれます。それぞれのチャクラには、対応するルドラークシャの面数があり、その面数はチャクラを支配している神に関係しています。
チャクラを浄化するための瞑想、ヨーガやヒーリング・セラピーによって得られる効果は、正しいルドラークシャを身につけることで、瞬間的に得ることができるといわれます。
各チャクラについてのルドラークシャの影響を徹底的に研究した結果、チャクラの開花やバランスを整えるためにもっとも効果のあるビーズは、18面、19面、21面とトリジュティ(3つのビーズが結合した非常に珍しいビーズ)であり、これらのビーズは、ほとんどすべてのチャクラのバランスを整えることが分かってきました。
チャクラの開花において、ジャワ産ビーズは、ネパール産ビーズと同等の効果があるようです。
近々、チャクラとルドラークシャの詳細が明らかになり、チャクラのバランスを整えるための非常に効果的なコンビネーションとなるでしょう。
ルドラークシャは、所有者のオーラを増幅するようです。しかし、ひどく傷んでいたり、溝がはっきりしていないビーズの場合は、オーラは通常と変化がありません。
オーラ測定器では、ルドラークシャ・ビーズの周囲には、大きなオーラがあることを示しています。ポケットに入れたり、遠くに置いても効果に変化はありません。所有者が持つことができる距離は、ビーズのサイズや品質、面数に依存します。大きなビーズや面数の多いビーズは、数メートル離れた場所に置いていても、大きな効果が見られます。ルドラークシャ・ビーズは、体のどの部分に身につけていても、また直接肌に触れない部分で所有していても、その効果に変化はないといわれます。
一方、宝石は、吉星の影響を強くするために身につけられます。宝石は、肌に直接身につけない限り、効果がありません。ランダムに選ばれた数人のオーラを測定した結果、肌に直接触れないで指輪やペンダントとして宝石を身につけている人の場合、それらを身につけていてもあまり効果は見られませんでした。ポケットや財布に入れていたりすると、効果は全く見られませんでした。宝石は、直接肌に触れていなければならず、何かに覆われていたりすると効果がなくなってしまいます。また、体のどの部分につけているかによって効果が変化します。ヴェーダ占星術の処方に基づいて、指につけるとより高い効果が期待できるようです。仮に凶星の宝石を身につけた場合は、その人のオーラを大きく減少させます。このことは、専門家によるきちんとした処方に基づいて宝石を身につけないと、害をもたらすことがあることを示しています。
参照:
http://sitarama.jp/?tid=1&mode=f5#rg

  1. お世話になっております。
    インドの占星術や宝石処方にも興味を持っています。宝石とは違い、ルドラークシャは凶星(機能的な?)に対応しているとのことですが、自分にとって機能的な吉星のルドラークシャを身に付けてもあまり意味はないのでしょうか?

  2. karava様
    お世話になっております。
    ルドラークシャは、機能的な吉星に対応するビーズは、吉星の影響を強め、機能的な凶星に対応するビーズは、凶星の影響を和らげるといわれております。目的に応じて、自身のビーズの組み合わせを選択されてもよいかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です